過食嘔吐による顔のむくみの特徴は?治療する方法について!

過食嘔吐つらいですよね。悩んでいる方も多いかともいます。つい食欲のコントロールができなくなり、コンビニで大量に買ってきた食料品を全部食べてしまった。過食したあと、どうしてこんなに食べてしまったのかと自分を責め、トイレで全部吐き戻してしまう。辛いですよね。

実はそれだけではないのです。そんな過食嘔吐を繰り返しているとき、ふと鏡をみると、いつもより顔が丸くなっていたり、輪郭がおかしくなっていて「あれ?」と思ったことはありませんか?もしかしたらそれは過食嘔吐の合併症かもしれません。

スポンサーリンク

過食嘔吐と顔

痰②

過食嘔吐と顔の関係について紹介します。

過食嘔吐と顔のむくみ

過食嘔吐をする人は、太ることへの恐怖感や痩せたいという願望を強く持っている人ですから、顔のむくみはとっても大きな悩みです。ではなぜ過食嘔吐で顔がむくんでしまうのでしょうか?顔のむくみの原因は、体内の老廃物や水分が皮下脂肪に溜まってしまうことです。これは吐くときに体液もいっしょに吐き出してしまい、カリウムやマグネシウム、カルシウムといったミネラル分が不足して体の浸透圧バランスが崩れてしまうことによって生じます。

また一般に過食嘔吐を繰り返す人は栄養状態が悪く、怖いことですが肝機能や腎機能に障害が生じていることもあります。この場合にも顔がむくんできます。手足のむくみを伴うことも多いです。

過食嘔吐と顔の腫れ

過食嘔吐の人は、吐くときに多量の唾液も吐いてしまいます。そのため、たくさんの唾液を用意しようと唾液腺が発達してしまうのです。唾液腺には下あごの内側になる顎下腺と、舌と下あごのあいだの舌下腺、そして耳の前から後ろにかけてある耳下腺とがあります。

もし、下あごや耳の下が腫れているときは要注意です!唾液腺が腫れるだけでなく、痛みを感じるときには唾液腺炎が疑われます。おたふくかぜのように顔がバンバン担ってしまいます。そのときはすぐに医師を受診してください。

過食嘔吐と顔の変形

人は吐くときに胃酸も一緒に吐いてしまいます。胃酸はその名のとおり酸ですから、歯のエネメル質を溶かします。さらに歯本体も溶かしてしまい、結果として歯がぼろぼろになり、歯と歯の間が広くなったり、歯のかぶせ物や詰め物が取れてしまったりします。

そうすると歯が悪くないほうの側で、モノを噛もうとします。その結果、そちら側のあごの筋肉が発達して顔が歪んでいくのです。また無理な姿勢で吐くことを続けていると顎関節症を発症し、顔とくにあご周りが歪んでしまうこともあります。顔が変形すると、首にも負担がかかり、全身にも影響が出ることもあるようです。

スポンサーリンク

過食嘔吐による顔のむくみ、腫れ、ゆがみの予防

ロキソニン4

過食嘔吐で、顔のむくみや腫れが発生させない方法を紹介します。

サプリメントを活用しよう

過食嘔吐の人は、食べて太ることに極端な恐怖感を抱いていますから、食事でむくみを改善するのは大変なことだと思います。不足したミネラル分を補給するには、スポーツドリンクやサプリメントを活用しましょう。

唾液には汗の同じようにカリウムのようなミネラルが多く含まれていますから、ノンカロリーのスポーツドリンクや経口補水液を水代わりに飲むのも一つの手です。もし可能でしたら、市販のマルチミネラルようなサプリメントも活用してください。ミネラルはビタミンCと一緒に摂取するとより吸収が高まります。

ただし摂りすぎは禁物です。特にナトリウムの取りすぎは余計にむくみをひどくしますし、カリウムやマグネシウムの取りすぎも体に思わぬ害を与えるときがあります。サプリメントを使うときは一日の摂取量の目安をきちんと守るようにしましょう。ただサプリメントを飲んですぐ嘔吐してしまっては意味がありません。またむくみは消化器系の異常からくる症状のため水を控えても治りません。

リンパマッサージは?

もし顔のむくみが、水分が溜まり、老廃物がうまく流れないといことが原因であれば、リンパマッサージも効果的かもしれません。リンパマッサージは、お風呂上りなどリラックスした状態で行うと良いでしょう。

リンパマッサージの方法はいろいろありますのでここでは書きませんなが、一つだけ大事なことは唾液腺の腫れには効果がありません。また、むくみをマッサージで押し返しても、全身の栄養状態が改善されなければ一時的なものに終わってしまいます。

冷やしてみるのは?

顔のむくみや腫れを冷やすのはまったくの逆効果ですので絶対にやめてください。冷やすというのは炎症で腫れている場合に効果があります。

水分や老廃物が溜まったむくみを冷やすと、余計に代謝が悪くなりむくみは治りません。また肥大してしまった唾液腺を冷やすと余計に唾液腺を刺激して、唾液腺のふくらみが一層ひどくなってしまうこともあります。

歯を治しましょう

嘔吐のしたらすぐ口をゆすぐようにしましょう。またフッ素の入ったうがい薬も有効です、またエナメル質が弱くなっているため、やわらかめの歯ブラシを使いましょう。もし虫歯やその痛みがあるときは、歯科医師を受診しましょう。

また過食嘔吐による虫歯は酸蝕歯といって、ひどい場合には歯の神経をとったり、歯を抜くことになってしまいます。早めの受診が肝心です。虫歯が治って両側均等にものを噛めるようになれば、顔のひずみは徐々に解消されるはずです。

スポンサーリンク

過食嘔吐による顔のむくみ、腫れ、ゆがみの治療

ピル 飲み忘れ

過食嘔吐による顔のむくみは体内にミネラルが不足していたり、栄養状態が悪いため全身状態が悪く代謝系に異常がある場合におきます。また過食嘔吐による顔の腫れは、唾液の出しすぎによる唾液腺の肥大化が主な原因です。

ですので唾液の分泌を減らすしか方法はありません。虫歯にしても治療により一時的に治っても、また過食嘔吐で胃酸が吐かれるのであれば再発してしまいます。すなわち対症療法だけでは完治は難しいのです。

ですので過食嘔吐のによる顔のむくみ、晴れ、ゆがみを治療する方法はたった一つ、過食嘔吐をやめることです。

過食嘔吐の治療

過食嘔吐は単に気分の問題ではなく、れっきとした病気です。長期的なケアが必要になります。できるだけ早く病院にいきましょう。医師にこれまであったことを全て話すことでまずだいぶ気分が楽になるはずです。

また過食嘔吐による顔のむくみ、腫れ、ゆがみに対する治療方針も示してくれるでしょう。ここでは医師による治療を前提として、自分自身でできることをあげてみます。

・過食嘔吐に関する罪悪感をなくしましょう

過食嘔吐をしてしまうと、ついそのことに関する罪悪感が芽生えてしまいますが、まず無意味です。医師から処方された薬や治療方針をもとに取り組みましょう。

・上手に吐くようにしましょう

医師による治療をうけてもすぐに過食嘔吐は直りません。上手に吐くようにすることを身につけることも大事です。胃や食道を傷つけないよう吐きやすい、吐きにくい食材の違いを知り、食べ方を考えましょう。また酸蝕歯とならないようにかならずうがいをしましょう。

・上手にサプリメントをつかう

ミネラル不足によるむくみを防止するための適切なサプリメントを使用しましょう。むくみは消化器系の異常からくる症状のため水を控えても治りません。脱水症状を起こさないためにもしっかり水分を補給しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ピル8

いかがでしたか?過食嘔吐で顔はむくんだり、腫れたり、歪んだりする理由お分かりになりましたでしょうか?

せっかくダイエットしてやせようと思っているのに小顔ではなくむくんだ顔、腫れた顔、外形が歪んだ顔では堪りませんよね!それだけ過食嘔吐というのは体に負担を強いる病気なのです。過食嘔吐から卒業してキレイな小顔を取り戻しましょう!

関連記事として、

食べ過ぎで気持ち悪いのはなぜ?病気の可能性と対処方法について!

胃がムカムカする原因は?症状に合わせて対策を!

急な吐き気の原因は?めまいや頭痛に要注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする