血行を促進するための7つの方法!今日から健康な生活を!

人間の体を血が巡ることを血行と言います。食べ物から摂取した栄養分を運んだり、体に溜まった老廃物を排出したりする役割があり、健康な生活を送るためには血行が良いことが大前提だといえます。

血液の状態を見れば身体の状態も分かるというくらい、血液は身体にとって欠かせないものであり、常に良い状態にしておきたいものです。

しかし現代社会において、血液の流れが悪くなるような生活を送っている人は多くいます。血行不良は様々な害や病気のきっかけとなる場合もあり、改善したほうがよいでしょう。

今回は、今日からでも始めたい血行を促進する方法を紹介します。血行促進することで、健康で快適な生活を送ることができるので、ぜひとも読んでみてください。

スポンサーリンク

血行を促進するための方法

ではどのようにすれば血行を促進できるのか紹介します。

①食事から促進する

ビタミンC
出典:http://www.scottsdaleskinrejuvenation.com

血行を促進する効果のあるものを食べて、血の流れを活性化しましょう。

血行を促進する効果のある成分は、血液をサラサラにする効果のある「ビタミンC」血行のスムーズな状態を保つ「ビタミンE」赤血球の成分である「鉄分」サラサラの血液をつくる「ドコサヘキサエン酸」血液を固まりにくくする「エイコサペンタエン酸」血液を健康にする「ポリフェノール」の6つの成分です。

(ビタミンC)     パセリ・いちご・ピーマン・アセロラ・キウイetc

(ビタミンE)     あん肝・いくら・明太子・モロヘイヤ・あゆetc

(鉄分)         レバー・しじみ・ホッキ貝・センマイ・いわしetc

(ドコサヘキサエン酸) サバ・ぶり・まぐろ・ハマチ・さんまetc

(エイコサペンタエン酸)すじこ・さば・いくら・鮭・ほっけetc

(ポリフェノール)    赤ワイン・コーヒー・緑茶・紅茶・ごぼうetc

以上が6つの成分を多く含む食材です。これらの食材を偏りがなく、バランスよく食べましょう。

また揚げ物や肉類ばかりを食べていると、血がどんどんドロドロになってしまうのでなるべく控えるようにしましょう。

②運動をする

走る
出典:http://www.fitnessmash.com

運動不足の人は血行不良になってしまいがちです。日常であまり動くことが少ない人は、少しづつ筋肉量が低下していきます。そうなると心臓から全身に血液を送り出す際に、勢いがなくなってしまって血の流れが悪くなってしまいがちになるのです。

運動といっても、そんなにハードな運動をする必要はありません。夕食後などに、15分〜30分くらいのウォーキングを取り入れるだけで、かなり違ってきます。

また普段の歩き方も意識するだけで、変えることができます。いつもはゆっくりな場面も歩くスピードを上げたり、歩幅を大きくしたりすることで、下半身を動かしていることをイメージしながら歩きましょう。

このように日々の生活の中で体を動かすということは、とても大切なことであり健康維持には欠かせない行動だといえます。

③入浴する

入浴
出典:http://pixshark.com

忙しいことを理由に、シャワーだけで済ませてはいませんか?入浴をすることで、血行を促進することができて、新陳代謝を上げることも可能になります。

湯船を張って湯につかることで、体温が上昇することで血の流れが活発になるのです。入浴する際は40℃以下のぬるま湯にじっくり浸かって、体の芯から体温を上げることでより効果的な血行促進を行うことができます。

また、朝にシャワーを浴びる人は少し高めの41℃〜43℃にしましょう。首の裏にシャワーを当てることで交感神経を刺激して、血行を促進することができます。

④睡眠をしっかりとる

睡眠
出典:https://217989-www5.dosomething.org

仕事などにより睡眠時間が短かったり、寝る時間が不規則だという人は血行不良に陥りやすくなってしまいます。

睡眠不足の状態だと血管が縮んでしまって、血液の流れが悪くなります。しかし、しっかりと睡眠をとることができれば、副交感神経が優位になるので血管が膨張して、血液の流れがよくなります。

また寝ている時に、成長ホルモンという成分を分泌します。成長ホルモンには血液に含まれる脂肪分を燃焼させる効果もあります。血液中の脂肪は血液をドロドロにしてしまう効果があるので、寝不足の人は血行不良の人が多くなるのです。

血行が促進されれば、睡眠の質もあがり成長ホルモンの分泌も増えます。特に夜の10時〜深夜2時までの間は成長ホルモンの分泌が多くなるので、この時間帯に寝られるようにしましょう。

⑤ツボを押す

血行促進の効果があるツボを押すことで、体に血液が巡りやすいようにしましょう。今回は体全体の血行を良くするツボを紹介します。

・三陰交(さんいんこう)

三陰交
出典:http://sp.acupressure.jp

内側のくるびしの位置から、指4本分上に上がったところにあるツボです。冷え性や生理痛にも効果があります。

・合谷(ごうこく)

合谷
出典:http://www.ccn.aitai.ne.jp

親指の骨と人差し指の骨が交わっている辺りにあるツボです。頭痛や肩こりなどに効果があり、万能のツボといわれております。

・湧泉(ゆうせん)

湧泉
出典:http://neo-groove.net

足の裏の土踏まずのやや上にあるツボです。ストレスや疲労回復にも効果があります。

・足三里(あしさんり)

足三里
出典:http://daisy3ch10.jugem.jp

膝のお皿の外側から指4本分下にあるツボです。胃の不調や疲労回復に効果があります。

以上が血行促進の効果のあるツボです。入浴した時や寝る前などに時間を見つけては押してみましょう。ツボを押す時はあまり力いっぱい押さずに優しく押してあげてください。

⑥マッサージをする

マッサージ
出典:http://bglenish.com

定期的にマッサージをしてあげることで、血行を促進することができます。

体全体の血行を良くする場合は、ふくらはぎのマッサージを行うと良いでしょう。心臓から送られる血液は、ふくらはぎの筋肉によって押し戻されます。もちろん重力があるため、ふくらはぎの筋力が低下して押し戻す力が弱くなってしまうと、血の流れが悪くなってしまうのです。

では簡単にできるマッサージの方法を紹介します。

1、足首から膝に向かって、ふくらはぎを5往復揉みます。

2、足首から膝までを5往復ほどさすってあげます。

3、両手でふくらはぎを持って、絞るようにマッサージします。

4、手をグーにして、優しく叩くようにマッサージします。

以上がふくらはぎのマッサージ方法です。これにより血液が巡りやすくなります。入浴後や就寝前などにマッサージしましょう。

⑦生活習慣を正しくする

ハッピー 生活
出典:http://282814.net/
普段の生活習慣が悪いと、血行不良を起こしやすくます。正しい生活リズムで生活することを心がけましょう。

早寝早起きは、血行促進の基本となる行動です。休みの日などにダラダラいつまでも寝てしまうのは、あまり良いことではありません。

また食事も就寝の2時間前までに済ますようにしましょう。寝ている時に胃に負担がかかると、消化の方に血液を必要としてしまい、しっかり寝ても血行促進されない場合があります。

また喫煙者は、タバコを辞めるか減煙するようにしましょう。タバコは、血行不良を引き起こす一番の原因といっても過言ではありません。

このように規則正しい生活を送ることこそが、血行促進には一番大切なのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

血行を促進する方法
・血行促進の成分を食事から摂取する
・運動をして筋力の低下を防ぐ
・入浴をして体温を高めて、血行を促進する
・睡眠をとって副交感神経を優位にする
・ツボを押してみる
・ふくらはぎのマッサージをする
・生活リズムを整える

以上が今回の記事のまとめになります。血行を促進することは、健康な生活を送る上では欠かせないことです。普段の食事や歩き方などは、意識すれば変えられるものばかりなので、今日からすぐに始めてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする