足の指のかゆみの3つの原因とは?対処方法も紹介!

「かゆい」という感覚は、生きていれば必ず経験することだと思いますが、その中でも足の指がかゆい時はとても辛いのではないでしょうか。

足は普段靴で隠れていますし、引っ掻いて気持ちを静めようにもその姿はあまりにみっともなく、ついついかゆいのを我慢してしまうことはありませんか?今回はそんな辛い足のかゆみについて紹介します。

スポンサーリンク

足がかゆいと言えば「水虫」

水虫怖い

まずは最も恐れられているであろう水虫から知っていきましょう。

足の病気の代表格、水虫

かゆみを伴う足の病気と言えば、まずは水虫が思い浮かぶのではないでしょうか。夏のプールの更衣室も冬の蒸れた靴の中も原因になりうる、季節を問わずに警戒しなくてはいけないこの水虫、正式名称は白癬と言います。

水虫は皮膚の角質層に白癬菌が入り込むことによって発症しますが、症状が出るまでに時間がかかるので、白癬菌が付いていることに気付かないうちに足に水ぶくれが出来たり、かゆくなったりするのです。

水虫は足だけでも3通りの症状があります。

・趾間型

足の指の間がふやけて皮がむけるといった症状です。かゆみを伴う、多くの方が想像する水虫の種類がこちらです。

・小水泡型

足の裏やふちに2~3㎜の水泡が出来ます。かゆみが強いのが特徴です。

・角質増殖型

かかとの角質がカサカサになり皮がむけるタイプで、かゆみを伴いません。

また足の他にも手足の爪に出来る爪白癬、体中に丘疹の出来るぜにたむし、下腹部に出来るいんきんたむし、東部に脱毛巣の出来るしらくもなども、水虫と同じく白癬菌が原因です。

水虫にだけはなりたくない!一体何を心がければいいの?

白癬菌が皮膚の角質層に入り込むことが水虫の原因ですが、皮膚に白癬菌が付いたからと言ってすぐに水虫が発症する訳ではありません。白癬菌が潜んでいそうなところを繰り返しはだしで歩いたり、靴の中が蒸れたまま放置したりすることによって、白癬菌が過ごしやすい環境が整ってから発症します。

白癬菌は高温多湿状態で活発化するので、一日中同じ靴を履く必要が無いように工夫しましょう。靴は時々陰干しすると効果的です。

また、バスマットなどからもうつる可能性があるので、家族に水虫の方がいる場合は必ずマットを分けるようにしましょう。また、白癬菌は足に付いても24時間以内に足を洗えば水虫にはならないので、足は常に清潔に保つよう心がけましょう。

水虫になってしまったら

水虫は症状や体質によって使用する薬が変わっていきます。セルフケアも出来なくはないのですが、水虫はなんと二人に一人が再発しています。

その原因は「かゆみが無くなったから治った」という慢心からであり、白癬菌が侵入した角質がすべて入れ替わる前に塗布をやめてしまうがために、新たな角質層に白癬菌が入り込んでしまうのです。

こう言ったことを防ぐためにも、やはり自分だけでなく皮膚科の指示を仰ぎながら治療を進める必要があります。また、高温多湿状態も完治が遅れる原因になりうるので、予防方法と同様に足元は涼しく清潔にするよう心がけましょう。

水虫については、水虫の治し方を紹介!症状や感染しやすい環境とは?の記事を読んでおいて下さい。

スポンサーリンク

水虫と区別が難しい?汗疱の耐え難いかゆさ

足の指

水虫と誤診されることが多いのが汗疱です。

水虫に比べてあまり知られていない汗疱…どんな病気?

汗疱は正式には汗疱状湿疹もしくは異汗性湿疹と言い、手の指の側面をはじめとし、1㎜程度もしくはそれ以下の小さな水泡が出ます。

この水泡がしばらくすると強いかゆみを生じるようになり、自然に治っていくこともありますが、うっかりかいてしまって水泡をつぶすと痛みやかゆみを伴う上に、治りが遅くなります。特に手のひらや手の指に出ることが多いですが、足に出ることもあります。水虫を疑って皮膚科に行っても白癬菌が発見されないとなると、この汗疱だと診断される様子です。

実は原因がまだ判明していないのが汗疱

異汗性湿疹と言う別名があるだけあって、汗の多く出る夏や多汗症の方に多いため、汗疱は汗が詰まって出来ると言う説が一般的ですが、水泡がつぶれた後に出てくる汁は汗ではないため、汗の詰まりが原因ではないのではないかとも言われています。

他にも何らかの細菌やアレルギーという説もありますが菌は見つかっていませんし、金属アレルギーや喫煙、ストレスやアトピーなどの仮説も挙げられていますが、これのどれにも思い当たる節の無い人でも汗疱が出来てしまうこともあります。

感染しないので他人の協力を必要としない分、水虫に比べると軽い皮膚病のように思えますが、明確な治療法が存在しない上に再発性もあるので、一度かかってしまうと「治らない水虫」のような症状を何度も繰り返すことになります。

不治の病のような汗疱、どう言った治療や対策をするのか

原因不明の汗疱になってしまったからと言って悲観することはありません。明確な原因が分からないために再発が避けにくいだけで、汗疱に効く薬などは大体わかっているようです。

まず軽症のうちは尿素系クリームやワセリンなどで保湿をします。湿疹化してしまった際には抗アレルギー剤、ステロイド外用薬、サリチル酸で治療をします。じくじくしてしまった場合は亜鉛化軟膏を塗った上に包帯を巻くといいそうです。

また、汗が原因とみられているため高温多湿の環境を避け、汗は早めに洗い流すことも重要かと思われます。更にこれはどの病にも言えることですが、喫煙や添加物の多い食事を避けることや適度な運動をすることは健康に近付く基本的な手段です。原因がわからないからこそ、基本を整えて健康な体を作ることが重要視されます。

スポンサーリンク

拍子抜け?でもかゆい上に痛いしもやけ

しもやけブーツ

子供の頃、寒い季節に悩まされたしもやけ。大人になってから悩まされるなんて思いませんよね。

子供の時によく悩んだしもやけ…大人のしもやけがあるなんて!

幼い時はよくしもやけに悩まされましたよね。大人になれば大丈夫、もししもやけになってしまっても大して目立たないだろうと思っている方も少なくないと思われますが、実は子供のおしもやけと大人のしもやけは違いがあります。

子供に多く見られるしもやけは樽柿型といい、手足全体が柿のように膨れ上がるタイプのしもやけでした。しかし大人がしもやけになると多疹滲出生紅斑型と言い、手足の指やふち、他にも耳などに赤い斑点が出来ることが多いです。

斑点の大きさも、特に大きいものだとアーモンド程度のものまで出てくるのでとても目立ちます。症状としては腫れや斑点の他、どちらも暖かい時はかゆくなり寒い時は痛くなる、足に出来た場合は歩いた時に痛みを感じるなどがあります。

また、どちらもひどくなると水泡、のちにただれを引き起こすので早めの治療が不可欠です。

しもやけの原因とは?

気温が低下すると血行が悪くなり、手や足などの末端に栄養が届かなくなります。これが原因で手足が炎症やうっ血を起こしたのがしもやけです。

大人に比べ外で遊ぶ子供や、ブーツや先の細いパンプスで血行不良を起こしがちな女性に多く見られるというのも納得ですね。また、気温と皮膚の温度の差が大きい時は、特にしもやけになりやすいです。

原因が血行不良なら予防は簡単、自宅で出来るしもやけ治療も

血行不良が原因であれば、説明せずともしもやけを予防する方法が分かるかもしれませんが、やはりまずは体を冷やさないことです。

パンプスやブーツはきつすぎないものを選び、血行不良を防ぎましょう。また、汗をかいた後やお風呂上りも体が冷えるので注意が必要です。軽い運動やエアコンを使い過ぎないことも基礎代謝が上がるので、しもやけだけでなく他の病気の予防にもなるでしょう。

しもやけになってしまった場合の対策ですが、まずは洗面器などに40度程度のお湯と5度程度の水を張り、1~2分ごとに交互にしもやけ部分を浸すのが効果的です。この時、必ずお湯から始めてお湯で終わるようにして下さい。

お風呂の中でのマッサージも効果的ですが、強くもみすぎると毛細血管が切れて症状が悪化する可能性があるので注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

感染性のある水虫、原因の分からない汗疱、侮ると怖いしもやけ、いずれにせよ足に強いかゆみを感じることにより、かけないストレスが生まれがちだと思われます。ストレスは他の病気を呼び寄せるので、出来る限り避けていきたいですよね。

関連記事として、

足の水ぶくれの原因は?症状によって変わる対処方法!

むずむず脚症候群の原因とは?ストレスや運動不足に注意!

足の甲のむくみの原因を紹介!内臓の病気の可能性も?

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする