痰が緑色になるのは病気?原因や対処法を紹介!

風邪をひいたり、体調を崩すと、痰に悩まされるという人が多く見られます。痰のみが出てくる場合や、咳を伴う痰など、出方も様々です。

また、そのときの身体の状態によって、色も変わってきます。「黄色の痰が出た」「痰が緑色になっている」といった経験がある人もいるのではないでしょうか。痰の色は、原因となる病気によって異なり、身体の健康状態を示すバロメーターでもあるのです。

そこで、ここでは、痰が出る原因に加え、緑色の痰が出るとき、どのような病気が原因と考えられるのかを、詳しくご紹介いたします。

スポンサーリンク

痰が出る原因

cancer-156101_960_720

そもそも痰とは、なぜ出てくるのでしょうか?「痰」と聞くと、喉から出るイメージが強く、喉の不調のようにも思えますが、私たちが息を吸ったり吐いたりする、空気の通り道である気道や、肺が大きく関係しているのです。さて、早速、痰が出る原因について見ていきましょう。

痰とは?

私たちが実際に「痰が出る」と感じるときには、喉に絡みついたり、実際に口の中に出てきたりと、“外に出ている”状態にありますが、実は、痰の正体は、空気を肺に送り込む気道(気管・気管支)や肺から分泌されている粘液で、身体の中で常に作られているのです。

普段は、ごく少量しか分泌されないため、無意識のうちに飲み込み、胃へ流れており、「痰が出ている」と感じることはありません。

しかし、ウイルスや細菌などの異物が入ると、気道や肺が、それらを痰に絡ませて体外に排出しようとするため、通常より多くの痰を分泌させるのです。煙草を吸う人に、痰が出やすいといった傾向があるのは、このためです。

また、風邪が治りかけているときに、痰が出るという説もありますが、関係性はありません。風邪のひき始めの症状として痰が出る場合もありますし、その他の風邪の症状が治まり、痰が出る症状が残っている場合でも、まだ、身体がウイルスと戦っているという証なので、油断は禁物です。

痰と鼻水の違いは?

アレルギー性鼻炎や、副鼻腔炎などで鼻水の量が増えると、喉へ流れる鼻水の量も比例して増えます。このとき、喉に溜まって絡みつく鼻水を、痰と勘違いする人もいるようですが、同じ「排出作用」とは言え、鼻水と痰はまったくの別物です。

喉に鼻水が流れるといった症状は「後鼻漏」と呼ばれ、原因となる鼻炎を治すことで解消されます。しかし、気管に流れてしまうと、肺炎や気管支炎を引き起こす可能性もあるので、気を付けなければなりません。

また、何科を受診するかというのも異なります。痰が絡む場合は、呼吸器が関係しているので内科、後鼻漏の場合は耳鼻咽喉科で受診しましょう。

スポンサーリンク

痰が緑色になる理由

bacteria-426998_960_720

痰には、ウイルスなどの病原菌の死骸や、それらと戦った白血球が含まれており、痰の色に影響しています。つまり、色の付いた痰が出るようになったということは、身体にウイルスなどが侵入しているということです。

その場合、黄色や緑の痰が多く見られるのですが、緑色の痰の場合、大きな病気のサインである可能性もあります。

緑色の痰が出るときに考えられる病気について、早速見ていきましょう。

慢性気管支炎

3か月から、長い場合は2年以上も、咳や痰といった症状が見られる病気を、慢性気管支炎と言います。明確な原因は不明ですが、長期の喫煙や排気ガス、大気汚染などが要因としてあげられているようです。

咳や痰などの症状のほかに、息切れなども見られ、日常生活に支障をきたす場合も多々あります。

慢性気管支炎の場合、痰が気道に詰まると、細菌感染の原因になるため、病院で吸引してもらう必要があります。

気管支拡張症

気管や気管支が拡がり、もとに戻らなくなってしまう病気を気管支拡張症と言います。多くの場合、百日咳やブドウ球菌感染症、真菌感染症、インフルエンザなどでの、呼吸器の細菌感染が原因となります。そのほかにも異物の吸入によるもの、吸入によって気道が損傷を受けるため生じるものなど、原因は様々で、男性よりも女性に多く見られます。

慢性気管支炎と同じように、咳や痰といった症状の他に、体重の減少や全身の倦怠感などが生じ、痰の量が多いのもこの病気の特徴です。多いときには、1日に100mlも痰が出るケースもあるようです。

気管支拡張症の場合、症状が悪化すると、緑の痰に血液が含まれる場合があります。

細菌性肺炎

細菌性肺炎とは、肺炎細菌やインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌などの細菌が口から入り、肺まで到達することが原因で起こる病気です。咳や、どろっとした痰、発熱といった症状が見られ、悪化すると胸膜にまで炎症が及び、胸痛を引き起こす場合もあるのです。

また、どんな人でも細菌性肺炎になる可能性はありますが、とくに、喫煙歴が長い人や、肺に何らかの疾患がある人は、口から入ってきた細菌を排出する働きが弱いため、感染しやすいと言われています。

緑膿菌肺炎

痰や膿を緑色にする色素を持つ緑膿菌が、肺に感染して起こる病気を緑膿菌肺炎と言います。緑膿菌は、植物や動物、人間などのあらゆる生物に常在している菌で、健康な人には悪さをしないのですが、身体の抵抗力が落ちたときに感染しやすく、様々な不調を招きます。

まず口から緑膿菌が侵入した場合、気道を通るため、気管支炎を先に引き起こすことが多いようです。また、口から侵入するほかに、すでに緑膿菌に感染している身体の他の部位から、血液に乗って肺に到達し、肺に感染するケースも見られるようです。

また、まれなケースですが、重症化して、発症から1~2日で死に至るという報告もされています。

症状としては、寒気や38度以上の高熱、悪臭を伴う緑色の痰といった症状が見られますが、高熱ではなく、意識障害が出てくる場合もあるので、非常に危険な病気とも言えるでしょう。

びまん性汎細気管支炎

肺と気管支の間には、枝のように広がる呼吸細気管支という管があり、この細気管支が、肺と気管支をつなぐ役割をしています。びまん性汎細気管支炎とは、この細気管支に炎症が起きた状態のことを言います。

40歳~50歳の人に多く見られ、蓄膿症を併発しているケースも多々あるようです。

症状は気管支炎と非常によく似ており、咳や痰、息切れなどが見られ、発症してすぐは、黄色い痰が出てきますが、症状が悪化すると緑色の痰に変化していきます。

肺結核

この病名は、多くの人が耳にしたことがあるのではないでしょうか。肺に、「結核菌」と呼ばれる菌が感染することによって発症する病気です。

初期症状は、風邪とよく似ているため、見過ごしてしまいがちなのですが、微熱や体重減少、倦怠感といった症状が見られ、咳がとにかくよく出るようになります。

結核菌に感染しても、抵抗力で菌の力を抑えられた人は、発症には至りません。また、肺結核は、「昔の病気」というイメージが強くありますが、近年、増加傾向にあるため、注意が必要です。

肺結核の場合、黄色い痰から緑色の痰に変わり、症状の悪化に連れて、痰に血が混ざったり、喀血するケースも見られます。

スポンサーリンク

痰が出たときの対処法

plumbing-1340243_960_720

ここまでの説明でもわかるように、痰は、ウイルスなど、身体に侵入しては困るものを外へ出すためのものですから、飲み込まず、出してしまった方が身体のためにも良いと言えます。

しかし、たまに見かける痰をペッと吐き出すおじさんのようにはなりたくない…という人も多いのではないでしょうか?そこで、痰が出たときの上手な対処法についてご紹介します。

ぬるま湯塩うがい

痰が気になり始めたら、塩をひとつまみ入れたぬるま湯でうがいすることをおすすめします。痰を柔らかくして、お湯を口から吐き出すときに、痰も一緒に出すことができ、口内がすっきりします。

また、お風呂に入ったときに、湯船に浸かりながら、お湯を口に含む方法もあります。お湯を含んだ状態のまま数秒待ち、数秒経ったらお湯を吐き出す、という工程を繰り返すと、老廃物も一緒に外へ出すことが出きるので、美肌効果もあります。

仰向けになって深呼吸する

仰向けの状態で何度か深呼吸し、そのあと身体を起こして咳をすると、喉に溜まった痰をきれいに出すことができます。

しかし、咳は身体に負担をかけるので、3回程度に抑えておきましょう。咳払いなどで、なかなか取れなかった痰も、この方法でキレイに除去することができます。

乾かさない

こまめに水分補給することを心がけたり、加湿器などで部屋の湿度を上げるなどして、できるだけ粘膜を乾燥させないようにしておくことも効果的です。粘膜を潤わせると、痰がやわらかくなり、吐き出しやすくなります。

ツボ押し

のどぼとけの両側から、斜め下当たりにある「水突(すいとつ)」というツボや、鎖骨の下側の両サイドにあるくぼみの「中府(ちゅうふ)」というツボを指で押さえるのも効果的です。

あまり強く押しすぎず、やや痛みを感じる程度の強さで4~5回、ゆっくり押しては離す、という工程を繰り返しましょう。

去痰剤を使う

できるだけ、本来持っている自然治癒力で改善するのが一番ですが、上にあげた方法でもなかなか改善されない場合は、痰を切る去痰剤と呼ばれる薬を服用するのも手です。

去痰剤は、気道を潤わせることで、痰が出やすくなる効果があるものと、痰そのものを柔らかくして体外へ排出させやすくするものとの、2種類に分けられます。

病院で処方される薬の方が効果がありますが、ドラッグストアでも購入することができるので、試してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。痰は、「症状」という捉え方もありますが、見方を変えると、私たちの身体が正常に機能している証拠であるとも言えます。よく考えてみると、侵入しようとしている細菌を、粘度のある分泌液に絡ませようとするなんて、素晴らしい技術です。

その素晴らしい技術を、存分に活かすためにも、体調が優れないときにはしっかりと休養をとることが大切です。

しかし、何週間も症状が改善しない場合には、大きな病気のサインかもしれませんので、病院で受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする