目の周りが乾燥する原因は?かゆみや赤みがある場合に注意!

目の周りの乾燥が気になる人は多いのではないでしょうか。空気が乾燥し、寒くて北風が冷たい季節になると、目の周りがカサカサしたり、皮がむけて赤くヒリヒリとした乾燥の症状に悩む時期でもあります。なぜ目の周りが乾燥するのでしょうか。目の周りの乾燥の対策や、スキンケア、乾燥の予防方法をご紹介します。

スポンサーリンク

肌が乾燥する原因

目1

一般的に、肌が乾燥する原因は大きく分けて2つあります。

皮膚のバリアが弱って、皮膚の中にある水分が蒸発しやすくなっている状態。

皮膚の潤いが逃げていくと、皮膚の表面がめくれてガサガサしたり、粉をふいたように白っぽくなります。

ターンオーバーが遅くなっている状態。

皮膚の古い細胞と、新しい細胞が入れ替わることで、健康でみずみずしい肌を保つことができます。ターンオーバーは28日前後が一般的ですが、このサイクルが遅れると、新しい皮膚にならないまま過ごす期間が長くなり、肌荒れが長引いてしまいます。

スポンサーリンク

目の周りが乾燥する理由

目3

特に目の周りが乾燥するのはなぜなのでしょうか。

目の周りは皮膚が薄い

顔の中でも目の周りは特に皮膚が薄く、肌のバリアをしている角質層も薄いです。潤いが逃げやすく、刺激に対してヒリヒリと痛むほどに敏感な部分といえます。

Tゾーンに比べて皮脂腺が少ない

目の周りは皮脂を分泌する皮脂腺が少ないので、保湿力がとても弱く、乾燥しやすいです。

間違ったスキンケア

すぐ近くに眼球や粘膜があり、目の周りはケアがしにくい場所でもあります。メイクを落とすときやスキンケアをするときに強くこすってしまったり、マスカラやファンデーションが残っていると、乾燥の原因になることがあります。

涙、目やに、ドライアイ

目がかゆい、涙目、朝起きると目やにが気になる。このような症状は乾燥のサインかもしれません。目をこすったり、涙が出続けていると目じりがヒリヒリ、ピリピリとした強い痛みが出てきます。ドライアイも目じりに涙が溜まります。

乾燥がひどくなると、涙を拭くことすら目の周りを刺激し、目じりが切れてしまうことがあります。こうなる前に、眼科や皮膚科に行って治療するようにしましょう。

目やにについては、目やにが多い5つの原因とは?病気の可能性についての記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

目の周りが乾燥する季節ごとの原因

口6

季節の変わり目は肌のトラブルが多くなります。気温や湿度の変化が肌に影響するからです。

冬は気温も湿度もとても低く、肌が乾燥しやすい季節です。室内にいても、暖房を入れると部屋の湿度が下がります。加湿や水分補給を欠かさないようにしましょう。

夏は、汗を拭くときに顔を擦すってしまったり、汗と一緒に皮脂のバリアが流れてしまい、肌が弱っています。エアコンで空気も乾燥するので、夏場も肌にとっては厳しい季節です。紫外線の刺激も見逃せません。

春や秋は、花粉に気をつけましょう。肌が弱い人は皮膚についた花粉で肌荒れを起こしてしまうことがあります。優しく洗い流して肌を清潔に保ち、目の周りに負担をかけないように気をつけましょう。

スポンサーリンク

乾燥による肌のトラブル

口3

不快な乾燥肌の症状が現れたら注意が必要です。乾燥は肌からの危険信号です。

つっぱり感

乾燥肌の症状として多いのが、肌のつっぱり感です。洗顔後のケアを行った後もつっぱった感じがあるなら、乾燥が進んでいるといえます。肌が粉なっぽくなったり、皮がむけて肌荒れすると、化粧ノリが悪くなります。

小じわ、たるみ

加齢によるものとわかっていても、なんとか避けたい肌のトラブルの一つです。顔の皮膚は他の場所に比べて薄いため、乾燥しやすい傾向にあります。皮膚の薄さを補うために、目の周りは特に念入りなケアをしたい場所でもあります。

肌の潤いがなくなって、ハリやツヤなどが失われてくると、しわやたるみが出てきて、年齢を感じさせる印象になります。目の周りのたるみやくすみ、しわなどが気になってきたら、保水や保湿が十分か、日頃のケアを見直してみてもいいかもしれません。

皮脂減少性皮膚炎(乾燥肌)

敏感肌や乾燥肌がさらに悪化すると、赤みや湿疹、かゆみが現れます。皮がむけてカサカサしたり、目の周りはヒリヒリとした痛みを伴なうことがあります。目の周りの他に、フェイスラインや口の周り、髪の生え際などにもよくあらわれます。

スポンサーリンク

目の周りの乾燥対策

口5

目の周りの乾燥は、日頃からのケアが大切です。

保水、保湿

洗顔後やお風呂上がりは必ず保水と保湿を十分に行いましょう。目じりやまぶたのくぼみなどにも塗りムラがないようにケアすることが大切です。

特に乾燥が気になる場所は、化粧水を含ませたコットンを2~3分貼り付けてから、保湿クリームで蓋をします。保水と保湿の両方が必要です。

ただし、目の周りには使えない化粧品などもあるので、用量や用法を守って使用してください。

食事

スキンケアも大切ですが、体の中からも積極的に栄養を補うようにしましょう。バランスのよい食事を心がけ、便秘をしないようにします。

肉、魚、大豆などのタンパク質、野菜や海藻からビタミンとミネラルを満遍なく摂ることが大切です。極端な食事制限やダイエット、油っぽい食事は控えましょう。

基礎代謝を上げる

老廃物の排出を促し、新しい肌を作り出すには、基礎代謝を上げることが大切です。体を温めて冷えを解消することは、内臓の働きを助け便秘改善につながります。血行が良くなって、新陳代謝が活発になれば、新しい肌がどんどん作られて、古くなった角質層はアカとなって剥がれ落ちます。

体を温めるためにはお風呂でよく温まったり、冷たい飲み物で内臓を冷やさないようにしましょう。軽い運動をしたり、適度な筋肉をつけることも重要です。

紫外線対策

日焼けの対策はとても大切なスキンケアの一つですが、日焼け止めクリームを一日中、または一年中塗っていることは肌によくありません。日焼け止めに入っている紫外線吸収剤や紫外線錯乱剤が、肌を乾燥させることがります。そして、日焼け止めを落とすためのクレンジグは洗浄力が強く、肌のバリアに必要な皮脂や水分まで落としてしまいます。

その一方で、紫外線を浴びると体内でビタミンDを生成することがわかっています。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、免疫力を高めることがわかっています。健康維持のためにも、青魚やきのこなどの食品から摂取すると同時に、適度な日光浴によってビタミンDを確保しましょう。

睡眠不足を解消する

ベッドの中でもスマホを見ていて、つい夜更かししてしまうことはありませんか?人は睡眠中に疲れを回復したり、悪いところを治したり、体を成長させています。

睡眠時間が少ないとダルさが残ったり、頭がボーっとしてストレスや疲れの解消を妨げます。肌の修復も寝ている間に行われるので、規則正しく、よい睡眠をとるように心がけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

最後に、目の周りの乾燥についてまとめておきます。

目の周りの乾燥は皮膚のバリアが弱っているサインです。
目の周りは皮膚が薄いので、優しく顔を洗って、丁寧に保水や保湿をしましょう。
目の周りの乾燥を放置していると、しわやたるみの原因になります。
肌の乾燥を予防するには、バランスのよい食事や規則正しい生活が大切です。
ストレスや運動不足を解消して、冷えや便秘をしないように心がけましょう。

最近は、一年中紫外線対策をして、ビタミンD不足になってしまう人が増えています。ビタミンDが不足すると、骨が弱くなったり、高血圧やうつ病などになる可能性が上がると指摘されています。ビタミンDは、サンマ、イワシ、サバなどの青魚や鮭、干し椎茸などに多く含まれます。毎日の食事に積極的に取り入れましょう。体の中からは食品で栄養を補い、代謝を上げて血行をよくし、睡眠をしっかりとって体を回復させて、スキンケアをきちんとして肌の表面から保護する。これが目の周りの乾燥から肌を守るポイントです。美肌をキープして、いつまでも若々しくいたいものですね。

目の周りが痛い原因とは?考えられる疾患や炎症について

目がチカチカする原因を紹介!頭痛がある場合は病気?

白目がぶよぶよするのは何故?コンタクトの使い方に注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする