化粧水をコットン布を使ってつけるメリットとは?使い方の紹介!

皆さんは化粧水はコットンでパッティングして付ける派ですか??それとも手に広げて、そのままなじませて付ける派ですか??

コットン使った方がいいとか、手の方がいいとか色んな事が言われてるけど、本当のところはどうなんだろう?きっとそう思う人が多いはず!化粧水の最適な付け方をまとめてみました。

化粧水をコットンを使って付ける人は多いと思います。ドラッグストアなどでもコットンを大量に売っていますね。エステティシャンはコットンを使ってパッティングして化粧水を肌に入れていきます。プロがそうしているとなると、やっぱりコットンがいいの??と思いますよね!

コットンでつけるメリット、デメリットを交えて紹介します!

スポンサーリンク

化粧水をコットンで付けるメリット

ハッピー

まずは、コットンでつける時のメリットを紹介します!

・お肌に均一に浸透する

コットンを使ってパッティングを行っていくと、お肌に均等に水分が入ってくれるのです。手で行うと、どうしても入りにくい場所、入りやすい場所などが出てきます。なので、これはとても効果的です。

・清潔

お風呂上りや普段でも、何かと手でいろんなところを触っていませんか?手には自分が思っているよりかなり雑菌がついています!

コットンを使う場合、お肌に直接手が触れないので、雑菌のない綺麗な化粧水を肌になじませることができます。

・実は低刺激

よくコットンを使うとお肌に繊維が当たるので良くないから手がいい!という記事を見ます。ですが、健常な状態のお肌は、コットンはさほど刺激になりません。

・収れん化粧水はコットンの方が肌に浸透する

収れん化粧水とは毛穴をキュッと引き締めて爽快感をもたらしてくれるタイプの化粧水です。このタイプの化粧水は、ひんやりと冷たい状態で使うのがおススメです。

手で付けると手の温度で温まってしまうので、このタイプの化粧水はコットンで付けるほうが成分がお肌に入ります。

スポンサーリンク

化粧水をコットンで付けるデメリット

ショック

では、コットンでつけると、どのようなデメリットがあるのでしょうか!自分の肌と相談してみましょう!

・ニキビがひどくなる

コットンの表面は手で触れる分にはやわらかいので普段はあまり問題がないのです。しかし、生理前などお肌の調子が悪い時にパッティングしていくとなると、繊維がお肌を傷つける恐れがあるのです。

特にニキビがある人には、コットンは大きな刺激になります。しかし、手で行う場合は刺激が少なく済みます。

・コットン代がかかる

コットンを使うということは、それを買う費用がかかるということ。大した金額じゃないじゃん!と思う人も多いかもしれません。

1箱120枚入りのコットンで300円とします。朝夜1枚ずつ使うと2か月でなくなりますね?そうすると、年間でコットン代が1800円、これを20歳から60歳まで仮に40年使うとしたら72000円かかります。長い目で見ると意外とかかります。

人によっては、その分いい化粧水を使いたいと思う人もいるでしょう。

・お肌の状態が直接はわからない

手で触れて化粧水を入れる場合、直接肌に触るので、状態がすぐわかります。しかし、コットンの場合は直接触れるわけではないのでわかりづらいかもしれません。

・量を調整しずらい

化粧水を出してすぐコットンが含んでいくので、量が調節しずらいです。手で付ける場合であれば、今日はお肌が乾燥しているからいつもよりたっぷり付けようとか、今日は少なめにしようと調整がききます。

その日のお肌の状態に合わせられるのが手を使った場合ですね。

スポンサーリンク

最適な化粧水の入れ方とは??

化粧水

じゃあコットンと、手。結局どっちで化粧水を付けるのがいいの??というと、結論どちらも取り入れるのがオススメです!!

女性は生理周期によってお肌の状態がかなり違います。ですので、お肌の状態が良い、「生理が終わった日から排卵日の1週間後あたりまで」はコットンでパッティングして、顔全体にしっかり化粧水を入れることがおススメです!

逆に「生理が始まる1週間前から生理が終わるまでの期間」はお肌の防御力が弱っているので、なるべく刺激を与えないように、手で優しく化粧水を入れることをオススメします!

スポンサーリンク

化粧水の付け方キホン!

コットン
出典:http://www.ebay.com

コットンと、手、生理周期によって変えるとして、化粧水はどうやって付けると効果がより生まれるのでしょうか?

●手を清潔に

1番はまず清潔にすることです。手をしっかりと洗い、手についている雑菌をなくして残っている水分も拭き取りましょう。

●洗顔したらすぐ化粧水

洗顔後は時間を置かずにすぐ化粧水をつけましょう。時間を置けば置くほど浸透率が下がってしまいます。

●付ける方向

化粧水のつけ方ですが、下から上へ向かって付けていくのがおススメです!上から下向かって行うと、顔が下がってたるんで見える原因になります。

●使用量

1回の使用量の目安は、500円硬貨分くらいの量。浴びるほどつければ良いというわけではありません。

●確認

お肌に化粧水がちゃんと入っていると、手で触れたときにお肌が冷たくなっています。顔全体しっかり入っているか確認が必要です。もし冷たくない部分があれば、もう少し入れることができるので、続けて化粧水を付けていきましょう。

●残さず使う!

化粧水を付け終わった後で、手やコットンに残ったら、せっかくなので首やデコルテ、指先などに伸ばしていきましょう。

●美肌のためには化粧水だけじゃない

化粧水を付けた後、乳液、クリームで蓋をしないと、せっかく入れた水分がまた外に出てしまいます。乳液やクリームは、掌で十分に温めてから顔全体に優しく伸ばしてお肌にふたをしていきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

●化粧水をコットンで入れるメリット・デメリット

◎メリット
・均一に浸透する
・手で付けないので清潔
・健常なお肌なら実はコットンは低刺激
・収れん化粧水はコットンの方がお肌に入る

◎デメリット
・お肌が弱っているときはニキビなどひどくなる
・コットン代がかかる
・お肌に直接触れないのでお肌の状態がつかみづらい
・量を調整しづらい

●最適な化粧水のつけ方はコットンと、手の両方。!お肌の状態に合わせてその都度変えるのがオススメである。

●化粧水の入れ方キホン

・手を清潔に!・洗顔したらすぐ化粧水!・下から上へ付ける・500円玉大分付ける・お肌に化粧水が入ってるか確認・余った化粧水は残さず使う・乳液、クリームでお肌にしっかりフタをする

以上、今回は化粧水はコットンで付けた方がいいのかと、美肌を作るテクニックをまとめてみました。お肌の状態に合わせてその都度変える!大事にケアしてあげることで長く美しくいたいものですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする