綺麗になるにはどうすればいい?生活習慣の改善やスキンケア、内面の磨き方を知ろう!

綺麗になるにはどうすればいいか…女性であれば誰しも一度は考えることかもしれませんね。他の人から綺麗に思われたいと思ったり、男性からモテたいと思うのは、ある意味自然な感情の1つだと思います。

綺麗になる、美人になるには肌や体のお手入れ・努力を欠かさないことが大切です。それは化粧品を使って外見を良くしたり、ファッションにお金を使うといった表面的なものだけではなく、自分の生活習慣にも気を配る必要があります。では、綺麗になるためにどういった方法があるのかみていくことにしましょう。

綺麗になるには「スキンケア」をする

美容

顔の肌は体の中でも一番よく見られる部位です。このため、スキンケアやメイクなどに気を配ることは綺麗になるために1番入りやすいステップと言えるでしょう。

お肌のケア、美肌になるためにできることとして以下のことが挙げられます。

紫外線に気をつける

肌の天敵は紫外線です。太陽から降り注ぐ日光には紫外線が含まれていますが、浴びる量が多ければ多いほど、シミやソバカスの原因になることがあります。そして、やっかいなのは時差があるということでしょう。

若い頃に特に紫外線対策をしてこなかった人は、30代、40代になってシミ・ソバカスが出てくるようになります。早ければ20代でシミだらけになってしまうということもあるかもしれませんね。

紫外線対策はスキンケア・美白のためにまずすべきことの1つです。外出の際には日焼け止めを塗り、帽子をかぶること。最低限こういったことを意識して生活することが大切でしょう。

あと、意外と忘れがちなのが手のケアです。手は紫外線が当たりやすく、それでいてケアが行き届かない部分でもあります。紫外線に当たり続ければしわの原因になり、加齢を感じさせてしまうこともあるでしょう。すみずみまで意識を配るようにしてくださいね。

乾燥に気をつける

肌の乾燥はシワを作る原因の1つです。肌の潤いが失われることで肌は老化し、シワができやすくなってしまうのですね。空気が乾燥している、紫外線を浴びるなど乾燥肌の原因は様々です。

肌の乾燥を防ぐためには、部屋の加湿と化粧水・美容液がポイントになります。部屋の加湿は特に冬場。喉が乾いてしまうほど乾燥しているときは、なるべく加湿器をつけて乾燥を防ぐようにしましょう。

化粧水・美容液も肌の潤いを維持する効果が期待できます。特に睡眠中など、スキンケアに気を配れない時間帯の前に化粧水などの基礎化粧品をつけることで、肌の劣化を防ぐことができます。継続していれば、肌の質を維持することができるでしょう。

洗顔に気を付ける

化粧をした日の夜、化粧を落とすために洗顔をするかと思います。顔のお肌を直接触るものですから、洗顔には気を配りたいものです。そのためにはいくつかのポイントがああります。

まずは洗いすぎないということ。洗いすぎは肌のバリアを弱めることにつながり、紫外線のダメージを受けやすくなったり、しわを作ってしまう原因になるからです。優しく洗顔するようにしましょう。

2つ目は化粧を洗い残さないこと。残った化粧成分が雑菌の温床となり、肌の質を低下させてしまうことがあるからです。そのためには洗顔料にこだわるというのもいいかもしれませんね。入念に、だけど洗いすぎない。これらケア法を意識して洗顔するようにしましょう。

美肌菌

私たちの肌には表皮常在菌という菌が存在増します。その名の通り、常に存在する菌です。これら菌はグリセリンを産生することで皮膚を保護したり、肌のpHを酸性にすることで肌質を保つ役割があります。こういった肌にプラスの効果をもたらす菌を美肌菌と呼ばれることがあるようです。

美肌菌は洗顔しすぎてしまうと、死滅してしまいます。肌のためと思って洗顔しているものの、それが逆効果ということがあるのですね。洗いすぎないことが、意外と肌のためになることもあるのです。

肌断食

肌質を向上させる方法として肌に対して基礎化粧品や化粧品などをしない「肌断食」があります。肌は本来、回復・代謝機能があり、それを最大限生かすという方法です。普段使っている化粧品が実は肌に悪い。それを一度断ち切り、肌本来の機能を取り戻すことができます。

肌断食を始めたころは、いまいち効果を実感することができません。これは肌の機能が化粧等によって低下していることが考えられます。しかし、継続していくことで、徐々に実感することができます。

また、大切なのは生活習慣にも気を配るということ。化粧をしない分、体に良い食べ物を食べたり、生活リズムを規則正しくするなど、体に良いことをするようにしてみてください。

肌に良いをものを食べる

私たちの体は食べたものから作られています。肌も例外ではありません。肌に良いものを食べれば肌質は良くなります。清潔感や透明感を出すことができるでしょう。反対に肌に悪いものを食べれば、肌質は悪くなってしまうでしょう。こういったことは芸能人やモデル、お肌の専門家の人ほど気を付けていますよね。

肌質を良くする成分として有名なのがコラーゲン。コラーゲンは保湿成分の1つで、肌の水分量を維持する役割があるといわれています。肌質を向上させたい人は摂取したい成分の1つです。コラーゲン量は加齢と共に減少していきますから、意識して食事から摂取したいものです。

綺麗になるには「体を美しくする」

姿勢を良くする

肌質の向上の次は、体を美しくするということについてみていきましょう。体を美しくするというのはボディラインや体内環境のことを指します。

美しいボディラインにするために、次のようなことを実践してみてください。

姿勢を良くする

姿勢の良い悪い。ただそれだけで綺麗にみられるかそうでないかが決まります。猫背で頭が前に出ている人は、どこか美しさに欠けてしまう部分があるかもしれませんね。まずは姿勢を気にするようにしてください。

背筋を伸ばし、胸を張る。歩くときは腕を大きく振り、足先から地面に着地する。また、立っているときの姿勢も意識するだけで、美しいと周りの人に感じさせることもできます。

姿勢というのは普段の癖によって形成されます。悪い姿勢のまま暮らしていれば、姿勢を正すのにも時間がかかってしまうでしょう。姿勢が悪いようであれば、少しずつでいいので直していってみてください。

姿勢によって体型も変わることがあります。姿勢が変わると使う筋肉が変わってくるからですね。猫背の人はおなかに脂肪が寄ってしまいますが、きちんと背筋を伸ばすことでおなかをへこますことができます。

体に良いものを食べる

体内環境は美しさを維持する基本です。体調が悪ければ肌質は低下し、どこか疲れている印象を与えることになるかもしれませんよね。体調管理を含めた食事の管理は美容において重要なポイントなのです。

肌に良い成分としてはビタミンDがあります。ビタミンDは肌を保護したり、バリア機能を高める効果が期待できます。魚などに豊富に含まれているので、普段から意識して食べるようにしましょう。

体に良いものかどうかは加工されていないかどうかで判断してみてください。生の食べ物や原型がわかるものほど、人工的なものが入っておらず、体にとってプラスの栄養となるでしょう。

一方で加工過程が長いほど体に悪いものが入っている可能性が高いです。ジャンクフードのようなものはその代表例で、カロリーが高い割に栄養素がほとんど入っていないので注意が必要です。こういったものを食べるとすぐにニキビなどの肌トラブルにつながります。

スキンケアなど外見のことはすぐにできますが、内面の美容は習慣化しなければ意味がありません。普段食べているものに気を配り、体に良いものを食べるようにしましょう。

腸内環境が肌質を決める

最近話題の腸活。腸の環境をよくする活動のことをいいます。腸内には数多くの菌が存在していて、体調を左右すると最近の研究で分かってきました。そして、肌の質も腸内環境によって左右されるのです。

体に悪いものを食べて腸内環境を悪くしてしまうと、便秘を始め、体調不良を招くことがあります。腸内環境を良くすることはきれいになるために必要なことといえるでしょう。

腸内環境を良くする方法としては、食物繊維を摂取すること。腸内細菌のエサは食物繊維だからです。意識して食べるようになれば、便秘解消とともに、体調の改善を感じることでしょう。

体を温める

体を温めることは血行促進の効果があります。血液は体の細胞にとって栄養であり、これを体にうまく循環させることは、あらゆる面で美容効果を期待することができるでしょう。

反対に体を冷やすようなことをしていると、冷え性の原因を始め、肌トラブル、体調不良などに繋がることがあります。エアコンの効いた部屋にいる、冷たい飲み物ばかり飲む、薄着で過ごす。こういったことには注意したいものです。

体を温める方法としては入浴がおすすめです。シャワーではなく、きちんと湯船に入ることで、体を芯から温め、血行を良くしてくれます。温泉に行くのもいいかもしれませんね。あまり湯船に入らないという人は意識して入ってみるようにしましょう。

綺麗になるには「生活習慣を変える」

睡眠

スキンケア、ボディケアをしたとしても、生活習慣が不規則であると体への負担は大きく、美容効果が減少してしまうことがあります。

日常生活に気を配ることも綺麗になるために必要なこと。では、どういった生活法をすればいいのでしょうか。

十分な睡眠を取る

睡眠は体に溜まった疲労を取るだけでなく、ホルモンが分泌され体の調子を整える時間でもあります。睡眠が少なければ疲労はたまり、肌質を低下させ、体調を悪くしてしまうでしょう。また、目が充血するなんてことがあると、魅力が半減してしまいますよね。

美容に大きく関係するホルモンとして成長ホルモンと女性ホルモンがあります。成長ホルモンは新陳代謝に関わるホルモンです。分泌されればされるほど、肌・髪の質を維持・向上してくれます。

このホルモンは夜の10時から2時までの間によく分泌されることがわかっています。この時間帯を意識して睡眠に入ること。反対にそれ以降に寝てしまうと、美容効果が低下するので注意が必要です。

女性ホルモンも同様に肌の質の維持・向上。そして女性らしい体つきを作るなどの作用があります。女性ホルモンの中でもエストロゲンというホルモンは、心身のバランスを整えてくれる効果があります。

リラックスする

ストレスは美容だけではなく、健康にも大きな悪影響を与えます。ストレスを受けた体は血行が悪くなり、筋肉が緊張します。綺麗になるためにはストレスを発散し、体をリラックスさせることが重要です。

ストレスが溜まると、それは顔にも出てしまいます。化粧の乗りが悪いなんてこともありますよね。疲れが溜まっているときは、どうも調子がでないものです。

体をリラックスさせる方法としては、入浴やヨガ、運動などがあります。どれが自分に合っているかは続けていくうちに判断してみてください。ストレスから離れ、体の緊張をほぐす習慣を普段から身につけましょう。

運動をする

運動は血行促進効果、筋肉を鍛える効果、そしてストレス発散効果があります。それもランニングのようなハードな運動ではなく、ウォーキングなどでも十分効果があります。

習慣的に運動をすることで、肌の代謝に必要な血液を循環させ、体を引き締め、ストレスを軽減するという3つの効果を得ることができるのですね。手軽にでき、始めやすいというメリットもあります。

運動不足という人はぜひウォーキングを始めてみてください。最初は1回30分程度。少し早歩きをする感じで大丈夫です。続けていくことで、心身が軽くなっていくでしょう。

綺麗になるには「内面を磨く」

知性

外見や見た目を磨くことで人に好かれる、綺麗になることはできます。しかし、内面を磨くことを怠ってしまうと、周囲との人間関係や恋人関係に亀裂が入ることもあるかもしれません。では、自分磨きとよく言いますが、それは具体的にどうやって磨いてけばいいのでしょうか。

色々なことを経験し、学ぶ

経験値というのは内面を磨く重要なポイントです。色々な経験をしている人は、どこか魅力的で、人間的に尊敬できる部分があるものです。まずは色々なものを経験してみること。それが内面の磨き方の第一歩です。

一方で何をしていいのかわからないという人もいるでしょう。そういったときにおすすめなのが旅です。何か決まった日程で行動するというのではなく、目的もあてもない旅に出ること。そうすると、これまでの日常生活とは違った新たな経験を得られるはずです。

様々な経験をしてきた人というのは、オーラや雰囲気が違うもの。良いことも悪いことも経験すると、内面的に磨かれ、どこか品が漂うものです。仕事でもなんでも、積極的にいろいろな経験をして、オーラ美人になりましょう。

自分を客観的に見続ける

相手から好かれたり、尊敬されるためには、相手の気持ちがわかる必要があります。そのためには、経験と合わせて自分を客観的にみること。分析する必要があるのです。

相手を傷つけてしまった時、どういった行動をすればよかったのか。相手の気持ちはどんなもので、どういった理由があったのか。こういったことを深く考えられる人間は魅力的な人といえるでしょう。

ただ、感情的に物事をぶつけるだけでは周囲の人は遠ざかっていってしまうでしょう。感情を抑える力や方法を学ぶこと。そのためには、自分を客観的に見れるようになる必要があるのです。

感謝をする

感謝の言葉・行動は周囲の人を明るくする効果があります。当たり前のものを当たり前と思わず、かけがえのないものだと自覚することで感謝の念が生まれてくるようになります。

一方、相手の悪い部分ばかりを見たり、物事を否定してばかりいると、心は淀んでいくでしょう。会う人は会う人の悪い部分ばかりが気になり、それが表情に出ることもあるかもしれません。

常に感謝の心を持っている人は表情が豊かで、周囲に幸せを与えることができます。そういう人の周りには人が集まり、さらに幸福を呼ぶものです。小さなこともで感謝できるようになれば、心を大きく成長することができます。ぜひ心美人になってくださいね。

まとめ

女子が綺麗になるためにはどうしたらいいのか。誰しも悩むことだと思います。人に好かれ、人間関係や恋愛を良好にし、いつまでも幸せでありたい。そう願うのは自然なことです。

外見や内面をどうするかということをご紹介しましたが、大切なのはあなたらしく生きるということでしょう。どちらのバランスも大事です。そして、そこにあなたの魅力があり、唯一無二のものだからです。

自分らしく生きるとはどういったことか。考え出すと止まらないものですが、綺麗になるヒントはそこにあるのかもしれませんよ。

関連記事として、

垂れた胸を戻す方法は?バストアップの方法や手術をする場合の費用を知ろう!

色白になりたい!その方法を知ろう!紫外線対策や美白効果のある食べ物について!

美肌に効果のある食材とは?成分や美容効果も紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする