肺に穴が空く病気って?原因や治療方法を紹介!

なんか胸の辺りが痛くて息苦しい・・・息をすると肺の辺りがスカスカするような感覚がある・・・大きく息を吸っているはずなのに空気が入らないという方、もしかしたら肺に穴が開いている可能性があるかもしれません。

原因などご説明致しますので気になっている方は是非読んでください。

スポンサーリンク

肺に穴が開く病気を気胸(ききょう)といいます

upper-body-944557__180

気胸という病気について紹介します。

肺に穴が開くメカニズム

肺を覆っている肺胸膜というものがあります。その真下に存在するブレブ【直径1センチほどの異常な気腔で健康な気腔と違い破裂しやすい物】やブラ【肺胞の一部が嚢胞化(のうほうか)してしまった物】が破裂してしまいます。この破れた部分から胸腔(きょうくう)という部分に空気が流れ込み溜まってしまいます。これを気胸といいます。

空気が溜まってしまいますが、周りに肋骨があるのでそれ以上に膨らむことができません。ですので空気が行き場を無くし肺や心臓を押してしまい、肺や心臓が小さくなってしまうので胸に苦しさを感じてしまうのです。

気胸の種類と原因

・自然気胸

気胸は10代後半~30代に多く、特に痩せ型の男性が比較的発生しているようです。ハッキリとした理由もなく起きてしまうので自然気胸と呼ばれています。自然気胸には自覚症状がほとんどなく油断してしまいがちな病気です。

・外傷からの気胸

交通事故や強くぶつけてしまい肋骨が折れてしまい、肺に刺さると気胸を起こします。このような場合外傷性気胸(がいしょうせいききょう)と言います。また、医師の治療や検査によって肺を傷付けてしまい気胸を起こすこともありこれを医原性気胸(いげんせいききょう)といいます。

・病気からの併発

肺結核や肺気腫や喘息などの肺の病気にかかり、併発してしまう気胸を続発性気胸(ぞくはつせいききょう)といいます。また女性の方で月経(生理)の前後に起こす月経随伴性気胸(げっけいずいはんせいききょう)という物があり、子宮内膜症からの併発です。

続発性気胸を引き起こす病気

こちらの肺気腫は気胸の症状ととても似ていて、肺気腫の場合でもブレが存在します。ですので肺気腫から気胸になる方がとても多いです。

※クリックできる場合、その病気について詳しく説明されていますので合わせてご覧ください。

気胸の症状

主な症状としては「胸の痛み」「息苦しさ」「呼吸困難」「乾いた咳」「肩・鎖骨の違和感」です。気胸は軽い症状のものから重度ものがあり一刻を争そう場合もあります。重症度は以下の通りです。

・軽度気胸

こちらは入院する必要はなく安静にしていれば、漏れた空気が自然と血液に溶けていき消失します。ただし、軽度といっても呼吸困難などの症状がある場合は入院が必要になります。

・中等度気胸、高度気胸

中等度になると入院をし、胸腔ドレナージなどの治療をしていく必要があります。

・緊張性気胸

緊張性までになると、大量に行き場をなくした空気が肺や心臓を圧迫し影響を与え、命の危機に関わりますのですぐに胸腔鏡下手術を行わなければいけません。この場合血圧低下やショック死に繋がります。

スポンサーリンク

気胸の治療

medical-563427__180

軽度気胸の場合は安静を取り自然治癒を待ちます。基本はこちらになるのですが、中等症状からはまた違ってきますのでそちらを紹介します。

診察方法

気胸になった場合呼吸器内科のある病院を受診しましょう。まず胸部レントゲン写真を撮影し、この時点でどの程度の気胸なのかを観られます。

その次に胸部CTをを受けます。ここでブレブやブレが有るか、どのくらいあるのかを確認します。その後聴診を行い、肺に空気が入っていないと判断されれば緊急性肺気胸の場合が高く緊急入院となります。

溜まった空気を抜く

溜まった空気が多い場合はその空気を抜く治療から入ります。胸腔ドレーンという管を胸腔内に挿入し空気を排出します。この管を使って排出する際、外側から空気が入らないようにドレン・バックという機械を使い逆流を防ぎます。こちらの治療は保守的治療といい、気胸そのものの治療ではありません。

中等症状の場合はこの治療を行い様子を見ます。また空気が大量に溜まり血液に溶けにくい状態を3回以上繰り返す場合は内視鏡手術を行います。

胸腔ドレーンを行うリスクとして、再膨張性肺水腫を引き起こす可能性があります。これは虚脱していた肺の再膨張が一気に起こってしまう際に、肺内の血流が増えてしまい血管透過性が亢進して肺水腫になるものです。主に虚脱期間が長かった肺に起こりやすいものです。あまりにも酷い場合は人工呼吸管理が必要となります。

気胸の手術

ブレブおよびブラの切除を行います。医療技術の向上によって現在では胸腔鏡手術という胸に穴を空けて治療する方法が主流ですが、状態によっては胸を切り開く腋窩小開胸法(えきかしょうかいきょうほう)を取る場合もあります。胸腔鏡下手術は2センチほどの傷を3ヶ所開け、そこから胸腔鏡と切除する為の特殊な道具を入れ治療します。

胸腔鏡下手術のメリット

  • 手術の傷が小さく目立たない
  • 手術後の痛みが少ない
  • 回復が早く入院期間の短縮になる

胸腔鏡下手術のデメリット

  • 突然の出血があった場合の対応が遅れてしまう
  • 使用する道具が限られ高度な技が求められる

また、以前呼吸器官で重い病気を患った患者さんや呼吸機能が著しく悪い患者さんには全身麻酔をかけられないので、胸腔内癒着療法を行います。癒着剤を胸腔内に流し肺胸膜と壁側を癒着させる治療法です。こちらは確実に気胸を治す方法ではないので再発するリスクが高くなってしまいます。

気胸って再発するの?

以前患った時にどの治療法をしたかにもよりますが

  • 自然治癒の場合    50パーセント
  • 胸腔鏡下手術の場合  5~10パーセント
  • 開胸手術の場合    0.3~5パーセント

となっています。勿論人によって違いますができるだけ肺を使うことは避けてください。過度な運動や楽器の演奏、スキューバーダイビングなど再発するきっかけとなってしまいます。

スポンサーリンク

気胸の予防は?

injection-519388_960_720

予防策がない

残念ながら気胸について突発性の病気になっているので、これといった予防方法がないのです。自然気胸以外では原因が明確ですが、自然気胸については本当にふとした時起きるもので原因が未だわかっていません。

ですが気胸になりやすい人の特徴として、10~30代の痩せ型で背が高い男性となっています。芸能界の方で嵐の相葉雅紀さんやナイティナインの矢部浩之や佐藤健さんやBUMPOFCHICKENの藤原基央さんなど患ってますが、どの方も当てはまりますね。自分も当てはまるという方は気を付けましょう。肺気腫の発生率は人口10万比40〜50人となっていてその7割は喫煙をしている方のようです。

ストレスからの可能性も

先ほど述べた特徴に当てはまらなくても、ストレスで気胸になる場合もあり得ます。こちらもはっきりと解明されてませんが、仕事の時間ばかりで睡眠時間が減っていたり、悩み事が多くよく考え込んでしまう方、ストレス発散をする場所がなく溜め込みすぎている方はなりやすい傾向があります。

また、喫煙する方は肺に大きく負担をかけますので本数を減らす、弱い物を吸うなどして気をつかってみてください。一番はやめることにこしたことはないのですが、急にやめてしまうとそれがストレスの原因になりますので、病院等で徐々に吸わなくしていくというのが一番良いでしょう。

予防策が確立されていないからこそ必要なことです。

肺に良い食べ物

予防法がないので食事でも気を使ってみましょう。肺の免疫力を高めるために抗酸化作用のある食材を取り入れましょう。特にビタミンA,ビタミンC,ビタミンEが有効です。「レバー」「ニンジン」「ピーマン」「キャベツ」「イワシ」これらの食材を意識して食事を作ってください。

逆に肺の老化に繋がる原因として血圧を上げる塩分の取り過ぎです。また添加物の多い加工食品やカップ麺やコンビニ弁当はあまり食べないようにしましょう。毎日添加物が入ってるものばかり食べていると気胸もそうですが、他の病気にもかかりやすくする体をつくってしまいます。

スポンサーリンク

入院期間・費用

軽度の気胸であれば入院期間は3日です。胸腔ドレナージを受ける際は7日~11日程入院が必要になります。ここで治らなければ胸腔鏡下手術に移り、更に7日程入院が必要になります。費用は病院によって異なりますが胸腔鏡下手術の場合平均20万ほどになっています。胸腔ドレナージのみの場合は平均10万未満となっております。

※保険適用の場合です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

気胸は誰でも急にかかってしまう病気というのが怖いです。詳しい原因も予防策がないとなると、本当に日常生活で健康な体を造るということに気を付けていきたいところです。風邪でもないのに長期間咳が続く場合は病院への受診をオススメします。自然治癒の場合再発率が50パーセントとなると軽度の気胸でも手術を受けたほうがいいのかなとも思ってしまいますね・・・。

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?

肺活量を鍛える方法を紹介!道具は必要なの?

咳が止まらない病気についてでも熱はない!考えられる原因は?

咳が長引く原因を紹介!ストレスや空気の汚染に要注意!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする