赤血球が多い原因は?病気の可能性や貧血の種類について

血が少ないと貧血を起こすことは非常に良く知られている身近な症状ですが、実は血は多すぎても良くありません。何事もちょうどいいバランスを保つことが大切と言えます。

血が多くなる病気の中には命に関わる病気もあり、さらに赤血球が増えることで血液がどろどろになり血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞など重い病気のリスクとなる場合があります。

血が多過ぎる場合に考えられる病気と、自分で分かる症状についてまとめました。

スポンサーリンク

赤血球とその働き

血液

赤血球は血液中に含まれる成分の一つで、赤い色素を持った物体です。直径が7、8ナノメートル(1ナノメートルは1メートルの10億分の1を表しています)といわれており、血液の成分の中では血小板よりも大きく、白血球よりも小さい成分です。

厚さ8ナノメートルに対して高さが2ナノメートルの円盤状で中小が窪んでおり、弾力に富んだ性質を持つのが特徴です。

赤血球の主な働きは酸素の運搬と供給、二酸化炭素の排出です。赤血球の内部には鉄を含むヘモグロビンという成分があり、これが酸素を取り込んで血管内を運搬することで体中に酸素が行き渡ることが出来ているのです。

スポンサーリンク

赤血球の適正値とは

計量

赤血球の適正な値は

  • 男性の場合400~539万/ナノリットル
  • 女性の場合360~489万/ナノリットル

とされています。

赤血球の量は、健康な状態なら一定に保たれていますが、体調を崩したり病気に罹っている場合には数が変化します。多すぎも少なすぎも良くないとされており、健康状態を測る指標の一つです。

赤血球の数が増減することで、様々な体調不良が起こります。

基準値より低いと、体に酸素を運ぶ能力が下がってしまい、前人で酸素不足が起こります。少し歩いたり階段を登ったりするだけで疲れを感じたり、頭痛やめまい、倦怠感などを感じるようになります。

逆に、基準値よりも多くなると血栓ができやすくなり、皮膚のかゆみが現れることがあります。

スポンサーリンク

貧血とその原因

不足

赤血球が少なくなっている状態を貧血と呼びます。

体全体に十分に酸素が行き届かなくなり、それを補おうとして心臓や肺が働きすぎることで息切れやつかれやすさ、頭が重い感じなどが症状として現れるものです。貧血の原因は以下のように様々です。

鉄欠乏性貧血

偏食や出血により、体内の鉄分が不足し、赤血球一つ一つに含まれるヘモグロビンが少なくなって起こります。単純な鉄分の摂取不足に加え、月経過多や消化器の腫瘍が原因となる場合もあります。

再生不良性貧血

血液中の赤血球、白血球、血小板がいずれも減少する病気です。骨髄中の造血幹細胞が傷ついて起こる病気で、自己免疫によって起こるものです。

的確に治療されれば70%の患者さんが改善する病気ですが、重症化すると感染症に罹りやすくなる、度重なる赤血球の輸血により糖尿病など鉄過剰が起こるなどの問題が起こりうる病気です。

溶血性貧血

自己免疫に関わる病気で、赤血球に結合する抗体ができてしまい赤血球が破壊されてしまう病気です。

一般的な貧血の症状に加えて黄疸が出るのが特徴で、重症化すると脾臓が腫れる場合があります。

悪性貧血

こちらも自己免疫疾患性の病気です。かつて原因が分からなかった時代に病名が付いたため悪性という名前が付いているものの、現在ではビタミンB12の欠乏により起こっていることが解明されています。

詳しくは、悪性貧血の症状とは?原因や治療方法も知っておこう!を参考にしてください。

スポンサーリンク

多血症とは

過剰

赤血球が増える大きな原因が多血症と呼ばれる病気です。貧血とは逆に血が多くなる病気で、血液が詰まりやすくなり血栓ができやすくなるという問題が起こります。また、血圧の増加があり、出血しやすい傾向になることから胃潰瘍の原因となることがあります。

多血症には様々な種類があります。

相対的多血症

相対的に赤血球が増えている状態を相対的多血症と呼びます。病名がついているように見えますが疾患ではなく、水分を摂取しなかった場合や嘔吐や下痢によって脱水症状をおこし血漿が減少することで起こる場合が多いものです。

相対性多血症の場合は、原因を取り除くことが治療の一つとなります。脱水症状を起こしている時は水を飲むようにし、塩分を控えることが重要です。

ストレス性赤血球増加症

相対性多血症はストレスや喫煙によって引き起こされる場合もあり、それらをストレス性赤血球増加症と呼びます。

この場合も赤血球の絶対数自体は増加しておらず、ストレスをためないことしか治療方法がありません。喫煙習慣があり肥満傾向のある中年の男性に非常に多い症状です。

真性赤血球増加症

真性赤血球増加症は、骨髄増殖性疾患の一つです。骨髄の働きが病的に強まり、骨髄の中にある造血細胞の成長、再生が過剰になり、造血細胞が骨髄の外に押し出される病気で、多くは癌になることはないものの、白血病のような症状を起こすことがあるので注意が必要です。

真性赤血球増加症は、赤血球の数が増える病気で、多くの場合血小板、白血球の数も共に増加します。固形の成分が増えるため血栓のリスクが高くなり、赤血球の寿命が縮んでやがて赤血球が不足するという症状が起きたり、骨髄の線維化が起こり造血ができなくなるなどの症状につながる場合があります。

治療を受けなかった場合、症状のある人の50%が18ヶ月以内に脂肪するといわれており予後はよくありませんが、治療を行うことで改善できます。

二次性多血症

赤血球の産生を促進するホルモンの一つであるエリスロポエチンが、何らかの原因で増えて赤血球の量が増加するものです。

体が酸欠状態になるとそれに反応してエリスロポエチンがたくさん作られるようになるため、赤血球が増加します。

酸素欠乏性多血症

高度の高い場所での生活によって酸素の欠乏が起こり、その状態が慢性的に続くことによってそれを補うために赤血球がたくさん作られてしまう状態を指します。

この状態をうまく利用して身体機能をあげようとしたのがマラソンの高地トレーニングと言われています。

スポンサーリンク

多血症の原因

肥満

まず、脱水や喫煙による血漿量の減少、ストレスなどが相対的多血症を引き起こすことがあります。また、高血圧や高脂血症など生活習慣病を持っている場合、代謝の異常により血漿の量が減少しこれも相対的多血症を起こす原因となります。

また、肥満のため体が必要とする酸素を十分に取り込めなくなった場合や、睡眠時無呼吸症候群により寝ている間に酸素が不足して酸素欠乏性多血症を起こす場合があります。同様に、ヘビースモーカーの場合も慢性的に酸欠に近い状態になるため多血症を起こしやすくなります。

多血症の原因であるエリスロポエチンの算出は、腎臓、肝臓の不調から増えることがあります。また、子宮の腫瘍化した組織がエリスロポエチンに似た物質を出すことがあります。

腎癌や肝癌、水腎症(尿路の閉塞が起こり腎臓が拡張してしまう病気)、子宮筋腫などが原因となっている場合もあるので、きちんと検査を受けて元となる病気の治療を行いましょう。

多血症の場合、血栓症のリスクを低下させるために瀉血という血を抜く治療を行います。また、真性赤血球増加症の場合は骨髄抑制療法と言われる薬で血液細胞の生成を阻害するような治療が行われます。

スポンサーリンク

血液の健康を保つためにできること

vegetables-752153_1920

赤血球が多い場合、生活習慣で地道に改善することが大切です。また、薬を使う場合もありますがそちらの場合は医師の診断を仰ぎましょう。

食事

赤血球が多過ぎるということは、血液がドロドロになっているとおいうことになります。これを改善するには、血液をさらさらにする食材を食生活に取り入れることがおすすめです。

また、既に多血症の場合も血栓の予防は非常に大切になります。

  • たまねぎ、らっきょう…硫化アリルの一種であるアリシンを含み、血小板の凝集抑制、脂質の抑制に効果があります。また、高血圧や動脈硬化の改善にも効果的と言われています。
  • ねぎ、わけぎ…硫化アリルを含み、緑の部分にビタミンやカロテンを含んでいます。
  • しょうが…ショウガオールを含み、抗酸化作用や血行促進作用を持ちます。
  • にんにく…アリシンを含む食材ですが、100度以上で加熱することでこれがアホエンという成分に変化するという特徴があります。血栓の防止に効果があります。
  • 大豆…大豆に含まれる大豆サポニンは、血中のコレステロール値を下げるため血栓ができるのを予防することができます。さらに納豆に含まれるナットキナーゼは、血栓を溶かす作用を持っているため非常に有効です。
  • 海藻…ビタミンやミネラルを多く含み、腸内のコレステロールの排出を促す作用があります。

運動

軽い運動により体内のエネルギー消費が増えると、血糖値が下がり血管が広がるため血液の流れが良くなります。赤血球が多過ぎる場合この血液の流れが滞っている状態であり、老廃物も排出されづらくなっています。運動により血流の改善を目指すことにより、体内の老廃物も流すことができます。

ただし、運動の際は水分を摂取するのを忘れないようにして下さい。血液は水分不足によってもドロドロになる場合があるため、一気に負荷の強い運動をするよりも、軽いウォーキングや自転車など、日常生活で取り組むことのできる運動を心がけた方が効果的といえます。

スポンサーリンク

まとめ

血が少なくて困ることは身近な症状として知られていますが、多すぎて困るパターンについてはいまいち実感がない方も多いのではないでしょうか。

これといって大きな症状が出づらいのでなかなか気が付きづらい症状ではありますが、赤ら顔や出血傾向、かゆみなどが現れた場合は多血症である可能性があります。早めに医療機関を受診するようにしましょう。多血症は骨髄に問題がある場合だけでなく、腎臓や肝臓など他の臓器の病気が原因となっている場合があります。そちらの場合も、できるだけ早く病気を発見することがとても重要です。

また、多血症にはストレスや喫煙、肥満などの生活習慣も大きく関わっています。難しい部分もありますが、できるだけストレスを溜めないようにし、規則正しい生活を心がけるようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする