手が乾燥する原因を知ろう!悪化することで起きる病気と対処方法は?

スポンサーリンク

冬場の冷たい時期に炊事をするとき、冷たい水を使うのが多い主婦にとって、手の乾燥はひび割れやあかぎれやしもやけをつくり、とても辛いことがあります。

手は年齢が現れてしまいます。美容師や飲食業のさら洗いなどの業務の人は、乾燥の季節になると手荒れが酷くなり、皮膚科に通っても、ケアを怠ればまた同じことになる、可能性があります。

手荒れについて詳しく見てみました。

スポンサーリンク

手の乾燥について

hand-1595560_960_720

顔と手は空気にさらされる部分が多く、また手は特に水との接触が多いので、乾燥の季節の冬場には、水仕事を職業としている、美容師さんや飲食業の洗いの業務の方は、きちんとケアをしないと、ひび割れやあかぎれに、しもやけを併発することになります。

乾燥はどのようにして起こるのかみてみました。

お湯で洗うと乾燥を加速

冬場にお湯で洗い物などをすると、手のお肌のバリア機能が失われることになります。お湯は皮脂や角質層の細胞間脂質のセラミドを、余計に洗い流してしまうのです。

そのためにお湯で洗い物を続けていると、乾燥を加速させ肌が鱗のようにカサついて、乾燥が進んでしまいひび割れが起こってしまいます。

ひび割れが起こると肌表面の表皮が割れる状態になり、それが進行するとあかぎれとなって、ひび割れが悪化して真皮まで達してしまいます。

あかぎれは見た目も痛々しく、かゆみを伴いながら痛みが起き血がにじんできます。美容のため顔は皆様化粧品で手入れをされますが、手の方のケアはされる方も少ないように見られます。

手の乾燥しやすい理由

手は体の中で一番水と接触しやすい肌です。帰宅した時、トイレに入った時、何か食べ物を食べる時、炊事をするとき、洗濯をするとき、顔を洗う時など手は何時も水に触れています。

その手のお肌には皮脂腺がもともと少なくて、手の肌の皮脂の表面を覆う皮脂膜は、このために中々作られにくい状態にあります。

女性は料理や洗濯、手洗いなど水に触れる頻度がとても多く、少ない皮脂膜は簡単に洗い流され落ちてしまいます。皮脂膜のなくなった肌は無防備になり、そのため水分が蒸発しやすくなります。

健康な肌は自ら保湿成分を、作り出すことができますが、無防備となった肌の冷たい空気や水に触れた指先は、血行が悪くなって肌の機能が衰えて保湿成分を、自ら作り出すことができなくなります。

現代の生活環境

また部屋の中にいても、クーラーや暖房でいつも乾燥した、外気の中で手はさらされています。現在は電化製品が多くなってきているので、こたつや電気毛布、ホットカーペットなどは肌を乾燥に導いてしまいます。

食器用洗剤は合成界面活性洗剤でできていて、素手で食器を洗うことは手荒れの、ダメージがとても酷くなりとても危険です。ハンドクリームを塗っても、保湿できなくなります。

炊事を始める最初から薄い、アレルギーフリーという手袋をつけ、料理や洗い物には手を水につけることなく、料理をすることができるので、必ず手袋をしておこなうことが大切です。

液状や泡状の食器用洗剤は、合成界面活性剤が主成分です。肌には良くないので固形の石鹸を、使う方が手のお肌にとってはよいです。

石鹸とは純石鹸成分の脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上のものでアルカリ性です。半透明なものはグリセリンが含まれているので、不透明なのはグリセリンが含まれていないので乾燥しやすい石鹸です。

乾燥すると厚くなる角質層

古い角質層が剥がれないで積み重なって、だんだん硬くなっていくのは、肌は乾燥することでターンオーバーの、新しい新陳代謝が行われなくなるためです。

新しい新陳代謝のターンオーバーが行われなくなると、角質層は乾燥して益々厚くなって硬くなっていきます。

不要になった角質層も剥がれず、新しい皮膚も生まれないで、未熟なまま皮膚はダメージを受けてより乾燥を促進します。

こうして不規則に剥がれなくなった角質層は、肌をくすませてひび割れやかゆみ、痛みなどの症状を起こさせることになります。

手荒れの進行

  • 初期症状は指先が軽くカサついてきます。
  • 指の先だけでなく、手全体がカサついてきて、軽いひび割れ、指紋が消える、皮がむけるなどの症状がでてきます。
  • 進行してくると肌がごわついて、赤みが目だったりひび割れたりして、ところどころ血がにじんできます。
  • 重症になってくると赤く腫れて、痛みを伴ったかゆみがでてきて割れて出血します。
  • 最重症になると水ぶくれが見られるようになり、かゆみも痛みもひどく、指がスムーズに曲げれなくなります。

硬くなった角質層を取る

古い角質層がそのままだと、有効な成分が邪魔されるため、成分が浸透しないので角質ケアークリームなどを用いて、古い角質層を取りのぞきます。

その時に取りすぎると健康な角質まで、取りすぎてしまうと保湿ができなくなりますので、なにごとも、やりすぎないよう注意が必要です。

パソコンと手乾燥

長時間パソコンを日常的に使っている人は、手の指の腹から乾燥しやすく、洋服などの繊維が引っかかったりすることがあります。

手のかさつきが気になる人は、パソコンをする前にハンドクリームを塗ると良いですが、べたつきのないサラサラ感の使い心地抜群の、ハンドクリームを使わないと、べたつきのあるハンドクリームだと、スマホなどの反応が鈍くなることがあります。

スポンサーリンク

手の乾燥による病気

手洗い

手の乾燥の症状は、経験されている方も多いと思いますが、指先がカサつくと、ささくれの爪の周辺の皮膚がめくれて、衣服の着脱の時に引っかかったりします。

痛みを感じたりして、悪化して化膿することも多いので注意することが大切です。更に手荒れの乾燥が進むと、ひびやあかぎれの炎症を伴う手荒れの症状がでてきます。

家事が原因の主婦湿疹

家事をする主婦に良く起こる手湿疹ともいわれる主婦湿疹は、お湯や洗剤の刺激によって、かゆみのある掌に湿疹ができた状態です。

調理師さんや理容師さん、美容師さん、飲食店の洗いの業務の方に多く発症するこの病気は、水と洗剤に触れることで、角質層が剥がれて雑菌などが入りやすくなります。

外からの刺激も受けやすいため肌のバリア機能が低下して、手の指のほうからひび割れたり、ぶつぶつと湿疹ができたりします。

皮膚は表皮と真皮の二層でできていて、表皮はさらに4層に分かれています。足の裏と手のひらは5層になっていて、手のひらが乾燥すると前に書きましたが、ターンオーバーが正常に働かなくなるため、角質層が剥がれないまま厚く硬くなっていきます。

主婦湿疹ができる生活

  • 家事で炊事、洗濯などが時間が多く、洗剤や石鹸などの使う量が多いです。
  • 職業でなる人も洗剤を使う量が多くなります。またアルコール消毒なども使いますので、乾燥が加速します。
  • 洗剤が洗浄力の強い洗剤を使っています。
  • 食器洗いに時間がかかる油の多い食事をしています。
  • ハンドクリームを炊事の後などに塗りません。
  • 頻繁に多量のシャンプーで洗髪します。

このような人が主婦湿疹ができる人が多いです。

水仕事をするときは30度のぬるま湯ですると手に優しいです。その理由は皮脂が溶け出す温度が、サイトによってまちまちですが、30~34℃だからです。

この皮脂が溶け出す温度は、本当にバラバラです。30℃、32℃、34℃、41~42℃ということだですので、お湯の温度の皮脂が溶け出す温度は、科学的に証明されたものはないようです。

職業的に美容師や飲食業、医療従事者などは手荒れが酷くなります。水洗いよりお湯で手洗いをすると、必要な皮脂が失われやすく、また手洗い後のアルコール消毒は、揮発性があるためアルコールは手の水分を失わせてしまいます。

美容師さんなどは特殊な薬剤を使う場合があります。特殊な薬剤で手荒れになった場合、アレルギー反応が油分を失った手に、特殊な薬剤がついて強い刺激を受けることがあります。

このような場合は通常の手の、乾燥による手荒れではないので、早めに皮膚科に行って診てもらうことが大切です。

スポンサーリンク

手の乾燥の対策法

affair-1238439_960_720

寒い冬はどうしても洗い物など、お湯を使いたくなりますが、熱いお湯は角質層の潤い成分や、皮脂を洗い流してしまいます。肌のバリア機能が失われないよう、ぬるま湯で洗い物をすることが大切です。

乾燥を防ぐため保湿剤や、ハンドクリームを使いますが、自分の生活のパターンによって、タイミングよくこまめに塗っていく方がよいでしょう。

また化粧水を塗るときは、肌バリアが浸透しやすい、肌になじみやすい化粧水の成分が入っている、化粧水を使うことが必要となるでしょう。

角質層に浸透するためには、肌になじみやすい化粧水で、肌バリア機能をかいくぐって、肌に浸透する化粧水を選ぶことが大切となります。

手の乾燥対策

手の乾燥のスペシャルケア

手荒れを防ぐには、寒さから手を守り、肌の乾燥を防ぐことが大切です。ケアについてどの様な方法があるのでしょうか?

  • 寒さを防ぐため綿の手袋をして、ゴム手袋をして洗い物をします。
  • 料理も綿の手袋をして、ゴム手袋をしてできるのであればこのようにします。
  • 料理でゴム手袋ができない場合は、水にぬれた手をタオルでふきとります。
  • 保湿ケアのハンドクリームをこまめに使います。
  • ぬるま湯で洗い物などはします。
  • 外出時には寒さをよけるため、手袋をして肌を保護します。
  • 食器洗い用洗剤に合成洗剤を使わないで、ヤシ油配合の石鹸成分の石鹸をつかいます。
  • ぬるま湯とアクリルたわしで洗剤を使わないで洗います。
夜寝る前のケア
  1. 指周りに指周り専用のキューティクルオイルを塗ります。
  2. 保湿成分ハチミツエキス、爪保護成分ハチミツタンパク配合のネイルトリートメントを塗ります。
  3. 化粧水を塗ります。
  4. ワセリンを塗ります。
  5. ハンドクリームを塗ります。
  6. 手袋をはめます。
  7. 夜の睡眠となります。

日中のケアは昼間良く手洗いをする人は、手洗いの回数を減らします。清潔にすることは良い事ですが毎回手洗いをして、手を洗いすぎると脂分が剥がれ落ち、手バリア機能をダメにしてしまいます。

そのような方は除菌ジェルなどを使うと良いのですが、これも使いすぎると油脂膜をはがすことになりますので、何事もやりすぎは良くありません。

対策法

ひび割れができてしまった場合は、予防ケアに加えて、ひび割れの保護のケアが必要です。軟膏で血行促進に働くビタミンEを含むものや、油分や水分を補うケアが必要となります。

尿素やグリセリンの保湿成分を、含むハンドクリームが効果的です。ワセリンは乾燥を防ぐひび割れや患部を保護したり、油分で蓋をする事ができるのですが、水分を補う効果がありません。

ですから使用する際は、保湿成分を含むハンドクリームと一緒に、使用されることが必要です。水にぬれた手は必ずタオルで綺麗に拭いて、ハンドクリームをこまめに塗るように、とても面倒ですが肌の乾燥を防ぐためには、とても必要な事です。

ハンドクリームで手の肌をケアしたら、木綿の手袋をしてその上からゴム手袋をして、ぬるま湯で洗い物をすると、手荒れがなくなってきます。

木綿の手袋は保湿があり、程よい通気性が良いので、乾燥やひび割れのケアに良く、またささくれケアにもよいのでおすすめです。

パラフィンパック

パック専用のロウで、手を浸して何度か繰り返すと、手がロウに包まれ、保湿して温熱パックをやると、1度やるだけでハンドクリーム自体も浸透が良くなり、手が温まってリラックス効果もあり、爪の先までつるつるになります。

この方法はネイルサロンなどでよくやられていて、普通のロウで代用はできません。自宅用のパラフィンパックキットが売られています。

化粧水+ハンドクリーム

乾燥した手にハンドクリームだけ、塗っても水分が足らないので、保湿ある手の肌にはなりません。赤ちゃんのようなもちもちの肌になるには、化粧水+ハンドクリームを使用すると良いです。

ハンドクリームには肌をベールで包むワセリンや、血行を促進するビタミンE配合のハンドクリームなどがよいです。

ハンドクリームの塗り方

手を洗い綺麗にふきとります。ハンドタオルで水分をふき取るときは、ごしごしふき取らないで、タオルに叩くようにして水分を好き取ります。

次に化粧水やローションを手に馴染ませ、ローションが乾いたら、次にキューティクルオイルを指先になじませます。

最後にハンドクリームを掌に真珠つぶくらいのせ、手の甲を重ねてクリームを引き延ばし、甲同士を重ねて、片方の甲に優しく抑えるように塗り込みます。

指の間にもクリームをしっかりとつけるため、両手の指を組んで滑らせるように動かし、指先を軽くつまむように伸ばして、細部までクリームを行き渡らせる方が、効果的でこれが手の肌を守る美容法です。

ピーリング効果のある尿素入りのクリームの場合、乾燥している肌は角質がボロボロになっているので、肌が敏感になっているため刺激が強すぎます。

敏感肌の人は高純度の、不純物の入ってないワセリンをつかい、べたつきがないまでふき取って、ダメージを最小限に抑えて脂分の、バリアーを行うことが良いでしょう。

根気よくケアすることが必要です。

保湿力は80:20(水分:脂分)で、手の乾燥を防ぐには、顔の乾燥を防ぐのと同じで、手の皮膚の保湿をすることで、乾燥を防ぐことになります。

ハンドクリーム

ハンドクリームの商品は沢山出ていますが、吸収性や使用感など色々自分にとって好みがあります。目的に合ったハンドクリームを選ぶことが大切ですが、乾燥を防ぐには吸収性の優れたものがポイントになります。

無印良品のハンドクリーム

無印良品の敏感肌ハンドクリームは、アレルギーテスト済み、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリー、無香料、無着色、無鉱物油の成分の入った、肌に優しい低刺激処方で、手をしっとりとさせる、オリーブオイルや、ミツロウなどの保湿成分配合です。アレルギー反応のある方でも、安心してご使用できます。べたつかず使用感も良く匂いも気になりません。

チェリーブロッサムのハンドクリーム

チェリーブロッサムのハンドクリームは、スキンコンディショニング成分のアロエベラ、死海のミネラルの成分が入っていて、荒れた肌を整えれくれるローラメルシエのクレームブリュレの香りがリラックスさせてくれます。

ロート製薬のハンドクリーム

ロート製薬メンソレータム医薬部外品のメンソレータムメディカルビタミンクリームは2種類のビタミンE誘導体、ビタミンB2配合で、健康でみずみずしい肌に導くため、血の巡りを良くして皮膚の働きを活発にします。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?手荒れについて見てきましたが、手は体の中で皮脂が少なく、乾燥しやすいので、顔と同様にケアーが大切なことが分かります。

手はとても必要で手がないと本当に困る事ばかりです。そのためにも手のケアーを目的に合った商品を選んで、綺麗な手を目指してください。

関連記事として

皮膚のかゆみの原因を紹介!乾燥や炎症に要注意!

手荒れが起きる5つの原因とは?ストレスや食生活など

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする