氷を食べるのは氷食症という病気?癖がある人は要注意!

夏でも冬でも季節に関係なく、氷ばかりを大量に口に含んでいる人いませんか?

単に氷が好きだからという枠を超えて大量だったり常習性があるなら、それは氷食症かもしれません。耳慣れない疾患ですが、氷食症とはどんな疾患なのでしょう?

スポンサーリンク

氷を食べるということについて

アイスキャンディー

まずは、氷を食べるということのメリットやデメリットについて紹介します。

氷を食べることのメリットって?

2014年にアメリカで発表された氷ダイエットって知っていますか?

食べた氷を溶かすことで消費するエネルギーがダイエットにつながるということを提唱したものです。しかしダイエットに効果があると言われる数キロのランニング効果を得るためには、1日1リットルの氷を食べなければならないということです。

一見よさそうに見えるこのダイエット、特に女性の場合は危険と隣り合わせであるということを知っていましたか?

氷を食べることのデメリットは?

氷を食べること自体は身体に対して有害な何かを口にするわけではないので大丈夫ですが、その状況や季節などによっては思わぬ疾患を招く事態になるかもしれません。

なぜなら氷の食べすぎは、体内温度を下げすぎてしまいます。すると寒気がして風邪をひいたり、最悪の場合、冷えにより内臓など各器官に不調をきたします。これは低体温症といわれるものです。

スポンサーリンク

氷食症について

こおり

ダイエットのため、などのように一時的に氷を食べることをしているのではなく、毎日のように氷を食べないと気がすまないなどの症状がある人は、氷食症という疾患の可能性があります。

聞いたことのない疾患かもしれませんが近年増えてきている症状です。氷食症とは、氷を食べなくてはいられない症状がでる疾患です。

季節や状況の関係なく、むしょうに大量の氷が食べたくなったり、そのほかにも身体の疲れやだるさを感じているなどの症状に思い当たることがあれば、それが氷食症です。

氷食症の症状とは?

氷食症の症状はさまざまです。

特徴的なものを見てみましょう。

  1. 季節に関係なく、無性に氷が食べたくなる。
  2. 氷を食べる量が製氷皿1皿以上の大量である。
  3. 氷を食べるときの音が好き
  4. 疲れやすい体質
  5. めまいなどの症状が常にある
  6. 低血圧である
  7. 女性であれば、月経の量が多めである
  8. 寝起き寝つきが悪い、顔色が悪い

これらの症状に当てはまるものが多い場合は氷食症を疑ってみても良いのかもしれません。

身体にはどんな影響がある?

では氷を食べることで身体にどんな影響が出るのでしょう?少量の氷を食べることでは身体には何の影響もありません。問題なのはその量なのです。

製氷皿1枚以上を一度に食べるなど、大量の氷を食べることで、噛む歯を痛めたり身体の中、主に内臓を冷やしすぎることで起こる低体温症などになる可能性が高まります。また身体の冷えは更年期障害の症状をひどくする可能性もあります。

さらに問題なのは、この氷食症を引き起こしているのが貧血である場合です。

スポンサーリンク

氷食症は貧血が原因?

氷

氷が無性に食べたくなる氷食症は貧血が原因かもしれません。どうして貧血だと氷を食べたくなるのでしょう?

貧血の場合、鉄分の不足により、味覚が衰えている可能性があります。そのせいで氷を欲しがるということもあるそうです。

また鉄分が不足することによって脳が酸素不足になり、自律神経を乱します。そうすると体温調節が上手くできなくなります。すると口の中の温度も必要以上に上がります。身体は冷やそうとして氷を食べたくなるのです。

主に女性は、毎月の生理によって多くの鉄分が失われます。氷食症の患者の多くは女性であるのはこのためだと言われています。

そのほか、立ちくらみがする。動悸や息切れがする。などの症状も貧血の症状です。このような症状もあわせて思い当たれば貧血が原因の氷食症でしょう。

簡単な貧血チェック法

貧血の症状はどんなものがあるのでしょう?以下のことに思い当たるものはありますか?

  • めまいや立ちくらみ
  • 息切れや動悸
  • 食欲不振
  • 顔色の悪さや疲労感
  • 記憶力の低下
  • 寝つきや寝起きの悪さ
  • 肌荒れや爪の色・形の変化

このような症状に思い当たることがあればもしかしたら貧血かもしれません。

貧血の予防方法

氷食症の原因である貧血を予防するにはどうしたらよいのでしょうか?

  1. ひじきや青海苔、豚レバーなど鉄分の多い食材を食べる
  2. パセリや芽キャベツ、アスパラガスなど赤血球を作る葉酸を含む食材を食べる
  3. 鉄分の吸収を助ける柚子やアセロラなどビタミンCを多く含む食材を食べる
  4. 十分な睡眠をとる
  5. 鉄分補給のサプリメントを必要に応じて摂る

このような鉄分補給を行うことで、貧血の症状は良くなります。そうすると氷食症も改善に向かうといわれています。

スポンサーリンク

氷食症はストレスが原因?

ストレスが原因で氷食症になる場合もあります。

また過剰なストレスは氷食症だけでなく、さまざまな疾患の原因にもなりかねません。自分に合ったストレス発散法をしましょう。

ストレス予防法

ストレスを感じることはあってもそのストレスが身体のどの部分に感じるのかは人それぞれです。

①身体に感じる

肩こりや頭が重いなど疾患まではかなくても身体にちょっとした不調を感じる

②精神的に感じる

何をしていても上の空だったり、ボーっとしてしまう。また気になることばかりを考えてしまう。など精神的なストレスを感じる

①・②のどちらの場合も自律神経の乱れが起きやすくなっています。自律神経の乱れから氷食症になっている可能性もあるので、この自律神経を整えることがストレス解消にもつながり、氷食症の改善にもなります。

まずは硬くなった身体をほぐすことからはじめましょう。身体をほぐし、全身の血流をよくさせることで身体の隅々まで酸素がいきわたります。そうすると身体の硬かった部分がほぐれていきます。すると自律神経も整い始めます。精神的なストレスも身体がほぐれることにより徐々に楽になっていくことがあります。

スポンサーリンク

その他の疾患が原因?

実は貧血の原因も他の疾患が原因で引き起こしている場合があります。

それは、他の内臓器官のどこかに異常があって、そこから出血している場合です。出血のために鉄分が不足している場合は一時的に鉄分を補給してもまたすぐに欠乏してしまいます。貧血で鉄分補給をしているのに同じような症状を繰り返す場合は、医療機関に受診して他の疾患の可能性がないかどうか調べてもらうのが一番でしょう。

まれにガンなどの重篤な疾患が隠れている場合があります。

スポンサーリンク

氷食症に対応する医療機関は?

ではこの氷食症はどこを受診するよいのでしょうか?まず、氷食症を疑っているときは、内科を受診してください。

内科では血液検査などにより、原因である可能性のある貧血の検査をします。また鉄欠乏症の検査も同時に行います。

女性の場合は産科や婦人科などでも受診して検査することが可能です。女性特有の疾患が原因となっている場合もありますので、女性、特に妊婦さんにはこちらをオススメします。

貧血の診断が出た場合には、薬による治療法や漢方薬などの処方が行われます。氷食症に対する直接的な治療法ではありませんが、貧血が原因の氷食症の場合は、貧血の治療によってほぼ改善されます。

また、他の疾患が疑われる場合は、その対応の科で検査などが行われます。

ストレスなどの精神的なものが原因の場合は精神科や心療内科などで診療を受けます。その場合はどのような状況で氷を食べたくなるのか、どのようなことがストレスに感じているかなどを具体的に話せるようにしておくと良いでしょう。

氷食症は、人によって思わぬことが原因で起こることがあります。最悪の場合は身体にとって重篤な疾患が隠れている場合もありますので、氷ばかり食べたがるのはちょっとおかしいな。と思ったら早めに医療機関に受診してください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

氷食症は人によりいろんな原因から起こっているものでしたね。氷ばかり食べたがるだけと軽く見ずに疾患の可能性もあると認識して早めに医療機関に受診したほうがよいでしょう。

関連記事として、

貧血による頭痛の対策を紹介!予防方法や症状について

カリウムを過剰摂取した時の症状は?予防方法も紹介!

急な吐き気の原因は?めまいや頭痛に要注意!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする