肌荒れに効果のある食べ物を紹介!摂取したい9つの成分とは?

肌荒れが気になるからといって、スキンケアに力を入れる人が多くいますが、体の内側から肌荒れを改善してみてはいかがでしょうか?肌荒れを改善しやすい体質であれば、一度治ったあとも肌荒れになりにくくなるために、美しい肌を保ちやすくなります。

高級な化粧品やクリームに手を出す前に、まずは食事から肌荒れに効果のあるものを食べてみましょう。

今回は、肌荒れに効果のある食べ物についての記事を書いています。肌荒れに悩んでいる人や改善したいと考えている人はぜひ読んでみてください!

スポンサーリンク

肌荒れとは

肌荒れした女性
出典:http://www.madrasgeek.com

・状態について

そもそも肌荒れとはどういった状態なのかを理解しておきましょう。

肌荒れと聞くと、ニキビやできものが多く発生していたり、乾燥していて肌がカサカサになっていたりという状況を思い浮かべると思います。確かにこれらは肌が荒れているといえるのですが、共通して言えるこは、肌が不健康な状態であるということです。

・原因は?

肌荒れになってしまう原因を知りましょう。原因を知ることで予防することができます。肌荒れの原因として

・睡眠不足

・偏食による栄養不足

・ストレス

・ホルモンバランスの乱れ

などが挙げられます。つまり、生活が不衛生になってしまうと肌が荒れやすくなるということですね。生活が荒れている人は肌も荒れやすくなるので自分の生活を見直してみましょう!

スポンサーリンク

肌荒れに効果のある食べ物

では、肌荒れの時に是非とも摂取したい食べ物を紹介します!どのような効果があるかなども紹介しているので、自分に合った食べ物を摂取しましょう!

①ビタミンAを含む食べ物

ニンジン

肌荒れの中でも、肌が乾燥してカサカサしている人に効果のあるのがビタミンAを多く含む食べものです。

ビタミンAには、肌のターンオーバーが積極的に働くよう促す作用があり、皮膚を正常な状態に保ちやすくなります。ターンオーバーが正常に働けば、古い角質と新しい角質が入れ替わることになるので、潤った皮膚になるのです。ビタミンAを多く含む食材としては、

・鶏レバー

・うなぎ

・ニンジン

・卵黄

・ほうれん草

・モロヘイヤ

などに多く含まれます。普通の食生活をしていると不足することはなかなかありませんが、食事制限をしたダイエットなどをしていると、不足してしまうことがあります。無理をしたダイエットは止めましょう。

②ビタミンB1・B2を多く含む食べ物

豚肉

ビタミンB1は、炭水化物の代謝を手助けする効果があります。炭水化物が上手く代謝できていないと、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。さらにビタミンB2には皮脂の分泌を調整する効果があるので、この2つを合わせて摂取することで毛穴の詰まりや黒ずみを防ぐことができます。

また、皮脂が過剰に分泌されてしまうとニキビやできものの原因になってしまいます。なので脂性肌の人には効果的な食べ物だといえます。

ビタミンB1を多く含む食べ物は、

・豚肉

・落花生

・たらこ

・ごま

・にんにく

・こんぶ

などが挙げられます。お肉を食べるときは、牛肉よりも豚肉の方がお肌には優しいということです。ただし食べ過ぎるのは良くないのでほどほどにしましょう。

ビタミンB2を多く含む食べ物は、

・納豆

・まいたけ

・ぶり

・塩さば

・豚レバー

などが挙げられます。これら2つの成分は合わせて摂ると、より高い効果を発揮するのでなるべく同時に摂取しましょう。

③ビタミンB6を多く含む食べ物

アボカド

ビタミンB6が不足してしまうと、肌のトラブルが起きやすくなってしまいます。肌のバリア機能を高める効果があるので、外部からの刺激から肌を守ってくれます。さらに肌の代謝を高める効果があるので、肌の弾力を力強くしてくれます。

ビタミンB6を多く含む食べ物は、

・アボガド

・赤身魚

・バナナ

・ピーナッツ

・大豆

などが挙げれます。ビタミンB6は、肌荒れが起きる前から摂取しておくことで、肌荒れの予防が出来る成分なので、日頃から意識して取り入れましょう。ビタミンB群は、ニキビや吹き出物が多い肌荒れを起こしている人には欠かせない成分といえます。

④ビタミンEを多く含む食べ物

かぼちゃ

肌の血行を良くする効果があり、新陳代謝が活性化するので、肌の老廃物を排出しやすくなるので、肌荒れに効果的だといえます。ただし、体から「タンパク質」が不足していると、細部までビタミンEを届けにくくなるので、同時にタンパク質も摂取するようにしましょう。

ビタミンEを多く含む食べ物は、

・かぼちゃ

・たらこ

・うに

・さつまいも

・いか

・えび

などがあります。ビタミンEは体内に溜めることが出来る成分なので、普段からバランスの良い食生活をしていれば、不足することはあまり考えられません。

⑤ビタミンCを多く含む食べ物

レモン ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンが作られるのを促す効果があるので、肌の弾力が失われていてカサカサしている肌には効果的な成分です。さらに、体の活性酸素を取り除く効果もあるので、肌の老化を防いでくれる働きがあります。

ビタミンCを多く含む食べ物は、

・レモン

・いちご

・ゆず

・ピーマン

・パセリ

・柿

などが挙げられます。酸化してしまった体内のビタミンEを元に戻す効果があるので、ビタミンEと同時に摂取しましょう。

⑥たんぱく質を多く含む食べ物

たんぱく質 多い食材

肌に必要なのはビタミンだけではありません!たんぱく質が不足してしまうと、肌のターンオーバーが正常に働かなくなります。特にみずみずしい肌を保つためには、たんぱく質が必要となります。たんぱく質を多く含む食べ者は、

・大豆

・かつお節

・魚

・肉

・乳製品

などが挙げられます。比較的摂取しやすいので、不足することはあまりないのですが、米や麺ばかり食べていると不足してしまうこともあります。寝ている間に成長ホルモンを多く分泌するので、夕食にはなるべくたんぱく質を摂取するようにしてください。

⑦亜鉛

チーズ

亜鉛は、肌を健康な状態にするために必要な成分です。体内から不足してしまうと、皮膚でのトラブルが起きやすくなってしまいます。肌がカサカサしている肌荒れを起こしている人は是非とも摂取したい成分です。亜鉛を多く含む食べ物は、

・チーズ

・牡蠣

・うなぎ

・ホタテ

・ささみ

といった食べ物に多く含まれています。排尿や汗などから多く排出されてしまうので、体から不足しやすい成分です。特に夏場は積極的に摂取しましょう。

⑧鉄分を多く含む食べ物

貝類

鉄分を摂取することで血行を促進することができるので、肌に良い栄養素を顔まで届けやすくなります。そのため、くすみのない美しい肌を取り戻すためには必要な成分だといえます。鉄分を多く含む食べ物は、

・レバー

・しじみ

・煮干し

・ひじき

・青のり

などに多く含まれています。肌荒れが起きる前から摂取しておくことで、肌荒れの予防をすることが出来ます。血行を促進することは健康にも良いので、意識して摂取するようにしましょう。

⑨食物繊維が多い食べ物

食物繊維 ブロッコリー

食物繊維を摂取することで、便秘を解消しやすくなります。便秘と肌荒れって関係あるの?と思うかもしれませんが、便秘と肌荒れは密接な関係にあります。

便秘になっていると、腸の中に老廃物が長時間溜まってしまい、悪玉菌が増えて有害物質が発生してしまいます。体は有害物質を除去しようとするのですが便が詰まっているため、毛穴などから汗や皮脂と一緒に排出しようと働いてしまいます。そうなると、有害物質の排出に力を入れてしまい、本来の肌の汚れや老廃物を上手く除去できなくなってしまうのです。

なので食物繊維を摂取して、便秘を解消することは肌荒れの解消にも繋がります。

食物繊維が多い食べ物は、

・キャベツ

・ごぼう

・ブロッコリー

・しいたけ

・こんぶ

・バナナ

などが挙げられます。便秘の状態が続いていては、肌荒れの改善にも時間がかかるので、まずは食物繊維の摂取から始めましょう!

スポンサーリンク

肌荒れを起こしやすい食べ物

次に、肌荒れが起きやすくなってしまう食べ物を紹介します。肌荒れが改善されたからといって、食生活のバランスが崩れてしまうと肌荒れが再発するので、肌荒れが起きやすくなる食べ物を過剰に摂取するのはやめましょう。

①油分・脂肪分を多く含む食べ物

揚げ物

油分を多く摂取してしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまうために、毛穴が詰まりやすくなってニキビが出来やすくなってしまいます。さらに血行不良が起きやすくなるために、肌に必要な成分を細部まで届けにくくなるために、肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

揚げ物や、炒めものなどで油を多く使用したものなどは、過剰に摂取するのは避けましょう。特に肉には多くの脂質が含まれているので、毎日多くのお肉を食事で摂取している人は回数を減らすようにしてください。

②糖分を多く含む食べ物

ケーキ

糖分はニキビを予防するためには必要なのですが、過剰に摂取してしまうと逆効果になるので注意しましょう。

糖分を分解する際に、多くのビタミンB群を消費してしまいます。上記で紹介したように、ビタミンB群は肌荒れを防ぐためには必要な成分になるので、体内から不足してしまうと肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

女性の方は、ケーキやチョコレートが好きな方は多くいると思います。デザートとして食後に毎日のように食べていると、肌荒れの原因になるので控えるようにしましょう。

③刺激が多い食事

辛い食事

辛すぎる食事や熱すぎる食事などの、刺激が強い食事はニキビの症状を悪化させるので注意してください。

刺激の強い食事をすると、内臓系の器官に負担がかかってしまいます。内蔵に負担がかかって正常に作用しなくなってしまうと、肌の代謝が悪くなりニキビが悪化してしまうこともあります。

これは食べるときの体調にも左右されるのですが、ニキビが発生しているときはなるべく控えた方が良いといえるでしょう。

また、空腹時にコーヒーを飲むと胃腸に負担がかかってしまい、結果的にニキビが出来やすくなることもあります。内臓系に負担をかけないような生活を心がけてください!

スポンサーリンク

まとめ

肌荒れに効果のある食べ物

①ビタミンA
うなぎ・ニンジン・ほうれん草etc

②ビタミンB1・B2
豚肉・たらこ・ごま・にんにくetc

③ビタミンB6
アボカド・大豆食品・ピーナッツetc

④ビタミンE
かぼちゃ・さつまいも・いかetc

⑤ビタミンC
レモン・いちご・ピーマン・パセリetc

⑥たんぱく質
魚・肉・乳製品・かつお節etc

⑦亜鉛
チーズ・牡蠣・うなぎetc

⑧鉄分
レバー・煮干し・しじみetc

⑨食物繊維
ごぼう・しいたけ・こんぶetc

肌荒れを起こしやすくなる食べ物

・油分・脂肪分の多い食べ物

・糖分の多い食べ物

・刺激の強い食べ物

以上が今回の記事のまとめになります。

肌荒れに効果的な成分は、主にビタミン類ですが、その他にもたんぱく質などをバランスよく摂取することで改善しやすくなります。肌荒れが起きる前から摂取すれば予防もできるので、普段からバランスの良い食生活を心がけましょう。

食事だけでなく、十分な睡眠やストレスを溜めないリラックスした生活も肌荒れの改善には必要になるので、規則正しい生活を心がけるようにしてください。

関連記事として、

テカテカ肌は嫌だ!〜脂性肌の原因と改善方法について〜

敏感肌になる6つ原因と4つの改善方法を紹介!

カサカサ肌とおさらば!乾燥肌の5つの原因と4つの対策とは!

ニキビがあごに出来る原因とは?治し方の紹介も!

鼻の中や鼻の下にできるニキビについて原因や治し方を知ろう!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする