30代にオススメのメイク方法を紹介!つけまつげは卒業?

マスカラをバッサバサに盛って、濃いアイラインを引いて目を大きく見せることに力を注いでいた20代・・。そろそろお別れしませんか?

20代には20代の美しさがあり、30代には30代の美しさがあります!20代の自分よりもキレイに見える大人メイクをご紹介していきます!意外なコレを知らないと、老け顔メイク作っちゃってるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

アイメイクの方法

アイメイク 30代
出典:http://www.healthtrition.com

まずは、アイメイクについて紹介します。

●ブラウンアイラインが効く!

目は大きく見せたいけど、20代みたいなギャルメイクをするわけにはいかない30代のオトナ女子。そんなオトナ女子にオススメなのが、”ブラウンアイライン”です!

ブラウンは、黒のように境界がはっきりしないため、とってもナチュラルに仕上がります!目元を囲んでも、上品さやキレイなクール感が出るのでオトナ女子にぴったりです!

手元にブラウンのアイラインがすぐない場合は、黒のアイラインでも目全体を囲むのではなく、黒目の上だけとか、目尻にだけ引くことによって濃すぎない、大人のキレイさが出ます。

ですが、黒を使い切ったら次はブラウンがオススメ!

●マツゲは長さで勝負!

バッサバサにつけまつげをした不自然な目元は卒業しましょう!

まつ毛にダマを作ったり、とにかく盛ったりして目元をはっきり見せるメイク、今まではやっていたかもしれません。でもこれからは、マツゲの”長さ”で勝負!

長さを出すタイプのマスカラに変えて、一本一本に丁寧に重ね塗りをしていきましょう。伏し目になった時に上から見える、長さのあるマツゲは大人の色気が出てとってもキレイです。せっかくの自分のマツゲを生かしていきたいですね!地マツゲが短い人は、つけマツゲではなく、マツゲエクステを使って、濃すぎない長さのある目元を作ることもおススメです!

スポンサーリンク

ベースメイクの方法

ベースメイク 30代
出典:http://www.blogdanana.com

次は、ベースメイクについて紹介します!

●ベースの前に、保湿!

メイクをしていく前に、まず化粧水、乳液、クリームでしっかりとお肌に水分を入れていきましょう。これをするのとしないのでは、メイク崩れにかなり差が出ます!

メイク治しにかかる時間も減るので、まずは”保湿”をしていくことがオススメです。

●ベースメイクの基本

まずは下地を塗っていきましょう。下地は、赤みの気になる小鼻や、シミくすみの気になる頬の高い部分を中心に塗っていきます。目元や口元は、表情を作った時に厚塗りしているとヨレが出やすいので、控えめに、薄く延ばす程度にしておきましょう。

ファンデーションは、リキッドがオススメ!リキッドを使えば粉っぽさがでないので、オトナ女子にオススメです!

またファンデーションの色は、首の色と顔の色が違う!なんてことにならないように、月に1度はチェックするのがおススメです!日焼けなどにもよってお肌の色は変わりますし、顔の方が首の色より白い!なんてことになればオバサンメイクまっしぐらです!

目のしたの青クマには、オレンジ系のコンシーラーが効きます。目は特に人の印象を左右するので、目の下が元気がなく青くかげっていると老け見えしてしまいます。顔全体の色味のコントロールをすることでお肌が明るく見えます。

スポンサーリンク

チーク・リップメイクの方法

チーク 30代
出典:http://tutorial.top10inaction.com

ベースと目元は出来上がっていても、頬や口元に色が無いヌードメイクは30代の顔をのっぺり老け見えさせてしまいます。顔に色をのせるときには、”お肌を綺麗に見せる色を選ぶことが大事”です。

●チークは2色使いが鉄板

チークは何色持っていますか?鉄板の色は”ピンク””オレンジ”の2色使いです!

この2色を混ぜ合わせて使うことで、黄色人種の私たちにとって肌なじみのいい色合いが出来上がるのです。

ちなみにオススメじゃないのは、”コーラルベージュ”です。コーラルベージュは、肌なじみがいいので愛用している方も多いでしょうが、お肌にのせた時にやや黄色みを演出しすぎ、くすんだように老け見えしてしまいます。オトナメイクこそ、ピンクとオレンジを上手に使いたいですね!

また、チークを入れる場所でも印象が変わってきます。

ニコッと笑った時の頬の一番高い位置に付けるのがいいとされているチーク。ですが、笑った時の高い位置に付けると、塗った部分が笑っていない時に下がるので、老け見えしてしまいます。

今までつけていた位置より、少し目に近い位置にチークをのせ、こめかみに向かって少し引き上げるように薄く延ばしましょう。このひと手間が顔全体の印象を左右します。

●リップの色は?

30代のオトナ女子にオススメなのは、血色を感じさせる色味を使うこと!

20代の女の子たちが今流行で濃いめの赤いリップを付けていますが、どうも不自然になっています。濃い目の色こそ30代以上のオトナ女子が似合う色なんです。自分に似合うリップカラーは、親指の先端をグッと圧迫したときにでる赤みの色です。自分の肌になじむ色なのでぜひチェックしてみてください。

30代になったら少し濃い目のリップを塗ってみてもいいかもしれません。濃い色で20代の女の子たちと色気の差をつけてみたらどうでしょう。

スポンサーリンク

忘れちゃいけない眉毛

眉毛 メイク
出典:http://stylemagazines.com

まゆげの太さや形はその時代を表しますよね。そんななか30代のオトナ女子に似合う、かつ今のトレンドを活かした眉毛はどんなものがあるのでしょうか。

●眉毛の色は淡く

今どきのオトナ女子にオススメの眉毛は、”淡い色”です。自分の髪の毛の色より2トーンぐらい上の明るい色がオススメです。

髪の色が暗くても、眉毛の色を明るくすることによってオシャレ感が出るので表情全体も明るくなります。

●眉毛は太く

少し前までは細眉が主流でしたが、一周回って今では太まゆがトレンドです。

また太い眉毛には小顔効果がありますし、優しい雰囲気が出ます。オトナらしい癒しメイクが色気を引き立てるのでおススメです。

●眉毛の長さを残す

眉毛が伸びてくると全体の長さを合わせるためにカットしがちです。ですが、無理に整える必要はなく、むしろ少し長さがある方が眉毛をメイクしたときに優しい印象が出ます。綺麗にカットしすぎると無機質な人口っぽい印象になるので、少し長さは残しましょう。

スポンサーリンク

一番大事、ベースケア

スキンケア
出典:http://www.divatesstilus.hu

顔の表面に塗るファンデやリップ、チークに眉毛にマスカラにライン・・・・・。それらはさておき一番大事なのは土台のお肌を綺麗に保つことです!

特に血色が悪いと、お肌が青みがかったり土色になったりして、すっぴんを見せた時に残念な印象になってしまいますよ!くすみを消して明るいお肌にする方法を、顔のくすみを改善する5つの方法を紹介!洗顔や食事など!で紹介していますので、ぜひ一読してみてください。

基本はクレンジング、洗顔、保湿!この3点に限ります。

◆最近多い、貧血くすみ肌◆

突然ですが、鉄分は足りてますか??鉄分が足りていないと顔色も悪く、暗い印象になってしまいます。

今や、日本の女性の4人に1人は貧血状態です。特に女性は月に1回大量に血を失うので、生理時期の周辺で一気に顔色が悪くなったりします。鉄分が足りているかの計測は、健康診断で通常検査されるヘモグロビン値がありますね。ですが、それとは別にフェリチンと言われる貯蔵鉄(鉄分の貯金の)値が足りているかどうかが大事です。

一般の健康診断では、フェリチン値は計ってくれません。ヘモグロビン値が正常だからといってフェリチン値が低すぎる場合は、実は隠れ貧血なのです。お医者さんにフェリチン値も計ってくださいと伝え、隠れ貧血かどうかチェックしましょう。

もし貧血なら、レバー、カツオ、プルーン、ヒジキ、ほうれん草などの食品を多く摂るように心がけ、フライパンやお鍋を鉄製のものに変えましょう。調理で溶け出してくる鉄でもいくらかの鉄分は補給できるので、顔色が明るくなることに繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

●アイメイクの方法!

・ブラウンアイラインが効く
・マツゲは長さで勝負

●ベースメイクの方法

・ベースの前に、保湿!
・ベースメイクの基本はリキッドファンデ、クマ消しにはオレンジコンシーラー

●忘れちゃいけない眉毛

・色は淡く、太く、長さを残すが鉄板

●一番大事、ベースケア

・クレンジング、洗顔、保湿が大事。その他貧血にはカツオやレバーが効き、鉄フライパン、鉄鍋が効く。

以上、今回は30代にオススメのトレンドメイクをご紹介してまいりました。20代とは違い、オトナの色気が出てくる30代。自分の良さを最大限に生かして、メイクを楽しんでいきましょう!

関連記事として、

肌の手入れ方法をご紹介!誰でも簡単にニキビのない綺麗な肌へ!

スキンケアで使う基礎化粧品の正しい順番を紹介!

老け顔の改善方法を紹介!特徴と6つ原因を知って対策を練ろう!

口元のたるみを解消する3つのステップ!エクササイズなど紹介!

ほうれい線を予防する裏ワザとは!?今からでも遅くありません!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする