空腹は健康である5つの理由!ダイエットにも効果的!

お腹が空いた状態であり、今すぐに何か食べたいという欲求が強くなるのが空腹ですよね。

空腹の時は行動する元気もなくなり、やる気も起きなくなりますよね。しかしそんな空腹状態が健康的に良いということを知っている人はあまりいないのではないでしょうか??

今回は空腹の状態が生み出す、健康的に良いところについての記事をかいています。なんとダイエットにも効果的なので、気になった方はぜひ読んでみてください。上手く利用することで、健康状態を維持できる可能性があります!

スポンサーリンク

空腹が生み出す健康効果

早速ですが、空腹な状態は健康にとってどのようなプラス作用があるか紹介します。空腹状態を30分〜1時間キープしてから食事をとるようにしましょう。その短時間でも様々な効果が得られます。

①老化を防ぐ

若い
出典:http://lookyoungersite.com

空腹の効果の中でも一番良いのが、若くいられる効果があることですね!

空腹状態の時に、サーチュイン遺伝子という若返りの効果がある遺伝子が働くのです。これは空腹時の時しか活発に働くことはありません。

このサーチュイン遺伝子が働くと、細胞の中にいるミトコンドリアの働きが促進されエネルギー効率が良くなるのです。

しかし、これは長期的な期間で行わないとあまり効果がない場合が多いので、若い状態を保ちたい人は、しっかり計画をたてて空腹状態と付き合っていけるようにしましょう。

②代謝が良くなる

元気
出典:http://www.bodyandsoul.com.au

実は空腹状態が続くことで、体の新陳代謝が良くなるのです!

空腹の時間が長くなれば、「グレリン」というホルモンが分泌されます。グレリンの働きによって「成長ホルモン」の分泌が促進されます。成長ホルモンは体の新陳代謝を良くする働きがあります。

さらに、成長ホルモンの働きによりターンオーバー機能が活発になることから、古い細胞を新しい細胞へと入れ替えることができます。

新陳代謝が良くなることで、疲労回復の効果も期待できます。疲れている時は夕食を抜いて寝るという選択もありですね!

③記憶力が増す

記憶
出典:http://www.cleverprocrastination.com

空腹状態は、頭の記憶力を向上する作用もあります。

空腹状態になると、血糖値を調整するインスリンが低下してしまいます。そうなると脳のタンパク質が活発になり記憶力が向上するのです!

また満腹になってしまうと、消化に体のエネルギーが奪われてしまうので。頭がうまく回らなくなるのです。

空腹状態とあいわずとも、腹八分目くらいにとどめておくことを意識しましょう。

④免疫力が高くなる

健康
出典:http://nothippyjusthealthy.com

空腹状態を維持すると免疫力が高くなって、病気に対して強くなるのです。

空腹になることで、体内の白血球が活発に活動することで免疫力が強くなるのです。これは生まれながらに動物に与えれているメカニズムなのです。

病気になったときなどに、栄養をとったほうが良いといわれていますが、お腹を空腹にして白血球の働きをよくしたほうが、病気の治りは早くなるのです。

⑤ダイエット効率が高くなる

ダイエット
出典:http://pinasacademy.com

ダイエットを空腹時に行うと、効果が高くなります。

空腹の時に、ランニングなどの運動を行うと血糖の消費量も多くなります。そうなると体内に溜め込んでいた脂肪分からエネルギーを排出するのです。そのため空腹にダイエットをすると、いつもより余分に脂肪を燃焼することができるのです。

もちろん無理をすると、体に負担になるので気をつけて下さい。軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

空腹を紛らわす方法

空腹の状態を維持するのに慣れていないと、結構きつく感じる人も多いと思います。空腹の状態を維持する方法を紹介します。

①腹筋を鍛える

腹筋
出典:http://www.popsugar.com

お腹が空いて力がでない可能性もありますが、腹筋を鍛える動作をすることで空腹を紛らわすことができます。

腹筋をすることで、お腹の筋肉に刺激が集まって一時的に空腹感を消すことができます。また激しい興奮状態になると、食欲が減少するので空腹でも我慢できる状態になります。

またダイエットにも効果があるので、空腹の時間を我慢しつつダイエットをするなら腹筋がおすすめです。

②歯を磨く

歯磨き
出典:https://keystoneind.wordpress.com

普段であれば食後にするはずの歯磨きを行うことで、空腹を紛らわしましょう。

歯磨きを行うことで口の中がさっぱりして、あまり食べ物を口に運びたくなくなるという心理現象が働きます。また歯磨き粉をつければ、味を感じるので食事をしたような感覚を覚えるのです。

もちろん食後の歯磨きも忘れないようにしましょう。

③無糖ガムを噛む

ガムを噛む
出典:http://www.collective-evolution.com

これは実際に行っている人も多いのではないでしょうか。

ガムを噛むことで、満腹感を感じて空腹を維持させる方法です。噛むという動作でヒスタミンが分泌されて、満腹中枢が刺激されることで空腹でも我慢できるようになるということです。

普通のガムだと糖分が含まれているので、無糖のガムにしましょう。長い時間の効果は見込めないので、他の空腹を紛らわす方法と合わせて試しましょう。

④炭酸水を飲む

炭酸水
出典:http://thepaleolist.com

炭酸水を飲んで、空腹を紛らわしましょう。

炭酸水を飲むことで、胃腸の血の流れがよくなり食欲を抑える事ができます。また摂食中枢という部分も刺激することになるので、食欲を抑えることができるのです。

水に炭酸が加わっただけの炭酸水を飲むのがポイントです。コーラやファンタには多くの糖分が含まれているので、あまり効果的とはいえません。

炭酸水ダイエットといったものもあるので、ダイエット効果も期待できます。人によっては逆に食欲が増したという人もいるので、自分がどちらか試してみましょう。

⑤ツボを押す

空腹を紛らわすための様々ツボがあるので、耐えられない時に押してみましょう!

・飢点(きてん)

飢点
出典:http://deco33.blog113.fc2.com

耳の入り口の膨らんだところにあるツボです。文字通り飢をしのいで、食欲を抑える効果のあるツボです。

もちろん空腹の時だけでなく、食べ過ぎるのを抑えたい時にも効果があるので、いつもお腹いっぱい食べてしまうという方は試しに押してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

空腹が生み出す健康効果
・サーチュイン遺伝子により老化を防ぐ
・グレリンの働きにより新陳代謝が良くなる
・インスリンが低下することにより記憶力が増す
・白血球が積極的に活動することで免疫力が高くなる
・体に溜め込んでいた脂肪も消費するので、ダイエット効率が良くなる
空腹を紛らわす方法
・腹筋を鍛える
・歯を磨く
・無糖ガムを噛んで、満腹中枢を刺激する
・炭酸水を飲む
・ツボを押して食欲を抑える

以上が今回の記事のまとめになります。

空腹状態が、こんなにも体に良い効果があるんですね!人間の本能のような感じですね!この効果を利用したダイエットや健康維持法もあるので、空腹状態もなかなか侮れないですよね。

もちろん無理をすると倒れることもあるので、あまり無理をしないようにしましょう。こんな効果があると知っていれば、空腹な時も少しは我慢しても良いかなと思えると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする