急な吐き気の原因は?めまいや頭痛に要注意!

まずおさえておきたいのは、「急な吐き気」を引き起こす病気は「20以上ある」ということです。医師ですら「吐き気を起こす病気は特定が難しい」と話すほどです。

しかも、胃がんや、くも膜下出血といった、生死にかかわる病気が原因のことも。「吐き気」の理解を深めて、患者自身の口で医師に詳しい症状を説明できることが、的確な治療につながります。

スポンサーリンク

吐き気は体を守る機能

吐き気

嘔吐と下痢は、ある共通点があります。それは「体を守る」ことです。例えば、胃に腐った食材が送り込まれると、胃と脳は「これは消化してはダメ!」と判断して、吐き出そうとします。

しかし胃は、すべての「NG食材」を嘔吐するわけではありません。それは、胃には「胃酸」という強力な武器があるからです。胃に入ってきた食材の毒性が弱いと、胃酸をかけて腸に送ってしまうのです。

下痢も同じ目的

しかし腸は、食材からじかに栄養や水分を吸収する器官です。それで、胃が送ってきた食材でも、独自に判断してNGを出します。それが下痢です。食材から吸収することを拒絶して、「NG食材」をそのまま肛門に送るのです。

体の悲鳴

また、逆も考えられます。体の方が弱っていて「いまは食べ物を受け付けられない」と悲鳴を上げているときです。食べるということは、消化して吸収することです。この行為は、意外に重労働なのです。

それで体が「いま消化と吸収をするのはしんどい」と判断すると、口に入れた食品の品質に問題がなくても、拒絶します。それが嘔吐であり、嘔吐を事前に知らせる吐き気なのです。

スポンサーリンク

吐き気+アルファで病気を確認!

腹痛

食べ物を受け入れらないほどの体調不良は、よほどの事態です。 しかし、冒頭で申し上げた通り、吐き気をもよおす病気は20もあるのです。病気によって、使う薬はまったく異なりますし、病名が決まらないと、手術が必要なのかどうかの判断もできません。

「どのような吐き気なのか」という情報と、「吐き気+アルファ」の情報は、診断に欠かせない情報です。そして、これらの情報が充実していると、余計な検査をしなくて済むというメリットもあります。

そこで次に「+アルファ」をみてみましょう。「吐き気+腹痛」と「吐き気+下痢または便秘」と「吐き気+頭痛」といった症状を起こす代表的な病気を紹介します。

吐き気+腹痛

吐き気に腹痛が伴う場合、胃や腸といった消化器と、腎臓や尿道などの泌尿器が原因の場合が多いです。次の病気は、すべて「急な吐き気+腹痛」の症状を伴います。

・胃炎

患者から「吐き気と腹痛がします」と聞いて、医師が真っ先に思い浮かべる病気は「胃炎」だそうです。よく聞く病名だと思いますが、「ありきたりの病気」とあなどらないでください。急性胃炎の場合、立っていられなくなるくらいの痛みが生じることがあります。もちろん、救急車搬送となります。

ただ、胃内視鏡などの検査を行い、「胃炎」の診断がくだれば、あとは薬による治療になります。胃酸を抑える薬や、胃の粘膜を保護する薬が処方されます。

胃酸を減らす薬としては「ヒスタミンH2受容体拮抗薬(H2ブロッカー)」があります。「ヒスタミン」と「H2 受容体」が合体することによって胃酸が出てくるので、この2つを合体させないよう「ブロック」するのが、この薬です。

「プロトンポンプ阻害薬(PPI)」という薬も似たような働きをします。胃酸は、プロトポンプと呼ばれる場所から出てくるのですが、この薬はプロトポンプを動かないようにしてしまうのです。胃腸炎については、胃腸炎になる原因はストレス!?予防や治療の方法はこれ!の記事を参考にしてください。

・胃潰瘍と十二指腸潰瘍

胃

お腹全体ではなく、特に「みぞおち」が痛むと、胃潰瘍か十二指腸潰瘍が疑われます。吐き気も伴います。

胃炎を長く放置していると、胃や十二指腸が部分的に壊されます。壊された状態を「潰瘍」といいます。潰瘍を放置すると、胃や十二指腸に穴が開きます。それを「穿孔(せんこう)」といい、最悪死に至ります。

潰瘍の痛みはとても苦しいものなのですが、痛みがない潰瘍もあります。実は、そちらの方が厄介なのです。痛みがないので、放置されてしまうからです。

痛みは「病気の信号」ととらえ、大切に扱ってください。「大切に扱う」とは、その状態をきちんと把握し、医師に伝えるということです。くれぐれも、「痛み発生」「我慢」「鎮静化」「乗り切った!と喜ぶ」なんてことにならないようにしてください。

胃潰瘍と十二指腸潰瘍は、かつては手術になるケースが多かったのですが、最近は、医師は極力手術を避けるようになっています。

胃潰瘍は食後に痛み、十二指腸潰瘍は空腹時に痛みが出るといわれています。胃潰瘍については、胃潰瘍の症状をチェック!治療するための方法は?の記事を参考にしてください。

・盲腸

正式病名は「虫垂炎(ちゅうすいえん)」といいます。これも、最近は手術ではなく、薬で治す傾向が強まっているようです。盲腸については、盲腸の原因とは?ストレスなの?痛みが強い場合は要注意!の記事を参考にしてください。

・膵炎(すいえん)

アルコールや「石」によって、膵臓が炎症を起こすことがあります。これは「のたうち回る痛み」「お腹から背中を突き刺す痛み」といわれるほど、激しい痛みが生じます。当然、救急搬送となります。

吐き気は、吐くものがなくなってもしばらく続くといわれています。オピオイドという「麻薬系」の強い痛みどめを処方しても、症状が治まらないことがあります。

「石」については、「尿路結石」のところで詳しく解説します。

・胃がん

「吐き気+腹痛」が胃がんのサインかもしれない、ということはぜひ記憶しておいてください。というのも、現代医療では、早期の胃がんは、内視鏡で切除しただけで治癒できる病気だからです。いわゆる「治るがん」「恐くないがん」とされているのです。

医師によっては胃がんを早期に発見するため、40歳を過ぎたら年に1度か2年に1度は、胃内視鏡検査を受けるよう指導しています。

ですので、40歳以上の方で、まだ1度も胃内視鏡を受けたことがない方は、「軽めの吐き気+軽めの腹痛」ぐらいでも、胃内視鏡検査を受けてみてはいかがでしょうか。医師には「症状は軽いのですが、心配なので内視鏡検査をしていただきたいのですが」と伝えると、保険適用されるでしょう。

・尿路結石

突然の腹痛と、突然の吐き気を引き起こすのが、尿路結石です。尿路に「石」が詰まる病気です。尿路は「腎臓→尿管→膀胱→尿道」の総称です。つまり「尿の通路」全体の名称です。なぜ尿路に「石」ができるかというと、尿は「石の材料」が豊富だからです。

尿は排泄物です。排泄物の中には、カルシウム、蓚酸(しゅうさん)、尿酸(にょうさん)、燐酸(りんさん)という、結晶をつくりやすい物質が含まれています。これらが「石」を結成してしまうのです。

吐き気+下痢または便秘

生肉

では次に、吐き気に加えて下痢や便秘を感じる場合に考えられる病気について紹介します。

・食中毒

吐き気と同時に下痢に見舞われたら、食中毒の可能性があります。食中毒を引き起こす食材の代表は、「生」の「肉、魚、卵」です。また、加熱していない加工品も注意が必要なものがあります。

吐き気と下痢の原因が食中毒であると特定するには、「何を食べたか」だけでなく、「どのような状況で食べたか」も必要な情報となります。そこで、「食中毒の発生の仕方」3タイプを解説します。

①「感染型」は、肉や生乳、飲料水に含まれる「カンピロバクター」や、魚の刺身に含まれる「腸炎ビブリオ」が引き起こします。これらの原因菌に感染された食材を食べることで食中毒が起きます。

人の体の中に入ってから「毒」に変わる食材があり、これを「生体内毒素型」といいます。牛肉やサラダなどに含まれる腸管出血性大腸菌、いわゆる「O157」が有名です。

③「食品内毒素型」は、食材が容器に詰められるなどした後に「毒」に変わる形態です。「ボツリヌス菌」は、酸素のあるところでは増えないのですが、真空パックや缶詰など、酸素が遮断された場所に置かれると増えて食中毒を引き起こします。発酵食品や飯寿司などによく発生します。

食中毒については、食中毒の潜伏期間を紹介!菌やウイルスによって変わる?の記事を参考にしてください。

・腸閉塞

腸は、細長い筒の形をしています。腸閉塞は、その筒が閉じてしまう病気です。よって、食べた物や排泄物、消化液などが、「その先」に進まず、いつまでたっても排泄されないのです。「排泄されない」ので「便秘」が生じます。吐き気も引き起こします。

悪化した腸閉塞は手術が必要になります。腸閉塞については、腸閉塞の症状を紹介!悪化すると死亡することも?の記事を参考にしてください。

吐き気+頭痛

脳卒中

脳に異常が起きると、吐き気と頭痛が同時に起きます。「吐き気+頭痛」の病気をみてみましょう。

・くも膜下出血

脳内に血液を送る血管に「こぶ」ができると、血圧が高くなったときなどにその「こぶ」が破裂することがあります。くも膜下出血も、そのようにして発症します。突然、激しい吐き気と頭痛に襲われます。

「突然」といいましたが、前触れがある場合があります。それは「ろれつが回らない」「言いたいことはあるのだが、言葉が出てこない」「右側のみ、または、左側のみの手足の自由がきかない」といった症状です。これらの前触れが起きた後に「急な吐き気+頭痛」が生じたら、すぐに救急車を呼んでください。

・脳腫瘍

脳腫瘍でも吐き気が生じます。しかし、「吐き気がない」ことも、脳腫瘍の特徴です。吐き気がないのに、突然、嘔吐してしまうことがあるのです。噴水のように吐き出すこともあるようです。

また、脳腫瘍による頭痛の特徴は「急」や「突然」ではなく、「じわり」です。これらの症状に加えて、物が二重に見えたり、記憶障害や片足で立てなかったりといった症状が出ていたら、すぐに病院にかかってください。

・緑内障

緑内障は失明の危険がある恐い病気です。眼圧が上がることで、頭痛と吐き気が起きます。これらの症状が出たら、眼科医に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

その他の吐き気

二日酔いや乗り物酔いで吐き気を催す一方で、薬の副作用でも吐き気を催します。前者は、大概は放置して治していると思います。

しかし薬を飲んだ後の吐き気は、我慢は禁物です。すぐにその薬を処方した医者にかかってください。

スポンサーリンク

まとめ

このように、吐き気という症状への対処は、「放置」から「緊急受診」まで、極端なのが特徴です。「危ない吐き気」を知ることで、適切な治療を受けるようにしてください。

なかなか症状が改善されなかったり、他にもひどい症状が見られるときは病院へ行って診察してもらうようにしましょう。

関連記事として、

寝起きに吐き気を感じて気持ち悪いと思う原因とは!?

吐き気を感じる原因と吐き気を止める対処方法を紹介!

生理前に頭痛や吐き気を感じる原因と対策方法の紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする