空咳の原因は何?早めに対処しないと恐ろしい可能性も!

風邪は治ったのに空咳だけが続くことはありませんか。たかが風邪だと放置してしまいどんどん悪化、病院を訪れた時は既に手の施しようがない、なんてことになったらどうしますか。

実は恐ろしいかもしれない空咳に隠された病気についてご紹介します。

スポンサーリンク

空咳から考えられる病気

空咳から考えられる病気

空咳とは痰の出ない咳のことを言います。咳というのは咽頭や気管などが刺激を受けて空気が強制的に排出させる収縮運動で、誤嚥、ほこり、タバコ、ウイルス感染など原因はさまざまです。

一般的に3週間程度で収まるものは問題ありませんが、それ以上続く場合は、大きな病気か関係している場合があります。空咳から始まる病気の一部をご紹介します。

咳喘息

風邪は治ったのに咳だけ続いている場合に発症していることが多いです。一般の喘息(気管支喘息)と比べると呼吸困難、呼吸の度に聞こえるヒューヒューという音がしないのが特徴で喘息の前段階と言われています。

夜間に症状が強くでる場合が多く寝不足になることもあります。風邪薬や咳止めでは治療できませんので、医療機関を訪れ吸入ステロイド薬などを処方してもらいましょう。

自然気胸

自然気胸とは肺に穴が開き、胸腔に空気がたまっている状態をいいます。空咳と激しい胸の痛みが特徴です。

原因はこれといったものは無く、肺の細胞が突然破裂して起こります。運動や咳など肺胞の内圧が急激に上がった場合、飛行機やダイビングで大気圧が下がった場合に起こりやすいです。タバコを吸う背の高い細見の男性に起こりやすい気胸ですが、男女問わずなる可能性があります。

症状が軽い場合は自宅安静のみですが、肺に針を刺して空気を抜いたりする手術が必要な場合もあります。

百日咳

百日咳とはその名の通り、発症から完治まで百日程かかると言われている病気です。

熱、鼻水、咳という風邪に似た初期症状を得て、コンコンという短い間隔の咳が連続して出てその後、息を吸い込むときにヒューという笛のような音が聞こえるのが特徴の症状です。子供の感染の場合は、肺炎や脳炎など重篤な合併症を発症しやすいため四種混合での予防が大変効果を発揮します。

原因は百日咳菌による飛沫感染なので、医療機関を訪れれば完治します。

結核

結核とは結核菌が体内の臓器に感染し引き起こされる病気で、最も多いのが肺結核です。

咳や痰など風邪のような症状が現れます。風邪薬で症状が軽くなってもまた咳を繰り返すのが大きな特徴です。放置すると血痰が出て死に至ります。昔は治療薬がなく死の病とされてきましたが、現在は原因も判明し薬物治療で完治可能な病気ですのですぐに医療機関を訪れましょう。

結核は空気感染ですので、まさか自分が結核に感染しているとは知らず集団感染を引き起こしてしまうというのが怖いところです。しかしながら、感染してすぐに発病という訳ではないため必要以上に怖がる事もありません。

間質性肺炎(肺線維症)

なんらかの原因で肺の間質が炎症を起こし肺胞がつぶれて硬くなってしまう病気を言います。

リウマチやアスベスト吸引など明らかな原因があるものと、原因のわからない「特発性間質肺炎」があります。主な症状は空咳と息苦しさです。症状が進むと安静時でも息苦しくなり歩行が困難になったりします。

また酸素不足が原因で、手足の指が太鼓のばちのような状態になるばち状指の症状も出てきます。主な治療は薬物療法と酸素療法です。経過は原因や病態により様々ですが、日本の初診時からの平均生存期間は5年程です。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

タバコが主な原因で肺胞が破壊される病気で、主な症状は慢性の咳、痰、息切れです。この疾病は病状がゆっくり進むため早期発見に至ることが難しいですが、生命に関わるほど重症化するまでは数年~数十年かかることもあります。

残念ながら一度破壊された肺胞壁は元に戻ることはありませんので、薬物や酸素療法で症状を緩和させたり、肺気腫や肺がんなどの合併症を予防することが主な治療方法です。COPDの患者は感染症が重症化しやすいため、これらの感染予防が大切です。

肺がん

肺がんの初期症状で最も多いのが空咳です。空咳以外にも発熱、喀痰、胸の痛みなど風邪と良く似た症状が見られます。実際に肺がんによる初期の空咳は風邪の時にでるものと非常に良く似ています。

風邪の場合は数週間で症状が治まりますが、肺がんの場合は治療しない限り咳が続きます。つまり1ヶ月以上咳が続くような場合は肺がんを疑ってみるべきですが、残念ながら咳の有無だけでの診断はできません。体調が悪いと思ったらすぐに医療機関を訪れましょう。治療は手術や放射線治療、抗がん剤など様々です。長期にわかっての療養が必要な場合もあります。肺がんについては、肺がんの初期症状をチェック!咳や背中の痛みに要注意!の記事を読んでおいて下さい。

ストレス心因性咳

医療機関を訪れ、検査を繰り返すも異常がなく原因不明とされてしまった場合、きちんと薬を飲んでいるのに止まらない場合などは、心因性の咳かもしれません。仕事が忙しかったり、何か大きなストレスに心当たりはありませんか?

これらの治療はストレスの原因を除くことで大きく改善されます。一度心療内科を訪れてみましょう。

スポンサーリンク

何科を受診すれば良いの

何かを受診すれば良いの

空咳が原因の疾病がいくつもあることをご紹介しましたが、では実際に何科を訪れればよいのでしょうか?一般的には内科が良いと思います。風邪以外の原因に心当たりがある場合は、呼吸器科や耳鼻咽頭科を受診しても良いと思います。いずれにしてもきちんとした医師ならば、専門外の疾病に罹患している場合はその専門医のいる総合病院などを紹介してくれます。

また万一、症状が改善されない場合は別の病院を訪れたり、精神科心療内科を訪れてみるのも1つの方法です。

スポンサーリンク

病院に行けない、そんなアナタへ

病院に行けない、そんなアナタへ

ずっと続く空咳、病院へ行くべきだとわかっていてもなかなか時間が取れない、そんな場合に一時的に症状が緩和する方法をご紹介します。

空咳の大敵、乾燥

空咳を起こす原因の1つに乾燥があります。乾燥した部屋にはいると喉がイガイガする事ありますよね。そんな場合は加湿器使うことが効果的です。

湿度60%程度が喉にちょうど良いとされています。この湿度が高すぎても低すぎてもNGです。加湿器がない場合は濡れたバスタオルを干すなども効果的です。喉のイガイガについては、喉にイガイガを感じる原因とは?治す方法などを紹介!の記事を読んでおきましょう。

温かい飲み物を

喉の乾燥を和らげるために温かい飲み物を飲むことをおすすめします。温かいお茶をゆっくり飲んだり、抗菌作用があると言われているはちみつや梅干しを紅茶などに入れて飲んだりすることで喉の乾燥を防ぎます。

子供にも安全ですし寝る前に1杯飲めば安眠効果もあります。

マクスで安眠

咳がひどい場合はマスクをして睡眠をとるのも良いでしょう。寝ている間の口の中の水分を保ち、喉の乾燥を和らげる効果があります。またアレルギーなどの場合はその原因であるほこりなどを吸い込みを最小限に抑えます。周囲の人へのウイルスなどの感染を防ぐ意味でも大変効果が期待できます。

ツボを押してみよう

肘の内側やや親指側にある尺沢とそこから指4本分下の孔最というツボは咳を止めるのに効果があると言われています。鎖骨の間のくぼみにある天突というツボも気道を緩ませ咳を楽にさせます。誰にでもできる簡単な方法です。

外出先でもすぐに試すことが可能なので、急な空咳で困った場合は是非押してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

空咳まとめ

空咳の奥に潜む病気をご紹介しました。中には命にかかわるような重篤な疾病の初期症状もありました。症状が軽いからと放置してはいけません。おかしいな、とおもったら直ぐに医療機関を受診しましょう。

関連記事として、

咳を止める方法とは?ツボや効果のある食べ物を紹介!

息が苦しい原因とは?病気の可能性と予防方法について

肺炎はうつるのか?種類によって変わる原因と予防方法

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする