頬に赤みが現れる原因とは?対策方法について

天然チークといえば聞こえは良いですが、実は気にしている人が多い頬の赤み。

ほっぺが赤くて可愛いのは若いころだけ?大学生の時ならチークなしで行けてラッキーってとこでしょうけど、大人になった今は悩みのタネになってませんか?

頬の赤みの原因と、解決策をまとめてみました。

スポンサーリンク

頬は何で赤くなるの??

頬に赤みが出る原因はたくさんありますが代表的なものを挙げていきます。

●生まれつき皮膚が薄い

頬

生まれつき皮膚が薄い人は、冬の低い気温や、空気の乾燥が皮膚に強い刺激になり、赤みが出やすいです。体は寒くなっても暑くなっても一定の体温を維持しようとするので、寒いときは、末端の毛細血管に血液をたくさん流して体温を上げようとします。

皮膚が薄い人は、外気や刺激に皮膚が過敏に反応してしまうので、赤みが出やすくなってしまうんですね。

また過度のピーリング、こするなどで皮膚が薄くなっていると、同じように皮膚への刺激に過敏になり赤みが出やすいです。

●ニキビの炎症、脂漏性皮膚炎

ニキビ
出典:http://www.h-ealth.com

ニキビは何歳になっても嫌なものですね。ニキビができると周辺の皮膚も炎症を起こしてしまい、赤くなります。

そして治りが遅かったり、次のニキビができたりすると真皮や皮下組織までダメージがいき、色素が沈着してしまうことがあります。また、脂漏性皮膚炎も赤みをおびた皮膚の炎症です。

皮脂の分泌が過剰になって、肌の上に余分な皮脂が溜ると空気に触れて酸化します。酸化した皮脂と、皮膚の常在菌が反応を起こして炎症が起きてしまい赤くなるんですね。

よく小鼻のあたりが赤くなっている人を見ませんか?鼻周りやおでこなど皮脂が多いところは注意が必要です。

●アトピー性皮膚炎

アトピー
出典:http://www.galderma.com

アトピー性皮膚炎は、全身にできる皮膚の病気です。顔や首にも多く現れます。

赤みが出る上に強いかゆみを伴い、乾燥してしまうために皮膚がはがれてきます。かゆみに耐えられず何度も同じ箇所を掻いてしまうことで、余計に肌を傷つけバリア機能を低下させるという悪循環に陥ってしまいます。

●酒さ(しゅさ)

酒さ
出典:http://www.allure.com

酒さとは、あまり聞きなれないかもしれませんが、原因不明の体質的な病気でびまん性の紅斑がお肌に出ます。お酒が好きな人に多く発生することから、その名が付いたと言われていますが実際はさだかではありません。

気温の変化やお肌に熱がこもること、もしくは精神的ストレスに誘発されて発生します。
ひどくなると、赤くなっている部分にニキビに似たようなぶつぶつができます。

また紅斑部は、熱を持つのでそれによってまた乾燥が進む悪循環に陥ります。ほとんどの人は症状が軽く、ニキビやアトピー性皮膚炎と合併して起こるのであまり知られていません。中高年に起こることが多い病気です。

●紫外線、乾燥、こすれによる色素沈着

紫外線

お肌は外からの刺激に弱いです。紫外線や、乾燥、洗顔やタオルによる摩擦で炎症が起こります。

一旦炎症を起こし、それが長引いてくるとお肌の奥の方までダメージを受けてしまいます。
真皮の毛細血管が破壊され出血が起きてしまい、血液中に含まれているヘモグロビンが真皮や皮下組織に沈着してしまうことで、赤くくすんで見えてしまいます。

頬が赤くなる原因は、皮膚が薄い状態であること、それから皮膚の上で炎症を起こしていることの2つです!

スポンサーリンク

頬が赤くなる対策の紹介!

頬の赤みの対策方法を紹介するので、ぜひ試してみてください!

薄い皮膚を厚くする!

頬 薄くする

薄い皮膚を厚くするためには3つの方法があります!

①あまり触らない

何よりも皮膚にはまず刺激が大敵!というわけで、極力触らないことです。これがとても大事!

②洗顔を見直す

洗顔の際、きめ細かい泡で洗っていますか??指先に力ははいっていませんか?

洗顔は、ぬるめのお湯で最初に汚れを落とし、洗顔ネットなどできめ細かい泡を作って洗顔することです。

指の腹を使ってクルクル動かし、触れるか触れないか位の力加減で汚れを落としてください。
洗顔料が残っていては意味がないので、しっかりとぬるいお湯で汚れを流しましょう。

③たんぱく質を多く取る

お肌の生成にはたんぱく質が何より必要です!特に顔は食生活だったり腸内環境が出やすいので、良質のたんぱく質をたっぷり摂りましょう!

たんぱく質は鳥の胸肉や、豚・牛のモモ肉、マグロの赤身や卵に多く含まれています。

どれも食べ応えのあるパワー食品ですね!特に、鳥の胸肉は安価なので食事に取り入れやすいのでおススメです!

皮膚の炎症を抑える!

女性

出来てしまった皮膚の炎症を抑える方法には4つあります。

①低刺激のスキンケアに変える

今使っている化粧品を見直してみるのも1つの手かもしれません。
やはり患部には刺激が大敵なので、炎症が続くようなら今使っている化粧品が合わないことも考えられます。

②生活習慣を改善する

タバコやお酒の習慣はありますか?

嗜好品は刺激が強く肌荒れを悪化させる危険があります。体に優しい食生活へ見直しましょう。また睡眠不足やストレスも、体に負担になり患部の治りを遅くします。

生活習慣全体を見直してみるのもいいでしょう。

③ビタミンCを取る

ビタミンCはお肌の救世主です!お肌のターンオーバーに欠かせない存在なので、炎症があるときには特にオススメの食材です。メラニンの生成も押さえてくれ、できてしまった色素沈着に効果があります。

レモン、アセロラ、ブロッコリー、イチゴ、お茶っぱなどに多く含まれているのでぜひ食事に取り入れてみてください。

④お医者さんで薬をもらう

炎症があまりにひどい場合、続く場合は思い切ってお医者さんへ行きましょう。その炎症の原因が、ニキビなのか、酒さなのか、アトピーなのか、素人判断ではやはり限界があります。安心するためにも、診察してもらい、専門の医薬品に頼りましょう。

スポンサーリンク

まとめ

●頬は何で赤くなるの??

・生まれつき皮膚が薄い
・ニキビの炎症、脂漏性皮膚炎
・アトピー性皮膚炎
・酒さ
・紫外線、乾燥、こすれによる色素沈着

●薄い皮膚を厚くする!

①あまり触らない
②洗顔を見直す
③たんぱく質を多く取る

●皮膚の炎症を抑える!

①低刺激のスキンケアに変える
②生活習慣を改善する
③ビタミンCを取る
④お医者さんで薬をもらう

以上、今回は頬の赤みについてまとめてみました。
ちょっとした皮膚の炎症は、身近な問題ですよね!
皮膚を厚くし、健康な状態をたもってこの夏も美肌で乗り切りましょう!

関連記事として

肝班(かんぱん)の原因と3つの治療方法

肌の手入れ方法をご紹介!誰でも簡単にニキビのない綺麗な肌へ!

鼻の中や鼻の下にできるニキビについて原因や治し方を知ろう!

化粧水をコットン布を使ってつけるメリットとは?使い方の紹介!

こちらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする