目の周りが痛い原因とは?考えられる疾患や炎症について

気がつくと、何もしていなくても目の周りが重苦しく感じる。まばたきする時に重く感じる。またはまばたきやあくびなど顔を動かすときに痛みを感じるようになったら不安になりますよね。目自体が痛いわけではなく、目の周りが痛いとき、どうすればよいのでしょう?

そんな時はここを参考にしてみてください。日常生活が原因で起こるものから病院に行くべき疾患まで、あなたのその痛みの原因と対処法を見てみましょう。

スポンサーリンク

原因として考えられるのは?

子供痛み

まず、アナタのその痛みはどのようなものなのでしょうか?原因として考えられる疾患などをあげてみました。ご自分の痛みと比べてみてくださいね。

眼精疲労

よく「目が疲れてる」と言う言葉を聞きますよね。「眼精疲労」とはどう違うのでしょうか?

「目が疲れている」ことが原因でも目の周りが痛く感じることがあります。しかしその状態は一晩眠ると症状が改善するという場合のように一時のものです。痛くても一晩で治るようなら、単なる疲れ目の可能性があります。

一方「眼精疲労」は、目の疲れから連続して身体全体に不調が及ぶことをいいます。最初は目の疲れから、目の奥や周りが痛くなったりします。そのうちに頭痛、肩こりや吐き気などが起こったり、ストレスから常に不安を感じることや、うつの症状など自律神経にまで影響を及ぼすこともあるのです。

目の周りの痛みだけでなく、このような症状とともに感じているなら、早めに眼科への受診をオススメします。

ものもらい

「ものもらい」とは、まぶたのところ、ちょうどまつげの生え際あたりにある「マイボーム腺」という汗や脂を出す腺のところに細菌が感染した結果、腫れたり、化膿して痛みを伴うもので、急性の化膿性の炎症のことです。学術的名では、「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と呼びます。

初期の「ものもらい」では、目の周りが痛くなることが多く、判断が付かないのですが、しばらくして目が腫れてきたりして気がつくということもあります。

もし「ものもらい」であれば、すぐに眼科に受診しましょう。症状が軽い場合は、目薬と軟膏で対処しますが、ひどくなると、抗生物質や手術で膿を出すなどの処置になります。ものもらいについては、ものもらいの原因とは?ストレスや疲れとの関係についての記事を参考にして下さい!

群発頭痛

「群発頭痛」は、目の周りから頭の両脇にかけて、キリキリと刺すような激しい痛みが起こります。何週間もの間、毎日起こる頭痛で、決まった時間に頭痛が起こりやすいというのが特徴です。

頭痛とともに、涙目や目の充血、鼻水や鼻づまりなどもあわせて起こることが多いです。また、初期は目の周りが痛くなり、継続してくると目の裏側の動脈が炎症を起こすため、目の奥が痛く感じることがあります。

目の周りの痛みとともに頭痛もあるようでしたら、こちらを疑ってみても良いでしょう。対応している医療機関や脳神経外科などへの受診をオススメします。

トローザハント症候群

「トローザハント症候群」は、「有痛性眼筋麻痺」とも呼ばれ、原因が分かっていない疾患です。

眼球が入っている眼窩(がんか)というくぼみの後ろ側の脳下垂体を囲む形の静脈が集中した部分に炎症ができ、起こる疾患です。

この部分は多くの神経が通っているので、炎症や腫瘍などが出来ると、強烈な痛みを感じます。また目に近いこともあり、目の周りが痛くなったり、眼球の動きが悪くなったりします。

治療法は様々ですが症状によって対応が変わるので、眼科などの対応の医療機関に受診してください。

大後頭三叉神経症候群

聞きなれない言葉かも知れませんが、よく目の痛みからわかる疾患の中には、この「 大後頭三叉神経症候群」があります。

頭や目の周りの神経はつながっていて、どちらかの神経に異常をきたすと、そのほかの神経にまで影響が出ます。

後頭部に痛みがあって、なおかつ目の奥や目の周りに痛みを感じたり、目の疲れなどを同時に自覚することがあれば、こちらを疑っても良いでしょう。脳神経外科やペインクリニックなどを受診すると良いでしょう。また頭痛の専門外来などもオススメです。

緑内障

通常、ものを見るときには角膜や水晶体を通って網膜のところで、映像の情報が眼球から脳に向かってある視神経に入って、脳に形や色などの情報を伝えます。そこから脳によって伝わった情報が映像として組み立てられて、やっと認識できるようになります。

「緑内障」とは、その視神経に異常が起きて、目が認識した情報や映像がきちんと脳に伝わらず、認識できなくなる疾患です。また視野が狭くなる、視力が落ちるという障害も出てきます。

この疾患は日本での失明原因の第一位の疾患でもあり、初期段階や慢性の緑内障では具体的な症状があわられるのが遅く、潜在患者数も多い疾患です。

目の周りの痛みが出るのは、この「緑内障」でも急性のものと思われます。急激にあがった眼圧から、頭痛や吐き気、充血、眼や目の周りの痛みなどの症状が見られます。

目の周りの痛みだけでなく、視野が狭いと感じたりしたら、眼科への受診をオススメします。

副鼻腔炎

意外と思われるでしょうが、この耳鼻科系の疾患からも目の周りが痛くなります。

「副鼻腔炎」とは、顔の裏側にある、鼻腔と自然口ともつながる副鼻腔(上顎洞じょうがくどう、篩骨洞しこつどう、蝶形骨洞ちょうけいこつどう、前頭洞ぜんとうどうという4つの空洞のどれかが炎症を起こすことをいいます。

その代表的な症状として、目の奥や目の周りが痛むことがあります。そのほかにも、頬や顔全体に痛みが広がるケースもあります。また頭痛や頭が重くなることもあります。

「副鼻腔炎」は副鼻腔という空洞の炎症の腫れなどによって、空気がきちんといきわたらずに起こる換気障害なので、その症状は様々です。

原因としては、アレルギー性鼻炎や流行風邪などから起こることが多いといわれます。治療法としては、アレルギーなどは、その改善や予防が最善の治療法にもなります。また菌による炎症の可能性がある場合は抗生物質などの投与もあります。

目の周りの痛みのほかに、鼻水や鼻づまりによる顔全体の不快感などを感じたら、「副鼻腔炎」を疑ってみてもよいでしょう。耳鼻科への受診をオススメします。

アロディニア

片頭痛が原因によって脳が過敏になり、脳とはまったく関係のないところが刺激を受けるように感じ、痛みにつながることを「アロディニア(異痛症)」といいます。

この「アロディニア(異痛症)」という症状になると、目の周りが痛く感じることがあります。また、そのほかにも風にあたって顔が痛いとか、イヤリングをつけると痛い、ブラシや櫛を使うと痛いなど、脳とまったく関係のないところの痛みを発症します。

目の周り以外にも、通常痛みを感じないような動作などで痛みを感じることがあれば、疑ってみても良いと思います。受診にはペインクリニックなどが良いでしょう。

スポンサーリンク

日常生活でできる対処法

鼻と花

まずは、きちんと自分の状況や症状を確認しましょう。

目の周りだけの痛みなのか、そのほかに同時にでている症状はないか?など、自分の症状すべてを把握して、対応の医療機関に受診するのが一番の方法です。

しかし、受診までに時間が空いていたりする場合は、まずは患部を冷やして気持ちよいと感じるなら、冷やして様子を見ましょう。一過性の目の疲れの場合は、一晩でよくなると思います。それでも痛みがひかない、他の症状もでてきたなどの場合は速やかに対応の医療機関に行きましょう。

スポンサーリンク

目の不調に使えるサプリ

目の周りの筋肉は固まりやすく、非常に疲れやすい部分です。そのため、パソコンを使って仕事を行っている人は、眼精疲労や目の不調が起きやすいといえます。

そんなときは、サプリを使用して疲労が蓄積しないようにすることも良いでしょう。ここでは、目の不調を予防するサプリを紹介するので、自分に合ったものがあれば使用してみましょう。
ブルーベリー×5倍のアントシアニン

スマホ・パソコンの見過ぎでショボショボしたら【ディディトリニティー 001】

【ファンケル】スマホ・パソコンで1日中がんばる目に!えんきん♪

もし宜しければ一度目を通してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

目の周りが痛いといっても、目の疾患から頭の疾患、鼻の疾患まで様々な原因が考えられることが分かりました。

ここでは可能性のあるものを書きましたが、安易な自己判断での自宅療法は失明などの危険を伴いますので、なるべく早めに対応の医療機関に受診することをオススメします。

辛い痛みから早く解放されるといいですね。

関連記事として、

目がかすむ原因とは?乾燥やストレスに注意して対策を!

目やにが多い5つの原因とは?病気の可能性について

なぜ充血している?目が痛い原因と病気の恐れについて

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする