生理前に頭痛や吐き気を感じる原因と対策方法の紹介!

スポンサーリンク

女性の方は、生理が近づくにつれて吐き気や頭痛をいつも感じてしまうという方も多いのではないでしょうか?生理と頭痛があまり関係ないと思っている人の認識は間違っています。

実は生理と頭痛は密接な関係にあります。生理前に頭痛が重なっているだけと思ったら大間違いです!その頭痛は月経前症候群(PMS)といわれている生理前に起きる症状の一つなのです!

実は生理前に発生するこの症状は頭痛以外にも沢山の症状を発生させる厄介なものになります。

生理痛も激しい上に、頭痛に悩まされて毎回の生理が地獄に感じてしまう・・。こんなことが毎月あると考えただけでも、嫌になりますよね。

今回は、生理前の頭痛についての記事を書いています。女性でも意外と知らない人が多いPMSの症状やその原因について紹介していきます。

この記事では特に頭痛に関する対策法などを中心に紹介していきますので生理前の頭痛をなんとかしたいお考えの人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

月経前症候群について

flamingo-600205_960_720目が合う

月経前症候群の一つとして、頭痛が発生している可能性があります。ところで月経前症候群っていったいなんなの?と思う人もいるのではないでしょうか。

どういったものかを知っておきましょう。プレ・メンストラル・シンドロームと呼ばれ、PMSと略されることがよくあります。

PMSってなに?

PMSとはPremenstrual Syndromeの略称になります。

PMSの症状は200以上にのぼり、この内の幾つかの症状が複合的に発症します。生理前に大きく変動するホルモンバランスの変化をきっかけに体の体調に変化が訪れ、つらい症状を発症することのある症状になります。

4人に3人は生理前に何かしらのつらい症状を抱えており、PMSの症状について知っています。

女性の体は排卵の働きにあわせて体温や分泌物を調整しています。このホルモンの変化に合わせて精神が不安定になったり症状が辛くなることがあるのです。

発生する時期について

人それぞれ生理の周期は違いますしその時の体調などによっても時期は変動しますが、だいたい生理になる1週間〜2週間前の見られるのが、月経前症候群です。

生理の前に起きる現象であり、生理が始まりだすと症状もしだいに落ち着いてきます。

春先に特に辛くなる、冬に辛くなるなど天候や季節によっても辛くなる時期が個人個人に存在します。特に精神的に不安定になっている時期に症状がひどくなってしまうこともありますので自分の症状が特に辛くなる条件などを抑えていきましょう。

PMSの症状について

まずはPMS(月経前症候群)にはどのような症状がみられるかを知りましょう。

症候群という症状はいくつもの症状が複合的に発生することのある症状になります。

  • イライラしやすくなる
  • 腹部に痛みを感じる
  • 頭に痛みを感じる
  • 睡眠欲が高くなる
  • 胸部分に痛みを感じる
  • ニキビができやすくなる
  • 太りやすくなる
  • 疲れやすくなる
  • 集中力が低下する
  • むくみが強く発生する
  • 全身倦怠感
  • 冷えの症状がでる

などが主な症状になります。個人差はありますが、最初の5つの症状に関しては特に多くの人が感じる症状になります。

スポンサーリンク

生理前に頭痛を感じる原因

angry-2191104_960_720

では次に、なぜいつも生理が近づくに連れて頭痛を感じるのかを把握しておきましょう。頭痛の症状にピックアップして症状が発生する原因を紹介していきます。

幾つかの原因がありますので、それが最も深く関わって発生しているのかを明らかにしていきましょう。

血管の膨張

生理が近づくことで、女性ホルモンに変化が起きることで頭痛が発生しているのが多くの原因になります。

生理で変化する女性ホルモンは、卵胞ホルモンである「エストロゲン」と黄体ホルモンである「プロゲステロン」の二種類です。

この二種類の女性ホルモンが生理前になると、減ったり増えたりを繰り返します。そうなることで、自律神経が不安定になってしまい、「セロトニン」が体内から減少してしまいます。

セロトニンが減少すると、脳にある血管を拡げる作用が働いてしまい、それにより拡張した血管が脳神経を圧迫して頭痛を感じてしまうのです。

血管が膨張することで、脳にある三叉神経を圧迫してしまいます。そうなることで発生する頭痛を「偏頭痛」と呼びます。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

偏頭痛にいつも悩まされていて、薬を飲んでもなかなか効果が得られないという人は専門的なサプリメントを試してみるのも良いかと思います。



ズキズキとお困りの方へおすすめのサプリ【ズキラック】

8種類の自然系素材を配合したサプリメントです。頭痛の原因でもある血管の収縮は、ストレスや生活リズムの乱れにより発生します。そういった方にオススメであり、美容成分も含まれているので女性には嬉しいですね。また、1粒あたり99円と値段もそんなに高くないのもメリットです。

ずきしらずの実
『ずきしらずの実』

夏白菊・にがり・オオイタドリの3つの成分を配合した商品です。頭痛が発生する頻度を抑え、頭痛がきても軽度の痛みしか感じないようにする効果が期待できるサプリメントです。頭痛が頻繁に起きるという方にはオススメです。

これらは、偏頭痛のために開発されたサプリメントなので、高い効果を得ることが出来ます。

筋肉の緊張

生理前になって、ホルモンバランスが崩れることが原因で、偏頭痛とは別の頭痛が発生する場合があります。

自律神経のバランスが乱れて、交感神経が活発になることで、興奮状態が続きます。そうなると、筋肉の緊張している時間が長くなることで、首や肩にコリが発生することが原因となり頭痛になることがあります。

肩や首にコリが発生すると、血行不良が起きてしまい、脳に正常な量の血液を届けられることができなくなるので、酸欠状態になり頭痛になります。こういった頭痛を「緊張型頭痛」といいます。

スポンサーリンク

生理前の頭痛の対策方法

自由に生きる

生理前に感じる頭痛は、「偏頭痛」と「緊張型頭痛」の二種類ということがわかりました。ではこれらの頭痛は、どのようにして対策すれば良いか紹介します。

それぞれの頭痛の特徴と対策・予防方法を紹介します。

偏頭痛について

二種類のうち、多いのは偏頭痛の可能性があります。偏頭痛がどういったものかを知りましょう。

・痛み方の特徴

痛みの特徴として、ズキンズキンと刻むような痛みを感じるのが特徴です。痛みの強さに波があり、何も手がつけられないくらい強い痛みを感じる時と、比較的軽い痛みが交互に繰り返されます。

また、頭全体に痛みを感じるではなく、一部分に強い痛みを感じるという場合が多くあります。

・対策方法

生理前の偏頭痛が起きた時どのようにすれば痛みを解消できるかを紹介します。

まず簡単に行えるのが、カフェインを摂取することです。膨張している血管を縮ませる効果があるので、三叉神経の圧迫を回避しましょう。コーヒーや緑茶に含まれています。

また、痛む箇所を冷やすことも対策としては良いでしょう。冷やすことで、血管が収縮して、痛みを和らげることができます。静かな暗い部屋で、冷たいタオルを当てましょう。

偏頭痛を感じた時にぜひとも摂取したい食べ物があります。

アーモンドや大豆類に含まれている「マグネシウム」と、タマゴやレバーに多く含まれる「ビタミンB2」です。これらには、血行を促進する作用があり、偏頭痛を緩和してくれます。

偏頭痛には市販の頭痛薬が効かない?

片頭痛は市販の頭痛薬では痛みが和らぎにくい症状になります。

頭痛薬には血管を収縮する作用は無いので、継続して痛みが発生してしまいます。市販薬の頭痛薬は末梢神経や中枢神経で感じている痛みをブロックする働きがあります。

ですので、全体的に痛みが発生している場合には有効ですが、片頭痛のみの痛みの場合には聞きづらい傾向がありますので、そこは覚えておきましょう。

効かないから多めに飲むなどの行為はしないようにしましょう。

しかし、片頭痛のメカニズムについてすべてが明らかになってる訳ではありません。看病をしてもらい安心することで痛みがなくなってしまう事もあります。

安心作用で痛みが軽減することもありますので、その場合には薬が心の看病効果をうみだして痛みが軽減することもあるかもしれません。

緊張型頭痛について

頭痛の種類によっては、対処方法が少し変わってきます。偏頭痛と緊張型頭痛の違いを把握して、適切な対策をとりましょう。

・痛み方の特徴

こちらは、偏頭痛とはうってかわって、頭部を締め付けるようなじんわりとした痛みが長時間続きます。生活ができないほど強い痛みを感じることは少ないですが、慢性的に痛みを感じることが多くあります。

・対策方法

緊張型頭痛が起きた場合の対策方法を紹介します。

緊張型頭痛は、脳が血液不足に陥っている状態なので、冷やすのではなく温めることで、血行を促進する必要があります。間違って冷たいものを当てると、症状が悪化する恐れがあります。

また、生理前にいつも緊張型頭痛が発生してしまうという人は、日頃から運動することを取り入れましょう。肩や首にコリがたまりにくい体づくりと、血行を良くするという二つの効果を得ることができます。

また、慢性緊張型頭痛の場合には不安やストレスが大きな原因となって問題が発生していることが多い症状でもあります。

心を落ち着けることで症状が緩和することが多くありますのでとにかく休むことが最も有効な対策法になります。

15分でもわずかに寝るだけで痛みがなくなってしまうこともありますので、睡眠できる環境であれば、体をしっかり温めて寝るようにしましょう。

・緊張型頭痛には市販薬がオススメ

市販薬は緊張型頭痛には特に有効な治療薬になります。

脳内に溜まってしまった老廃物が脳内で炎症を起こし痛みを発生させているので、その炎症を和らげて痛みを元からブロックしてくれます。

温かい飲み物と一緒に飲むといいでしょう。

頭痛が発生してから体を動かすのは辛いこともありますので、改善するためにストレッチを行っていて強い痛みを伴う場合には市販薬を適応量のんでしっかり休息を取りましょう。

特に生理痛と一緒に発生する頭痛や痛みなどに総合的に効果のある商品も販売されていますので、より眠りにくい成分などで配合されたものを使用して改善していくといいでしょう。

スポンサーリンク

生理前の頭痛を予防する方法は?

vintage-2373083_960_720

どうしても辛い生理前の頭痛・・・そんな症状が発生しないようにする、もしくは軽減することが出来る対策法があれば是非試してみたいですよね。

ココでは、女性ホルモンのバランスを食事や生活法などによって出来るだけ整えて、急激な変化を抑えて、出来るだけ緩やかにホルモン変化を促すための対策方法を紹介します。

痛みなどを発生させる症状を軽減できることが期待されますので卵胞ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンのプロゲステロンなどを出来るだけバランスよく分泌させる方法について知っていきましょう。

豆乳を飲む

大豆食品の中には大豆イソフラボンという成分が含まれています。

この大豆イソフラボンは女性ホルモンの卵胞ホルモン「エストロゲン」とにた性質の働きを持っているので、排卵期に入る段階で大幅に減少してしまうエストロゲンの効果を補ってバランスの乱れを整えてくれます。

豆腐や納豆からでも摂取できますが、比較的摂取しやすい豆乳をおすすめしています。無調整豆乳、調整調乳とありますが、調整豆乳は飲みやすく砂糖や他の栄養素なども含ませている商品ですので、糖分などを気にしない場合には調整調乳で構いません。

1日200mlを目安に毎日飲むようにしましょう。生理周期1日目から豆乳を飲み続けると効果があります。体調が良いときの段階からので置かないと効果がないので一定量飲み続けましょう。

しかしイソフラボンは摂取しすぎると乳がんリスクが高まるなどの問題もあります。過剰摂取だけはしないようにして対策していきましょう。

睡眠時間を調整する

睡眠時間にはホルモンの調整を行っている副交感神経が最も活発に働いています。

睡眠を行う時間によっても分泌されるホルモンの量が変化します。人間の体内時計の周期にあわせて22時〜深夜2時までの時間帯に寝ることが最も効果が高く、調整がしっかり行われるタイミングになります。

ですので、この時間帯にしっかり睡眠を摂ることが重要です。

出来るだけ24時までの時間帯には睡眠できている様に、睡眠を摂るようにしましょう。

低用量ピルを使用する

生理のタイミングをずらしたり、整えたりするために用いられている薬になります。

特に月経前症候群の酷い人は生理が遅れてしまうことが多く、それにともなって重い生理痛が発生しやすい傾向があります。

生理周期をしっかり整えることで生理痛やPMSの症状はかなり軽減することが明らかになっています。

出来れば初めは婦人科に行って症状などをしっかり伝えて服用法についてのアドバイスを貰うことをおすすめします。

低用量ピルの使用方法は基本的には生理周期5日目から2週間ほど毎日服用して、2週間飲んだらそこで服用をやめると生理が開始されるというものになります。

細かい時期については専門家の指示を聞いて服用しないと中々改善されませんし、経過も観察することが出来ませんので、しっかり専門家についてもらって治療していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

生理前に頭痛を感じる原因

・女性ホルモンの増減により、血管が膨張して神経を圧迫するため
・ホルモンバランスの変化により、交感神経が優位になり筋肉の緊張が続くため

生理前の頭痛の対処方法

・ズキズキと痛む偏頭痛の場合
カフェインを摂取して、血管を収縮させる。もしくは、痛みを感じる部分をふ冷やすことで、血管を縮ませる。

・締め付けるような痛みの緊張型頭痛の場合
温めて血管を膨張させて、血の流れを良くする。慢性的に感じる人は、日頃から運動することを取り入れる。

生理前の頭痛を予防する方法は?

  • 豆乳を飲んでイソフラボンを摂取する
  • 睡眠時間を調整する
  • 低用量ピルを使用して生理周期を整える

以上が今回の記事のまとめになります。

生理前の頭痛は、いわゆる月経前症候群(PMS)の症状の一つです。時間が経てば次第に治ってくる場合が多いです。しかし、痛みを感じている時は、何も手がつかなくなる状態になることもあるので、正しい適切な処置をとるようにしましょう。

関連記事としてこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

生理中の食事は何がいい?貧血や頭痛が多い人におすすめ!

生理による肌荒れの原因とは?生活習慣を見直そう!

生理前の眠気の5つの対策方法を紹介!眠い体をなんとかしよう!

生理前に太る3つの原因とは?いつから太りだすの?

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする