酸欠の症状とは?しびれや頭痛を感じる場合は要注意!

酸欠症状は正式には酸素欠乏症と呼ばれ、酸素濃度が18%未満の環境に置かれた際、人に現れる症状を指します。高い山に登った時や深い地下室に下りた時、なんとなく息が吸いづらく頭が重いな、と感じた経験はありませんか。

このような外的空気環境の変化だけではなく、私たちの心身の変調に呼応した体の内的環境の変化によって、酸素の欠乏状態が生じる事があります。重症化すると命さえ脅かしかねない、この酸欠状態についてここで確認していきましょう。

スポンサーリンク

人の体と酸素の関係

泡

私たちの体は呼吸を介して絶えず空気中の酸素を取り入れ、それを血液にのせて生命活動を行う全身の細胞に送り出しています。しかし空気中の酸素濃度の低下や、日頃からの浅い呼吸や貧血状態による体内への酸素供給不足があると、さまざまな症状を引き起こします。

ここで注意すべきは、酸素はわずかな供給不足であっても、時に致命的・不可逆的(元に戻らない)なダメージを体にもたらすという点です。 酸素不足に対し最も影響を受けやすいのは、脳の大脳皮質です。これは脳がその機能を維持するために、実に全身の約25%にも及ぶ大量の酸素を必要とするためです。

したがって人体に必要な酸素供給が成されない環境下では、酸素濃度レベルの低下に応じ、脳に壊滅的な機能障害が生じるおそれがあります。適切な対応が遅れると、脳は機能低下から機能喪失を経て、最終的には脳細胞の破壊をきたしてしまいます。道で倒れた人に必死の救命措置を行うのは、一刻も早く体に必要な酸素を供給するためなのです。

スポンサーリンク

酸素欠乏が生じやすい環境

地下室

では私たちをとりまくどのような環境が、酸素欠乏を招くおそれがあるのでしょうか。一般に以下の場所では、酸欠の起こるリスクをがあることを知っておかれるとよいでしょう。

・閉め切った室内
・満員電車
・バス

・井戸、洞窟、窪地
・タンク、マンホール
・野菜・穀物・木材などの貯蔵庫や倉庫

日常的には閉め切った空間で大勢が過ごす、あるいは火を使うなどの状況で酸素不足が生じることが考えられます。

窓のない部屋での長時間の会議や換気効率の悪い場所での調理などは、あくびや頭痛が起きる前にこまめな空気の入れ替えを心掛けたいものです。

特殊業務に従事する方や旅先で未知の自然環境に足を踏み入れる方の場合は、非日常的な以下の環境についても意識しておかれる必要があるかもしれません。

井戸・地下室・窪地などの低地では、充満していたガスに知らぬうちにさらされたり、自然界で生じる予測できない化学反応に遭ったりするおそれがあります。例えば沼地でのメタンガス湧出や、マンホール内での微生物の酸素消費による酸素不足など、思いもよらぬところで酸素濃度が低下している場合があります。

また野菜や穀物・木材の貯蔵庫暗室では、光合成による酸素の生成より植物の呼吸による酸素消費が上回るため、相対的な酸素不足が庫内に生じていることがあります。

スポンサーリンク

知らぬ間に起きている体内の酸素欠乏

酸素ボンベ

前述の外的環境における酸素濃度の低下とは別に、私たちの体の酸素の取り入れ・運搬能力の問題や生活習慣による影響で、必要な酸素を十分に供給できていない状態があります。

浅い呼吸

学業や家事・仕事で余裕のない毎日を送っていたり、日頃からストレスが高く休んでも緊張をほぐせないといった状況はありませんか。ストレスにさらされることの多い現代人の呼吸はとかく浅く速くなりがちです。

パソコンを使ってのデスクワークが続くと、どうしても猫背になり口呼吸が中心となることが多いようです。十分な酸素を効率よく体に取りこむという点では、気がついた時に腹式呼吸を意識なさるとよいでしょう。

貧血

貧血にはさまざまな種類がありますが、その多くは体内で鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血だといわれます。

酸素運搬を担う赤血球中のヘモグロビンはその生成過程で鉄分を必要とするため、鉄不足は全身への十分な酸素供給を妨げてしまいます。結果として肺や心臓が不足分の酸素を補おうと過剰に働き、息切れ、動悸、めまい、疲れやすさが現れるのです。

とりわけ女性は月経による出血、妊娠、出産、児への授乳など個々のライフステージにおいて鉄需要を増す時期があるうえ、ダイエットを試みる方も多く鉄不足に陥りやすいことがわかっています。

喫煙

喫煙者が吸い込むたばこの煙には、一酸化炭素が4%程度含まれています。

この一酸化炭素は血中でヘモグロビンと結合する性質がきわめて強く一酸化炭素ヘモグロビンを形成し、身体をめぐるとやがて肺から排出されます。

このため本来行われるべき酸素とヘモグロビンの結合が妨げられ、喫煙者は慢性的な酸欠状態を起こしてしまうのです。

スポンサーリンク

酸欠による症状

ステート

酸素濃度レベルの低下に応じて、軽症から致死的なものまでさまざまな症状が現れます。血中では、酸素濃度の低下、二酸化炭素濃度の上昇、酸性度(PH)の変化が見られます。不調に気づいたら早急な対応が必要です。

あくび、頭痛、だるさ、めまい、吐き気、息切れ、動悸、集中力の低下、眠気

  筋力低下、顔面蒼白、チアノーゼ、嘔吐、意識消失、昏睡、けいれん、呼吸停止

酸素が欠乏した状態が長期間続くと、めまい、息切れ、肩こり、冷え、むくみ、疲れやすさなどの症状が慢性化するおそれがあります。また眼疾患、脳梗塞などのリスクを高める場合があるので、放置せず適切な治療を受けましょう。

スポンサーリンク

酸欠を防ぐ対処法

体に必要な酸素を十分にとりこめるよう、環境整備と生活習慣の改善に努めましょう。

・ こまめに換気を行う     

・ 作業中の姿勢に留意し腹式呼吸を意識する   

・ リラックスできる運動・ストレッチを行う     

・ 鉄分・ビタミンCが豊富な食事を摂る     

・ 節煙・禁煙に努める  

ゆっくり鼻から息を吸いながら腹をふくらませ、口から吐きながら腹をへこませる腹式呼吸は酸素を効率的に取り入れられるだけでなく、緊張状態を和らげる効果も期待できます。可能であれば休み時間などに、静かな場所でそっと目を閉じて10回程度行ってみてください。また好きな曲にあわせ身体をゆらす、両腕を軽く曲げ後方にそらし胸郭を開くなど、ほんのわずかな動きが凝り固まった体を解きほぐす助けになります。ご自分に合った気持ち良いリラックス法を探してみてください。

適正な姿勢を保ち深い呼吸を行うには、横隔膜や種々の背筋・腹筋群の協働が必要です。屋内外を問わず1日15分程度のストレッチや軽い筋肉トレーニングを行う事は、姿勢・呼吸の改善いずれに対しても効果が期待できます。体力や体調に応じ、無理のないものから取り入れてみてはいかがでしょうか。

鉄分不足は採血データなどで明らかにならない限り、自分ではなかなか把握できないものです。したがって普段から鉄分が豊富な食品を、吸収を高めるビタミンCや動物性たんぱく質とともに意識的に摂ることが大切です。また造血効果のあるビタミンB12,ビタミンB6、葉酸も必要な栄養素です。吸収の良いヘム鉄が豊富な動物性食品をはじめ、一品に偏らぬ多種類の食材をあわせて摂ることがバランスの良い食生活の基本となります。

貧血の改善によい食品

・レバー(牛・豚・鶏)豚もも肉 卵 あさり まぐろ かつお いわし 鮭 牛乳

・ひじき 大豆 いちご 菜の花 小松菜 キャベツ ほうれん草 ブロッコリー

スポンサーリンク

まとめ

まとめ 空

・体に必要な酸素供給が行われないとさまざまな酸欠症状が生じ

重症化すると命を脅かす場合があります。

・酸素の少ない環境では、こまめな換気を心がけましょう。

・浅い呼吸や貧血、喫煙は、慢性的な酸欠状態をまねくため

生活習慣の改善が必要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする