こんにゃくセラミドの効果とは?美容やスキンケアに有効?摂取方法も紹介!

スポンサーリンク

「こんにゃくセラミドが美肌を造る」ということは、意外と知られていないようです。

コンニャクは、超低カロリーで食物繊維が豊富なので、ダイエットやお腹のお掃除に良い食物として知られています。その蒟蒻(こんにゃく)に美肌効果があるのですから、「きれいになりたい女性」にとって、まさにスーパー食品です。こんにゃくセラミドは、アトピー性皮膚炎の改善にも効果があるようです。

蒟蒻として食べるだけでなく、こんにゃくセラミドが含まれている化粧品もあります。こんにゃくセラミドの効果と摂取方法についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

セラミドとは?

girl-2204627_960_720肌の美しい女性

美しい肌とは、はりがあって、しっとりとしてみすみずしく、弾力のある肌です。

美肌を造る成分にはいろいろありますが、セラミドはその1つです。セラミドは、コラーゲンやエラスチンとともに肌をみずみず保ちます。

[セラミドは皮膚の成分]

「セラミド」は、スフィンゴ糖脂質の1種で、スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合した化合物群の総称です。スフィンゴ糖脂質とは「糖鎖とセラミドを有する機能性複合糖脂質」です。

細胞間脂質の主成分で、細胞間脂質の約50%を占めています。皮膚(肌)の角質層において、細胞と細胞の間でスポンジのように水と油を抱え込んでいます。

皮膚の角質層は、角質細胞が何層にも重なり合ってできています。セラミドは、この角質細胞を接着しています。

セラミドは、皮膚に元々ある成分で、肌や髪にうるおいを与える保湿作用と、皮膚を様々な刺激から護るバリア機能があります。

セラミドは皮膚の新陳代謝により生成される

セラミドは皮膚のターンオーバー(新陳代謝)により生成されます。皮膚に蓄積される時は、グルコシルセラミドとスフィンゴミエリンに分解されます。分解されたグルコシルセラミドは酵素の働きで、セラミドに再合成されます。

セラミド1がバリア機能を高める

皮膚に存在するセラミドには7種類あります。その中のセラミド1が、細胞と細胞を隙間なくしっかりとくっつける働きをします。バリアをしっかり作るのです。セラミド1は皮膚のバリア機能を高めます。

セラミド1が不足すると、アトピー性皮膚炎・魚鱗症・角化症などの皮膚疾患が発症します。

セラミドは加齢などにより減少する

若い健康な人の皮膚にはセラミドが多く存在し、肌はしっとりしてみずみずしく保たれています。

でも、セラミドは、加齢・環境変化・気候の変化により、減少します。セラミドが減少すると、肌に潤いがなくなり、乾燥して、カサカサ肌になります。

乾燥肌や荒れ肌、老人性乾皮症の人は、セラミドの減少が著しいようです。

セラミドが減少すると、シワが増え、肌年齢が実年齢より老けて見えることがあります。

[セラミドの働き]

天然のセラミドは、ヒアルロン酸と同じように、高い保湿効果があり、皮膚の角層(角質層)の水分を維持して、皮膚をみずみずしくする効果があります。また、角質細胞を隙間なくくっつけて、皮膚のバリア機能を助ける役割を果たします。

保湿効果

セラミドは皮膚の角質層にある細胞間脂質で、スポンジのように水と脂を抱え込んでいます。

セラミドにより、肌は水分をたっぷりと含み、みずみずしさを保つことができます。

皮膚のバリア機能を保つ

皮膚は常に外界の様々な刺激に接しているので、生体を保護するために、生来の肌バリア機能を持っています。セラミドなど細胞間脂質は、皮膚のバリア機能を助けています。

セラミドは角質細胞を隙間なくしっかり接着し、水分の蒸発を防ぎ、外部刺激や細菌の侵入を防ぎます。皮膚のバリアとしての役割を果たしているのです。

セラミドなど細胞間脂質が減少すると、細胞の隙間ができ、肌バリア機能が低下します。皮膚内部から水分を維持することができなくなり、水分が蒸散して乾燥し、潤いのないカサカサ肌になります。外界からの刺激を受けやすくなります。

バリア機能が低下すると・・・

皮膚のバリア機能が低下すると、水分が保持できず、カサカサした乾燥肌になるだけではありません。敏感肌あるいは乾燥性敏感肌になります。肌トラブルが起きやすくなります。

バリア機能が低下しているため、外界からの刺激を受けやすくなります。細菌など異物が侵入しやすくなります。そのため、乾燥性皮膚炎や皮脂欠乏性湿疹など、皮膚疾患が発症します。

美白効果

最近、セラミドにはメラニン色素の生成を抑制してシミを防ぐ作用や、美白作用があるとわかりました。

[アトピー肌の原因]

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーの1種で、皮膚に炎症が起きることです。

アトピー性皮膚炎患者は、元来、皮膚の角質層のセラミドが不足しているとともに、セラミド分解と再構成に関わる酵素に異常が見られます。

セラミドが不足している

角質層の細胞間脂質の中で、保湿効果の高いセラミドが、通常は約50%を占めています。アトピー肌では、セラミドが少なく、保湿効果のない細胞間脂質が多くなっています。特に、セラミド1が著しく不足しています。

セラミドが少なく、細胞間脂質のバランスが崩れると、皮膚が硬くなります。セラミド1不足のため角質層(角層)の隙間が多くなり、皮膚を保護する機能が低下します。外部からの刺激や細菌の影響を受けやすくなります。

乾燥とバリア機能低下が同時に起こる

アトピー肌はセラミドが不足しているので、角質層や真皮に含まれる水分が外に出てしまいます。皮膚の乾燥と皮膚を保護する機能(バリア機能)の低下が同時に起こります。そのため、アレルギー反応が起きやすくなり、アトピー性皮膚炎が発症します。

皮膚の乾燥がかゆみの神経線維を伸ばす

アトピー性皮膚炎患者は、かゆみを伝達する神経線維が、真皮と表皮の境界部分を超えて、角質層の真下まで伸びています。通常の人は、真皮と表皮の境界の部分までです。

セラミドが不足して保水機能が低下し、皮膚が乾燥すると、表皮にある神経性成長因子が増えて、神経線維が伸びるのです。乾燥肌は肌のバリアが破壊されて、外部刺激を受けやすくなります。伸びた神経線維が外的刺激に過敏に反応して、かゆみが生じます。

角質層(角層)の水分が保持できれば、伸びた神経線維は正常に戻ります。角層の水分を保持するには、セラミドを増やせばいいのです。

[コラーゲンやエラスチンにも効果がある]

コラーゲンやエラスチンも美肌成分の1つです。コラーゲンは、細胞と細胞をくっつけているタンパク質の1種です。エラスチンは、コラーゲンをつなぎ止めて支えている弾力繊維です。コラーゲンは肌をみずみずしく保ち、肌にはりを与え、エラスチンは肌に柔軟性を与えます。

セラミドの保湿効果が、コラーゲンやエラスチンを安定させます。セラミドが不足すると、コラーゲンやエラスチンが不安定になり、機能が低下します。

セラミドとコラーゲン、エラスチンなど美肌成分をいっしょに摂取すると、効果が増します。

スポンサーリンク

こんにゃくセラミドとは?

portrait-1319951_960_7204美しい顔

セラミドには、動物由来のもの、化学合成されたもの、植物に由来するものがあります。

こんにゃくセラミドは、コンニャク芋に含まれる植物性グルコシルセラミドのことです。グルコシルセラミドは、セラミドとグルコース(ブドウ糖)が結合したスフィンゴ糖脂質の1種です。植物性グルコシルセラミドは、コンニャク芋の他に小麦・米・トウモロコシ・大豆に含まれています。

コンニャク芋のグルコシルセラミドの含有量は、小麦や米の7~16倍の量と言われます。

[グルコシルセラミドはセラミド1の原料]

グルコシルセラミドは、ヒトの体内では、新陳代謝で生成されたセラミドが分解して生じるものです。グルコシルセラミドは、酵素により再合成されてセラミド1になります。

グルコシルセラミドが不足すると、セラミド1が十分に再合成されず、肌が乾燥するとともにバリア機能が低下します。

こんにゃくセラミドで肌トラブルを改善する

グルコシルセラミドを補給すると、セラミド1 が増えて、肌の保湿力とバリア効果が高くなります。肌の乾燥対策・アトピー対策ができます。皮膚の角化症や乾皮症、皮膚炎などの肌トラブルが緩和、改善できます。

セラミドの保湿効果で、シワを防ぐことができます。セラミドには、美白効果・メラニン色素抑制効果もあるので、美白やシミの改善にも効果があります。肌の老化を防ぎます。

こんにゃくセラミドは安全性が高い

動物性セラミドは狂牛病などの心配があります。化学合成されたセラミドには、酵母などを組み合わせた天然型と、分子配列が似ている疑似型があります。疑似型は、セラミドとは全く別物です。「天然型」は天然の動植物由来のセラミドほど吸収性・活用性が高くありません。

植物性セラミドの中でも、こんにゃくセラミドは、浸透性が高い上に、安全性も高いのです。小麦と違い、アレルギー体質の人が摂取しても、ほとんど問題が生じません。

[こんにゃくセラミドの経口摂取]

こんにゃくセラミドを摂取する方法は、食品やサプリメントとして経口摂取する方法と、基礎化粧品として肌表面に直接塗布する方法があります。

コンニャクを食べて、グルコシルセラミドを補給する

コンニャクを食べても、「グルコシルセラミドが、腸で吸収されて皮膚に届くまでに、消化酵素で分解されてしまうから、効果は期待できない」という人がいます。でも、大丈夫です。

2012年にサッポロビールが北海道大学との共同研究において、「口から摂取された植物性セラミド(グルコシルセラミド)は、小腸でセラミドに再構成される」ことを実証しました。

生芋コンニャク半丁100gで約600㎎が摂取できます。1日の必要量は、生芋コンニャク半丁食べれば摂取できます。

(生芋コンニャクと精粉コンニャク)

市販のコンニャクには、2タイプあります。コンニャク芋を乾燥させ粉にした精粉タイプと、生のコンニャク芋をすりおろして造る芋タイプです。植物性セラミドの含有量は、芋タイプのコンニャクが多くなっています。精粉タイプのコンニャクでセラミドを補給する場合、コンニャクの摂取量が多くなります。

セラミドサプリメント

市販のセラミドサプリメントの多くは、生のコンニャク芋を原料としています。生芋コンニャクから高濃度の植物性グルコシルセラミドを抽出して、サプリメントに配合します。

コンニャクはおいしいし、調理方法もいろいろある食材ですが、毎日毎日生芋コンニャク半丁を食べ続けると、飽きてしまいますね。精粉タイプと生芋タイプを見分けるのも手間です。

サプリメントにすれば、手軽に植物性グルコシルセラミドを補給できます。乾燥肌や敏感肌で皮膚炎など肌トラブルに悩む人、乾燥肌改善、アトピー性皮膚炎改善には、セラミドサプリメントがオススメです。

ただし、サプリメントに即効性は期待できません。気長に摂り続ける必要があります。

サプリメントは、成分や製造方法、原材料など、詳細な商品の情報を得てから購入・摂取する方が無難です。サプリの過剰な宣伝効果や安い価格に惑わされないでくださいね。

[こんにゃくセラミドのスキンケア]

こんにゃくセラミドは、経口摂取する他に、肌表面から直接摂り入れる方法があります。

セラミドは皮膚表面の角質層に存在するので、皮膚表面に塗った基礎化粧品(スキンケア品)が浸透することのできるエリア(範囲)です。植物性グルコシルセラミドを高濃度で配合した基礎化粧品でスキンケアをすることで、角質層内のセラミドを補給することができます。

角質層内のセラミドが増えて、保湿効果が高くなり、バリア機能も強くなります。

こんにゃくセラミドのスキンケアで、ぷるきら生活を手に入れることができますよ。

セラミド配合の基礎化粧品を選ぶ3つのポイント

「セラミド配合」を謳った基礎化粧品が沢山市販されています。選ぶのに迷ってしまいますが、大事な注意点は3つです。

①植物性セラミドが配合されている

化粧水やクリームなどに配合されているセラミドが、植物性セラミドであることが大事です。こんにゃくセラミドは肌への浸透力が高いので、こんにゃくセラミド配合がオススメです。

②他の美容成分が配合されている

ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなど、他の美容成分がこんにゃくセラミドと一緒に配合されていると、相乗効果が生じます。

ただし、植物のエキスなどオーガニック系は、効果が高いのですが、逆に刺激性が強いこともあります。使用する前に、肌トラブルの状態を確かめる必要があります。

「肌潤ローション」には、保湿効果の高いセラミドなどの他に、糖分が含まれているので、美肌効果が高くなります。

③低刺激である

植物性セラミド(こんにゃくセラミド)は、肌に刺激となることは、ほとんどありません。でも、一緒に配合されている成分が、肌に刺激を与えて、皮膚炎など肌トラブルを生じる可能性があります。特に化学成分は、肌の奥で刺激となり、敵と見做される可能性が高いのです。

皮膚表面に炎症等が起きていなくても、皮膚の奥にトラブルがあれば、肌の状態の回復・改善に時間がかかります。

基礎化粧品は、肌の状態に関係なく、常に低刺激のものを使用する方が無難です。

浸透性の高い基礎化粧品の開発

最近では、こんにゃくセラミドをナノ粒子化して浸透力を高めたり、浸透する力の高いグルコマンナンを主成分とする加水分解コンニャク根を使用したりした、こんにゃくセラミドの基礎化粧品が開発されています。

[こんにゃくセラミドは体の内と外で摂取]

セラミドは、皮膚を健康に維持するために必要不可欠な物質です。しかし、加齢や環境変化、気候などにより、減少します。

肌をトラブルから護り、健康な状態に維持するために、セラミドを身体の内側と外側から補給する必要があります。こんにゃくセラミドは、食物としてもサプリメントとしても、身体の内側から補給できますし、スキンケアで身体の外側から補給することもできます。

アトピー性皮膚炎の改善

アトピー性皮膚炎の主な症状は、アトピー肌(カサカサに乾燥して黒ずんだ肌)とかゆみです。こんにゃくセラミドを身体の内側と外側から摂取することにより、皮膚の角質層内の保湿効果が上がり、角層に水分を保持できるようになります。すると、前述したように神経線維の伸びが正常に戻り、かゆみが緩和します。乾燥肌改善もできます。

角質層のセラミドが増えると、角質細胞がしっかり結びつき、バリア効果も上がります。

アトピー性皮膚炎改善には、食物・サプリメント・スキンケアによるセラミド補給が必要です。即効性を期待せず、気長にセラミド補給を続けます。

スポンサーリンク

身体の内からきれいになる

girls-529013_960_720美少女

美肌効果を上げ、肌年齢を若返らせるためには、こんにゃくセラミドを食品やサプリメントで摂取する方法と、こんにゃくセラミド配合の基礎化粧品でスキンケアする方法があります。

そして、もう1つ、自分の力で角質層のセラミドを増やす方法があります。また、コンニャクには、美肌効果に加えて、ダイエット効果があります。

[セラミドを増やす成長ホルモン]

ヒトのセラミドは新陳代謝(ターンオーバー)により生成されます。新陳代謝には、成長ホルモンが大きく関わっています。

若さを保つ成長ホルモン

成長ホルモンは、代謝を促進し、骨や筋肉の成長を促し、脂肪を分解し、ホルモンのバランスを整えます。

成人した後も、成長ホルモンは分泌されます。新陳代謝を促して、傷んだ臓器や組織を修復する働きがあります。

成長ホルモンにより新陳代謝が促進されて、セラミドが生成されます。

睡眠不足は肌荒れを起こす

成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。22時から2時までの間に熟睡すると、成長ホルモンの分泌が増えます。

睡眠不足で成長ホルモンの分泌が減少すると、新陳代謝がスムーズに起こらず、セラミドが不足するようになります。そのため保湿力やバリア機能が低下して、肌荒れなどトラブルが生じます。

筋力トレーニングで脂肪を分解

筋肉に負荷を与える筋力トレーニングをした後に、成長ホルモンの分泌が増えます。成長ホルモンは代謝を促進し、脂肪を分解します。

成長ホルモンが不足すると、脂肪が蓄積され、肥満や成人病を引き起こします。成長ホルモンの分泌を促すと、脂肪が分解されて、ダイエット効果も期待できます。

[コンニャクはヘルシー食品]

コンニャクには、美肌効果とともにダイエット効果、整腸効果があります。

コンニャクは超低カロリー食品

コンニャクは、食物繊維とカルシウムが豊富です。成分の90%が水で、残りが食物繊維です。コンニャクは100gで5kcalですから、ほとんどカロリーはないと言えます。

ダイエット食品としては最適です。米粒状にして米に混ぜて御飯を炊いたり、コンニャクゼリーにしたりします。コンニャクは調理方法を工夫すれば、おいしいお菜になります。しかも安価ですから、お財布にもやさしいですね。

コンニャクで便秘解消

コンニャクは食物繊維が豊富なので、整腸作用があり、便秘を解消します。便秘は肌トラブルの原因になりますから、美容効果も大きいですね。

精粉コンニャクは保存性が高い

市販のコンニャクには、生芋タイプと精粉タイプがあることは前述しました。生のコンニャク芋は腐りやすく、保存性が悪かったため、芋を乾燥させて粉にする精粉コンニャクが工夫されました。精粉コンニャクができたため、コンニャクが、一年中食べられるようになりました。しかも安価なので、販売量も飛躍的に増えました。

コンニャク芋を粉にする時にできる「トビ粉(飛び粉)」は、コンニャクには使えません。魚のエサや家畜の飼料にします。

スポンサーリンク

まとめ

セラミドは細胞間脂質の主成分で、約50%を占めています。セラミドは皮膚の角質層の中で、スポンジのように水と脂を抱え込み、肌(皮膚)や髪の水分(うるおい)を保つ働きをします。また、角質層を構成する角質細胞をしっかりと接着させ、皮膚内部から水分が蒸発するのを防ぎ、外部から刺激や細胞が侵入しないようにするバリアの役割をします。

セラミドには保湿機能とバリア機能があります。セラミドが不足すると、皮膚が乾燥して、バリア機能が低下します。乾燥肌・敏感肌になり肌トラブルが起こります。

セラミドは加齢や環境変化、気候により減少します。アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患ですが、アトピー性皮膚炎患者はセラミドが著しく減少しています。

セラミドが減少・不足している場合は、こんにゃくセラミドを摂取して補給します。こんにゃくセラミドを摂取することで、皮膚の角質層の保湿力・バリア効果が回復し、乾燥肌改善やアトピー性皮膚炎改善をすることができます。

こんにゃくセラミドは食品やサプリメントとして経口摂取することもできますし、基礎化粧品として肌から直接浸透させることもできます。アトピー性皮膚炎など肌トラブルがひどい場合は、身体の内側と外側からこんにゃくセラミドを補給します。

こんにゃくセラミドの美肌効果を高めるには、コラーゲンやヒアルロン酸など他の美肌成分を同時に摂取します。また、良質な睡眠を十分にとり、成長ホルモンを分泌させて、自分自身の角質層のセラミドを増やすようにします。

関連記事として

角質培養の方法を紹介!効果はいつ頃現れるの?

透明感のある肌とは?メイク方法や食べ物を紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする