ストレスが原因の咳とは?特徴や治し方を紹介!

「大人の咳はやっかい」と覚えてください。というのは「年をとると咳き込むもの」という誤った常識があるからです。

「年だからしょうがない」とは考えないでください。それは、子供の喘息に比べ大人の喘息は治りにくいからです。しっかり治療を受けましょう。

大人の咳では、ストレスなど「心」の問題が原因になることがあります。その場合、かかる医者は、呼吸器科より精神科や心療内科の方が適しているかもしれません。「大人の咳」「咳とストレス」といった観点から、症状、原因、治療などをみてみましょう。

スポンサーリンク

咳の基本知識

呼吸

それではまず、咳のメカニズムについてみてみましょう。

がいそう

咳は、医療の専門用語では「咳嗽(がいそう)」といいます。咳嗽も普段の呼吸も、口と喉と肺の間を空気が行き来するということでは同じです。しかし咳嗽は、空気を強制的に吐き出す点で、普段の呼吸と区別されます。咳嗽は、気管や咽頭や呼吸筋が反射運動を起こすことによって生じます。

咳嗽と咳はほぼ同じ意味なので、以下では病名以外では「咳」を使います。

防御反応

二酸化炭素

なぜそのような反射運動が起きるのかというと、異物が肺の中に入ってしまうことを防ぐためです。肺には目に見えないくらい細い血管が無数に通っています。その血管を使って、肺に充満している酸素を血液に入れ、血液中の二酸化炭素を肺の中に吐き出させています。これはかなり精密な作業です。肺はいわば「超精密機器」なのです。

このような場所に異物が混入すると、簡単に壊れてしまいます。壊れると炎症を起こします。これが肺炎です。

そこで脳は、気管や咽頭や呼吸筋にわずかでも異変を感知したら、反射運動を起こして異物を体外に排出しようとするのです。つまり咳は、肺炎を引き起こさないようにする防御反応なのです。

しかし咳は異物が侵入していないのに起きることがあります。防御反応が敏感になり過ぎているためです。脳が「異物が侵入したときの状態に似ている」と感じてしまうと、「無意味な咳」=「喘息」を引き起こすことがあります。

咳は喉の筋肉のみならず上半身の多くを使うので、激しい喘息は体力を消耗し体を障害します。

スポンサーリンク

心因性咳嗽の症状

ストレスが原因で引き起こされる咳のことを、心因性咳嗽(しんいんせい・がいそう)といいます。

麻痺や失声も

声

心因性咳嗽では、咳が症状として現れます。診断で重要なのことは、その咳が「呼吸器官の問題がないのに起きている」ことを突き止めることです。心因性咳嗽は、咳以外の症状が特徴です。

手足の麻痺や、声を出せなくなる失声症などです。失声症も、声を出す器官に異常がないことが診断の前提になります。触覚、視覚、聴覚といった感覚が失われることもあります。

スポンサーリンク

心因性咳嗽の原因

ある心療内科医は「心因性咳嗽の診断は難しい」と言います。それは咳に特有の機能があるからだそうです。

診断が難しい

それは、咳は人為的に出せる、という機能です。心臓の心拍数は、変えようと思ってもなかなか変えられませんが、咳は誰でも好きなときに出すことができます。

これは「咳の症状は嘘をつける」という意味ではありません。例えば健康な人でも、会議でプレゼンするといった緊張の場面で咳払いすることがあります。これは「本物の咳」のように無意識に行っていますが、異物を排除する目的でする「本物の咳」とは異なります。しかしもちろん心因性咳嗽でもありません。

こうしたことから心療内科医が「診断が難しい」と言うのです。

転換性障害

心因性咳嗽が転換性障害によって引き起こされることがあります。転換性障害とは、心の葛藤や会社でのストレスといったことが重なり、手足の麻痺や感覚に障害が起きる病気です。咳も症状の1つです。

この病気はかつては「ヒステリー」と呼ばれていました。医学的には「心への攻撃」が「体の異変」に「転換」したと考えます。それで、このような病名が付いています。

スポンサーリンク

心因性咳嗽の治療

ヒステリー

もちろん咳を抑える治療も行うのですが、これは一般的な気管支喘息と同じ内容になりますので、後述することにします。

信頼関係の構築

心療内科で心因性咳嗽と診断された場合、医師はまず患者との信頼関係の構築に着手します。これはそのほかの精神疾患における治療とまったく同じです。精神疾患の治療は薬で治すイメージが強いと思いますが、精神疾患の患者の場合、薬の服用を中断するリスクがあります。患者が医師を信頼した上で出された薬を飲まないと、治療が継続できないというわけです。

心因性咳嗽の原因が転換性障害の場合は、入院治療を行います。標準的な入院期間は2週間で、これで症状が改善します。ただ約2割の患者は、1年以内に再発するという報告もあります。

時間がかかる

時間

転換性障害が原因の場合、有効な薬は少ないとされています。患者の性格や気質を把握してストレス原因を探し、そのストレスを取り除く作業を行います。ですので、非常に時間がかかる治療になります。家族の協力も欠かせません。

薬物療法

薬は補助的に使います。抗うつ薬や非定型抗精神病薬、抗不安定薬、気分安定薬を使うことがあります。ただ、繰り返しになりますが、これらの薬がすぐに効果を出すことはまれなため、患者側に焦りが生じます。それで別の精神科にかかって別の薬を出され、結局薬が過剰になりそれらの副作用に苦しむこともあるそうです。

患者が「時間がかかる」と理解することが、この病気の治療の鍵になります。

スポンサーリンク

気管支喘息について

医者

気管支喘息について紹介します。

気管支喘息の症状

ストレスが気管支喘息を引き起こすことも知られています。症状では、激しい咳の他に、呼吸が苦しくなることもあります。息切れや、ぜいぜいいう喘鳴(ぜいめい)という症状も起きます。

気管支喘息の原因

気管支喘息は、気道が炎症を起こして細くなっているために生じます。炎症も、気道が細くなる現象も、気道を過敏にしてしまいます。それでちょっとした異変にも、過剰に反応してしまい、咳が止まらなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

気管支喘息の治療

気管支喘息が疑われると、レントゲン検査を行います。これは肺の様子をみる目的と、他のもっと深刻な病気がないか探すためです。さらに肺機能検査を行います。肺の機能の落ち具合でも、肺がんなどが疑われることがあるからです。

ステロイド

薬はステロイドを使います。吸入する方式で服用します。ステロイドは血圧を上げたり糖尿病を誘発したりする副作用がありますが、吸入方式だと肺だけに作用するので、副作用を小さくすることができるのです。

飲み薬のステロイドも使います。激しい発作が起きて、すぐに吸入方式による治療を受けられないときに飲むためです。

β2刺激薬

喘息は気道や気管支が狭くなることで症状が悪化します。β2刺激薬は、狭くなった気道や気管支を広げる作用があります。速く効くことから、突然喘息が始めり、すぐに症状を抑えたいときに服用します。吸入補助器具で吸います。

そのほかの薬

テオフィリン薬は、気管支を広げると同時に、炎症を和らげます。ゆっくり効果が出るタイプと、速効タイプがあります。ゆっくり効果が出てくるタイプは、長期にわたって治療をするときに使います。注射で投与することもできます。

抗コリン薬も気管支を広げる薬ですが、ほかの薬とは「広げ方」が違います。自律神経の働きが気管支を狭めることがあるのですが、このとき自律神経はアセチルコリンという物質を放出していることが分かっています。抗コリン薬は、アセチルコリンを抑える薬で、これを使うことで、気管支が狭まることを防げるのです。

そのほか、ロイコトリエン受容体拮抗薬、テオフィリン徐放製剤、抗IgE抗体といった薬を使うことがあります。

治療では、患者に喫煙の習慣がある場合、禁煙することを求められます。タバコが気道を細くするからです。

スポンサーリンク

まとめ

「咳は呼吸器科」と決めつけないでください。呼吸器科での治療が進まず、「心の重さ」に気付いたら、精神科や心療内科の受診を検討してみてください。

関連記事として、

咳に効く食べ物を紹介!子供でも食べやすいものは何?

咳が止まらない病気についてでも熱はない!考えられる原因は?

咳が長引く原因を紹介!ストレスや空気の汚染に要注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする