肺気腫の生存率はどのくらい?原因や治療方法を紹介!

肺気腫の生存率は発症から5年で40〜60%といわれています。肺気腫の大きな原因は喫煙です。タバコを吸っている人で、発症する人、しない人がいることは確かです。年齢や喫煙歴によっても違います。

しかし、肺気腫を発症してしまったならば、これ以上症状を悪化させて生存率を下げないようにすることが重要です。その唯一ともいえる方法は禁煙です。1日でも長く生きるために、今日からできることがあります!

  
スポンサーリンク
   続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする