嘘をつく病気について!特徴や接し方を知っておこう!

身の回りに平気で嘘をつく人っていませんか。本当のことかと思ってみたら嘘だったり、本当でない噂話を流されたり、いくいくと言っていたのに当日ドタキャン、遅刻したのに見えみえの嘘をついてごまかしたり、本当に付き合っていくのが大変なびっくりするほど嘘が多い人っていますよね。

ほんと病気じゃない!って言いたくなりますが、実は嘘をつく、虚言癖とは立派な病気なのです。ここでは虚言癖の原因となる病気について取り上げていきます。

スポンサーリンク

嘘をつくのは演技性パーソナリティ障害という病気?

心臓

パーソナリティ障害という病気について紹介します。

パーソナリティ障害の特徴

他人の関心や注目に過敏に反応するタイプの障害です。関心や注目を求めすぎるあまり、嘘をつくようになってしまいます。成人期の早いうちに、若いうちに発症することが多いといわれ、発症の9割は女性です。

自分の外見や性的魅力に常に関心をもち、他人の関心や注目を集めなければ自分は無価値だと信じ込んでいます。他人の注目を集めるためであれば自分を貶める ことも平気でします。

ただしこの障害を持つ人は生身の自分で勝負するほど自分に自身があるわけではないのです。そのため空想の世界で幻の自分を作り上げ、 それが現実であるかのように他人に見せかける、つまり嘘をつくのです。

パーソナリティ障害の症状

平気で嘘をつく以外にたとえば次のような症状があります。

  • 他人に過度に挑戦的に接する
  • 気分が不安定でころころ変わる
  • 話が大雑把でうそっぽい

などと言った症状です。とにかく仰々しく、芝居がかったようで、興奮しやすく、挑戦的な態度、言動をする場合が多いようです。これらの態度や言動には他人の注意を引こうという意図があります。

人の注意を引くために、考えや感情を大げさに大げさに口に出すことが多く、自分が求めている他人の注意を引けないときは癇癪を起こしたり、泣いたり、急に非難がましくなったりします。この障害を持つ人は、内面にもろい部分や傷つきやすい部分を抱えており、表面的には明るく魅力的に振舞うのですが、急にふさぎ込んだり不安でたまらなくなるのです。

パーソナリティ障害への接し方

このような演技的パーソナリティ障害の人が身の回りにいて、逃げられない場合の接し方は二つあります。

・相手の演技に付き合う

演技的パーソナリティ障害の人の演技はその人が生きていくうえでなくてはならないものです。そのような人との上手な接し方は、その演技に付き合うことです。

最初は、そのような人を見ても、その人が期待する反応をしてしまう人が多いでしょう。ただ何度も繰りかしその演技に接するうちに、それがうその演技であることを見抜けるかもしれません。そこで見抜けたら、一歩距離をとってその嘘の演技に振り回されないことが大事です。表面にあるものだけでなくその裏にあるものを冷静に観察しましょう。

演技性パーソナリティ障害の人は常に演技をするという強いストレスを感じているため、そのストレスが身体症状、頭痛や腹痛、ひどい場合には歩けなくなるなどといた症状として現れることがあります。このため急に早退したり、有給を繰り返し取ったりすることがあります。

ただこれらの症状は心因性なので病院にいっても異常なしという診断です。これも嘘の演技か!と怒りたくなる気持ちはわかりますが、そこは冷静に対応しましょう。とりあえず本人の言うまま休ませるのですが、休んでいる期間に好き放題させてはいけません。なぜいつまで休むのかを明確にさせ、本人に責任を取らせることが必要です。

・縁を切る

自分から縁を切るつもりがなくても、あることをすることで絶縁状態になります。あることとは、演技的パーソナリティ障害の人の演技が嘘であることを人前で暴いてしまうことです。

嘘の演技を暴くことは、相手の人格を否定するのと同じことですから反感を買い、相手は激昂し、絶縁にいたります。ただ注意しなければいけないのは、あなたの周囲の方が、相手の演技を見抜けていないときです。その場合あなたが悪者になってしまう可能性が高いです。気をつけましょう。

スポンサーリンク

嘘をつくのは自己愛的パーソナリティ障害という病気?

プラノバール6

自己愛的パーソナリティ障害という病気について紹介します。

自己愛的パーソナリティ障害の特徴

自分自身を愛するということは人生に必要なものですが、それが病的に肥大化して自分に対する誇大感を持つようになってしまった障害です。成人期の早いうちに、若いうちに発症することが多いといわれ、発症は男性のほうが多いと言われています。なんでも自分の思い通りになるといった空想に耽るようになります。すべて自分に都合のいいように物事が進んで、最後は自分が高く評価されるといった空想を夢見ているのです。

聞かれもしないのにやたらと自分のことばかりしゃべります。話の内容は自慢話が多く、話のつじつまを合わせるために平気で嘘をつきます。また他人に対する思いやりが少なく、他人を自分のために利用します。他人の仕事の結果を横取りするような嘘をつくのです。

自己愛的パーソナリティ障害の症状

平気で嘘をつく以外に、たとえば次のような症状があります。

  • 自分を大げさに見せる
  • 嘘をついてまでの自己成功への没頭する
  • 批判に対する大げさな反応

などといった症状です。とにかく自己評価と自己イメージへの過度な関心が表れます。

この障害を持つ人は、自分自身の存在の重要性について、空想、実際をとわず、尊大な感情を持っています。過度に評価されることを望み、他人に対する共感を欠き、つねに他人の成功に対する妬みを持っています

そのため、他人からの批判や他人との競争での敗北にうまく対応できず、怒りをもったり、急にふさぎ込んだりします。とにかく自尊心が高いのです。自分は特別であり、特別に扱われるべきであり、他人は自分に従うべきだと思い込んでいるのです。

自己愛的パーソナリティ障害の人への接し方

このような自己愛的パーソナリティ障害の人が身の回りにいて、逃げられない場合の接し方は、悲しいことですが、関わりを最低限にすることが一番です。具体的には

  • 仕事の話だけをし、関わりを最低限にする
  • 敵視はしない、でも距離はキチンととる
  • プライベートな話はしない

です。ただし自分が如何に距離をとろうとしても、攻撃してくる場合があるので心構えはしっかりしていてください。

言いがかりをつけられても挑発にはのらない。反論しない。感情を表に出さずに沈黙を守る。悪意のある言動も受け流す。意見する場合は伝聞調で。断るときは一言で。なんだか悲しくなってくるような内容ですが、とにかく相手は病気なのですから、理解してもらおう、心を通じ合わせようなどといった無駄な努力はせずに、振り回されないようにマイペースを保つのが必要です。

またこのような障害の方が、自分の上司だったり、指導的立場にいる場合、モラハラ、パワハラとなるケースもあります。あまりにひどく耐えかねる場合は周囲や人事に相談するのも解決策かも知れません。

スポンサーリンク

まとめ

oyako

平気で嘘をつくひとの大部分はここで述べたようななんらかのパーソナリティ障害を持つ場合が多いようです。

パーソナリティ障害は心の病気ですから、本人がそれを自覚して医師に受診しない限りすぐに治ることはありません。また病院へ行ったら?、なんていうアドバイスも聞く耳を持たないでしょう。とても困ったことですが、上手に接し、自らが巻き添えにならないように距離をとっていくのが一番です。

とくに自己愛的パーソナリティ障害は最近増えてきており、かつ治療を受けても治りにくいといわれています。何かのために第三者にあらかじめ相談しておくのがいいかもしれません。

関連記事として、

自傷行為の種類って?原因を知って治療しよう!

死が怖いと思うのを克服する方法!なぜ恐怖を感じるの?

適応障害の人との接し方は?対処方法も紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする