のど飴の効果を紹介!舐め過ぎが危険な理由は?

秋も深まり乾燥が気になる季節になってきました。この季節、病院に行くほどではないけれど、のどがイガイガすること良くありますよね。そこで活躍するのがのど飴です。この普段何気なく舐めているのど飴ですが、どのような「効果があるのか」気にしたことありますか?

のど飴についてご紹介します。

スポンサーリンク

のど飴の定義って?

のど飴定義

普段から舐めている「のど飴」ですが定義などはあるのでしょうか?
実はのど飴の成分による定義はありません。普通の飴と作り方も同じですが、のど飴には「医薬品」「医薬部外品」「食品」の三種類あります。

医薬品

有効成分の効果が認められていて、薬に近く、製造と販売に許可が必要なものです。そのため購入は薬局またはドラックストアのみの取り扱いとなります。治療や予防に大変効果を発揮します。
医薬品ですので、副作用が現れる場合もありますので取り扱いの際は注意が必要です。
2015年11月現在、主に以下の三種類が医薬品のど飴として販売されています。

「第2類医薬品」浅田飴
「第2類医薬品」ルルメディカルドロップ
「第3類医薬品」南天のど飴

医薬部外品

有効成分の効果、作用が医薬品より緩やかで製造のみ許可が必要なものです。コンビニやネットの通販などでも買えます。治療よりも予防を中心としたものが多いのが特徴です。

・ヴィックス
・ルルのど飴
・DHC薬用のど飴
等々…

食品

ハチミツ、ペパーミント、ハッカなど喉の潤いに良いものが入っていますが、基本的に普通の飴と同じものを言います。医療的な効果は認められていません。成分に決まりがないため、企業が「のど飴」といったものはすべてがこれに当たります。

・龍角散
・はちみつきんかんのど飴
・VC3000のど飴
等々…

スポンサーリンク

なんで喉がイガイガするとのど飴が良いの?

のどイガイガ

そもそもなぜのどがイガイガするのでしょうか。

風邪などのウイルスによる炎症や喉を酷使した時に起こる炎症が、のどが痛む主な原因です。大抵の場合は炎症が起こる前に、自然に治癒する力を持っているのですが、免疫力の低下や疲れなどで炎症を抑えることができないときに喉の痛みや咳として現れます。

これらは喉の粘膜を潤すことで、症状を和らげることができます。飴というのは砂糖で出来ていますが、砂糖は喉の粘膜を潤すのに大変効果的です。唾液の分泌量も増えて潤いウイルスの進入を防ぐのです。のどを保護、保湿する役目もあります。

他にものど飴には「殺菌作用」「洗浄効果」があったり、特に医薬品では咳止めの成分が含まれています。

また、喉の炎症を治すためには休息とカロリー摂取が必要ですが、糖質はカロリー摂取を助ける働きがあります。種類によって効能は異なりますので、商品内容を確認して、自身にあったものを選びましょう。喉のイガイガについては、喉にイガイガを感じる原因とは?治す方法などを紹介!の記事を読んでおきましょう。

スポンサーリンク

のど飴の危険

のど飴危険

のど飴は手軽に購入できて、効果も期待できる大変良いものですが、使い方を間違ってしまうと症状を長引かせたり、かえって悪化してしまうこともあります。

「医薬品」「医薬部外品」には用法と用量が正しく記載されています。この規定を破り、短時間に複数の飴をなめ過ぎると、飴に含まれる成分がのどに触れすぎてしまいます。炎症を抑えるための成分が、逆に炎症を引き起こす結果になり得ます。

飴を舐める事で唾液が出ると先述しましたが、これが短時間にいくつも摂取すると精製が追いつかず不足します。するとせっかく保護されている粘膜が乾燥してしまいます。

また、「医薬品」「医薬部外品」は薬に近いものですので、妊娠中や授乳中の女性には注意が必要です。

「食品」のど飴も、また舐めすぎには注意です。のど飴の主成分は砂糖になります。砂糖の摂取過多となれば糖尿病や肥満、虫歯などさまざまな疾病につながる恐れがあります。

スポンサーリンク

のど飴以外にも効果的なケア

のど飴以外のケア

「うがい」
「水分補給」
「辛い物、塩分を控える」

喉のケアには何より乾燥を避けることが大切ですので、うがいはおすすめです。特に緑茶、紅茶でのうがいは手軽に出来て、尚且つカテキンが含まれているので、抗菌作用があり喉の潤いうに大変良い効果を発揮します。
風邪やインフルエンザの予防にもなりますので、普段から取り入れると良いでしょう。同じように乾燥を避けるために、こまめな水分補給も大切です。喉の潤いを保つためにペットボトルを持ち歩き、気が付いたときに飲むような習慣をつけるのも良いかもしれません。

そして、喉を刺激しないように辛い物、塩分をなるべく控えましょう。好きな方には辛いと思いますが、辛い物、塩分は喉の炎症を悪化させてしまう恐れがあります。喉が痛い、というときはなるべく控えましょう。

他にも

「タバコを吸わない」

「声を出しすぎない」

この2点はいずれも喉を痛める行為のため、できる限り控えるのが良いでしょう。

対策としては

「加湿器を使う」

「マスクをして寝る」

などが上げられます。

喉をケアする方法はたくさんありますので、自分にあったものを探してみましょう。

まだある!喉に効果的な食べ物

・はちみつ大根

1センチ角に切った大根をはちみつに数時間漬け込むだけでできる簡単なものです。

大根にもはちみつに消炎作用があり、まさに喉の痛みを和らげるための食材です。特に大根は汁が喉に良いため、漬け込んだ汁とはちみつを紅茶に入れて飲んだり、また大根おろしを食べるなども効果的です。

・生姜湯

喉の痛みだけでなく、風邪にも効く万能な生姜湯です。お湯にスプーン1杯程度の生姜と、お好みの量のちみつなどを溶かして飲むだけのお手軽なものです。片栗粉や葛でとろみをつけてもオッケーです。

生姜には身体を温める作用もあるため寒い夜、寝る前などに飲むのも良いですね。

・梨

梨は水分豊富で、喉の痛みを和らげるだけでなく、解熱作用や消化促進などの効果もあります。梨は秋の果物ですが、最近は一年中購入できる場合もあります。食べるだけで効果がありますので、是非お試しください。

・キンカン

キンカンの皮には「ビタミンC」「ヘスペリジン」が多く含まれています。この成分が毛細血管を強くしたり、発がん抑制、コレステロール値改善など多くの良い効果があります。喉の痛みの緩和だけでなく、風邪予防や生活習慣予防にもなります。

丸ごとはちみつに漬けたものを食べるのがおすすめです。

・カリン

席やタンだけでなく喘息にも効果的なカリンです。このカリンに含まれるポリフェノールはインフルエンザを抑制する強い効果があります。はちみつ漬けにしたり、ジャムにしたりして食べるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

喉の痛みから考えられる病気

のど飴病気

喉の痛みが何日も続くようなら何か病気が隠れている可能性もあります。喉痛みに加えて、発熱、嚥下痛、声枯れなどがある場合は

咽頭炎

扁桃炎

咽頭がん

扁桃悪性リンパ腫

食道がん

声帯ポリープ

逆流性食道炎

など、手術も必要なものもあり、中には命に係わる病気も含まれていますが、いずれも病院を受診し、適切な治療を受けれ改善するものばかりです。

あまりにもおかしいなと思ったら病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

 まとめ

のど飴まとめ

のど飴についてご紹介しました。
単にのど飴といってもさまざまな種類や効能がありますので、自分の症状にあったものを選ぶと良いでしょう。ただし、舐めすぎは糖分摂取過多になり肥満や糖尿病のリスクを高めます。適切な量を摂取し、のど飴以外の治療方法も試してみましょう。

また、あまりにも改善しない場合我慢をせず、医療機関を受診することをおすすめします。

関連記事として、

喉に口内炎が出来る原因とは?予防方法も知っておこう!

喉が渇く原因とは?風邪以外の病気の可能性について!

喉が痛い!声が出ない!声が出ない原因と対処方法

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする