足の爪が黒い6つの原因とは!斑点が現れている人は要注意!

お風呂に入った時や、ふとした時に足の爪を見ると黒くなっていて驚いたことはありませんか?

普段はあまり足の爪を見る機会が無いので気が付きにくいので、何か体に異変が起こっているのでないかと不安になってしまいますよね。どうして足の爪が黒くなったりするのでしょうか。

今回は、足の爪が黒くなることについての記事を書いています。足の爪が黒くて悩んでいる人や改善したいと考えている人はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

足の爪が黒くなる原因

では、さっそく足の爪がどうして黒くなるのかを紹介します。

①血豆(爪下血腫)が出来ている

爪下血腫
出典:http://lifeinthefastlane.com

足の爪が黒くなる原因として一番多く挙げられるのが、爪下血腫によるものです。他にも爪下出血と呼ばれることがあります。

サイズの合わない靴を長時間履いていたり、長い時間ランニングをしたりすることで、足先に圧が加わってしまうことで発生するのが爪下血腫です。また、足の指を角にぶつけた時にも発生することがあります。爪の中で出血が起きてしまうために黒くなってしまいます。あまり痛みを感じずに、出血する場合もあるため、なかなか気がつかないことも多くあります。

血豆が大きく発生している場合は、病院へ行って血を抜いた方が良いでしょう。他の細菌に感染する恐れもあり、治療が長引いてしまうこともあります。さらに、根元部分から大きく出血している場合は、新しい爪が生えにくくなってしまいます。

あまり痛みを感じず血豆が小さい場合は、自然治癒に任せても大丈夫です。症状にもよりもますが、おおよそ一ヶ月前後で自然に治ります。

出来れば予防するのが一番なので、靴のサイズを確認するなどして、足の爪に負担がかかりにくい状態にしましょう。

②ほくろ

ほくろ
出典:http://www.foot-pain-explained.com

ふと気がついた時に、小さい斑点がある場合はほくろの可能性も考えられます。

爪が成長していくと同時に、黒い斑点が先の方に移動していくのであれば、ただのほくろなのであまり心配する必要はありません。

ほくろは、刺激が加わってしまうとメラノサイトが活発になるために発生します。爪に出来ることもあるので、ほくろの場合は不安にならずにそっとしておきましょう。ほくろについては、ほくろが増える原因とは!?病気の可能性は!?の記事を読んでみてください。

③メラノーマ(悪性黒色腫)

メラノーマ
出典:http://www.youbeauty.com

メラノーマは皮膚がんの原因となる悪性の腫瘍です。ほくろの細胞や色素を生産する細胞ががん化することで発生します。メラノーマが足の爪に現れる場合もあるので注意してください。

その他にも、足の裏・手のひら・背中・顔などあらゆる場所に発生することがあります。早期発見をして症状が悪化することで治すこともできます。しかし、メラノーマについて知っておかないと爪下血腫との見分けがつかない場合もあります。

見分け方のポイントとしては、ほくろや爪下血腫の場合は爪の成長に合わせて、黒の斑点が移動します。しかしメラノーマの場合は移動することがなく、同じ場所から少しづつ大きくなっていきます。

また、斑点ではんく筋が発生する場合があります。この筋が大きくなったり広がったりする場合はメラノーマである可能性が高いので病院へ行った方がよいでしょう。もし、足の爪に黒い斑点や筋を発見した場合は、毎日観察するようにしましょう。

足の爪が黒くなる以外にも、倦怠感や体重の減少、食欲不振などの全身に症状が現れることがあります。こういった症状が現れ出しているときは気をつけてください。

メラノーマが発生した場合は、取り除くために手術を行います。取り除かないと、他の臓器や器官に転移する可能性があるので、放射線治療や抗がん剤を用いて完全に取り除くように徹してくれます。自分はがんとは関係ないと思わずに、注意深く観察する必要があります。誰にでも起きることがあるということを知っておきましょう!

④薬剤や放射線治療をしている

治療
出典:http://www.fungusonfeet.com

病院で治療をしている際に、紫外線や放射線を足の爪にあてた場合は爪が黒くなる場合があります。

治療が終われば、爪の色は正常に戻るのであまり心配する必要はありません。まさか治療をしているのに足の爪が黒くなるとは考えないので、他の病気じゃないかと不安になることもあると思うので、そういったこともあることを知っておきましょう。

⑤アジソン病

アジソン
出典:http://glamorouscha.info

足の爪に黒い斑点ではなく、黒い筋が発生している場合は「アジソン病」である可能性があります。

アジソン病は、体のホルモン異常が起きることで発生する病気です。副腎皮質機能不全という状態になっており、全身の気だるさ、胃腸障害、色素沈着といった症状がみられ、足の爪に黒い筋が発生することがります。1つの爪に何本も発生する場合や、何本も同時に爪が黒くなることがあります。

しかしアジソン病が発生すると、足の爪だけでなく体の皮膚の色も黒くなるので、メラノーマと見分けがつきやすいと言えます。

アジソン病は発症してもすぐに気づくことが難しく、症状がなかなか現れない場合もあります。気づいた場合は病院へ行って適切な処置を取ってもらいましょう。

⑥便秘

便秘
出典:http://www.planetayurveda.com

慢性的に便秘の症状が見られる人は、足の爪に黒色や褐色の斑点が現れることがあります。

便秘になることで、内蔵に大きな負担がかかることで爪全体の色が暗くなることがあるようです。特に女性は慢性的に便秘になる人が多くいので注意しましょう。特に女性はネイルで爪に色を塗ることがあるので、爪の変化に気が付きにくいことがあります。爪の変化は体調の変化を表す場合が多いので、普段注意して確認してみましょう。

スポンサーリンク

足の爪が黒い時はどうする?

足の爪黒い
出典:http://www.footvitals.com

もしも、自分の足の爪が黒くなっている場合は注意深く観察しましょう。

特にメラノーマの場合は、早期発見できるきっかけにもなります。自分の爪がどうして黒くなっているかを考えて適切な対処をとりましょう。時間が経ったり体が健康になると元の色に戻ることが多いので、あまり心配する必要はありません。

その黒い斑点が移動しているかの確認や、大きくなっていないかを確認して、メラノーマかどうかの判断をしましょう!あまりにも長い期間黒い斑点が消えない場合は一度病院へ相談へ行きましょう!

スポンサーリンク

まとめ

足の爪が黒い原因

・爪下血腫

・ほくろ

・メラノーマ

・薬剤や放射線治療を受けている

・アジソン病

・便秘

足の爪が黒い時はどうする?

・黒い斑点が移動したり、大きくなっていないかを確認する

以上が今回の記事のまとめになります。

足の爪が黒い原因は様々ですが、自分が何か心辺りがないかをまずは確認しましょう。爪下血腫は痛みが無い間に発生することもあるので、靴が小さくて圧迫していないかどうかや、長時間歩いたりしていないかを思い出してみてください。

メラノーマの場合は、黒い斑点や筋が大きく広がっていくので、入浴した際などに確認する癖をつけて早期発見できるようにしておきましょう。

関連記事として

ほくろがかゆい原因とは!?赤みがある場合や癌の可能性など

ほくろが増える原因とは!?病気の可能性は!?

お尻の黒ずみの6つ原因と6つの改善方法を紹介!

危険かもしれない!爪を噛む癖とでこぼこの爪の危険性と対策

爪の甘皮の処理方法とは?やり方を知って簡単に処理しよう!

ささくれになる5つの原因と4つの対処方法について

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする