肺カルチノイドって何?その症状や原因を理解しておこう!

肺がんの中でも早期発見、早期治療を行うことができれば治る可能性が格段に高い、と言われている肺カルチノイド。他の肺がんとはどのような点が異なるのでしょうか。

また、若い人から年配の方まで広く発症する可能性のあるこの病気がどのようなものなのかをこの記事ではご紹介します。

スポンサーリンク

肺カルチノイドとはどんな病気なの?

検査

肺カルチノイドはどのような病気なの?

肺カルチノイドを簡単にいうと、肺にできた悪性腫瘍のことです。カルチとは癌のこと、ノイドとはもどきということで、医学的には肺がんの1種類として捉えられています。

その為、治療法は肺がんと酷似しているものの、比べると完治率が高いため、肺がんの中でも特殊ながんとして認知されています。

肺カルチノイドの転移する可能性のある場所は?

肺カルチノイドは肺に発症したことで診断されますが、肺だけではなくつながっている気管支、また大腸や小腸などといった消化器官にまで到達し、悪性腫瘍が発生するケースが多くあります。

肺カルチノイドの発症率は?

肺カルチノイドは肺がんとよくにた症状であり、がんと同じく治療方法の選択肢としては手術が推奨されています。しかし、肺がんが比較的ポピュラーな病気であるのに比べて、肺カルチノイド自体は肺の悪性腫瘍を発症した人の中でも10万人に1人発症するかしないかというかなり珍しい症状です。

その為、手術が推奨されているもののそれは根本原因である悪性腫瘍の除去を目的としているため、高齢者や子供により負担の少ない画期的な治療法というものはまだ発見されていません。これは、技術力の問題というより症例の絶対数が少ないため、まだまだ分かっていない部分が多いからです。

肺カルチノイドの自覚症状とは?

肺に悪性腫瘍ができても自覚症状はあまりありません。その為、肺カルチノイドの場合健康診断などで気づくか、かなり症状が悪化することで気づくことが多くなっています。

早期発見であれば完治の可能性も肺カルチノイドの場合は高いため、こまめに診断を受け、早期発見できるように心がけることが重要です。

肺カルチノイドの種類とは?

肺カルチノイドには二種類あります。比較的発症者の多い定型カルチノイドは進行が遅く、他の部位に転移する可能性が低くなっています。その為手術の成功率も比較的高く、病巣を除去することで治癒がかなり見込めます。

反対に、非定型カルチノイドは進行が速く、他の部位に転移する可能性が高いといわれています。発症者が少ないがゆえに検体も少なく、治療方法がなかなか確立されていないため治療法としては難しいということができます。

スポンサーリンク

肺カルチノイドは何が原因で発症するの?

空腹時血糖-4

肺カルチノイドの直接的な原因はいまだ発見されていません。

肺に悪性腫瘍ができた人間の中で10万人に1人しか発症しないというように、非常に珍しい病気であるためそもそも必要な情報量が今だ少ないというのが原因です。

肺に影響を与える悪質物質の摂取による発症

悪性腫瘍の原因にはいくつか考えられていますが、仮説としてはたばこや空気中の汚染物質であるといわれています。たばこを吸い続けると肺が真っ黒に変色する写真は有名であるかと思いますが、喫煙を多くしている方は健康のためにもすこし控える努力をするのもいいかもしれません。

また、アスベストなどの物質を取り入れることで汚染された肺が発症するとも考えられています。はっきりとした原因として言及することはできませんが、他の病気の発症リスクの為にも肺をきれいに保つ努力をすることは重要です。

遺伝による発症

近親者にがん発症者がいると、発症リスクは三倍ほど上昇するというのは知られています。遺伝による発症の場合、防止することはなかなか難しいとも言えますが、それでも規則正しい生活スタイルを確立していくことでかなり防止することができるそうです。

もちろん科学的に明確に発症原因が発表されているわけではないため言及はできませんが、近親者にがんの発症者がいる場合健康診断を定期的に受けることが重要であるともいえます。

スポンサーリンク

肺カルチノイドの症状とは?

woman-565132_960_720精神病

肺カルチノイド患者全員が症状を発症することはない?

肺カルチノイドを発症すると、必ず肺カルチノイドの症状に苦しむということはできません。実は、カルチノイド腫瘍がある人の1割以下の患者だけがカルチノイド症候群の症状にかかります。

腫瘍の部位によって発症する人間の割合は多少異なるものの、必ずしも症状が出るわけではないということは理解してください。

どのように症状が発症するのか?

症状自体は血管作用性物質といったものが原因で起こります。これは、セロトニン、ブラ時期人、ヒスタミンといったもので、患部に出現した悪性腫瘍が分泌するものです。分泌された物質は血液中に流れ込み、そこから全身に循環していきます。

その為、患部から遠く離れた場所であっても症状を確認できることがあります。

症状の一番の特徴とは?

カルチノイド症候群の一番の特徴は顔やあごに出現する不自然な赤みです。これは、悪性腫瘍の分泌したヒスタミンやブラジキニンといった物質が血管を拡張するため通常よりも赤みが目立つようになり、皮膚にそれが反映されるのです。

これは感情や食事であったり、飲酒をすることで赤くなる現象と同じ原理であるということができます。

肺以外の器官に発症した場合にはどのような症状なのか?

また、大腸や小腸に発症した場合、収縮が過剰になる場合があります。本来ぜん動運動によって便の排出が促進されるため、必要以上の運動は下痢を引き起こします。

また、あまりにも振動することで腹部がけいれんを起こし、仙痛であったり吸収不良をもたらします。悪性物質が腸内の筋肉に影響をもたらすことが原因であり、腸は徐々に栄養の吸収が困難になります。

その為、栄養不足を引き起こし脂肪分の多い悪臭の脂肪便を出すことになります。

肺カルチノイドの初期症状とは?

肺がんと同様に、気管支側にできると咳や血痰などを確認することができます。

この場合の気管支側とは肺の内側であり、肺の内部に傷がついていく状態であるということができます。また、腫瘍により気道が狭くなっていくとぜえぜえといった苦しそうな呼吸をするようになり、呼吸器に支障がある場合と同じような小いょうが見られます。

反対に肺の端にできた場合はほとんど目に見える症状が現れないため、発見が遅れることが多くあります。健康診断での発見やほかの病気の検査の際に発見されることが多いため、健康診断などをきちんと受診することが重要です。

多くの患者が苦しむ一番の症状とは?

肺に悪性腫瘍ができるので、自分から見て右側の肺に心内膜繊維症を発症することが多くあります。

実際多くの患者はこの心内膜繊維症を発症していますが、これの発症はのちの肺動脈弁狭窄や三尖弁閉鎖不全といった症状を引き起こすといわれています。これらの症状を発症すると肺自体の本来の働きがかなり制限されるようになるため、併発を防ぐためにかなり注意が必要です。

また、肺への空気の流れが妨げられるため、喘鳴や息切れが激しくなります。痛みなどは少ないものの、常に呼吸に異変を感じるため、日常生活においてかなりのストレスをかかえることになります。

スポンサーリンク

肺カルチノイドの治療法とは?

治療

一番効果的な治療方法とは?

肺カルチノイドの治療方法はいわゆるがん療法と同様です。手術で除去して放射線療法にて再発を防止し、抗がん剤治療にて体内環境を整える。

しかし、圧倒的に発症者の多い癌と比べて症例数が少ないため、どれが一番よく効くのかはいまだ発見されていないといえます。現在科学の発達は著しいものの、検体の絶対数が足りないことから、まだがんと同じように扱う治療が一番の主流となっています。

現在の推奨されている治療法は?

悪性腫瘍が病巣なので、除去するのが一番です。しかし、腫瘍が大きすぎたり転移が起こっている場合は除去手術は難しいといわれています。

これは他の癌と同様の理由であり、一度の手術で除去が難しい場合は病気の体に大きくストレスがかかり、他の治療法に耐えるのも難しい状態になる危険性があるといえるのでその場合には放射線や抗がん剤での治療中心に勧められます。

肺カルチノイドを早期発見した場合の治療法とは?

肺カルチノイドは早期発見された場合、腫瘍はそこまで大きくありません。特に、定型カルチノイドの場合は進行が比較的遅いため、早期発見できるかどうかでかなり根治への分かれ道が決まってきます。

転移さえなければ手術によって切断された病巣は再発しないため、その場合は快方へ向かうことができるといわれています。

切断手術の内容とは?

肺カルチノイドの原因は悪性腫瘍です。

しかし、この悪性腫瘍は腫瘍の中では悪性度が比較的低いため、転移はそれまで多くないというのが現状です。また、転移しない場合には手術が推奨されています。肺自体にできた腫瘍を切除するのが手術の内容ですが、肺はある程度切断しても生活することは可能なので、その範囲内で健康な肺をすこし含め病巣ごと区域切除を行う手術になります。

これにより、全ての病巣を削除できない場合であっても病巣の縮小を行うことで症状の改善が見込めます。

スポンサーリンク

まとめ

heart-462873_1280

がんと同じような発症でありながら、肺カルチノイドは症状の全く異なっているということができます。

発症者数が少ないことにより、治療法が確立されていない不安もあるものの、悪性腫瘍により引き起こされる疾病の中では比較的症状の軽いものであるということができるので、早期発見や早期治療を心がけることで、症状を発症した場合も根治はかなり期待できる疾病であるともいえます。

肺カルチノイドの防止には何より定期的な健康診断を軽視することなく受け、少しでも不安がある場合にはより精密な診断を受けることが重要であるといえます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする