下腹部がチクチク痛む原因は?女性が発生しやすいの?

下腹部にチクチクとするような痛みや引きつってしまうような感覚になったことはありませんか?

いつもの生理痛なのではあろうと思うが、あまりにもその生理痛がひどいなとか、突然お腹にチクチクとした痛みが生じてきたとか、下腹部を押してみると痛みが更に強い痛みになったり、腰が重くなるような痛みがあるなどと、女性の下腹部の痛みには、いろいろな原因が考えられますが、女性特有の病気になっているということも少なくはありません。

また、男性でも下腹部の痛みを感じたとき、病気になっている可能性もあるのでしょうか。下腹部がチクチクと痛かったり、重たくなってしまうような痛み、腰痛も伴っている痛みなどが原因となる子宮内膜症と子宮付属器炎という病気があります。

それらについても紹介していきます。

スポンサーリンク

下腹部が痛む症状のある病気

下腹部①

子宮内膜症

この病気は、子宮の内側にあります内膜の組織というものが子宮の中と違ったところに発生する病気になります。

生理になるたびに炎症や出血がひどくなって、まわりへと癒着してしまうこともあるのです。

普通であれば、子宮の中にある内膜の組織が卵巣の中に出来るということもあって、これが生理になるたびに出血して時間とともに濃縮されますので、ドロドロとした詰まった袋状のものが出来るのです。

これはチョコレートのう腫という卵巣の病気になります。

・症状

症状としては下腹部の痛みや生理痛、腰痛、排便痛などがあります。

主な症状としては、強い生理痛になり、子宮内膜症が発症した多くの女性に下腹部の痛みと腰痛が生じます。

卵巣の内膜症から卵巣が腫れて大きくなり、破裂してしまうことで下腹部の痛みや発熱、吐き気、嘔吐などを引き起こしてしまうことがあるのです。

この病気が発生したところが卵巣や卵管だったときには、卵管の狭窄や閉鎖から不妊症になってしまうこともあります。

・治療法

お薬での療法ではホルモン療法が適用されていて、内膜の増殖する進み具合を抑える作用や妊娠をするための能力の向上の改善していきます。

そして手術療法には、病気の進み具合によって、根治手術、準根治手術、保存手術といった手術療法があります。

根治手術というのは、子宮や卵管、卵巣を除去してしまうので、妊娠をすることは出来なくなってしまう手術になります。準根治手術は、子宮を除去しますが正常な卵巣は残して卵巣機能が欠落してしまうのを防ぐ方法になります。

また、病気になっているところをとったり、癒着しているところを離らかし、妊娠出来るように残す保存手術という方法があります。

子宮付属器炎

下腹部②

この病気は卵巣や卵管に炎症が起こるものです。

特に卵管というのは、骨盤の内側にあります臓器の中でも炎症しやすいところで、細菌感染が主な原因となっているのです。

この細菌には大腸菌、ブドウ球菌、マイコプラズマ菌などがあります。

・症状

症状としては、下腹部の痛みや膿状のおりもの、腰痛や発熱などが起こります。さらにこの病気は、急性期にひどい発熱を生じます。

慢性期になりますと、下腹部に痛みを生じたり生理痛がみられます。卵管が閉塞してしまったり癒着してしまったりすると、子宮外妊娠や不妊症になることもあるのです。

・治療法

この病気の治療には、感染している菌に対する抗生物質や炎症を抑えるためのお薬を使った方法で行います。

これでも症状が良くなっていかないときは、卵巣や膿種を除去する手術をすることもあるのです。

スポンサーリンク

下腹部の右側が痛む原因とは?

下腹部③

下腹部が痛む中にも下腹部の右側だけに痛みを感じることもあると思います。

ここで女性だけではなく男性も起こってしまう下腹部の痛みについての、その原因について紹介していきます。

大腸憩室炎

この病気についてはあまりお聞きにはならないと思うので、知らない方のほうが多いと思いますが、細菌は発症してしまう人が多くなっている病気なのです。特に40歳を超えてくると、発率が高くなります。

この病気は、大腸にある憩室というところで炎症が起きることで発症するのです。憩室とは、大腸の壁の一つが外へと袋状のまま飛び出しているもので誰しもの大腸にもあります。この憩室に、便が詰まってしまうことによって炎症が起きてしまうことがほとんどです。

また、下腹部の右側に痛みが発生している時は、大腸の「上行結腸」という箇所にの憩室に炎症が起きております。この上行結腸という部分に便が溜まってしまい炎症を起こして、チクチクとした痛みを感じてくることになります。

痛みの他にも、発熱や血便を起こしてしまうこともありますので、このような症状が出てきてしまったら、すぐに病院へ行き、診察を受けましょう。また、便秘にならないようにするのはもちろんですが、毎日の食事に気をつかうのが大切となっていきます。

尿路結石

この病気についても近頃、発症する人が多い病気になります。尿をするための尿管に結石が詰まってしまうことで発症していきます。

尿管というのは右側と左側にありますが、特に右側の尿管に結石が詰まると下腹部の右側に痛みが発生しまうのです。

このときの痛みというものは、かなり激痛であると言われております。しかし、自覚症状がないときにもこの病気なっていることがあるのです。

盲腸(急性虫垂炎)

盲腸による痛みも右下腹部にチクチクとした痛みを感じます。

盲腸というのは、なかなか気付きにくい初期症状であり、知らないうちにかなり悪くなることも多い病気になります。

治すためには、原因や初期症状について知っておくのが大切になります。多くのストレスを感じていると、盲腸も発生しやすくなるのでリラックスした生活を心がけましょう。盲腸については、盲腸の原因とは?ストレスなの?痛みが強い場合は要注意!の記事を読んでおきましょう。

潰瘍性大腸炎

この病気は、大腸の粘膜で炎症が起きてしまう病気です。原因は様々ですが、その一つとしてストレスが挙げられます。

ストレスを感じることで、消化器官にも多くの負担がかかってしまうい、大腸でも炎症が発生しやすくなってしまいます。

特に仕事や家事、子育てなどでストレスを受けやすい20代~30代の若い人たちが多く発症しやすいと言われております。潰瘍性大腸炎については、潰瘍性大腸炎は完治するの?原因や治療方法を紹介!の記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

妊娠の場合

下腹部④

下腹部が痛み原因としてはこれまでに紹介してきました病気の場合もありますが、妊娠しているから痛いという場合もあります。

妊娠初期症状

妊娠しているときにも子宮がチクチクと痛むことがあります。これは、妊娠初期が多いのです。

症状としては、お腹が痛いというよりも下腹部に何か変だなと感じて、重たくなるような痛みを感じることもあります。

しかし、激痛ではないのでもがいてしまうようなことはありません。

妊娠中期(16週~27週くらい)

出血が続いたり、赤色の出血など、お腹が痛いときは診察を受けることが必要です。

少しの出血でお腹が痛くなければ、安静にして出血がすぐに止まればそこまで慌てて診察を受けることはないでしょう。

このように妊娠中期にも、子宮がチクチクとした痛みが出てくることもあります。出血が長く続くときは、早産や流産にしてしまうこともあるかもしれませんので、早めに産婦人科に行って診察を受けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

下腹部の痛みが起きる原因には、病気によるものか妊娠しているのかなど、いろいろなものがあることが分かりましたね。

我慢が出来ないほど痛みが生じてきたときは、産婦人科などで診察を受けましょう。

放っておくとガンになってしまったり、不妊症の原因になることが多いのです。

妊婦さんが悪くなれば、流産してしまうこともあり得ますので、早めに対処をしたほうが良いでしょう。

関連記事として、

腹痛が左側で発生する原因は?チクチクした痛みに注意!

みぞおちが痛い5つの原因とは?吐き気や病気の可能性について

腸の痛みの原因を紹介!下痢の症状は病気の可能性?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする