尿の濁りの原因とは?病気の可能性や生活の乱れに注意!

日々変化する尿は、私達の目に見える健康状態のバロメーターの一つです。濁りには重い病気が隠れている事がある一方、腎臓の健康を維持する為の目安になるという利点があります。

尿の濁りが気になる方はこの記事を読んで、なぜ自分の尿が濁っているのかを確認してみましょう。

スポンサーリンク

尿に健康状態が現れる仕組み

トイレ

まずどのような仕組みで、排尿が起こるかを再確認しましょう。

尿は腎臓で作られます。腎臓は血液から必要な栄養分など体に必要なものだけを吸収し、逆に不要なものを排出する働きをしています。大人であればだいたい一分に1cc作られ、一日分に換算すると1~1.5リットル作られる事になります。

水分量の調節や、不要なものを捨てる・必要なものを取り入れる機能が低下すると尿の状態が変化します。つまり、腎臓の機能がダイレクトに現れるといえるのです。また、膀胱など泌尿器の様子も分かります。

基本的な尿の様子

まず、健康な尿は基本的に透明です。

排泄されるまでは無菌の状態なので、臭いもありません。不要になったものが排出されているので、過剰に摂取したビタミンなどで黄色っぽくなる事があります。

また、胆汁の色素や食物の色素が同様に現れる事がありますが、これらは異常ではないので心配ありません。

スポンサーリンク

濁りの原因として考えられる生活習慣

男性 生活習慣

尿は日によって変化しているので、濁りがある場合も一過性のものであればそれほど心配する事はないともいえます。思い当たる事を特にしていないのに濁りが続く場合等、おかしいと思った場合はチェックしてみる事をお勧め致します。

尿の濁りの原因として考えられるのは、生活習慣が現れている場合と病気が隠れている場合があります。

食事

シュウ酸や脂肪酸を取りすぎた場合、これらが体の外に排出されて尿が濁る事があります。

シュウ酸はほうれん草やタケノコ、チョコレートなどに多く含まれます。尿となって排出されている状態なので濁り自体には問題ありませんが、シュウ酸を取りすぎて排出しきれなく鳴った場合尿路結石を招く場合があるので、取り過ぎには注意が必要です。

女性特有のもの

女性の場合はおりもの等により尿の濁りが見られる事があります。

また、生理中に血液が混ざって濁って見える場合や、妊娠初期や排卵日前後等、体調の変化により尿の状態が変化する事もあります。

生理的なものであれば問題ないので、普段の自分の体の様子を把握しておく事が重要といえます。

スポンサーリンク

濁りの原因として考えられる病気

病気 男性

病気がある場合、塩類が出る、血液が混ざっている、膿みが出ている等の理由で尿が濁る事があります。

腎臓結石や尿管結石

塩類とは、リン酸やシュウ酸などを基とする成分です。前述のように体外に排出させていれば問題はないものですが、これが結石状になって腎臓や尿管に溜まっている状態を腎臓結石、尿管結石といわれる疾患と呼んでいます。結石が尿管の中を移動するときに腹痛に襲われるといった症状が出ます。

塩類は一般的には水分に溶けているため見えませんが、飽和状態を超えた分が結晶化し濁りに見えています。つまり、腎臓結石や尿管結石は尿の濁りを伴う疾病です。

膀胱炎

膀胱内に細菌が侵入し、炎症を起こす事を膀胱炎と呼んでいます。女性に多い疾病です。

膀胱炎による尿の濁りの原因はまず、尿に血液が混ざる事にあります。膀胱内の粘膜は非常に柔らかいため荒れやすく、炎症によって出血を起こす事は珍しくありません。第二に、細菌に対抗するために集まった白血球や細菌等が混ざり濁って見える事があります。

免疫力が低下すると掛かりやすく、排尿後にヒリヒリした痛みがある、頻尿などの症状が同時に出やすい疾病です。膀胱炎については、膀胱炎の治し方を紹介!自力で治すことは可能なの?の記事を参考にしてください。

腎盂腎炎

腎盂腎炎は、腎臓が最近に感染して起こります。膀胱内に侵入した細菌が、腎臓まで遡って侵入してしまい腎臓で炎症を引き起こします。

炎症により生じた白血球や、細菌が尿の中に存在するために濁りが起こります。尿の濁りに加えて背中の痛みや吐き気、38度程度の高熱等が同時に起こる場合が多く、細菌感染なので免疫力が低下している場合にかかりやすい症状です。下半身の冷えも主な原因です。

腎結核

結核菌に感染した場合、血液中に結核菌が乗って移動してしまいます。これが腎臓に到達すると腎結核が起こります。

腎臓に膿みがたまり、それが尿に混ざる事で濁りが起こります。40度を超える高熱や、下腹部の強い痛みが起こるのが特徴です。

尿道炎

尿道炎は尿道の長い男性に多く見られる疾病です。女性の場合、前述の膀胱炎から炎症が波及し尿道にまで炎症が広がるというケースがありますが、尿道炎単独でかかるという事はありません。

尿道に細菌が入り込み炎症を起こします。その多くが性行為による淋菌、クラミジア菌の感染により起こり、尿に膿みが混ざる事で尿が濁ります。尿道炎については、尿道が痛い!排尿痛が起きる原因とは?病気に注意!の記事を参考にしてください。

前立腺炎

尿道から細菌が入ってしまい、それが前立腺まで感染してしまって炎症が起きる事を指します。

他の尿路の感染と同様に膿みが尿に混ざる事で濁って見えます。排尿時の痛みや残尿感、頻尿などを同時に引き起こすケースが多く、進行すると高熱や倦怠感が起こります。

性病によるもの

淋病やクラミジア菌に掛かっている場合、男性の場合は膿みが出るので尿が濁ります。

また、女性は男性より症状が軽いものですが、おりものの増加により濁りが見える場合があります。淋病は、膿みの量が多いため見つけやすいと言われていますが、クラミジア菌については濁りが少量のため気が付きにくい場合があります。

前立腺、膀胱、腎臓のがん

これらの場合は、血液が尿に混ざる事で濁って見えています。進行すると排尿困難や残尿感が現れるようになります。

スポンサーリンク

日常生活で行う尿の濁り予防方法

生活習慣を改善する男

では、尿の濁りが発生しないように予防するには、どうすれば良いか紹介します。

体内で起こる濁り対策

つまり尿の濁りは

・体内で余った成分が出ている

・外部からの細菌感染により膿みが出ている

という2パターンに大きくわける事ができます。重篤な病気の場合もあるため油断はできませんが、日常生活で予防できる場合もあります。

シュウ酸が余るという理由で、尿が濁る場合があります。また、濁りだけではなく結石の原因となる場合も多いため、まずはシュウ酸を取りすぎないという対策があります。

動物性たんぱく質も同様の理由で取りすぎない方がよい成分です。動物性たんぱく質を多く含む肉類、卵、牛乳やシュウ酸を多く含むほうれん草、ココア、バナナ等は取り過ぎに注意が必要です。

結石の理由として挙げられるのは、プリン体の摂り過ぎです。プリン体は尿酸に変化しますが、これが余ってしまうと結晶化してしまいます。ビール酵母やレバー、あん肝、いくら等に多く含まれているので、これも取り過ぎは避けた方がよいでしょう。

取り過ぎてしまったシュウ酸の濃度を低下させたり、結石の発生を抑えてくれるのはマグネシウムとクエン酸です。緑黄色野菜や大豆、玄米や、柑橘類を取ると結石対策となります。

外からの感染の予防方法

外からの感染については、免疫力を高める事が重要です。また、性感染症についてはコンドーム使用で予防ができます。

性病の中には潜伏期間が長く、免疫力が下がって初めて症状が現れるものもあります。気が付かないうちに感染が広がるのを予防するためにはタオルの共用を避ける、不衛生な公衆便所の使用に気をつけるなどの対策も有効です。

スポンサーリンク

まとめ

尿の濁りには、結石予備軍になっている場合や細菌によって膿みが出ている場合、また血液が混ざって濁って見える場合など、様々なパターンがあります。

日常的にある程度予防ができるパターンもあり、一時的なものであれば問題ない場合もありますが、重い病気が隠れている場合もあるので早めに医療機関に掛かる事が最も重要といえます。

将来のためにも、こまめなチェックと早めの対策が不可欠です。

関連記事として、

頻尿が起きる5つの原因!改善方法と放置する危険性について

の記事も読んでみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする