シミを消す方法は何がある?自分で出来る対策と生活習慣の改善について!

スポンサーリンク

顔にできてしまったシミがどうしても気になる…そういったとき、どうにかしてしみを消せないものかと考えるかもしれませんね。顔は体で最も目立つ部位ですし、シミができてしまうと目立ちやすいものです。

シミを消すためには色々な方法があります。それはスキンケアの方法や医療の力を借りる方法などです。では、シミを消す方法について詳しくみていくことにしましょう。

スポンサーリンク

そもそもシミとは?

しみ

シミを消す方法についてお話しする前に、そもそもシミとは?ということについてみていきましょう。

シミと一言にいっても色々なタイプがあり、それぞれ原因やメカニズムが異なります。具体的には以下のタイプがあります。

老人性色素斑

加齢とともに発症するシミです。顔にできますが、腕や手の甲といった日光がよく当たる部位にもできます。薄い茶色をしていて、円の形をしていることが特徴です。このシミは40代に入ってから出てくることが多いですが、早い人では20代で見られることがあります。

斑はこれまで長い間日光を浴びてきたことが原因で出てしまいます。紫外線は皮膚の細胞を破壊する作用がありますが、皮膚には通常、紫外線から細胞を守るためメラニン色素を生成するという役割があります。メラニンはメラノサイトという色素細胞から産生されます。

メラニンは皮膚のターンオーバーによって排出されます。しかし、加齢に伴ってターンオーバーの周期が長くなったり、そもそも行わなくなったりすると、シミが沈着。老人性色素斑を発症するのです。

詳しくは、老人性色素斑を治療するにはレーザーが必要?症状や原因、治療方法を知ろう!を参考にしてください。

炎症性色素沈着

ニキビや肌荒れなどの炎症・お肌のトラブルが原因で起こるシミです。肌の状態が悪化し、シミとして色素沈着してしまったものを指します。一時的なものと慢性的なものがあり、注意する必要があります。

一時的なものとしては火傷や外傷などがあります。こういったものはきちんと対処することで、その後の傷跡を残さなくて済むようになります。肌の状態に気を配る必要があり、症状が強ければ皮膚科に行くようにしましょう。

慢性的なものとしてはアトピー性皮膚炎やニキビなどがあります。こういったものは繰り返し肌の状態を悪くする特徴があり、シミなどの跡を作りやすくなってしまいます。

また、肌が弱い人・敏感肌の人は洗顔などの摩擦・刺激で肌が荒れてしまうことがあるようです。毎日のことですから、洗顔はなるべく優しく行うようにしましょう。

肝斑

老人性色素斑は炎症性色素沈着とは異なり、目の下の広範囲に見られるシミが肝斑です。見た目としてはかなり気になる場合もあるかもしれませんね。色の濃さも範囲も人によって個人差があります。

シミの発生は紫外線が大きな原因といわれていますが、肝斑の場合は女性ホルモンも関係しているといわれています。具体的には妊娠やピルの服用などをきっかけとして発症することがあります。

そばかす

そばかすは目の下、頬などに見られる斑点です。また、顔以外の部分にも見られることがあります。シミの原因は紫外線でしたが、そばかすは遺伝が原因といわれています。

遺伝なので、そばかすは年齢の小さい子供に見られます。歳を重ねるごとにそばかすが消えていくことも特徴の1つです。肌を傷つけないためには他のシミと同様、紫外線対策が必要です。

詳しくは、そばかすの原因とは!しみとの違いってなに?を読んでおきましょう。

スポンサーリンク

では、どうやってシミを消す?

シミを消す

シミにはいくつかのタイプがあるということがおわかり頂けたかと思います。

では、具体的にシミを消すためにはどういったことをしていけばいいのでしょうか。このことについてみていきましょう。

まずはシミのメカニズムを知る

シミを消す方法を知るためには、どうしてシミができるのかについて知っておく必要があるでしょう。先ほど少し述べましたが、もう少し深掘りしていくことにしましょう。

シミはメラニンという成分の沈着によって起こります。メラニンは紫外線から細胞を守るために生成される成分で、通常であれば排出されます。

しかし、ターンオーバーという肌の新陳代謝機能が低下することでメラニンがうまく排出されず、シミとして沈着してしまいます。これがシミができるメカニズムなのです。また、肌バリアが低下すると、メラニンの排出機能が低下します。

日頃からよく紫外線を浴びていたり、もしくは肌に悪い食べ物や習慣をしているとシミはできやすくなってしまうでしょう。若い頃はいいかもしれませんが、年を重ねるほどシミはできやすくなってしまうのです。

シミを消す3つの方法

では、そんな厄介なシミをどうやって消していけばいいのでしょうか。

シミを消すといっても、色々な方法があります。目立たなくする、予防・対策をする、医療的に施術するなどです。それぞれの方法についてみていきましょう。

シミを目立たなくする

シミを目立たなくする、隠す方法は最も簡単な方法の1つです。これはコンシーラーを使うことで行なっていきます。普通の化粧やファンデーションでは厚塗りとなってしまうことがあるので、コンシーラーを使った方がいいかもしれませんね。

肌の状態やシミの色・範囲によってコンシーラーを選ぶようにしてみてください。値段・価格もなるべく払い続けられるようなものを。細かなことかもしれませんが注意してみてくださいね。

予防・対策をする

シミの予防・対策も重要です。紫外線対策や肌のお手入れを怠ってしまうと、シミが多くなったり、より広範囲に広がってしまうなんてこともあるので注意が必要でしょう。

セルフケア法としては美白化粧品・美白美容液を使うことをおすすめします。美白化粧品はシミの発生を抑える効果があり、肌の状態を維持し、美白効果が期待できます。美白化粧品・美白ケア化粧品を取り入れていないようであれば、購入し美白ケアを始めてみてください。

なお、注意点としては使い続けること。外に出れば嫌が応にも紫外線に当たりますから、美白のためには小さなことでも予防するに越したことはありません。自分の肌にあった最善の美白化粧品・美白クリーム・美白成分を探してみましょう。

最近ではピーリング化粧品がシミ対策として効果があるようです。ピーリングは肌に蓄積した古い角質を除去するだけでなく、シミの原因となるメラニンの除去もサポートしてくれます。肌質に合う合わないなどのデメリットがありますので、十分検討したのち購入してみることをおすすめします。

医学的に施術する

根本的にシミを消したいというのであれば、美容クリニックや美容皮膚科などで美容医療を受ける方法があります。美容・医療用のレーザーをシミの照射することで、シミを除去することができます。ただ、根本的に治療ができるものの、レーザー治療はやはりお値段が張ることもあります。

シミが気になって、人の目も気になる…そういう人は思い切って治療を受けるのもいいかもしれませんね。化粧品代などを使い続けることを長い目で考えると、そちらの方が安いこともあります。美容外科の医師と検討してみてください。

美白スキンケアと美白有効成分

化粧品には美白有効成分が含まれているものがあります。美白有効成分はメラニンの生成を抑え、シミを防ぐ効果があるものとされています。

こういったものが入っているものを選ぶことで、効果的にシミを予防することができます。有効成分として以下のものがあげられます。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は体内に入り込むことで、ビタミンCに変化する成分です。体内に存在する酵素がその働きをしてくれます。ビタミンCをそのまま摂取すればいいのでは?と思うかも知れませんが、ビタミンCは壊れやすいという性質があるため、皮膚に塗るだけでは効果が薄れてしまうのです。

そのため、ビタミンC誘導体という形で使うことが肌質向上に繋がるのです。即効性が高いという特徴があり、配合されている化粧品を選んでみるといいでしょう。

ハイドロキノン

効果の強い成分です。人によっては副作用によって皮膚の炎症を招くことがあるので、ハイドロキノン配合の化粧品には注意が必要です。

メラニンの発生を抑え、シミができるのを予防してくれます。美白成分として有名ですが、使う際にはきちんとパッチテストを行うようにしてください。

アルブチン

ハイドロキノン同様、メラニンの産生を抑える効果があります。

また、ハイドロキノンほど副作用は大きくないので、安心して使用される成分の1つです。肌への負担が少ない成分をなるべく選びたいものですね。

イオン導入器

肌のより奥深くまで美白成分を浸透させる方法としてイオン導入器があります。美容家電コーナーでよく見かける製品です。

これを使用することで、普段のケアをより効果的なものに変化させることができるでしょう。

効果のないシミ対策法

これまでご紹介してきたのは、シミを消したり、予防する効果のあるものでした。

しかし、一方でそれらしい理由があるのだけども効果が薄い対策法があります。肌に合わなければ肌荒れの原因になることも。十分に注意する必要があります。具体的には以下の方法があげられます。

レモン汁

レモン汁を使ってシミを消すという方法があります。しかし、人によっては肌に合わず、肌荒れの原因になることがあるようで有効性は低いでしょう。レモン汁を使うことは、コストの面から安上がりで簡単かも知れませんが、先にご紹介したビタミンC誘導体を含む化粧品を使用したほうがいいでしょう。

とぎ汁洗顔

シミ対策としてお米のとぎ汁で洗顔するという方法もあります。これもレモン汁と同じく、実感できるほどの効果はないといわれています。肌の乾燥が進んでしまうこともあるため、やはりきちんとした美容品を使用した法が良さそうです。

スポンサーリンク

シミを消す生活習慣

睡眠

ご紹介したシミを消す方法は化粧品やクリニックに頼るものでした。一方で、生活習慣を改善することも、シミを消したり予防することに重要な効果を示します。

では、どういった生活習慣を心がけると良いのでしょうか。

睡眠時間を十分に確保する

肌にはターンオーバーがあるというお話をしました。要するに肌の細胞が入れ替わる現象のことですね。この機能の低下がシミを作ってしまう原因の1つでした。

ターンオーバーの機能を下げてしまう原因の1つに睡眠不足があります。睡眠が不足している状態は体の機能が低下し、十分な力を発揮することができません。それはターンオーバーも同じです。

シミ対策をしたとしても、普段から生活が不規則で睡眠時間が短い…そういった生活習慣をしていると、シミは増えていく可能性があるでしょう。睡眠時間を十分取るというのはまず行いたい重要なことです。

肌に良い食事をとる

私たちの体は日々食べたものから作られています。肌に良いものを食べれば、肌質は良くなりますが、肌に悪いものを食べれば肌質は悪くなります。当たり前のことですよね。

シミ対策のためには肌質を向上させてくれる食べ物を食べることが大事です。具体的には以下の成分を含む食べ物がおすすめです。

ビタミンCを多く含む食材

ビタミンCは抗酸化作用があります。肌の老化を防ぎ、シミができるのを予防してくれるでしょう。ピーマンやパセリ、ブロッコリーというような色のついた野菜にビタミンが豊富に含まれています。

リコピンを多く含む食材

リコピンはメラニンの生成を抑える作用があるといわれています。トマトやピーマなどに含まれているので、日常的に食べるようにしたいものです。

ストレスを減らす

ストレスが体に及ぼす影響というのは目には見えませんが大きなものです。例えばストレスを受けると、筋肉が緊張し、血行が悪くなることがあります。これは肌に十分な血液が循環せず、肌の老化を招くことにも繋がります。

また、肌質を向上させるホルモン分泌も抑制されることがあり、ストレスは肌の深刻な老化現象を招きます。ストレスとの付き合い方を考えるというのも、重要なシミ対策といえるでしょう。

ストレスを減らすためには、きちんとオン・オフの切り替えをすること。また自分の楽しいと思うことをするといったことが大切です。ストレスの蓄積を最小限にとどめ、うまく発散する。これを意識するだけでも、肌質は変わってくるでしょう。

スポンサーリンク

シミの基本的な対策

紫外線対策

これ以上シミを作らせないためには、普段からきちんと対策をする必要があります。

一度できてしまうとなかなか消すことができないシミ。そうならないためにはどういったことができるのでしょうか。

なにより紫外線対策!

紫外線はシミを作る最大の原因です。絶えず太陽から降り注ぐ紫外線ですが、この対策をしなければ、どんな美容化粧品も意味がないでしょう。小さなことですが、きちんと対策する必要があります。紫外線対策としては以下の方法があります。

日焼け止めクリームを塗る

最もシンプルな対策法です。外出時には曇りや雨だったとしても、紫外線クリームを塗るという人もいます。曇りの日ほど対策をしないものですが、微量な紫外線が肌を傷つけることがあるので注意が必要です。

ツバの長い帽子をかぶる

日差しが強い弱いに限らず、帽子をかぶるようにしましょう。日焼け止めクリームと併用することで、より紫外線をカットし、日焼けを予防することができます。ツバの短いものでは肌に紫外線が当たってしまうので、長いものをかぶることがポイントです。

日陰を歩く

ちょっとしたことですが、日陰を歩くことも紫外線対策になります。木陰やビルの陰など、極力紫外線を避けて歩く。これだけでも十分紫外線を回避することができます。ぜひ意識してみてくださいね。

日傘をさす

荷物が増えるので面倒という人もいるかもしれませんが、日傘も重要な紫外線対策です。特に暑い夏場なんかは紫外線の量が多くなっているので、いつも以上に意識を高め対策する必要があるでしょう。

アフターケアを怠らない

外出した日、特に日差しが強かった日の夜はきちんとアフターケア・紫外線ケアをしてあげるようにしましょう。

それは美白化粧品や美白化粧水など、肌に栄養を与えるようなものを意識して使うようにしてください。小さなことですが、細かくケア法を実施することが今後の肌質を決めます。

スポンサーリンク

まとめ

シミは一度できてしまうと、悩みの種となったり、気になったりしますよね。目立たない部分であればいいのですが、顔にできてしまうとどうにかしたいと思うのが自然な感情だと思います。

肌の質を保つためには生活習慣を改善したり、今使っている化粧水や美容液、基礎化粧品を肌により良い商品に変えるなどのセルフケアの方法があります。また、どうしても消したい場合は医師に相談するというのも1つの手です。

美しくより白い肌を手に入れるために。そして透明感のある肌を手に入れるために、身の回りのことを改善してみてください。そうすると、イメージした綺麗な肌を手に入れるかもしれませんよ。日々の1つ1つのケアが美しい肌を作るのです。

関連記事として

綺麗になるにはどうすればいい?生活習慣の改善やスキンケア、内面の磨き方を知ろう!

顔のブツブツはニキビじゃない可能性もある?病気の可能性と治し方を知ろう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする