むくみを招く食べ物5つと、解消してくれる食べ物を紹介!

しだいに日差しが強くなる今日この頃、冬には隠していた足をこれから露出する機会が多くなっていきますね。すっきりカモシカのような美脚で歩いてみたいものです。

さてさて、そんな美脚の大敵「むくみ」、実はこんな食べ物が原因になっていたんです。普段何気なく食べているかもしれませんよ。ご一読ください。

スポンサーリンク

そもそも「むくみ」とは??

むくみ

朝に出社して、夕方帰るころには靴やブーツが窮屈だと感じた経験はありませんか?朝に自分の顔を鏡でみて、目元や顎周りの腫れぼったさにがっかりした経験、きっと誰もが一度はあるはずです。

その原因「むくみ」とは一体どんなものなのでしょう。

むくみとは、医学的には「浮腫」と言われ、顔や足などが腫れている状態です。血液やリンパの中から水分が外ににじみ出して、細胞間液が増加します。見た目にも太ったように見えてしまい、女子の悩みの種ですね。

また、朝の体重からむくみが原因で1キロ夕方に増加しているということはよくあることで、ひどい場合にはむくみだけで3、4日で10キロも増えてしまう人もいるそうです。

体感的にもむくんでいる時はだるさを感じ、とてもしんどいですよね。
このように見た目にも体にも辛いむくみですが、いったいどうして起こってしまうのでしょう。

スポンサーリンク

むくみの原因

では生活において、どのようなことがむくみを発生させてしまうのかを知っておきましょう。

(1)長時間同じ姿勢

同じ姿勢

長い時間同じ姿勢でいると、ずっと圧迫されている部分が出てきます。

特にデスクワーク中心の場合はお尻や太もも、ひざの裏が圧迫されてしんどくなってしまいます。また立ち仕事では長時間立ちっぱなしでいることで、重力で体の中の水分が下がってきてしまい、足のむくみにつながります。

(2)運動不足

運動不足

最近運動してますか?

筋肉を動かす機会が少ないと、基礎代謝が下がることから血流が悪くなってしまい、むくみやすくなります。

特にリンパは、筋肉の動きによって流れを維持しているので、普段動かしているかどうかで全身の流れに大きく影響します。

(3)隠れた病気

病原菌

そのむくみ、実は背後に病気が隠れているかもしれません。足や手、顔に局所的にできるむくみであればいいですが、全身むくむようであれば危険信号です。

心臓病や肝不全、肝硬変などの病気の場合、症状の1つとして全身のむくみが観察されています。

(4)食べ物

日々自分が口にしているものがむくみの原因になっているとしたらどうでしょう。

実は食べているものこそ非常に重要なのです。食材、食べ方によってはむくみを助長することは大いにあります。

ではどんな食べ物がむくみを招きやすいのでしょう。紹介します!

スポンサーリンク

むくみをまねく食べ物たち5選

食べ物の中でも、むくみを発生させやすい食べ物を紹介します。夜にこれらを食べてむくみを経験をしたことのある人も多いのでは?

①ラーメン

ラーメン

麺をすすってスープも飲んで、まさに至福のひと時ですね。ですが、このラーメン、むくみの原因になりますよ。

ラーメンを食べた後の残ったスープ、一体どれだけの塩分が含まれていることでしょう。知っている人も多いかもしれませんが、塩分濃度の濃い食事はむくみを招きやすいのです。

ラーメン同様、うどんなどでも濃いスープと一緒になっている場合、スープは残すなど工夫して美味しくいただきたいものですね。

②ハム、ベーコン

ハム

加工食品の代表、お弁当のおかずにも便利な、ハムやベーコン。実はこれらもむくみを招きやすいんです。

ラーメン同様塩分濃度が高いので、食べるときは多めのお野菜と一緒に食べるなど、体に優しくいただきたいところです。

③梅干し

梅干し

梅干しは健康食と思いきや、意外に塩分濃度が高いのです。

同様に漬物なども長期保存するためにしっかり塩分を効かせてあるので、量を少なくするなどたくさん食べすぎないようにしましょう。

④アイスクリーム

アイスクリーム

甘くて、冷たくて、夏場にもってこいのアイスクリーム。

体を冷やしてしまうので、血液の循環が悪くなり、むくみの原因となりやすいのです。これからの季節は食べ過ぎに注意が必要ですね。

⑤アルコール

ワイン

ビールや果実酒、ハイボールに焼酎などなど、たくさんの種類があるお酒。アルコールを飲むと何度もトイレに行きたくなりますよね。

この時、体内では「脱水状態」が起こっているのをご存知ですか。

アルコールの利尿作用で血中の水分量が少なくなってしまい、体感的にも喉が渇くのでまたお酒を飲み、水分過剰摂取となる悪循環がむくみを引き起こすのです。

また、アルコールは血管拡張作用があるので、血管外に水分がしみだしてしまい強いむくみが起こります。

スポンサーリンク

むくみを撃退する食べ物たち5選

むくみを招く食べ物には、普段から気を付けていきたいですね。では、むくみを撃退するのには、どんなものを食べたらいいのでしょうか??

①コンブ、ワカメ

ワカメ

むくみを予防するにはカリウムを多く含む食品がおススメです。カリウムは、体内の塩分を尿と一緒に排出してくれる効果があります。

コンブでだしを取って、ワカメのお味噌汁を作れば完璧ですね!

②ホウレンソウ

ほうれん草

こちらもカリウムの多い食品として有名です。カリウムはゆでると溶け出してしまいます。

なのでお浸しよりは、さっと湯通しして炒め物にするなど、工夫して美味しくいただきましょう。

③お酢

お酢
出典:http://www.bbc.co.uk

お酢にたくさん含まれるクエン酸はむくみに効果があります。

新陳代謝を促して血行を良くしてくれるので、血流が停滞しているお肌にしっかり効きます。体内の老廃物や毒素の排出の手助けもしてくれますので良いことづくめです。

④レモン

レモン

こちらもクエン酸を多く含んでいる食べ物の代表です。唐揚げやサラダなど、さっとかけて手軽に摂ることができるのでおススメです。

⑤アーモンド

アーモンド

アーモンドなどのナッツ類はビタミンEをたくさん含んでします。ビタミンEには血行促進作用があるため、細部までしっかり栄養がいきわたりやすくなる効果が期待できます。

またアーモンドは老化の防止効果もありますのでおつまみに選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

むくみを招く食べ物たち5選

①ラーメン
②ハム、ベーコン
③梅干し
④アイスクリーム
⑤アルコール

むくみを撃退する食べ物たち5選

①コンブ、ワカメ
②ホウレンソウ
③お酢
④レモン
⑤アーモンド

今回は「むくみを招く食べ物」「むくみを撃退する食べ物」を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

しょっぱいもの!体が冷えるもの!アルコールを控えて、これから来る夏に向けて体のメンテナンスをして、むくみの無いスッキリした体で楽しい夏を迎えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする