巨大乳頭結膜炎とは?症状・原因・治療法と正しいコンタクトの使い方を紹介!

なんだか最近、目がかゆい・・・・あれ?瞼の裏にぶつぶつができている!?これってもしかしたら巨大乳頭結膜炎かもしれませんよ?

そんな病気名聞いたことない・・・・治るの?といろいろ疑問に思いますよね。今回はそんな巨大乳頭結膜炎についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

そもそも巨大乳頭結膜炎とは?

巨大乳頭結膜炎とは、瞼の裏にぶつぶつができてしまう症状です。

主にコンタクトを使用している方がなりやすいみたいですね。コンタクトを外した時についた傷や汚れからくるみたいですので、外した時はしっかり目とコンタクトを外すようにしましょう。また、コンタクトをしているときしてない時も目をこすることは大変禁物です。こすることによって確かにかゆみは和らぐのですが、反対に眼球を傷つけてしまいます。

目をきれいな水で洗うなどして直接こすらないように気を付けましょう。

使ったコンタクトについた汚れも原因の一つになります。ただクリーナーにつけとけばいやとかいい加減なことはしてはいけません。しっかり汚れを落とすようにしましょう。また、汚れをしっかり落とせばいいんでしょ!としっかり洗いすぎるということもやめましょう。

洗いすぎてしまうことで、コンタクトが傷つき、傷ついたコンタクトを眼球につけることで目が症状を起こしてしまい、巨大乳頭結膜炎を起こすきっかけとなってしまいます。

巨大乳頭結膜炎がひどくなってしまった場合、瞼の裏にできたぶつぶつが原因でコンタクトがずれてしまい余計眼球を痛めつけてしまいます。あれ?なんか最近目がかゆいし、瞼の裏にぶつぶつができてると思ったらコンタクトはつけないようにした方がいいかもしれません。

眼鏡を持っているようであれば、症状が引くまで眼鏡を使用するようにしましょう。無理にやっていては治るものも治りません。ひどくなる一方です。それよりかは、今から自分ができることを少しずつやっていった方が、早く治るための一歩に変わりますよ。

どんな症状が出るの?

先ほど言った通り、瞼に裏にぶつぶつができてとてもかゆくなります。その他にも目ヤニの量がすごかったり、視力が低下していってだんだん見えなくなってしまいます。

目がかゆいなって思ったらコンタクトの使用は必ずいったん中止してください。すぐに眼科に行きましょう。大丈夫と思って使い続けたりして眼球を無理に使い続けたりすると、視力がだんだん低下していってしまいます。巨大乳頭結膜炎とは目に症状が出ているわけですから、いま大変目は傷つきやすい状態になっているわけです。そのためちょっとしたことでもすぐに傷がいってしまいます。

少しの傷だったらまだ治るかもしれませんが、変な傷の入り方をしてしまった場合、視力の低下または失明してしまう危険性もあります。ですから、目がかゆかったり、目ヤニの量がすごかったり、視力の低下、物が見にくいなどの症状が少しでも出始めたらすぐに病院に行きましょう。

眼科が確実ですね。行くときにはコンタクトはつけず、見えるならば裸眼、見えにくいと思ったなら眼鏡をしていって、コンタクトを付けてなったのかならなかったのかを伝えることと、症状を話すようにしましょう。症状をはっきり伝えることであやふやな治療ではなくちゃんと確実な治療を受けることができるので、早く治りますよ。

スポンサーリンク

巨大乳頭結膜炎の治療法

目ですからやはり治療法は目薬を使用するケースが多いですね。巨大乳頭結膜炎も、アレルギーの一種類になりますから、抗アレルギー点目薬を使用します。

治療期間は人によって治る速度に個人差が出ますのでこれといった期間はありませんが、数週間ほどかかります。しっかり注意事項を守って治療をしたらぶつぶつの引きも早くなると思いますが、ぶつぶつが少し引いたと思って油断はしてはいけませんよ。完全にぶつぶつが引くまで、また症状がなくなるまで治療を続けなければまた振出しに戻り、治りかけに戻りの繰り返しなので完治までがほど遠くなってしまいます。

また、コンタクト以外にもカラーコンタクトつけている人にも症状は出やすいです。症状が出る原因もコンタクトと同じで、よく洗えてなくて汚れが落ちてなかったり、洗いすぎていたり、後は古いコンタクト・カラーコンタクトをずっと使いすぎていたりなどです。ですから、ある程度使った、コンタクト・カラーコンタクトは捨てて次の新しいコンタクトを付けるようにしましょう。

使い捨てのコンタクト・カラーコンタクトがおすすめですが、コンタクトもカラーコンタクトも捨ててすぐ買えるというような手軽な値段ではないですよね。学生さんだったらなおさら買いにくいですよね。そのためにも日ごろからのコンタクトのケアは大事に大切に行いましょう。

スポンサーリンク

正しいコンタクトの選び方

巨大乳頭結膜炎の原因としても、コンタクトが自分の目と合ってない場合があります。大きすぎたり小さすぎたり・・・・当てはまる点はありませんか??もしあるならば今から改善、今からコンタクトを使い始めるという方にも是非読んでいただきたいです。

自分にあったコンタクトをみつけて病気に悩まされないようにしていきましょう。

コンタクトの種類

コンタクトも種類がちゃんとあり、大きく分けて二種類あります。

・ソフトレンズ

黒目より大きく柔らかいコンタクトはソフトレンズと言われています。ソフトレンズもまた種類が分かれていて、コンベンショナルタイプという1~2年間使えるコンタクトと、一日使ったら捨てるなどの使い捨てタイプや、何週間ぐらい使い続けれるコンタクトがあります。カラーコンタクトはソフトレンズの一つになります。

ソフトレンズの特徴としてとても水分を含みやすいので、目につけたときの違和感はあまりないみたいです。ですからスポーツなど激しい動作をする学生さんにはもってこいのコンタクトになります。

ですが、角膜にもし傷がついたとしても、コンタクトの効果としてバンテージ効果が含まれているので、本当はコンタクトを外した方がよいのだけれど、外さない方が痛くないので、余計に傷つきやすく重症の角膜症を引き起こしやすくなってしまいます。また、ハードレンズとは違って汚れも付きやすく、コンタクトのお手入れは大変です。

・ハードレンズ

黒目より小さく固いコンタクトはハードレンズと言われています。ハードレンズはとても優れているコンタクトで壊れにくく、つけた時物がクリアーに見えます。

取り扱いも楽ですが、初めて付けたときはかなり違和感があるみたいです。慣れるまで結構な時間がかかると思いますが、慣れたら使いやすくなると思います。

使用目的をはっきりさせること

コンタクトも先ほど言った通り種類があり、使用目的によって使用するコンタクトも異なってくるわけです。使用目的に合ってないコンタクトをしてないと思わぬケガをしてしまう場合があります。

例えば、スポーツに合ってないコンタクトをしてテニスや陸上など激しいスポーツをするとします。あってないわけですから、ズレて眼球に傷をつけてしまったり、落としたりして急いでいたために洗わずつけて、コンタクトについた汚れが眼球を傷つけるなどあってはいけませんよね?動作やスポーツ、何をするにせよ目は重要です。大切になくてはいけません。そのためにもちゃんとその動作に合ったコンタクトを付けるようにしましょう。

ほぼ同じことが書いているけどちょっとした性質が違うというコンタクトがありますよね。同じスポーツ用コンタクトでも、何気に種類が違っていたりとかしませんか?何が自分に適しているのだろうと迷った場合、これでいいと勝手に決めつけないようにしましょう。それがかえってあっていなければお金ももったいないし、眼球も傷つけてしまうしでいいことはこれっぽちもありません。

迷ったならば病院、または眼科に行って調べてもらい自分にあったぴったりなコンタクトを買ってつけるようにしてくださいね。

安心して使うためには

コンタクトを使用にするにつれ、必ず守ってほしいことを紹介します。今からでも遅くないのでやってない人はぜひやってみてください!やっていた人はぜひ引き続きやりましょう。

紹介している以外にも自分でやっていることがあればそれを続けるのもよいかもしれません。参考にしてみてください。

眼鏡とコンタクトを交互に使うこと

コンタクトは楽で使い勝手がいいのですが、その分目にかかる負担も付いてきます。コンタクトを直接目につけるわけですから眼球が傷つくリスクも高まってしまうわけです。ですから、スポーツなど眼鏡がどうしても邪魔になってしまう、使い勝手が悪い場合はコンタクトにして勉強や読書などの動作が激しくない場合は眼鏡にするなど目にかかる負担を少しでも減らすようにしましょう。

そうすれば目が傷つくこともなく、巨大乳頭結膜炎にもなりにくいので快適に過ごせますよ。

・使用事項を守り、お手入れを大切にすること

コンタクトを買ったら必ず取扱説明書がついてきますよね。必ず読むようにしてください。コンタクトのお手入れの仕方や禁止事項は当たり前に書いてるのですが、使用方法と注意事項をしっかり読むようにしましょう。取扱説明書にはそのコンタクトについてのことがしっかり書かれているので読んで無駄ということは絶対ありません。また、お手入れもしっかり取扱説明書をよんでやっていくようにしましょう。

洗いすぎや、汚れが完全に落ちてない状態、使用してはいけない洗剤を使うことのないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

・瞼の裏にぶつぶつができた場合、巨大乳頭結膜炎という病気にかかっているかもしれない

・巨大乳頭結膜炎の原因は主にコンタクトについた汚れがきちんと落ちていなかったり、洗いすぎなどでそのまま目につけてしまった結果、症状がでてしまう。

・症状は瞼にかゆみが出たり、目ヤニの量がすごかったり、ひどい場合視力が低下してしまう

・症状がでたら病院・眼科に必ず行くこと。

・コンタクトには種類があり、使用目的によって変わってくるためわからない場合、医師に相談することと、使った後の手入れや眼鏡と交互に使うことを心がける必要がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする