丘疹が発生する原因とは?考えられる病気を知ろう!治療法・予防法は?

丘疹という言葉は聞いたことがあるでしょうか?丘疹とは、主に体中に起こる発疹のことをいいます。あかくはれあがる場合が多く、その原因はアレルギーや蚊に刺された跡などさまざまな理由があります。

原因をきちんと把握し、それにそって治療を行わないと完治はなかなか難しく、治療薬によってさらに丘疹が発症する場合があるので医師ときちんと話し合って対処することが重要です。今回はそんな丘疹が起こる理由をまとめ、その防止策についてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

丘疹ってどのようなものなの?

涙2

丘疹とは、皮膚にできる皮膚病の一種であり、体の表面である皮膚にできた隆起のことをいいます。これは目で見て、手で触ることができる、発疹の1種であり、直径1センチ以下のもののみ丘疹であるといわれています。

形は円形だけでなく、楕円形であったり多角形であったりする場合もあります。この発疹は表皮のみだけでなく、その下にある真皮の隆起もそれに入るといわれています。多くは赤みがあるため、目視しやすいという特徴があります。この丘疹の頂点に水泡があるばあいは、漿液性丘疹とよばれています。

その原因は多岐にわたり、ノミアレルギーや蚊に刺された後、そのほか天然痘の初期症状として認められる場合もあります。

丘疹に水が少したまっている場合はどのような症状なの?

丘疹の中には赤くふくらんだ頂点に水が溜まっていることがあります。掻きむしると爪で小水疱が裂け、中からなにか水のようなものがでてくることがあります。

これは虫にさされたことが原因で起こるほか、湿疹や皮膚炎などでもときたま確認できる症状です。

丘疹全体に水が溜まっている場合はどのような症状なの?

丘疹全体に水が溜まっている状態のことを医学的には水疱、一般的には水ぶくれと呼びます。

皮膚の表皮の中やその下にさらさらとした水分がたまっており、半球状に皮膚が隆起していた状態で、目視ですぐに確認できる症状です。この中に含まれている水分は損傷してしまっている組織からしみだしてきた血清やたんぱく質なので、ほとんど色はついていません。

また、表皮にできるため治りも早く跡が残ることはほぼありません。反対に全身にかかった疾患が原因で皮膚の深い部分に起こった水泡は治療に時間がかかり、跡が残ることもあるといわれています。

スポンサーリンク

丘疹が体に発症したら、どのように対処すればいいの?

そばかす

丘疹は目に見えて症状を確認できますが、深刻な病状であることはほぼないため、自宅での手当のみでかなり改善ができる場合がほとんどです。そのためドラッグストアなどでの市販薬でも丘疹がかなり改善する場合があります。

しかし、これは自然に丘疹ができた場合の処置です。もし、なにか新しい治療薬を処方され、服用し始めたときに丘疹がでたらすぐに医師の診察を受けてください。これは治療薬に含まれている化学物質に反応した場合、服用し続けると逆にほかの症状が悪化する場合があるためです。また、丘疹の原因がダニに噛まれた場合も、医師の診察をおすすめします。

これは、ダニはライム病という病気を持っている場合があり、自分で自宅治療を行うには限界があるからです。ライム病については、ライム病とは?症状・原因・治療法・予防法を紹介!を参考にしてください。

スポンサーリンク

 丘疹の原因とは?

涙2

丘疹の原因はさまざまな理由があります。皮膚に関する疾患のうちでも、主に3つの病気が原因となる場合が多いといわれています。

これは、皮膚炎、水痘、湿疹です。それではこの3つによる丘疹はどのような原因によって起こるのかを詳しく見ていきましょう。

皮膚炎によって丘疹が起こる場合

丘疹が起こる原因として、最も多いといわれているのが皮膚炎です。皮膚炎は主に皮膚が炎症を起こすことで、多くの丘疹がでてきてしまう症状です。最も一般的なものは接触性皮膚炎であるといわれており、日常生活において一番起こりやすい可能性のあるものです。

原因としては、ラテックスやゴムからできている化学製品、化粧品やせっけんといった美容系の製品、ほかにも衣服やアクセサリーを身に着けることで発症する場合もあります。

特に、衣服やアクセサリーは想定していないにもかかわらず、予期せずにおこってしまう場合が多いといわれています。この原因は衣服についている染料や化学物質に体が反応したり、アクセサリーの金属などに反応して炎症が起こるからだといわれています。

また、これらだけでなく漆に反応する場合もあります。ウルシに反応する場合建物に使用などがされているとその場所にいる限り炎症は収まらないので引っ越しの前などによく確認をしておくことが重要です。

これらに対して炎症が起こる原因としては、皮膚に特定の物質が接触してしまうことでその刺激に反応したり、アレルギー反応が起こることで発症します。その為、自分のアレルギーなどは事前に調べ防止できるように心がけることが重要です。

水痘によって丘疹が起こる場合

水痘によって丘疹が発症する場合もあります。水疱を発症する理由は、水痘帯状疱疹ウイルスに感染することで、伝染性疾患にかかることであるといわれています。水痘に感染すると、皮膚にはかゆみを伴った丘疹が発生します。この丘疹はほかの疾患と比べてかなりかゆみを感じるといわれているので、注意して治療をすることが重要です。

伝染性が高いため、水痘にかかったことのない人やワクチンを受けていない人はきわめてかかりやすいといわれています。加えて毒性が強いため、乳児や免疫力が低下している人はかかりやすく、かかったさいは非常に危険な疾患であるといえます。

湿疹によって丘疹が起こる場合

丘疹は湿疹によっても発症します。この場合の湿疹は別名、アトピー性皮膚炎と呼ばれており、発生した丘疹はかゆみを伴ううろこ状であったり、極度に乾燥したものが多いといわれています。反対に水疱を発症することがありますが、これらの丘疹の原因は厳密には解明されていません。

ただ、こちらの症状は何かに対する防御反応であるアレルギーというわけではありません。多くの場合は乳児に発症して、成人するまでに治っていくといわれています。

皮膚カンジダ症によって丘疹が起こる場合

皮膚カンジダ症によっても丘疹は発症します。この皮膚カンジダ症は別名、皮膚感染症やイースト感染症ともいわれています。細菌感染することによって発症し、特にカンジダ・アルビカンス菌が原因だといわれています。

この細菌に感染する経路は様々なであり、赤ちゃんの場合はおむつにかぶれることによって発症します。成人の場合には膣カンジダ炎がおこることで発症することもあるといわれています。

そのほかの丘疹が起こる原因とは?

丘疹の原因には他にもいろいろあります。先述しましたが、薬剤に反応した副作用や、扁平苔癬といい、手首に発生した蛇のうろこのような赤紫色の光沢のある丘疹が発生する感染性のない疾患が原因であったり、帯状疱疹といい、帯状疱疹ウイルスが原因で痛みを感じる水疱を発症する病気、ハンセン病や虫にかまれることによっても発症するといわれています。

本当に様々な原因から発症するので、自分で勝手に自己判断して治療を行うことなく、医者からきちんとした診療をうけて適切な治療を行うことが重要です。

スポンサーリンク

丘疹を家で治す方法とはどのようなものなの?

医師

丘疹の原因が薬剤である可能性があります。その為、治療において主治医とともに薬剤の服用についてきちんと相談をし、自分に一番合った治療を行ってもらうことが重要です。また、ダニなどの虫刺されはとくにライム病などにかかる可能性があるため事前に相談をするのが重要です。このライム病は丘疹を起こすだけではなくて、脳の炎症にまで発症する可能性があるため、注意が必要です。

自宅治療の場合、皮膚に薬を塗る際は事前に戦場が必要です。これは、患部をきれいにすることで余計な細菌をあらいながし、より薬が効くようにするためです。洗浄する際には熱すぎないぬるま湯と刺激の少ない自然派のせっけんで、患部の刺激を行わないように心がけます。また、皮膚を擦らないようにやさしく肌を洗います。

患部には化粧品やローションをできるだけ塗らないよう心がけます。これは化学物質をつけないようにするだけではなく、使用をやめることでそれ自体が原因でないかどうか調査を行うためです。又、薬を塗った後も患部は包帯などで圧迫することなく、風通しよく保つことが重要です。

水痘を発症して丘疹が現れた場合には自然におさまるまでまつのが今一番の治療方法だといわれています。しかし、患者が新生児や乳児である場合には免疫力がまだないので、医師の診察を受けることをおすすめします。これは免疫力が低下している成人や、元々アトピー性の皮膚炎を持っている人も同様です。ここで放置すると、合併症の可能性があるため、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎の場合はオートミールからできている入浴製品を試してみるのがおすすめです。これは、肌を落ち着かせる効果があり、自然物からできているため安心して使用することができます。

スポンサーリンク

丘疹の予防方法とはどのようなものなの?

口の違和感

丘疹の原因によって、その予防方法は異なってきます。予防方法としてはなにより皮膚を清潔に、乾いた状態に保つことが重要です。これは不潔だと細菌が増えるのはもちろんですが、じめじめしている場所で細菌が増加するからです。

また、水痘の予防には水痘ワクチン接種がかなりの効果を示します。ほかにも、母乳で育てられて場合赤ちゃんはアトピー性皮膚炎を八書しづらいといわれているので試してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

症状

丘疹は主に蚊のさされであったりアレルギーが原因で見られます。

ほかにもある様々な疾患から原因をすぐにみつけることは大変なので、なにか皮膚に異変を感じたらすぐに医師の診断をあおぎ、早期治療を行っていくことが重要です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする