毛穴の引き締め方法を知ろう!自宅で出来る方法やクリニックでの施術を紹介!

スポンサーリンク

毛穴はすっぴんでは目立たなくても、メイクをすると急に目立ってしまうことがありますよね。毛穴のゆるみは、女性にとっては大きな肌悩みの1つ。毛穴の数が同じでも、ゆるんでいるだけで大きく、存在感が増してしまいます。せっかくメイクをキレイにしても台無し・・・ということにもなりかねません。

では、キュッと引き締まった毛穴を取り戻すためにはどうしたらよいのでしょうか?ここでは、おすすめの毛穴引き締め方法をご紹介します!

スポンサーリンク

毛穴が開く原因

acne-1606765_1280

そもそも、なぜ毛穴が開いてしまうのでしょうか?

その原因は主に3つあり、原因によってケア方法も変わってきます。まずは自分の毛穴がどのような状態にあるのか、きちんと理解することが大切です。

毛穴の詰まり

毛穴が詰まっているタイプの人は、黒ずんでいたり、毛穴の中に白っぽい角栓が詰まっているのが特徴です。

毛穴のたるみ

毛穴がたるんでいる人は、頬の毛穴が目立つことが多いです。毛穴がたるんでいるため、雫のような形に見えます。こうしたタイプの場合、たるんでいるだけなので、皮膚を上の方に引っ張ると目立たなくなります。

また、年齢的なものが原因ですから、30代を過ぎてから目立ち始めることが多いようですね。毛穴がたるんでしまう人は、年齢と共にコラーゲンが減ってくることが関係していると言われています。

毛穴の開き

毛穴が開いてしまうタイプは、鼻のまわりに目立ちやすいと言います。

皮脂が多く出ることで、過剰な皮脂によって毛穴が押されて開いてしまうことが原因です。

スポンサーリンク

ゆるみ毛穴の種類

keana

毛穴が目立ってしまう原因の1つ、ゆるみ毛穴にも種類があります。

それぞれの原因によって対策は異なりますので、まずはゆるみ毛穴の種類についてみていきましょう。

オレンジ毛穴

オレンジ毛穴は、主に乾燥や加齢などによって肌がハリを失ってしまうことで起こります。重力で引っ張られる力で、毛穴が開いてしまうと言うわけですね。肌の弾力線維が緩むことが原因なので、紫外線を多く浴びる人ほどオレンジ毛穴になりやすいと言われています。

また、目立つ箇所としては30代前半なら小鼻の脇、後半になると徐々に面積が広がり始め、40代に入ると毛穴のたるみもより一層深刻化します。年齢と共に、たるみの範囲も広がってしまう、というわけですね。

オレンジ毛穴のケア方法

毛穴がたるんでしまうことにより目立ってしまうオレンジ毛穴は、肌を引き締める効果のある化粧品を使うとよいです。引き締めつつ潤いもしっかり与えて、毛穴を引き締め、目立ちにくくしましょう。

化粧水をつける場合には、手ですり込むのではなく、コットンに染みこませてパックしたり、シートマスクで保湿ケアするとより効果的です。もっと本格的なケアを施したい!という人には、エイジングケア成分が濃縮されたクリームがおすすめですね。肌の奥までしっかりと浸透させましょう。

オレンジ毛穴のカバーメイク

オレンジ毛穴に適したカバーメイクは、5ステップで行います。

メイク前にはコットンマスクを

まず、メイクを始める前の下準備です。保湿効果と引き締め効果のある化粧水をコットンに染み込ませたら、2枚に裂いて、毛穴の気になる箇所に貼りましょう。その状態で5分おき、しっかりとスキンケアを行います。

下地にはピンクを使用

スキンケアが終わったら、次はベースメイクです。下地にはピンクを使用し、内側から透明感を出していきましょう。頬に乗せたら、手の面で全体に広げていきます。指先ではなく面でのばしていくことで、仕上がりが滑らかになり、毛穴のでこぼこをカバーすることができます。

コンシーラーで毛穴知らず

下地を塗ったら、次はコンシーラーを少量とり、指の腹で頬の内側の毛穴に塗っていきます。押さえるように塗り込み、サラサラした感じになるまで肌になじませると、崩れにくくなりますよ。

ファンデーションは薄塗りで

いよいよファンデーションを塗っていくわけですが、ここでポイントになるのは、塗り過ぎないということです。パウダーファンデーションをスポンジにとったら、コンシーラーを塗った部分にまずおき、そこから全体にのばしていきます。

こすりつけるのではなく、力を入れず、かるくのばしていくのがコツです。

チークはツヤを抑えて

血色をよく見せるチークは、パール感の少ないものを選ぶと毛穴が目立ちにくくなります。ブラシにとったら、頬の中心から外側に向けてのばしていきましょう。

イチゴ毛穴

毛穴の悩みとして多いものに、イチゴ毛穴があります。これは、小鼻やあごの毛穴が盛り上がり、それがまるでイチゴの種のように見える状態で、ザラザラとした感触が特徴です。

オイリー肌や乾燥肌の人にできやすく、角栓が毛穴に詰まることで、押し広げてしまうことが原因です。

古い角質と汚れが混ざって角栓に

イチゴ毛穴の原因となる角栓は、皮脂と古い角質、さらにホコリなどが混ざることでできます。バリア機能を持った角層では、毎日新陳代謝が行われているため、きちんと洗顔をしていても角栓ができることを避けることはできません。そのため、ケアを怠ると角栓が黒ずみ、見た目にも不潔な印象になってしまいます。

皮脂の分泌が多いオイリー肌が原因と思ってしまいがちcですが、乾燥肌も角層が硬くなり、毛穴の入り口が詰まってしまうため、角栓ができやすいと言えます。

イチゴ毛穴のケア方法

角栓によって毛穴が盛り上がってしまうイチゴ毛穴には、角層を和らげ、毛穴の入り口の通りをよくすることが大切です。ケア用品で皮脂を抑えつつ、過剰な皮脂や汚れ、古い角質を取り除いていきましょう。

こすりすぎは色素沈着や赤みを引き起こすため、刺激をあまり与えないようにしてくださいね。パックや洗顔料で皮脂や汚れを優しく落とし、肌を労りながらケアしていきます。

イチゴ毛穴のカバーメイク

イチゴ毛穴のカバーメイクは、次の5ステップです。

メイク前には角質ケア

まずはメイクの下準備。洗顔が終わったら、保湿効果と引き締め効果のある化粧水を染み込ませ、コットンを2枚に裂いて毛穴の気になる部分に貼ります。オレンジ毛穴同様、5分おいたらはがして、スキンケアを行いましょう。

下地にはイエローを使用

イチゴ毛穴を目立ちにくくするには、イエロー下地を選びましょう。頬に下地をおいたら、全体によくのばします。小鼻周辺にもしっかりのばし、たたき込んで密着させていきます。下地が余ったら、額やあごにもしっかりとたたきこみます。

部分用下地も合わせて使用

小鼻には、毛穴用部分下地を合わせて使用します。毛穴が気になる部分に部分用下地をすり込むと、肌色でカバーし、黒ずみも目立たなくなります。

ファンデーションは薄塗りで

イチゴ毛穴の場合は、リキッドファンデーションを使用します。薄くのばし、小鼻の周りには指でたたき込み、崩れを防止します。最後の仕上げに、スポンジで全体をそっと押さえましょう。

パウダーファンデーションで透明感を

最後の仕上げには、パウダーファンデーションを使用します。ファンデーションをブラシにとったら、顔全体にさっと乗せます。色の付かないパウダーを最後に乗せることによって厚塗り感を出さず、化粧持ちをよくします。こうするだけで、気になる毛穴をしっかりとカバーしつつも、透明感のある肌を演出できる、というわけですね。

オレンジ毛穴もイチゴ毛穴も、下地にはマッドなものを使用するのがポイントです。パール系の下地では毛穴をより強調してしまうため、下地選びは注意しましょう。

スポンサーリンク

自宅でできる毛穴引き締めのケア方法は?

bihada

ここまで、原因別の毛穴ケアについてご紹介してきましたが、1度開いてしまった毛穴は、一体どうすればよいのでしょうか?

カバーするだけでなく、引き締め方法を知りたいですよね?では、自分でケアする場合には、化粧品や洗顔など、日頃のお手入れ方法にコツがあります。

収れん化粧水でケア

収れん化粧水の「収れん」には、縮む、縮めるという意味があり、化粧水の効果も同様です。瞬時に毛穴を引き締める効果がある他、肌のキメを整えたり、皮脂をコントロールしたり、潤いを与えてくれたりと、様々な効果を持っています。

日頃のスキンケアに収れん化粧水をプラスするだけで、一層毛穴の引き締め効果が高まるのでおすすめですよ。ただし、収れん化粧水の使い方は普通の化粧水と異なるため、まずは使い方をしっかりと理解しましょう。

  • 化粧水・乳液の使用後に使う

化粧水と聞くと、肌に水分を浸透させ、柔らかくするイメージがありますよね。美容液やクリーム、乳液などの前に使う、スキンケアの土台ともなるものが化粧水です。しかし、収れん化粧水は、肌のキメを整え、皮脂が流れ出てしまうのを抑える目的で作られていますから、通常のスキンケアを終えた後に使うことが、効果を発揮させるためには重要なのです。使う順番を間違えないように気をつけたいところですね。

  • コットンを使う

収れん化粧水の場合は、手のひらで肌に吸い込ませるよりも、コットンを使ってパッティングする方が効果的です。500円玉よりも少し大きめの量を含ませ、細かくパッティングしていきましょう。手首を使ってリズミカルにパッティングするのがコツです。たっぷりと肌に浸透させ、特に毛穴の開きが気になる箇所は重点的に行いましょう。

肌タイプを知る

収れん化粧水は、毛穴を瞬時に引き締める効果がありますが、毛穴の開きを根本解決するものではありません。それでも、皮脂の分泌を抑えてくれるので、オイリー肌や、皮脂の多い混合肌の人に向いています。

ただし、メントールやエタノールなどが含まれているため、敏感肌の人だと赤みが出たり、ヒリヒリとした刺激を感じることも稀に起こります。肌の弱い人や、不安のある人は、使用する前にパッチテストで自分の肌との相性を調べておくことをおすすめします。

不要な皮脂や汚れの除去

イチゴ毛穴のように、皮脂や汚れが詰まって毛穴が開いてしまっている場合には、まず汚れを取り除くことが大切です。皮脂や古い角質などのタンパク質が詰まった汚れは、タンパク質を分解する効果のある、酵素洗顔がおすすめですよ。

パウダータイプの酵素洗顔料をしっかりと泡立てて洗うことで、毛穴に詰まった汚れを分解し、すっきりと落としてくれます。通常の洗顔料では古い角質や皮脂などをきちんと落とし切ることができませんが、酵素洗顔をプラスすることで、肌のくすみを解消するのにも効果的で。ただし、酵素洗顔は毎日行うと肌を傷めるため、週に1日程度から始めるのがおすすめです。あくまで、通常の洗顔をメインにして、酵素洗顔はプラスアルファとして行うようにしてくださいね。

また、酵素洗顔にはターンオーバーを促進させる働きもあるため、お肌のターンオーバーが乱れてしまった時にも取り入れると効果的です。このように、洗顔フォームを少し変えるだけでも美肌効果をアップさせることができます。上手に取り入れて、美肌を保ちたいものですね。

しっかりと保湿する

健康で美しい肌を保つためには、保湿ケアが欠かせません。せっかく洗顔で毛穴の汚れを落としても、肌が乾燥してしまっては台無しです。そのためにも、自分の肌についてきちんと理解しておくことが大切ですよ。

たとえば、皮脂の多いオイリー肌の人は、不要な油分を洗顔できちんと落とす必要があります。もちろん、保湿をする時も、不要な油分を取り入れないように、乳液やクリームは万遍なくつけるのではなく、特に乾燥している部分に絞ってつけることがポイントです。

一方、乾燥肌の人は、保湿が十分にされていないことによって毛穴が目立ってしまいますから、化粧水や美容液だけでなく、乳液やクリームで、しっかりと油分を補うようにしましょう。たっぷりと化粧水を肌に染み込ませることで、キメが整い、角質層にまで行き渡ります。特に浸透しやすいものとしては、水溶性の保湿成分を含んだものがおすすめですから、成分に注目して購入するとよいですね。水溶性の保湿成分は、

  • ヒアルロン酸
  • ビタミンC(ビタミンC誘導体)
  • コラーゲン
  • エラスチン

などがありますよ。また、こうした保湿成分を逃がさないようにするためには、油性の保湿成分を乳液やクリームで与えることが重要です。油性の保湿成分には、セラミドや、ステアリン酸コレステロールなどがあります。

こうした成分をきちんとチェックして化粧品を選ぶと、効果的にお手入れすることができますよ。

毛穴パック

毛穴パックを行う場合には、最後の保湿をしっかりと行うことが重要です。せっかく毛穴を開かせてパックをしても、肌が乾燥してしまっては意味がありませんからね。毛穴パックのやり方は以下の通りです。

  1. 蒸しタオルやスチーマーを使い、毛穴を開かせる
  2. 霧吹きなどを使い、万遍なく皮膚を濡らす
  3. 毛穴パックを貼り、時間をおく
  4. パックを剥がし、最後に化粧水などでしっかりと保湿をする

簡単な手順ですから、自宅でも時間を作って、お肌のケアを行うとよいでしょう。

オイルを使ったお手入れ方法

オイルクレンジングなどを行う場合には、長時間クレンジングをしてしまうと肌に負担がかかるため、1分以内で行うよう心がけましょう。

また、オイルマッサージやオイルパックは、肌に油分が残りやすいため、終わったらしっかりとすすぐことがポイントです。自分に合ったオイルを使うことも大切ですよ。

洗顔方法を変える

洗顔方法を変えることで角栓ケアをするのも、毛穴の状態を改善する方法の1つです。いつもの洗顔方法を少し変えるだけで角栓ケアができますから、ぜひ実践してみてくださいね。

  1. 手を清潔な状態にしておき、ぬるま湯ですすぎ洗いをする
  2. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  3. 泡を使い、優しく肌を洗う
  4. 毛穴が気になる場所は指の腹でマッサージするように洗い、終わったらぬるま湯でしっかりとすすぐ
  5. 最後に、タオルで優しく水気をふき取る

指でゴシゴシ洗うのではなく、泡を使って優しく洗うこと、毛穴が気になる箇所はマッサージをするように、意識的に洗うことがポイントです。水気をふき取る時も、力を入れず、優しく拭くようにしましょう。毎日行うことだからこそ、少しやり方を変えるだけでも効果的です。

スポンサーリンク

毛穴が引き締まる!1分の簡単ケア

cosmos-1707291_1280

スキンケアの前に行っておきたい、とっておきの方法があります。お風呂上がりの肌にとって、乾燥は大敵ですよね。保湿をしないと毛穴が広がり、保湿成分が肌から出て行ってしまいます。お風呂上がりには、化粧水や乳液でしっかりと保湿、というのはいつも行っていることとは思いますが、保湿の前にあることを行うだけで、毛穴をギュッと引き締めることができるのです。

毎日の保湿ケアに1ステップ加えるだけの簡単ケアなので、ぜひ試してみてくださいね。用意するものは、冷蔵庫の製氷機にある氷ひとつのみです。氷を指で持ち、おでこや頬、鼻筋、口元など、顔全体を転がすようになぞりましょう。氷は1分ほどで溶けますので、これでケアは完了です。氷で冷やすことによってキメが整い、保湿ケアに最適な状態を作れるのですね。このあとに通常のスキンケアを行うだけで、効果が違ってきますので、ぜひ試してみてください。

また、お風呂上がりだけでなく、朝の洗顔後に行うと、毛穴が締まって皮脂が出にくくなるため、化粧崩れがしにくくなるというメリットもありますよ。使う氷は製氷機のものがなければクラッシュアイスなどでも構いませんので、あるもので試してみてください。ただし、1分以上転がすとしもやけになる可能性もあるため、氷でケアをするのは1分まで、としてください。

スポンサーリンク

美容クリニックでの毛穴ケア

manuplation-1953509_1280

ここまで自分でできる毛穴ケアについてお話してきましたが、美容クリニックで治療を受けるという方法もあります。

自宅で行うケアとの大きな違いは、レーザー治療によって肌にハリを取り戻し、毛穴を引き締めるという点です。具体的に、どのような方法で行うのかご紹介しましょう。

 フラクセルレーザー

フラクセルレーザーという施術方法は、皮膚の「真皮層」とう場所に熱ダメージを与えることで毛穴を引き締めるというものです。ダメージを与えると聞くと怖いようなイメージもありますが、ごく小さなスポットに絞って与えるので安心してください。

皮膚にダメージを与えることで、なぜ毛穴が引き締まるかと言うと、熱ダメージによって古い肌から新しい肌へ入れ替わるからです。1回の施術では5~15%程度の表皮を入れ替えることしかできませんが、繰り返し施術を行うことで、徐々に肌の状態をかい全し、コラーゲンを増やすことができます。それにより、毛穴を引き締める効果を得られるのです。

カーボンピーリング

この施術方法は、肌に医療用の超微粒子カーボンクリームを塗って行います。クリームを塗った上からレーザーを照射し、ピーリングを行い、肌のザラつき、しわの原因となる古い角質や角栓を取り除き、美しく健康な肌を手に入れます。

レーザーによって与えられる熱エネルギーにより、コラーゲンを作り出す線維芽細胞が活性化され、コラーゲンが増え、毛穴引き締め効果につながるというわけですね。酸化アルミニウムの粉を皮膚に吹きかけることで、古い角質を均等に取り除くことができます。化学薬品を用いるケミカルピーリングと違い、クリスタルの粒子で古い角質をやさしく取り除く方法を取っているので、フルーツ酸などの薬剤アレルギーの方でも安心です。

クリスタルピーリング

クリスタルピーリングは、酸化アルミニウムの微粒子によって、皮膚表面にある角質を取り除く方法です。化粧品にも使用されており、薬剤アレルギーなど、敏感肌の人にも安心して行えるのがメリットです。

肌のターンオーバーを促し、表面の凹凸をならしていくことで、滑らかな素肌を手に入れることができます。ニキビ跡に悩んでいる人や、肌のハリを取り戻したい人にもおすすめの方法で、もちろん毛穴引き締め効果も期待できます。

サーマクール

サーマクールは、レーザー光線よりも数十倍強いと言われるRF波(ラジオ波)で、熱エネルギーを与え、皮膚の深いところに働きかけるのが特徴です。レーザーや赤外線よりも深い箇所に届く上、肌に傷を付けない施術として注目されている方法です。

皮膚深部や皮下組織に働きかけることでコラーゲンが増え、毛穴が引き締まり、リフトアップ効果など、多くの美容効果を期待されています。

リファームST

リファームSTは、赤外線(IR)とRF(ラジオ波)を組み合わせることにより、肌や毛穴を引き締める効果があります。皮膚が赤外線で熱された後、真皮全体に熱エネルギーが伝わることで、コラーゲンの生産が促されるのです。コラーゲンが増えて、肌にハリができることで、毛穴が引き締まり、リフトアップなどの効果があります。

このように、クリニックでの治療は、レーザーを使うことによってコラーゲンを増やし、肌のハリを取り戻します。それによって、悩みの種であるたるみ毛穴を引き締める、というものです。魅力的ですが、やはり金額は自宅ケアに比べて高いですし、肌の状態や個人差など、必ずも望んだ結果が出るとは限りません。

治療を受ける前に、費用をはじめ、施術方法などにきちんと説明を聞き、悔いの残らないようにしましょう。場合によっては赤みが出ることもあるため、自分の肌の状態に合った治療法を、納得して行うことが大切ですよ。

スポンサーリンク

毛穴の機能改善方法

kenku

体の老廃物を排出する機能を果たしている毛穴は、デトックス機能という、非常に大切な役割を担っています。しかし、毛穴の開閉機能も使う回数が減ってしまうと、筋肉同様、働きが鈍ってしまいます。

つまり、毛穴のゆるみを改善するためには、開閉する力を鍛えることが大切なのです。では、毛穴の機能を改善させる方法について、いくつか紹介しましょう。

バランスのよい食事

偏食は血行不良や、皮脂の過剰分泌にもつながります。また、血行不良は古い角質が残りやすくなり、角栓の原因にもなりますから、正しい食生活を心がけましょう。

  • ビタミンC:赤・黄色ピーマン。パセリ、芽キャベツや、アセロラ、ゆず、キウイ、イチゴやレモン、オレンジなど
  • ビタミンB2:豚・牛レバー、いくらやたらこなどの魚卵、アーモンドなど
  • ビタミンB6:にんにく、マグロや鰹などの魚類、鶏ひき肉やごま、ピスタチオなど
  • ビタミンA:にんじん、ほうれん草などの野菜類、鶏・豚レバー、アンコウの肝やウナギなどの魚類、クリームやチーズなどの乳製品、卵黄など
  • ビタミンE:アンコウの肝やアーモンド、ヘーゼルナッツなど

このような食品を積極的に取り入れることで、バランスのよい食生活を送ることができます。いつものメニューにプラスして、おいしく健康を手に入れましょう。

質の良い睡眠

睡眠は、昼間受けたダメージを補修するためにも大切な時間です。

ただ眠るだけではなく、ゴールデンタイムと言われる22時~2時までの4時間の間に熟睡できるよう心がけましょう。

血行改善

適度な運動や入浴などで、血行を促進することも美肌には大切です。

無理をせず、ウォーキングなどの軽い運動をして、汗を流すのもよいですね。

スポンサーリンク

まとめ

kirei

毎日見ている自分の顔ですから、毛穴が目立ってしまうと鏡を見るのも嫌になってしまいますよね。イチゴ毛穴やオレンジ毛穴など、毛穴が目立ってしまう原因も人それぞれです。自分に合ったケア方法や治療方法を見つけて、少しでも早く毛穴の悩みから解放されたいものですよね。

レーザーによる治療もありますが、まずは毎日の洗顔方法など、ちょっとした工夫で毛穴の状態を改善することは可能です。無理せず丁寧にケアを続け、毛穴を気にしない、素肌美人を目指しましょう。

関連記事として

頬の毛穴の対策方法とは?原因を知って予防しよう!

毛穴が開く原因と改善方法について!正しいケアを行おう!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
スポンサーリンク
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする