被害妄想になる原因とは?意味や特徴、治療法も知っておこう!

あなたの周りに、被害妄想的な人はいませんか?

一言伝えただけなのに勝手に話を大きくして慌てたり怒ったり、そもそも何も根拠がないのに悩んだり…。「ちょっと考えすぎ」という比較的軽度なものから、さすがに行き過ぎではないかと逆にこちらが心配になるようなレベルの人など程度の差はされど、これまで一度くらいは誰かに疑念を抱いたこともあるのではないでしょうか。

こういったことは性格的な問題だと軽く考えてしまいがちかもしれませんが、実はかなり深刻で、原因が何かしらのれっきとした「病気」の場合もあるということはご存知でしたか?

ここでは、改めて「被害妄想」について掘り下げて解説していきます。

スポンサーリンク

被害妄想とは

kaboompics.com_Young woman relaxing at home and reading a book

他人から、身体的・精神的な危害を加えられると信じてしまう妄想のことを、「被害妄想」と言います。

そんな事実はないにもかかわらず思い込んでしまうことであり、ポジティブなアドバイスやサポートを受けても逆に「この人は何かを企んでいる」といった具合にネガティブに捉えてしまうため、周りの人たちは困惑することになります。

実例

例えば、テレビや新聞などでストーカー被害のニュースを見聞きしたとします。そうすると誰しも「恐い」といった感情や「私も被害に遭ったらどうしよう」という不安を少なからず抱くでしょう。これ自体は異常なことではなく、むしろ、防御反応や危険察知能力の観点から正常な反応の一つと言えます。

しかし、その不安感がエスカレートし、次第に周囲の出来事や普段なら気にしないようなことを何かとストーカー関連に結びつけ、実際に「誰かにつけられている」「盗聴器を仕掛けられていると確信してしまうような人がいます。

ここでポイントとなるのは、「軽い思い込み」といったレベルのものではなく「強固な確信」であるということ。単なる思い込みであれば他人が情報やアドバイスを与えることで修正することはさほど難しくはありませんが、妄想の場合は、他人がどれだけ説明や否定などをしても聞き入れず、確信が揺るぎません。それだけではなく、下手に善意で修正を試みようものなら、それすらも悪意と受け取られ、「この人は自分を陥れようとしている」とすら思われしまうのです。

被害妄想のタイプ

「妄想」自体には色々なタイプがありますが、ここでは被害妄想に絞って挙げます。

■直接被害タイプ

意地悪をされている、陰口を叩かれている、悪だくみをされている、誰かに狙われているといった、自分が直接的に被害に遭っていると妄想するタイプです。

自分の中だけの被害意識に留まらず、エスカレートすると妄想上の加害者に逆襲しようと迷惑行為をしたり裁判沙汰に持ち込んでしまう場合もあります。

■嫉妬タイプ

恋人や配偶者に浮気をされているという妄想をするタイプです。無関係な情報や物事を浮気の痕跡や証拠だと決めつけ、相手を責めます。

どんなに否定されようともその確信は揺るがず、エスカレートすると傷害事件などに発展してしまう場合もあります。

■過剰不安タイプ

周りの人が自分をやたらと見ている、誰かに監視されている、盗撮や盗聴をされているといったように周囲から観察されていると妄想するタイプです。

思い込みが強くなると幻覚すらも見るようになり、ますます不安感や嫌悪感がエスカレートしていき、外出ができなくなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

被害妄想を引き起こす原因

悪寒

そもそも被害妄想の疑いがある時、それが病的なものなのかそうでないのかによって、対処も考えられる原因も変わってきます。

そのため、まずは病気か否かを判断する(診断してもらう)必要があります。

「病気」ではない“思い込み”

話の流れで家族や友人に「それは被害妄想でしょ!」と言われたりした経験のある人もいるのではないでしょうか。そのような場合、まずはどういう気持ちになりますか?

もし「被害妄想なのかもしれない・・・」という不安な気持ちを抱いたならば、この時点でそれは被害妄想ではないと言えます。つまり、病的なものではないでしょう。なぜなら、被害妄想は先に述べた通り「強固な確信」だからです。

自分で疑念を持つということは、冷静に判断しようとしている証でもありますので、このような場合は病気ではなく、一時的な精神の不安定感が原因だと考えられます。

「病気」である“被害妄想”

周りの人がいくら説得や助言をしようとも一切聞き入れず、他人から見て思い込みだと考えられるものを本人が確固たる自信をもって事実だと認識している場合は、病気の疑いがあります。

このような時は単純に他人が修正しようとしても効果がないばかりか悪影響にもなりかねないため、医師の診断を受ける必要が出てきます。

原因

■統合失調症

統合失調症の場合は被害妄想がよく見られ、監視されている、尾行されている、盗聴されているといった強い思い込みを持つことが多いです。
幻覚や幻聴などから、実際に起こっていないことを現実的なものとして知覚してしまいます。

統合失調症については、統合失調症の特徴を紹介!治療するために必要なことは?を参考にしてください。

■うつ病

周りの人たちが自分を責めている、虐げているという気持ちを抱いてしまうことが多くあります。

うつ病の場合はマイナス思考になっているため、妄想も同様にネガティブな方向に進み、重い病気にかかっているといったことも考えてしまい、他人が否定しても逆に思い込みが強くなってしまいます。

うつ病については、うつ病は再発するの?症状や治療方法についてを参考にしてください。

■認知症

認知症の人は被害妄想を出現させる確率が高く、中でも、自分の財布や貯金通帳が盗まれたと訴える「盗害妄想」を実に8割以上が占めていると言っても過言ではありません。

また、統合失調症の妄想と違って内容が固定されておらず、目まぐるしく変化したり、過去の出来事が影響していたり、加害対象が身近な人であることが多いと言われています。

■トラウマ(心的外傷後ストレス障害)

いわゆる「PTSD」で、トラウマとなった体験がよみがえり、それに関係する何かを見ただけで「攻撃される」「狙われる」といった被害妄想に繋がってしまいます。

■極端に自分に自信がない

自分に自信がある人は思考がネガティブな方向に傾いたりはしませんが、内気だったり憶病だったり何かと自分に自信がないタイプの人は他人との関係に不安を持ち、それが被害妄想へと発展していまうことがあります。

■対人関係が苦手

人と接する経験が少なく、また様々な人間関係を築いてきた経験があまりない人は、他人への信用・信頼感などを持つことが難しいことが多いです。そのため、誰を本当に信じていいのか上手く判断できず、その不安感や恐れから、被害妄想的思考をしてしまうことがあります。

スポンサーリンク

被害妄想の人の対処・対応

薬

被害妄想の人たちには、どういった対処法があるのでしょうか。また、周囲の人たちはどのように対応すれば良いのでしょうか。あくまでも、すでに被害妄想であることを前提として、考えていきましょう。

治療法

原因が病的なものである場合は、薬物治療が中心となります。ドーパミンを遮断する作用のある抗精神病薬を用いることが多いですが、まずは精神科で適切な診断を受けましょう。

カウンセリングなどの精神療法も行われることがありますが、カウンセラーにさえも被害妄想を抱く場合があるため、やはり薬物療法ありきで治療を進めていくことが重要となります。

周囲の対応方法

繰り返しお伝えしているように、被害妄想を解消することは容易ではありません。いくら否定しようともその妄想は消えず、むしろ逆効果になってしまうため、説得や訂正はしないようにしましょう。

だからといって「共感」したりなど、肯定的な言動を取ることもいけません。周りが信じてくれることによって、その妄想はさらに強いものへとエスカレートしてしまうからです。

よって、否定も肯定もせず、その「苦しんでいる」という気持ち自体に心を寄せて「苦しいんだね」と受け止めてあげて、「何かあれば、すぐに教えるよ」と周りが味方であることを伝えて安心感を与えてあげることがポイントとなります。

スポンサーリンク

被害妄想にならないために

笑顔 女性

性格的な面からも、被害妄想になりやすい人、なりにくい人がいます。しかし誰もが人生において様々な体験をするため、それによって自覚のないうちに自分が病気にかかってしまう可能性もあります。

また、病気であろうとなかろうと、早い段階で自分の意識に違和感を持つことができれば、自身の心の持ちようで対処できることもあるのです。

自分を責めない

物事によっては自分の行いを反省し、改める必要がある場面は当然あります。しかし、だからと言って何でも悲観的に捉えてしまうことはいけません。案外、自分が思っている以上に周りは気にしていないことが多いものです。

例えば何かミスをした時、配慮の足りない発言などをしてしまった時、後から反省したり悔やんだりすることもあるでしょう。そういうことがあると、それをきっかけに「みんなが私を嫌いになったのではないか」「陰口を叩かれているのではないか」と不安になることがあります。すると、今まで気にしていなかった周囲の小さな言動が気になりだし、ますますその不安が強くなってしまいかねません。

こういった場面で必要なのは「次はもっと慎重にやろう」「この経験を活かそう」「きちんと謝ろう」といった前向きな姿勢であり、実際にそれが最も効果的な対処方法であると言えます。

いくら後ろ向きな気持ちで悔やんでも、物事は前に進みません。瞬間的に自分を責めてしまったとしても、その後は気持ちを切り替えて「次」に目を向け、取り組んでいきましょう。

自分を受け入れる

何にでも言えることですが、嫌なものや気持ちを無くそうという意識を強めると、逆にそれが頭から離れなくなってしまうなどの逆効果を生みだしてしまうことが多いです。他人にも自分にも言えますが、「そのものを受け入れる」という気持ちが大切であり、その上でそれをどう変化させられるかということが重要になってきます。

不安や恐れがあるということは、それを抱くだけの恵まれた状況が何かしらあるものです。恋人の浮気を疑ってしまうのならば、その恋人は浮気を疑えてしまうほどに魅力的であり、そのような人と付き合っている自分も魅力的であると言えるわけです。そういうふうに考えていくことで、「今ここにある幸せ」や「恵まれているからこその悩み」であるというポジティブな気持ちで捉えることができるようになっていきます。

スポンサーリンク

まとめ

日常会話で出てくることもある「被害妄想」という言葉。普段の話であれば、それは相手にツッコミを入れたりなどの軽い感じで使われることも多いですが、実際は病的なものが原因で深刻なケースもあります。

また、直接的に単語として出なくても、その人の言動があきらかにおかしい、度が過ぎているといった印象を抱く場面もあるかもしれません。そのような時は、単なる性格の問題ではなく、何かしらの疾患を持っている可能性があります。

本当の「被害妄想」とはどういったものなのかをきちんと理解し、適切な対処・対応を行う必要があることを覚えておきましょう!

関連記事として、

寝るのが怖い原因!ストレスや生活の乱れとの関係は?

精神病の種類について!症状やチェック方法は?

死が怖いと思うのを克服する方法!なぜ恐怖を感じるの?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする