風邪で寝れないときの対策方法は?原因を知ることが大切!

「風邪の時は寝て治せ」とよく言われますが、そうは言われてもすぐ眠りにつくことが出来ないと言うこともありますよね。また、普段は寝ていない時間に寝るせいで夜中に寝付け無いときもあります。

咳などの風邪の症状で今すぐにでも眠りにつきたいのに眠れないこともあります。今回は風邪の時に寝れなくなる以下の5つの原因について対処法を解説します。

スポンサーリンク

風邪で寝れない5大原因

late-riser-149016_960_720

  1. 関節痛
  2. 寝すぎ
  3. 頭痛
  4. 鼻水

関節痛がひどくて寝れない

風邪の時の発熱とPGE2の関係

風邪の時に関節が痛くなるのは、風邪の時に発生する発熱と関係があります。

体内にウイルスなどの有害な異物が入って攻撃する場合、体温を高くした方が有利です。その時に体内にPGE2と言う物質が分泌されます。

風邪をひいているときに、白血球が体をウイルスから守るためにサイトカインと言う物質をだすのですが、サイトカインの過剰分泌は内臓の機能不全の原因になります。また、アレルギー反応と似たような症状を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

それを防ぐために体内でPGE2が分泌され、サイトカインの分泌を抑制します。この時体に引き起こされる作用として、体が発熱すると同時に関節痛を感じます。

これが風邪の時の関節痛の原因です。

対処法:寝る,またはアロマオイル

風邪による関節痛は最終的には寝て風邪を治さないと治りません。しかし、痛みのひどい場合は薬やアロマオイルを使った方法もあります。

最近では関節痛に効く風邪薬もあるみたいなので、関節痛のひどい方はそういった薬を
処方するのもひとつです。※風邪薬と他の薬の併用は危険なので止めましょう。

また、ペパーミントやラベンダーの入ったアロマオイルや鎮痛作用や精神的効果があるとされ、関節痛のあるところに塗ると患部が少し楽になると思います。

寝すぎて寝れない

風邪の時は回復のために、昼夜を問わずベッドの上で寝ます。

しかし、普段は活動している昼間に寝てしまうと、夜中に眠れなくなってしまいます。人間が一日に寝る時間は一般的に6~8時間なので、それを大きく超えて寝ることは普段ありませんよね。

また、風邪をひいてから、ピークを越した後に眠れない時はその時は回復に向かっている時が多く、体力が回復しているからこそ寝れないという場合が多いです。なので、寝すぎて眠れない場合は心配なのですが、無理は禁物です。

風邪がぶり返さないように、眠れなくても目を閉じてベットの上で安静にしましょう。たとえ眠れなくても目を閉じて横になっているだけで睡眠時に近い心身の回復効果があるそうです。

対処法:トリプトファンが含まれる食べ物を食べる

風邪をひいて食欲が無いときに、卵の入ったおかゆをお母さんが作ってくれた、そんなことはなかったでしょうか?

実は卵入りのおかゆと言うのは消化に良いだけなく、精神を安定させて快適な睡眠に導入する、「セロトニン」という物質を作る材料である「トリプトファン」と言う必須アミノ酸を多く含んでいます。

他にも肉や魚などに多く含まれますが、風邪をひいたときはウイルスと戦うために出されるサイトカインで内臓に負担が掛かります。なので、消化の悪い肉などよりも胃腸に負担が掛からない卵やおかゆやうどんなどの方が良いです。

また、バナナや大豆などにもトリプトファンが多く含まれるので豆腐やネギ、卵などの入った鍋焼きうどんやおやつにバナナといった食事も風邪の時は向いているでしょう。

しかし、トリプトファンは食べてからすぐに効果が出るわけでなく、摂取してから時間をおいてセロトニンが生成されるので、午前中やお昼頃に摂取するのが良いとされています。

頭痛がひどくて寝れない

風邪の時は頭痛が伴う事もあります。場合によってはひどい頭痛で眠れないこともあります。

これは、風邪の病原菌に対抗するために体が発熱すると同時に血管が拡張されるので、押し広げられた血管に神経が刺激されるために起こるものと考えれれています。

対処法:とにかく寝る

こちらもまずは寝て回復を優先するのが一番です。風邪薬の中には頭痛に効くものもあるのでそういった薬を選ぶのも一つです。

ただ、風邪薬と頭痛薬の併用は非常に危険ですので、絶対にやめましょう。

咳がひどくて寝れない

空気が乾燥しする冬などでは、空気感染で喉風邪が流行する事があります。こういう場合は、ひどい咳で眠れなくなってしまう事もあります。特にインフルエンザの場合、普通の風邪よりも咳がつらく、なかなか咳が止まらない時もあります。

対処法:カモミールティなどのハーブティ&ハチミツ

ドイツの友達から教えてもらったのが「ドイツ人は風邪をひいたらとにかく大量のお茶を飲む」という事です。

ドイツは風邪大国で、日本よりも寒く、内陸で気候は乾燥しています。一年中通して寒くてひんやりする日が多いドイツは冬になると必ず風邪が流行ります。

ドイツは空気が乾燥しているため風邪を貰いやすいのです、が半面湿気に弱いのが風邪ウイルスです。常に暖かい飲み物を飲んでいると、喉が常に濡れてイガイガしなくなるのと同時に体も常に暖かく保たれ、発熱による体力の消費も軽減されます。

ドイツ人の友達は「お茶」とだけ言ってましたが、お茶や紅茶にはカフェインが含まれているのでカモミールティなどのハーブティが最適です。

カモミールティにはリラックス効果のほか、胃の粘膜を修復する効果や鼻づまりや冷え性を改善してくれるので、風邪の時には最適なハーブティの一つです。

あとカモミールティが風邪に最適なのは、暖かい飲み物なので何杯飲んでもお腹を壊さない事です。脱水症状になりやすい風邪の時に水分を補給しつつ、余計な水分と一緒に老廃物などを排泄することが出来ます。

お茶を飲んでない時は、加湿器をつけて、部屋の湿度を上げるとより効果的です!

ポイント:ハチミツを入れたらさらに効果的!

風邪のときは、ハチミツも咳止めに良いとされています。ハチミツに含まれるグルコン酸には殺菌効果があり、古くから民間療法で使われていました。

なので、カモミールティにハチミツを入れると風邪の症状を軽減するだけでなく安眠効果も期待できます。

鼻水がひどくて寝れない

花粉症や鼻炎などがひどいときは鼻水で寝るときに息が出来なくてなかなか寝付けない事がありませんか?風邪の時も鼻水や痰が出て寝るときの呼吸が妨げられることがあります。中にはアレルギー症状並みに鼻水が出てしまう風邪もあります。

そんな時は鼻水が気になってなかなか寝れないですよね。こうなるとなかなか眠れないだけでなく、眠れたとしても疲れた感じになって体力の回復が遅くなってしまった事はありませんか?

そんな時は以下の対処法をお勧めします!

対処法:上記カモミールティ及び漢方薬

前述のカモミールティも花粉症にも効果的とされ、鼻の通りがよくなり非常に効果的ですが、
お茶を飲んでいない時間帯が心配な方やハーブティの味がお好きでない方は漢方で売っている鼻水対策の薬も効果的です。

一般的な市販薬の併用は危険なので、漢方や食品で対応した方が安全かつ効果的でしょう。

スポンサーリンク

風邪の時に眠りをよくするレシピ

「風邪の時は食欲が無くても食べろ」とよく言われます。それは、食べることによって栄養が取れるだけなく、寝付けも良くなるからです。

また、生姜やネギなど殺菌効果のある食材も食べるとよいとされています。以下の様な料理を食べることで、眠りを良くし、風邪の回復を早くするのも良いと思います。

卵とネギのおかゆ

材料
  • 米 100g
  • 水   500~700ml
  • ネギ(ナナメ切り) 20~30g
  • 生姜(すりおろし) 少々
  • 卵 1個
  • 塩少々
作り方
  1. まず鍋にお米と水を入れます
  2. 蓋をして30~40分弱火でコトコト煮ます
  3. ネギ、生姜、塩を加えて2分ほど煮込みます
  4. 最後に、溶き卵を上にかけて蓋をして3分ほど蒸らせば完成

次に、風邪のピークが過ぎて、体力が回復してきたころにおかゆ以外の物が食べたくなったときに使えるレシピです。

特製鶏つくね入り親子鍋焼きうどん

材料
  • うどん1人前
  • 昆布だし 適量
  • 水 500ml
  • 鶏ひき肉 50~70g
  • 生姜 少々
  • ネギ 50~70g
  • 豆腐、油揚げ 50g
  • 卵 1ヶ
  • キノコ(シイタケなど) 2ヶ
  • 春菊 or ほうれんそう 30g
  • 塩 少々
  • 醤油 適量
作り方
  1. 鶏ひき肉、塩コショウ、刻んだネギ(少々)を混ぜ合わせてつみれを作る
  2. 昆布だしの入った水を鍋に入れて沸騰させる
  3. 沸騰したら先ほどのつみれを食べやすい大きさにして鍋に入れる
  4. ネギ、豆腐、キノコも食べやすい大きさにして入れる
  5. 春菊を入れたら、灰汁を取りながら塩と醤油で味付け
  6. 最後に溶き卵を落として蓋をして2分蒸らして完成
スポンサーリンク

まとめ

風邪で寝れない時にポイントになるのが以下3つです。

  1. 眠りにつきやすいように食事を工夫する
  2. 眠りを妨げる症状を改善する
  3. もし寝れなくても目を閉じて横になる

食事はセロトニンの材料になるトリプトファンが多く含まれる食事を早めの時間に取るように心がけましょう。風邪で食欲が落ちている時でも、少しはお腹に入れておくのがよく寝て回復するために良いでしょう。

また、アロマオイルや加湿器、カモミールティ等のノンカフェインのハーブティ等を用いて、関節痛や頭痛、咳や鼻水などの症状を改善すると眠りにつきやすくなります。特にハーブやアロマにはリラックス効果や安眠効果があるものありますので、上手く使うと良いでしょう。

最後に、なかなか眠りにつけない時があってもなるべく目を閉じて横になり安静にしておくと回復が早くなるので良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする