目がゴロゴロして痛い原因は?病気の可能性も!

なんだか目がゴロゴロして違和感があること、ありますよね。目薬を差したり、涙を流すことによって大抵は改善されるものですが、いつまで経っても直らないゴロゴロの場合、何か病気が潜んでいるかもしれません。

そんな目のゴロゴロに関する疾病をご紹介します。

スポンサーリンク

目がゴロゴロする原因

では、早速目がゴロゴロする原因を消化します。

まつ毛やゴミが入っている

まつ毛やゴミが入ってる

誰もが一番に思いつくことだと思います。まぶたの内側などにまつ毛やゴミが入っている場合です。

逆さまつげが眼球にあたってゴロゴロする場合や、目に見えない細かい花粉などが付着していることもあります。女性の場合はファンデーションやマスカラなどが入り込んでいるかもしれません。

いずれにしても、目薬を差したり、洗い流したりして様子を見れば改善されます。コンタクトをしている方はこれを交換したり、はずしたりすることによって改善されることもあります。

目が乾燥している

乾燥

目は涙によって保護されていますが、その涙の分泌量が減り目が乾燥するとゴロゴロします。

・パソコンやテレビの見すぎ
・エアコン
・長時間のコンタクトレンズの使用

など、いずれも瞬きの回数が減ることによって涙の分泌や酸素が減ることによって、目が乾燥します。いずれの場合もこまめに目薬をしたりて対処可能ですが、酷い場合はドライアイになっていることもありますので眼科を受診しましょう。

ストレス

ストレス

長時間のパソコンやエアコンの使用で目を酷使しすぎると、目に違和感を感じることがありますが、精神的なストレスも同様です。

ストレスによって自律神経が乱れると、目の乾燥や違和感を発症します。眼精疲労の原因の多くはストレスと言われるほど、目とストレスは密接に関係しています。

なるべくストレスをためないようにし、自分なりの発散方法を見つけてうまく付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

目がゴロゴロする病気

目の病気

いくつかの方法を試してもゴロゴロが治らない場合、一晩様子を見て改善されない場合は何か目の病気の可能性があります。

ドライアイ

なんらかの理由により涙の分泌量が減り、目が乾いてしまう症状です。

先述しましたが、エアコンやパソコンの使用などで瞬きの回数が減り、目が極端に乾燥している人が増えています。目が疲れたり、しょぼしょぼする、など心当たりがある方は多いのではないでしょうか。

ただ目が乾くだけでしょう、と軽視してはいけません。その不快感から肩こりや頭痛が起こり、日常生活に支障が出ることもあります。
たかが目の乾燥と思わず、病院にいくのも1つの方法です。

ここで注意したいのが「シェーグレン症候群」という免疫疾患です。中年の女性に多い病気ですが、ドライアイが症状として現れることがあります。異常に目が乾く他に喉や鼻腔が渇くなどの症状があればこの病気を疑い病院を受診しましょう。

結膜炎

結膜炎とは眼球の裏側に異物やゴミが入らないように張られている膜のことです。

この膜に炎症が起こるのが結膜炎です。ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎など様々な結膜炎があります。

感染性の結膜炎は夏場に流行ることが多く、ゴロゴロの他に目が真っ赤になりまぶたが腫れたりします。アレルギー性の結膜炎の場合は他人に感染しないのが特徴ですが、花粉やダニ、カビなどが原因で起こります。

いずれも点眼することで症状が抑えられるので病院を受診しましょう。

角膜炎

角膜に起こる炎症の総称です。細菌の感染だったりさまざまなことが原因で起こりますが、最近多いのがコンタクトレンズの使用によって傷がつくことです。

誤った使い方でコンタクトを入れる際に角膜に傷がついたり、衛生管理を怠たり細菌が付着したりと、自分たちの身近で起こりやすい病気です。

基本的に点眼で治療が可能です。重症になると失明につながりますので、すぐに病院を受診しましょう。

ものもらい

まぶたの脂や最近の感染によって起こる炎症です。
主に菌が感染し膿がたまる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と脂がたまる霰粒腫(さんりゅうしゅ)の二種類があります。

麦粒腫は原因が膿なのでこれが出てしまえば自然に治癒しますが、霰粒腫はしこりのようなものが見られ痛みが出ない場合もあり、一般的に治療しなければいつまでも違和感が残ります。

どちらの場合も長引く場合や症状が酷い場合は手術をすることもあるので、目にかゆみや腫れがみられる場合はすぐに病院を受診しましょう。ものもらいについては、ものもらいの原因とは?ストレスや疲れとの関係についての記事を読んでおきましょう。

花粉症

目のゴロゴロの他に、くしゃみや咳、鼻水が止まらない場合は花粉症の可能性があります。原因となる花粉が目や鼻の粘膜に付着して症状を引き起こします。

風邪と混同しがちで、特効薬はありませんが、服薬でかなりの症状を抑えることが可能です。心当たりがあれば病院を受診しましょう。

翼状片(よくじょうへん)

白目の組織膜が三角形に黒目に表れる疾病です。目がゴロゴロしたり充血したりします。原因は様々ですが、主に紫外線と言われています。症状が進行すると、この膜を剥がす手術を受けなければなりません。

術後の再発率も高く、治療に長期間に渡って治療を受けなければならない場合もあります。

緑内障

緑内障とは眼圧が上がり、視神経が圧迫され視野が欠ける病気です。目の痛みやゴロゴロの他に、かすみ、充血なども表れ、酷い時は頭痛や吐き気を伴います。

失明につながる恐ろしい病気ですが、多くの慢性緑内障は進行がゆるやかで自覚症状がまったくない方もいます。そのためかなり病院を受診したときはかなり症状が進行している、ということもあります。

一度ダメージを受けた視神経は元に戻りませんので、定期的に眼科に通い検査をすることが大切です。

スポンサーリンク

目のゴロゴロの対処方法は?

対処方法

病院を受診することが一番ですが、その前に簡単に自分自身でできる対処方法をご紹介します。ポイントは3つです。

・まばたきをする
・目薬をさす
・コンタクトをはずす

まず試して頂きたいのはまばたきを繰り返すということです。

まばたきをすることによってゴミが外に出たり、涙が出て洗いながされたりして、改善されることがあります。外出先で急にゴロゴロした場合でもすぐに試せる方法だと思います。

こちらも手軽に出来る方法だと思います。涙を流すことは、ゴミなどの異物を洗い流します。水道が近くにあるならば、目を直接洗い流すことも良いと思います。手を清潔にした状態で爪を立てずに行いましょう。目に入ったゴミは上部に移動することが多いので、まぶたを持ち上げるように洗浄すると良いです。

そして、目ではなくコンタクトに異物が付着している場合があります。交換できるならその場で交換してみるのもよいでしょう。違和感が強い場合は、コンタクトをはずしてメガネをかけるなどの対象方法が良いと思います。

原因が目に入ったゴミや異物の場合はこれらを行うことでほとんど改善されるでしょう。目がゴロゴロしたときに一番してはいけないことは「擦ること」です。ゴロゴロの原因を探ろうと目に触ってしまいがちですが、異物で眼球を傷つけてしまう可能性もあります。

どうしてもという場合は指の腹でそっと触れる程度がおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

目のゴロゴロは誰にでも良くある症状です。すぐに改善すればよいのですが、いつまでもゴロゴロする場合は恐ろしい病気が潜んでいる可能性があります。

目の病気は症状がない場合や自己判断が難しいものが多いので、2~3日ゴロゴロが改善しない場合は必ず病院を受診しましょう。

関連記事として、

眼球が痛い原因を紹介!頭痛がある場合は危険?

目がかすむ原因とは?乾燥やストレスに注意して対策を!

目がチカチカする原因を紹介!頭痛がある場合は病気?

目やにが多い5つの原因とは?病気の可能性について

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする