自分に自信がない人の恋愛傾向を紹介!上手くアピールできない?

自分に自信のない人は、恋愛がうまくいかずに悩んでいることが少なくありません。心の中では「ステキな恋愛をして幸せになりたい」と思っているのに、「どうせ私なんか相手にされない」と最初からあきらめてしまいます。自信がなければ、恋愛は成功しません。

でも、大丈夫! だれでも、ちょっとした努力で幸せな恋愛ができます。

自信がない人の恋愛傾向と恋愛に自信が持てない原因、自信がない人が恋愛で成功する方法についてお伝えしますね。

自分に自信がない人はどんな恋愛をしているの?

heartsickness-428103_960_720悲しい恋人

男でも女でも自分に自信のない人は、不幸な恋愛パターンを繰り返します。そして恋愛に失敗する度に、ますます自信を失っていきます。最悪の場合、恋愛することを恐れ、異性に興味を持たないようにします。

不幸な恋愛スパイラルから脱け出すためには、まず「自分に自信のない人がどのような恋愛をしているのか」を知ることです。

①自分から積極的にアプローチできない

男でも女でも自分に自信のない人は、好きになった相手に自分から積極的にアプローチできません。「私みたいな人間から言い寄られたら迷惑するだろう」「アプローチしても、どうせフラれるに決まっている」と考えて、行動を起こす前に尻込みしてしまいます。結局何もしないまま、好きになった相手が他の人と恋愛するのを眺めているだけです。

相手と目を合わせることが苦手

恋愛はアイコンタクトから始まります。でも、自分に自信がない人は相手と目を合わせることが苦手です。好きな相手と目が合うと、すぐに目を逸らしてしまいます。相手は「自分は嫌われているんだ」と誤解します。自信のない人は、自分から恋愛のチャンスを逃がしています。

脈があるかないかを気にしすぎる

恋愛をする前に、相手が脈があるかないかを気にします。恋愛の成功率の高さを確かめます。「相手に脈がある」「恋愛が成功する可能性が高い」と確信しないと、アプローチできません。でも、アタックしてみないことには、恋愛が成功するかどうかはわかりません。

②相手を信頼できず、嫌われることを恐れる

自分に自信のない人は、恋愛の相手を心から信頼することができません。「こんな私を本当に好きになるはずがない」「こんな私を、いつか物足りなく思うようになるだろう」と考え、嫌われることを恐れます。好きになった相手から嫌われることを恐れ、ありのままの自分を見せないようにします。

何でも相手の言いなりになる

自分に自信のない女性は、相手の男性に嫌われることを恐れるあまり、相手の言いなりになってしまいます。「こんな私を好きになってくれたのだから、彼のためなら何でもしてあげたい」と、自信のない女性は考えます。恋愛関係ではなく、主人と奴隷の関係になってしまいます。彼氏の方は「大事な恋人」ではなく「都合のいい女」と考えるようになり、ワガママいっぱい無理難題を押しつけます。

自分の意見が言えなくなる

自分に自信がないと、自分の意見をハッキリ言えなくなります。確固とした自分を持っていないので、意見を求められても何も答えられません。また、「下手なことを言うと、相手に嫌われるかもしれない」と思うのです。

デートする時、自信のない女性は「何が食べたいか?」「どこへ行きたいか?」「何がしたいか?」と彼氏に聞かれても、「何でもいいわ」「あなたが決めて」と言います。自信のない男性は自分から「今日はこうしよう」「ここへ行こう」とは言いません。「君の好きにしていいよ」「君に任せるよ」と言います。

意見をハッキリ言わない相手にイライラする

自分に自信のない人は「これをどう思うか?」「このことについてどう考えるか?」と恋愛相手から聞かれても、自分の意見をハッキリ言えません。相手はだんだんイライラするようになります。結局、相手が去って行きます。

会話する時は聞き役に徹する

自分に自信のない人は、好きな相手と会話する時は聞き役に徹します。コミュニケーション力の高い人は「聞き上手」ですが、「どうせ自分の話なんか興味を持ってもらえないだろう」と思って聞き役に徹するのではコミュニケーションが成り立ちません。

好きな相手に自分の話を聞いてもらうのは楽しいのですが、好きな人のことを良く知りたいとも思います。相手の話を聞いて、相手の人柄や性格を理解しようとします。自分から話をしないのでは、恋愛関係が進展しません。いつの間にか、恋愛は終わります。

③頭が恋人のことでいっぱいになる

恋愛すると頭が恋人のことでいっぱいになるのは、自分に自信がない女性の恋愛パターンです。自分に自信のない女性は、恋愛すると彼氏のことしか考えられなくなります。彼氏一色の生活になり、恋人の存在に依存するようになります。

メールやLINEの返事を気にする

彼氏のことで頭がいっばいになると、常に彼氏とつながっていたいと思うようになります。用事が無くてもメールやLINEをしてしまいます。でも、彼氏からすぐに返事が来ないと「嫌われたのかしら?」と不安になります。「私なんて、どうでもいい存在なのね」とネガティブに考えるようになります。

返事が来ないことで彼氏を責めたり、「私なんてやはりダメなんだ」と自己嫌悪になったりします。彼氏は仕事で忙しく、返信する暇もないことがあります。そんな時に、返信しないことを責められると、相手の女性にウンザリしてしまいます。

好きな相手を束縛する

自分に自信のない人は男性でも女性でも、「いつ相手に嫌われるかわからない」という不安を常に抱えています。「相手が他の人を好きになるのではないか?」「いつか嫌われるかもしれない」という恐怖から、好きな相手を束縛してしまいます。

相手が自分以外の異性と楽しそうに話しているのを見ただけで、不安になります。相手を問い詰めたりなじったりします。エスカレートすると、相手の行動を逐一確かめないではいられなくなります。相手は束縛に耐えきれなくなって、逃げ出します。

④何でも悪い方に考える

男性でも女性でも自分に自信のない人は、何でも悪い方に考えます。全てにおいてネガティブ思考です。何でも悪い方に考える人と一緒にいると、ネガティブ思考でない人まで気分が落ち込みます。一緒にいるのが楽しいどころか気分が滅入ってしまうので、恋愛がうまく進むはずがありません。

「どうせ私なんて」と考える

自分に自信のない人の口癖は「どうせ私なんて」「ぼくなんか」です。「私なんて」「ぼくなんか」と自分を卑下した言い方に、相手はウンザリして去って行きます。

なぜ恋愛に自信がないの?

love-1643452_960_720愛し合うカップル

自分に自信のない人は、恋愛だけでなく仕事でも趣味でもスムーズにいかないことが多いようです。中には、恋愛だけに自信がなくて臆病になる人もいます。

自分に自信がないのには理由があります。自信がない理由がわかれば、ステキな恋をして幸せになる道が見えてきます。

①経験がない

だれでも初めて何かする時は不安になり、緊張します。自分に自信など少しもありません。でも、何度か経験するうちに慣れてきて、緊張しなくなります。異性と付き合うチャンスに恵まれないまま社会人になると、どうしても恋愛に臆病になります。ますます恋愛するチャンスから遠ざかるので、自分に自信がなくなるばかりです。

成功体験が少ない

自分に自信がない人は成功体験が少ないのです。仕事や勉強や趣味やボランティア活動などで成功体験をしている人は、自分に自信を持つようになります。特に男性は、成功体験によって自信をつけます。

成功体験が少なく失敗ばかり繰り返していると、「頑張っても、どうせ失敗するんだ」と考えるようになります。ますます自分に自信がなくなります。

いろいろなことにチャレンジして成功体験と失敗体験をくり返している人は、「失敗は成功のもと」「失敗にめげないで頑張っていれば、いつか成功する」と楽観的に考えられます。

②傷つくのが怖い

自分に自信がない人は、失敗して自分が傷つくことを大変恐れています。プライドが高く自意識過剰な人ほど、他人に弱みを見せたり失敗を知られたりすることを恐れています。自分に自信がないから、余計失敗することを恐れます。

恋愛して傷つくことを恐れる

恋愛は成功することも失敗することもあります。失敗して傷つくのが怖い人は、恋愛に臆病になります。自分から積極的にアプローチできず、恋愛するチャンスを逃します。恋愛経験が少ないので、自分に自信がありません。

傷つくほど強くなる

だれでも失敗したり酷い目に遭ったりすると、心身ともに傷つきます。時には立ち直れないほど傷つくこともあります。でも、人間の回復力は予想以上に強いものです。筋肉を傷つけると超回復という成長作用が起こり、前よりも強く大きくなります。心も同じです。

傷ついた経験から学んで、人間は成長し強くなります。傷つくほど、人間は強くなります。恋愛も「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」くらいに考えて、好きになった人にアタックすることが大事です。傷ついた経験を積み重ねるうちに、自分に自信が持てるようになります。

③他人と比較して、自分の悪い点ばかり見る

自分自身をありのままに受け入れられず、他人と比較して他人より優れた点や劣っている点を見つける人がいます。他人と比較すると、他人より劣っている点ばかり目につきます。「ぼくは○○のようにイケメンじゃない」「私は○○ほどスタイルが良くない」などと自分の悪い点ばかり見えて、自信をなくします。

自信と魅力を混同することがある

他人と比較して自分の劣っているところばかり見る人は、自信と魅力を混同している可能性があります。「私は外見も可愛くないし、話すことも面白くない」「ぼくはスタイルが悪くて、性格も暗い」などと考えて、「自分には魅力がない」と結論します。そして、恋愛する自信をなくします。

自分自身をありのままに見ると、自分の良さがわかる

自分を他人と比較しないでありのままに受け入れると、自分の良い所や悪い所が見えてきます。だれにでも、長所と短所があります。自分自身の長所や良い点が見えてくると、自分だけにしかない良さがわかります。自分の良さがわかると、自分に自信を持てるようになります。

④自分が幸せになることを認められない

幼少時に心が満たされないまま大人になると、自分が幸せになることを認められないようになります。好きな人ができて幸せな気分になっても、「こんな幸せがいつまでも続くはずがない」「だまされているのかもしれない」「いいことの次は悪いことが起きる」などと考えます。自分の楽しい気持ち・幸せな気分を抑制します。自分で幸せから逃げて行き、恋愛することに自信を失います。

⑤自分を支えてくれる人がだれもいない

自分に自信のある人は、困った時に頼れる人がいます。いろいろな場面で「自分を支えてくれる人」がいます。自分を支えてくれる人たちからパワーをもらって、自信をつけます。どんなトラブルが起きても「何とかなるさ」と、楽観的にポジティブに考えられます。

困った時に頼れる人やいつも自分を支えてくれる人がいないと、トラブルに独りで立ち向かうことになります。トラブルにうまく対処できず、「自分の力ではどうにもならない」と思います。自分に自信が持てなくなります。

自分に自信を持って幸せな恋愛をする方法

love-3143991_960_720愛し合うカップル

だれでもステキな恋愛をして幸せになりたいですよね。自分に自信がない人でも、幸せな恋愛をすると自信が持てるようになります。自分に自信のない人がステキな恋愛で幸せになる方法があります。

①自分を磨く

自分に自信がなくて恋愛に消極的になっている人は、まず自分を磨いて魅力的な人間になるようにします。自分に自信のない人は自分の短所・欠点をよく知っていますから、それを直すようにすればいいのです。

外見に気を遣う

自分に自信がない人は、たいてい自分の外見にコンプレックスを持っています。ですから、まず外見の劣等感をなくします。

無理をしないでも魅力的になれる

「スタイルが悪いから、異性にモテない」と思いこんでいる人が沢山います。ダイエットや運動でスタイルを良くすることができます。でも、一朝一夕にできることではありませんし、過激なダイエットや無理な運動で心身の健康を損ねては自信をなくすばかりです。

適度なダイエットや運動を続けながら、現在のスタイルを活かすファッションやヘアスタイルを考えます。美容師さんやお店の人に相談してもいいですね。女性は、自分の顔立ちを活かして魅力的に見えるお化粧を工夫します。

男性は身だしなみと清潔感に気を遣う

男性の場合も運動やダイエットで体型を整えますが、それよりも毎日の「身だしなみ」と「清潔感」に気を遣うことが大事です。頭のテッペンから靴の先まできちんと身だしなみを整え、清潔感溢れる男性を女性は魅力的に感じます。どんなにイケメンでも流行のファッションでも、清潔感のない男性は無神経でだらしない印象を与えます。

内面を磨く

「愚痴っぽい」「すぐイライラする」「人の意見に流される」など自分の嫌な性格を、できるだけ直すようにします。自分の嫌なところを改善すると自分が好きになれて、自分に自信が持てるようになります。

読書したりニュースに興味を持つ

内面を磨くのは、性格の欠点を直すことだけではありません。毎日読書したりニュースに目を通したりする習慣をつけます。ニュースは新聞・電子版・TV報道・インターネットなどで知るようにします。

視野が広くなり、いろいろな人の考えや意見を受け入れられるようになります。話題が豊富になり、だれとでも会話できるようになります。だれとでも話せるようになるので、恋愛するチャンスが増えます。自分に自信もつきます。

②自分を好きになる

自分に自信を持つためには、まずありのままの自分を受け入れて好きになります。欠点も短所も含めて、自分自身を好きになり「価値ある存在」と認めます。そして、欠点や短所を直してさらにステキな自分に成長します。

同時に、自分の良さを見つけて自分を褒めるようにします。自分の良さがわかると、自然に自分に自信が持てるようになります。

鏡に向かって自分を褒める

毎朝毎晩、鏡に向かって自分を褒めます。褒めているうちに、自分に自信がつきます。

女性は毎朝鏡に自分を映して、「今日も可愛いね」「髪型がうまく決まったね」「私は美人だ」などと自分を褒めるようにします。夜寝る前に鏡に向かい、「今日も1日頑張ったね」「今日は○○さんと目を合わせることができたね」などと1日を振り返って自分を褒めます。

男性は毎朝「今日も元気だ」「俺はデキる男だ」などと自分を褒めて励まします。夜寝る前には1日を振り返り、「今日の仕事はよくできた」「忙しかったが成果があった」などと自分を褒めます。

③経験を積み重ねる

自分に自信のない人は、いろいろなことにチャレンジして経験を積み重ねるようにします。失敗しても成功しても、どんな経験でも積み重ねることで自信がつきます。

小さな目標を立てて達成する

自分に自信のない人は達成しやすい小さな目標を立てるようにします。好きな人ができたら、まず「だれにでも『おはよう』と挨拶する」という目標を立てます。その次に「好きな人に『おはよう、○○さん』と名前を呼んで挨拶する」という目標を立てます。

小さな達成しやすい目標をクリアして小さな成功体験を積み重ねると、自分に自信が持てるようになります。恋愛するのも、まず挨拶から入れば楽ですね。1つずつ小さな目標を達成しながら進んで行くようにします。

どんなことでもいいから成功体験をする

自分に自信のない人は、どんなことでもいいから成功体験を重ねるようにします。他人に認められるような何かにチャレンジして、成功を経験します。

男性は、仕事における成功体験が自信につながります。「営業ノルマを毎月達成する」でも「プロジェクトチームの一員となる」でもかまいません。フリーターなら「正社員として就職した」ことは大きな成功体験で、自分に自信が持てるようになります。

女性は、仕事でも趣味でもかまいません。「営業成績トップになった」でも「難しいスペイン舞踊を踊れるようになった」でも「フラワーデザインの展示会で入賞した」でも、成功体験が自信につながります。恋愛に積極的になれます。

傷つくことも経験の1つ

自信のない人は傷つくことを恐れて、恋愛に臆病になります。でも、人間は傷つくことで強くなります。恋愛は経験を重ねるうちに自信が持てるようになります。

恋愛に痛みはつきもの

恋愛に痛みはつきものです。成功しても失敗しても、心が痛みます。傷つくことを恐れないで、どんどん恋愛するようにします。失敗から学ぶこともあります。いつかステキな恋愛ができるようになります。

④考え方を変える

自分に自信がなくて恋愛に臆病になっている人は、考え方をちょっと変えます。

1,楽観的になる

自分に自信のない人は、ネガティブ思考になりがちです。物事を悪い方へ悪い方へと考える傾向があります。面白いもので、悪い方に考えてばかりいると、本当に悪い事態が起きてしまいます。恋愛をする時は、ポジティブ思考で楽観的になるようにします。

ポジティブ思考で楽観的な人は、いつも明るく元気です。何があっても簡単にへこたれません。明るい笑顔で前向きに生きている人は、男でも女でも魅力的です。必ず好きになる異性が現れます。

「好かれている」と思うと、本当に好きになってもらえる

モテる男性や女性は好きな人が現れると、「あの男性は私が好きなようね」「あの女性は俺に惚れているらしい」とうぬぼれて考えます。「嫌われているかもしれない」などとは決して考えません。「好かれている」と思うと相手も好きになる、「嫌われている」と思うと相手も嫌いになるというのが人間の心理です。楽観的な勘違いで恋愛関係になれることが多いのです。

2,「相手の迷惑になる」「嫌われるかもしれない」と考えない

自分に自信のない人は、「自分のような者が好きになったら、相手は迷惑するだろう」「自分なんて、いつか嫌われるかもしれない」と考えがちです。でも、人間は、相手がどんな人でも自分を好きになってくれると嬉しくなります。迷惑には思いません。「私なんかが」「ぼくなんて」と考えるのはやめて、素直に好きな相手にアプローチします。

3,欠点だらけでも恋愛はできる

自分に自信のない人は「自分は欠点だらけだから、好きになってくれる相手などいない」と考えます。でも、昔から「蓼食う虫も好き好き」と言うように人の好みは様々で、欠点だらけなところが好きになる人もいます。「割れ鍋に綴じ蓋」と言うように、どんな欠点だらけな人にでもピッタリ合う相手がいます。欠点だらけの人でも、恋愛はできます。

欠点を補い合ってステキなカップルになれる

人間はだれでも不完全で、欠点の多い存在です。人間に男性と女性がいるのは、お互いの欠点を補い合って完全になるためです。「欠点が多いから嫌われる」と思う前に、「欠点を補い合える相手」を探すようにします。お互いの欠点を補い合うと、ステキなカップルになれます。

4,相手を信じることが幸せへの第一歩

自分に自信がない人は、好きになった相手を心から信じません。でも、相手を信じないと、自分も相手も深く傷つくことになります。幸せな恋愛をするためには、まず好きになった相手を心から信じるようにします。相手を心から信じれば、不安でイライラすることも不必要に相手を束縛することもありません。

まとめ 恋愛経験を重ねることで自分に自信がつく

自分に自信がない人は、何事に対しても消極的です。恋愛に対しても臆病で、不幸な恋愛パターンを繰り返します。好きな異性ができても「どうせ自分なんか嫌われるに決まっている」と思い込んで、自分からアプローチできません。好きな相手に嫌われることを恐れて、相手の言いなりになります。恋愛相手のことで頭がいっぱいになり、他のことが考えられなくなります。何事も悪い方へ悪い方へと考えて、相手を心から信じません。

恋愛において自分に自信がないのは、恋愛経験がないからです。恋愛経験がないから不安が強く、失敗して傷つくことを恐れます。ありのままの自分を受け入れることができず、いつも他人と比較して自分が劣っている点ばかり気にします。

人間は、いろいろな経験を積み重ねることで自分に自信が持てるようになります。仕事でも趣味でも何でもいろいろなことに挑戦して成功体験を重ねると、自分に自信がつきます。成功体験だけでなく失敗体験の積み重ねも、自信につながっていきます。

恋愛に失敗すると、心が深く傷つきます。でも、人間は傷つくほど強くなります。失敗経験から学んで成長できます。恋愛で自分に自信をつけるには、傷つくことを恐れないで積極的に恋愛経験を積み重ねることです。ありのままの自分を好きになり、物事をポジティブに楽観的に考えるようにします。自分の外見と内面を磨き、好きな相手に自分からアプローチします。

失敗を恐れず恋愛経験を重ねるうちに、ステキな相手と恋愛して幸せになれます。

関連記事として

好きかどうか確かめる方法は?自分が好きかどうかと相手がどうか別に紹介!

目を見て話す恋愛心理について!男女別の心理を紹介!

これらの記事も読んでみてください!

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする