腕がだるいの原因を紹介!力が入らないのは病気?

座り仕事が多かったりスマホやパソコンの作業が非常に多くなっている現代では、肩や首に大きな負担を掛けてしまいがちです。

肩や首周りにはたくさんの骨や神経があり、これがこのまま腕までつながっているので、腕のだるさを引き起こす事があります。一本3kgと意外と重い腕、だるさが出てしまうとつらく、ひどい場合は眠れなくなってしまう事もあります。

腕のだるさがなぜ起こっているのかという理由についてと、普段からできる対策についてまとめました。

スポンサーリンク

腕について

腕

人間の腕は、身体の全重量の6%程度の重さと言われています。体重が50kgの人なら片腕で3kg、両方で6kg、これを肩からぶらさげている事になります。

背中側に僧帽筋と呼ばれる筋肉があり、これが首〜背中をつないでいるためにしっかりと腕がくっついており、肩の関節の位置がコントロールされています。

肩関節を覆うように付いている大きな筋肉は三角筋と呼ばれ、これが収縮する事で腕が上下左右に動きます。

肩からひじまでにある上腕の筋肉が肘を曲げる動きを司り、肘から手首までにある前腕筋が手の開閉、手首の角度を調節しています。

一見腕とは関係なさそうなのが胸部分にある大胸筋ですが、実はこれが腕の骨にくっついています。大胸筋は腕を前方に振る・腕を突き出す動作を担っており、腕にある他の筋肉と協力して力を出しています。

身体の他の部分と比べると細い印象のある腕ですが、これらいろいろな筋肉が複雑に収まっており、複合的に働く事で細かい運動が可能になっています。

スポンサーリンク

腕のだるさを生む病気

赤いて

腕のだるさを感じる症状のある病気について紹介します。

神経の病気

・胸郭出口症候群

この病気は、神経障害と血流障害の病気です。鎖骨の周りには鎖骨下静脈と言われる血管があります。首から来てまず首の筋肉の間を通り、鎖骨の下、小胸筋と呼ばれる肩〜肋骨をつなぐ筋肉の下を進みます。このどこかの部位で締め付けられたり圧迫されたりする事で神経が圧迫されて痛みやしびれが起こります。

主な症状は手指、腕のしびれ・脱力感、首や肩甲間、胸部のうずくような痛みで、しめつけの起こっている場所によっては手と腕が蒼白になる場合があります。

首の長い人やなで肩の人に起こりやすく、腕を上に挙げる動作の際に痛みが出るのが特徴です。また、腕に力が入らないといった症状が発生することもあります。

症状が軽ければ、筋肉を強化する事が効果的です。薬で痛みを押さえながら僧坊筋や肩甲挙筋を鍛えます。

先天性の理由がある場合などは、鎖骨の上から手術を行います。

・肩甲上神経絞扼性障害

上記と同様の神経障害です。肩が前に出て内側にねじれてしまう、いわゆる巻き肩になることによって起こり、骨に腫瘤が出来ている、骨棘が形成されているなど、骨の異常が起こっている事が多く見られます。症状は腕のしびれやづつう、肩が上がらないなどのものが代表的です。

巻き肩は、猫背で頭が下を向いている事によっておこります。つまり、スマホやタブレットを熱心に見ている姿勢が最も良くないのです。頭の重さは体重の10%程度といわれ非常に重いものですが、これを支えようとして身体が前傾し、肩甲骨が開いて背中側に大きな負担が掛かります。

経過観察で改善する場合が多いようですが、安静と筋力回復のリハビリが主になります。腫瘤が出来ている場合で、これがなかなか小さくならない場合は除去手術が行われています。

・頸椎間板ヘルニア

頸椎間板ヘルニアは、腰と違って骨の変形が原因になっている事が多くみられます。骨の間にある椎間板が傷んで本来の場所から飛び出し、神経を圧迫するために様々な症状が見られます。

首、肩の凝りから始まる事が多く、やがて腕や指先のしびれやだるさが生じます。両手に同様の症状が出るのが特徴で、顔を上下に動かした時に痛みが強くなります。

痛み止めの薬で痛みを和らげながら、牽引、手術などの治療が行われます。

・手根管症候群

腕というより手がだるい、という場合はこの病気が疑われます。原因は不明ですが、手の神経が慢性的な圧迫を受けてしびれを生じます。

妊娠している場合など、手がむくんでいるとこの症状がでる事があり、その他手の過度の使用、骨折、腫瘤などが原因となり得ます。

安静にしていれば良くなる事も多いですが、放置すると筋肉が痩せてしまうので、神経の圧迫を取り除く手術が行われる事があります。

血管の病気

・閉塞性動脈硬化症

手足の血管が動脈硬化を起こしてしまう病気です。手の先まで十分な血液が流れなくなるため、手足が冷たくしびれてしまい、これをだるさと感じる事があるのです。

手足の動脈が硬化しているという事は他の部分の動脈も硬くなっている可能性があるため、糖尿病や高血圧の検査が必要となります。

まずはリハビリなどの運動療法や、薬での治療が行われますが、改善しないまま放っておくと最悪壊死してしまうので、血管を広げる手術やバイパスを作る治療が行われる事もあります。

・脳卒中・脳梗塞

神経や血管の病気でないにも関わらず腕のだるさが出る病気の一つが脳卒中です。脳の異常が起こり一過性の脳虚血発作が起こった場合、腕のだるさを感じる事があります。片側で症状が出る事が多く、顎や歯が痛くなる事もあります。

また、症状は30分程度で収まる傾向があるのでちょっとしただるさだったなと放置してしまいがちなのが怖い所です。

脳の病気は早期発見が治療の大きな鍵となります。一過性の発作の内に発見できれば回復が大きく異なります。

その他

・乳がん

乳がんによって脇の下のリンパ節に異常が起こり、腕がだるくなる事があります。胸や脇の下のしこり、胸の皮膚の変色など他にも一般的な症状がありますが、腕のだるさ、疲れやすさ、よく物を落とすなどの症状が現れた場合には特に注意して下さい。

スポンサーリンク

腕のだるさ対策

暖かい格好

腕がだるくなる原因は、多くが骨や筋肉に無理がかかっている事にあります。

冷えを防ぐ

明らかな病気がある場合を除き、多くの場合は冷えが原因となっています。疲労している場合は余計に冷えが大敵となり、疲れた筋肉が冷えて硬くなる事で周りの血管を圧迫し、血の巡りが悪くなることでしびれるようなだるさを感じるのです。

冷えが原因である場合は、お風呂などで温める事や、マッサージ・テーピングなどをする事で改善されます。

一番簡単なのは、手をグーパーする事で、動かす事で血流をスムーズにして温める事ができます。また手袋、マフラーなども効果的です。

姿勢に気をつける

首が前に出ている姿勢や猫背は胸郭出口症候群の原因の一つとなります。無理な体勢は血流を阻害する事になるので、正しい姿勢を保つように心がけて下さい。

あごを引いて背筋を伸ばした時の姿勢が、頸椎が自然な状態となる姿勢です。

また、同じ姿勢を長時間続ける事も良くないので、一時間に一回程度身体を動かすようにするとよいでしょう。

ストレス

ストレスは、心のストレスにしろ身体のストレスにしろ筋肉をこわばらせてしまいます。緊張状態は凝りを招き、血流の悪化をもたらすので気をつけて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

首、肩、腕はたくさんの骨でつながっており、その間をかきわけるように神経が走っています。そのため、無理な姿勢を続けているとどこかが変形し、神経を触ってしまう事が十分にあり得るのです。できるだけ正しい姿勢を心がけるようにしましょう。

また、首周りを無理に動かしたり引っ張ったりするのは非常に危険です。腕がだるいからといって自己判断でマッサージをしたり、ましてや骨を鳴らしたりするのは論外です。医療機関で適切な治療を受けるようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする