右胸の下が痛いのは病気?チクチク痛む原因はなに?

胸の痛みを感じたとき、何か重大な病気では…と心配になりますね。左胸の場合は心臓の不調を疑いますが、右胸の場合はなじみが薄く、なんとなくよくわからない場合が多いですね。

しかしそのまま放置しておくと思わぬ病気が進行し、取り返しのつかないことになるかもしれません。胸にはいろいろな器官が集まっているため、原因によって相談する病院が全く異なってきます。痛みの原因と、それぞれの医療機関の担当科を紹介します。

スポンサーリンク

 右胸の中には何があるの?

右胸

胸には重要な臓器が詰まっており、それを骨が保護しています。上から順にみていきましょう。

まず、皮膚の下には胸筋、肋骨があります。胸筋や肋骨は外部の衝撃から柔らかい臓器を護る役目をしています。女性の場合は脂肪、乳腺、間質などからなる柔らかい乳房があり、その下に胸筋がついています。

肺は胸の左右に一つずつついています。肋骨のすぐ下にあり、呼吸に合わせて膨らんだり縮んだりします。

肺の下には胆のうがあります。胆のうは消化に関係する臓器の一つで、胆汁という、消化酵素を助ける働きのある物質を作ります。胆汁はタンパク質の分解を助けています。

それぞれの器官には神経が通っています。

スポンサーリンク

男女共通の胸の痛みの原因

右胸_4

右胸の痛みは上記で紹介した器官のどれかに原因があると考えられます。ここでは男女どちらにも当てはまる病気を紹介します。

肺気胸

肺に小さな穴が開き、空気が体内に漏れて肺が縮んでしまう病気を肺気胸と言います。穴の開く原因は運動や事故などによる外部からの衝撃や、喫煙による肺角膜の劣化、強いストレスなどですが、何もなくとも自然に空いてしまうこともあります。やせ形の男性に多い病気と言われています。

自然に穴が開いた場合、多くは自然に塞がってしまいますが、塞がらずに空気が漏れる状態が続くと胸の痛みや動悸、息切れを感じ、ひどくなると呼吸困難を引き起こします。治療によって症状が改善されたり、自然に塞がった場合でも、再発する可能性が高い病気です。

軽度の場合は自然治癒がほとんどで、治療期間中は極力肺に負担を掛けず、安静にしていることが求められます。痛みがひどい場合は漏れた空気をチューブなどで抜く治療法もあります。重度の場合は手術を行います。

胆のう炎・胆石症

胆のうが原因の痛みには以下の2種類の病気の可能性があります。消化に関係する機関のため、どちらの病気も治療のほかに食事制限が課される場合があります。

胆のう炎

胆のう炎とは、胆のうや、胆汁を運ぶ胆管に炎症が発生する病気です。胆のうの出口や胆管が、胆汁の成分が固まってできる胆石や癌などで塞がり、炎症を起こします。脂っこい食事や不摂生が引き金となって発症します。胃もたれなど、別の臓器の痛みと混同しやすい病気です。

胆のう炎は悪化すると右胸の下に激痛が走ったり、発熱したりします。また、痛みが肩まで響くこともあります。吐き気や嘔吐など、胃腸炎と似通った症状が出る場合もあります。

胆石症

胆石症とは、胆汁の成分が固まりってできた胆石という固形物が、胆のう内に溜まってしまう病気です。胆石の出来る場所によって肝内結石、胆のう結石、胆管結石と名称が変わります。

胆石症は、胆汁内に含まれたコレステロールが過剰な場合、十分に分解されずに溜まり、それが核になって結石が出来てしまうことが原因です。

胆のう結石の場合、8割は症状に無自覚ですが、自覚症状がある場合は右の胸の下から腹部にかけて痛みを感じます。結石が原因で細菌に感染した場合は高熱が出ることもあります。

胆管結石の場合は尿の色が黒くなったり、黄疸(おうだん:皮膚が黄色く変色する症状)が現れたりします。重度の場合は発熱や意識障害を伴い、非常に危険な状態になるため、早期発見が大切です。

治療には結石を取り除く手術を行い、術後はコレステロールを減らした食事をとる食事療法などが課されます。

肋間神経痛

肋間神経痛とは、肋骨部分の神経が痛む神経痛の総称です。突如肋骨に電流が走るような激しい痛みや、呼吸時に心臓に肋骨が刺さるような痛みを感じる症状が出ます。深呼吸や発声、胸部を捩じる運動などをした際に痛みがひどくなります。症状は左右どちらかに現れ、痛みが肩や背中まで届くこともあります。

肋間神経痛の原因には以下のものが考えられます。

1)肋骨の骨折や、別の病気を患った際に併発する

2)運動不足や同じ姿勢を続けたため、胸筋が固まり神経が圧迫される

3)帯状発疹の後遺症

4)ストレス

また、このほかに原因不明の場合もあります。

治療方法は原因によって様々ですが、痛みがひどい場合はステロイド剤などの痛み止めが処方されます。神経痛は神経が過敏になっている状態で起こりやすいため、リラックスできる状態をつくり、ストレスを緩和させることも有効な対策の一つです。

詳しくは、肋間神経痛はストレスが原因なの?治療方法は?を参考にしてください。

筋肉痛

胸の痛みの思わぬ原因として挙げられるのが、筋肉痛です。胸には胸筋がありますので、重いものを持ち上げる動作を繰り返したり、ボクシングや筋トレなどの腕を前後に動かす動作を繰り返した場合、筋肉痛になることがあります。

筋肉痛は運動直後以外に、2,3日おいて痛みが洗わられることもあるので、胸に痛みを感じた場合は激しい運動をしたことがないか振り返ってみてください。

スポンサーリンク

女性のみに起こる胸の痛みの原因

右胸_3

女性の胸には乳房がありますので、乳房に関する病気を発症することがあります。ここでは女性特有の病気を紹介します。

乳腺症

乳腺症とは、乳房部分に鈍痛やしこりを感じる病気です。30代後半から閉経までの女性に見られる症状で、卵巣ホルモンの影響によって乳腺が部分的に痛みを感じます。原因は明らかになっていませんが、乳腺は卵巣ホルモンの影響で伸縮を何度も繰り返すため、高齢になるにつれて乳腺が卵巣ホルモンの変化に耐えられなくなると考えられています。

乳腺症は良性ですが、似たような症状として乳がんがあります。乳房の痛みやしこりを発見した場合は早めに病院で診察してもらいましょう。乳腺症の診断は難しく、乳がんに近い症状が現れる場合は精密検査を行います。

むくみ

むくみとは体内の水分が滞り一か所に溜まってしまう症状をいいますが、むくみが乳腺の間にある間質に溜まった場合、痛みを感じる場合があります。

授乳中の女性に多く見られる症状で、片方の乳房ばかりで赤ちゃんに母乳を与えていると、使わない方の乳房がむくみ、痛みます。

定期的にマッサージや搾乳をすることで予防になります。また、痛みのある部分を濡れタオルなどで冷やすことで痛みが緩和されます。痛みが激しくなった場合は産婦人科などでマッサージをしてもらうと改善されます。

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群は鎖骨にある神経の束が圧迫され、腕や指先、胸部などにしびれを感じる病気です。20代で、なで肩の女性に多く発症すると言われています。

鎖骨の周辺には神経が密集していますが、骨や筋肉、血管などによりその神経が圧迫されると、神経がつながった先に影響が出ます。胸郭出口症候群では痺れのほかに脱力感を感じたり、腕を肩より上に上げる動作をした際に胸部にだるさや痛みを感じます。放置しておくと皮膚の色が変色したり、痛みのある部分が動かなくなったりするため、早めに病院で診察を受けることが大切です。

軽度の場合は内服薬での治療が可能ですが、重度になると神経を圧迫する原因部分を手術で切除する必要があります。

スポンサーリンク

診察を受ける病院について

右胸_2

右胸の痛みの原因は、関連する臓器によって様々な種類があることがお分かりいただけたかと思います。では、それぞれの病気はどこで見てもらえばよいのでしょうか?ここでは各科で取り扱う病気を紹介します。

内科

内科は主に臓器などの外から見えない部分を診療する科です。病気になった際に最も頻繁に利用するのはこの科と言えます。診察は触診のほか、心電図やレントゲンなどの機械を使用します。内科では治療においては手術を行わず、薬によるものがほとんどです。

上記の病気の中では、胆のう炎、胆石症を取り扱います。また、神経内科では肋間神経痛を取り扱っています。

呼吸器科

呼吸器科とは、呼吸に関係する臓器である肺、気管支、横隔膜などの病気を扱う科です。咳や息切れ、呼吸困難など呼吸に関する疾患のほか、レントゲン撮影の際に胸部に影があった場合なども呼吸器科にかかることになります。

上記の病気の中では、肺気胸がこの科の担当になります。

整形外科

整形外科とは、外的要因による体の損傷や、骨、筋肉、筋、血管などの組織の疾患を取り扱う科です。該当する疾患の治療のほか、治療後のリハビリテーションなどもこの科で担当します。スポーツを行う人々が良くお世話になる科です。

上記の病気の中では、肋間神経痛・胸郭出口症候群がこの科の担当になります。

産婦人科

産婦人科とは、女性の妊娠・出産や女性器に関するものを取り扱う科の総称で正しくは産科と婦人科に分かれています。産科は妊娠・出産に関する事柄を中心に診療します。婦人科は妊娠・出産に関係なく、女性器に関する病気やトラブルを中心に診療します。産科と婦人科は同じ病院にあることが多いです。

産科・婦人科共に乳腺症や乳房のむくみによる痛みを取り扱っています。

スポンサーリンク

まとめ

胸には様々な臓器が詰まっています。痛みの深さである程度どの部分が痛むのかは分かるかもしれませんが、素人が原因を特定するのは極めて困難です。さらに、痛む場所に確信が持てない場合はどの病院に行けばいいかも判断しづらくなります。

しかし、痛みや違和感を放っておいてよいことはありません。行き先に迷ったときは、まずは総合病院か、内科のある病院で、レントゲンを撮ってもらうとよいでしょう。レントゲンの結果によってしかるべき診療科を紹介してもらえます。また、胸部は担当する科が全く異なるため、医者はそれぞれの担当科の知見で判断します。診断結果に疑問がある場合は、セカンドオピニオンを受けることも大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする