勃起すると痛いのは病気?原因や症状を知っておこう!

恥ずかしがっている場合ではありません!勃起したときに痛みが走ったら、原因を特定し、治療に取り掛かってください。性交に不具合が生じたり、勃起障害を引き起こすかもしれません。最悪、その痛みは、がんかもしれません。

泌尿器の治療を困難にするのは、病気それ自体ではなく、羞恥心や恐怖心です。しかし、一刻を争う場合があることを、ぜひ知っておいてください。

スポンサーリンク

陰茎とは

勃起したときに痛みが生じる病気を理解するには、陰茎の構造を知っておく必要があります。まずそこから説明します。

「構造は知っている」という方は、この項は飛ばしてください。

海綿体

海面

陰茎は、「海綿体」と「尿道」と「亀頭」と「包皮」の4つのパーツから構成されています。まず、海綿体から解説します。

陰茎の長さと大きさと硬さと形を決めるのが、海綿体です。海綿体はスポンジのように液体を貯めることができます。この場合の液体とは、血液のことです。性的興奮を感知すると、血液が陰茎に流れ込んできて、海綿体がその血液を吸い、長く、大きく、硬くなるのです。血液が海綿体に留まっている状態を、勃起といいます。

尿道

尿道は、膀胱からつながる1本の管(くだ)です。陰茎の中では、海綿体に包まれています。男性の尿道は、尿のほかに精液も通ります。

亀頭

亀

亀頭は、陰茎の先端部のことを指します。亀頭も海綿体ですので、勃起時には血液が貯まり、大きくなるのですが、硬くなることはありません。亀頭は刺激に敏感で、性交時の摩擦が性的快感となり、射精を促します。

なので、亀頭が過敏すぎると、短時間で射精してしまう早漏になってしまいます。亀頭が刺激に過敏なのは、表面が薄いからです。それで、ウイルスや細菌に感染しやすい性質があります。亀頭は性病に深く関係しているのです。

包皮

皮

海綿体でできた陰茎を包む皮膚のことを「包皮」といいます。包皮の「皮膚としての特徴」は、移動しやすいことです。

手や足の皮膚を押しながら動かしても、移動距離はせいぜい2、3センチです。ところが陰茎の包皮は、10センチ以上移動します。包皮は伸縮性に富んでいるのです。

スポンサーリンク

勃起時の痛みはペロニー病?

それでは、勃起したときに痛みを起こす病気をみてみましょう。そのひとつに、ペロニー病があります。

ペロニー病の症状

ペロニー病の症状の特徴は、陰茎の海綿体に、しこりができることです。これが勃起したときの痛みの原因となります。さらに、陰茎が曲がることもあります。これもしこりが邪魔をして発生します。この病気で陰茎が短くなることもあります。

また、ペロニー病を放置しておくと、そもそも勃起しなくなります。勃起障害という症状です。当然、性交は不可能となります。この病気は、男性の数%に発生すると考えられています。意外に高い数値ではないでしょうか。

ペロニー病の原因

原因は、未知の領域が多いとされています。ただ、陰茎で内出血が起きたり、陰茎に衝撃が加わると、ペロニー病が起きることがあります。

性交の方法が逸脱し、陰茎を極端に曲げることが頻繁になると、ペロニー病を発症することがあります。

そのほか、リンパや血管に炎症を起こしている人がペロニー病を発症していることが多いので、なんらかの因果関係があるだろうとされています。遺伝の可能性も指摘されています。

ペロニー病の治療

治療はまず、薬で行います。使う薬は、ビタミンE、経口PGE1製剤、トラニラスト、コルヒチン、ステロイドなどです。服用や、陰茎への注射で投与します。

6カ月間、薬で様子を見て、それでも症状が改善しない場合、手術になります。しこりによって陰茎が曲がっている場合、しこりの場所の反対側の包皮を縫って、陰茎をまっすぐにします。この手術を「縫縮法」といいます。

方法が単純なので、手術は2時間足らずで終了します。患者の負担が少ないというメリットがありますが、陰茎が短くなるというデメリットがあります。

一方、しこりそのものを切除する「移植法」は、陰茎が短くなる心配がありません。しこりを切除して、その場所に皮を移植して陰茎の長さを保つのです。手術時間が3時間近くかかることと、手術後に勃起力が低下する可能性がある、というデメリットがあります。

スポンサーリンク

勃起時の痛みはは持続勃起症?

勃起時の痛みが、持続勃起症が原因の可能性も考えられます。

持続勃起症の症状

勃起

持続勃起症は、4時間以上勃起が継続した状態のことをいいます。そのまま治療をしないで、勃起が6時間以上に達すると、陰茎の組織が壊死し始めます。

持続勃起症の原因

トマトジュース

勃起は、海綿体というスポンジに、血液という液体が充填されている状態です。なので、2つの原因があります。

ひとつは海綿体に血液が供給され続けることです。もうひとつは、海綿体に貯まった血液が元に戻らなくなることです。陰茎や肛門付近を打撲したときに発症することが知られています。そのほかの原因としては、飲酒や薬、貧血、白血病が知られています。

持続勃起症の治療

海綿体に血液が供給され続けることを、「動脈性持続勃起症」といいます。海綿体に貯まった血液が元に戻らない状態を、「静脈性持続勃起症」といいます。

「動脈性」の治療は、緊急性が低いとされています。陰茎を冷やしたり、止血剤を投与されたりします。男性ホルモンの働きを抑える薬を処方されることもあります。

一方で「静脈性」は、緊急に対処する必要があります。それは、血液の流れが完全に止まっているからです。治療では、陰茎に注射針を刺し、血液を抜き取ります。それでも治らないときは、手術を行います。海綿体の血液を、亀頭に流すようにして、血流を確保するのです。

そして「静脈性」が恐いのは、この病気を発症した人が勃起障害を引き起こす率が、50%もあることです。もちろん、軽症で治療を受ければ確率は下がり、重くなって病院に行けば勃起障害になる確率は上がります。

スポンサーリンク

その他の陰茎の痛み

その他に考えられる原因を紹介します。

陰茎がん

ペロニー病は、しこりができる病気、と解説しました。ペロニー病のしこりは良性で、これが、がん化することはありません。しかし、陰茎がんが、ペロニー病のしこりに似たしこりを作ることがあります。ですので、医師によっては、ペロニー病の疑いが濃厚でも、患者に、念のため、しこりの組織検査を進めることがあります。

陰茎がんは症例の少ないがんです。患者のほとんどは50歳以上です。原因として考えられているのは、喫煙や、「ヒトパピローマウイウルス」というウイルスに感染することです。
また、包皮が多い人は注意が必要です。勃起していない状態のときに陰茎の外観がしわしわになっていると、しわとしわの間の「溝」に汚れがたまり、それが、がんと関係しているかもしれないからです。

包皮を清潔に保つことで予防しましょう。

亀頭包皮炎

亀頭は表面が薄いので、少しの刺激でも炎症してしまいます。包皮は不潔になりがちで、その汚れから炎症を起こすこともあります。亀頭包皮炎を起こすと痛みます。

石鹸や香水などの刺激に負けて炎症を起こす場合もあります。この病気も、包皮の清潔維持が効果的です。

尿路感染

尿路感染は、尿路が短い女性に多い病気ですが、男性にも発症することがあります。男性が発症すると、陰茎に痛みが走ります。

免疫が低下したり、尿路感染している人との性交によって発症します。また、肛門性交もリスクを高めます。前立腺肥大の患者も、尿路感染を引き起こしやすいです。

包茎

包茎でもまれに痛みが生じることがあります。通常の包茎では、手術は医療保険の対象外ですが、痛みを生じる「嵌頓(かんとん)包茎」の手術は、医療保険がききます。

嵌頓包茎になると、おしっこをすることができなくなったり、陰茎が壊死したりすることがあります。緊急手術が必要な場合もあるくらいです。

スポンサーリンク

まとめ

セックス

勃起時の痛みは、ある程度予防できるとされています。例えば、性交時のコンドームの着用、包皮の清潔維持、不特定多数と性交しない、逸脱した方法での性交をしない、などです。

しかし、とにもかくにも、泌尿器の痛みは即、医者へ、です。

関連記事として、

射精により頭痛が起きる原因は?対処方法も紹介!

我慢汁で妊娠する確立はある?避妊方法について!

性交の後に出血が起きる原因は?症状や対処方法を紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする