胸が急に大きくなったのはなぜ?病気の可能性も!

女性にとって胸の大きさは気がかりな事の上位かと思います。体は日々変化していますし、成長期の胸の大きさの変化は自然な事です。

しかし、急激な変化は何かの病気の可能性もあり、何かと不安になりますね。女性特有の病気の場合もあり、なかなか相談が難しいかもしれません。胸の形や大きさは個人ごとの差が大きいため一括りにはできませんが、急に胸が成長した場合の参考になる原因や病気の可能性を紹介します。

スポンサーリンク

胸の成長のしくみ

胸‐1

まず初めに、胸が大きくなる仕組みを紹介します。胸は主に乳腺と脂肪で出来ています。乳腺1に対し、9の割合の脂肪が周りを囲んでいます。

胸を大きくする要因は以下の2種類のホルモンです。ホルモン量が増える事によって乳腺の量と、その周りにくっつく脂肪分が増えていきます。

成長ホルモン

成長ホルモンは幼児期から思春期に多く分泌されるホルモンです。また、思春期を過ぎても22時から翌2時に多く分泌されます。成長ホルモンは体の2次成長にかかわるほか、日々の体調にも関係し、うまく分泌されないと体の調子が悪くなり、老化が始まります。

女性の体には、12歳ごろから30歳ごろまで、ラクトゲン受容体という組織が発達します。このラクトゲン受容体が成長ホルモンを受け取ることで、乳腺が増え、胸が大きく発達します。思春期にこの受容体が増え、かつ健康的な生活をしてきた場合、胸の成長は顕著に表れます。

女性ホルモン

女性ホルモンは乳腺に作用し、太くします。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類に分かれますが、主に胸の成長にかかわるのはエストロゲンです。乳腺が太くなると乳腺に付随する脂肪の量が増え、胸が大きくなります。

女性ホルモンは血液やリンパの流れが良いほど隅々まで行きわたります。逆に、血の巡りが悪かったり、胸筋が薄い場合は、それほど乳腺に作用しないため、女性ホルモンの量が多くても胸の大きさは劇的には変わりません。

スポンサーリンク

心配いらない胸の成長

胸‐2

胸は普段の生活や成長の過程で大きくなったり小さくなったりします。また、人生の中で胸が発達する時期もある程度決まっています。

急な肥大を感じても、胸の中にしこりや痛みなどの違和感がなければ正常な成長と見受けられます。胸の成長の原因において、心配のいらないものを紹介します。

初潮の直後

女性は初潮を迎えると女性ホルモンであるエストロゲンが多量に分泌されます。初潮は10代前半から始まることが多く、それに伴って2次成長が始まります。

個人差はありますが、初潮を迎えた後に胸が大きくなり始めるのは自然なことで、心配はありません。胸の成長ににより乳首が張るような痛みを感じることもあります。

生理前

生理前は女性ホルモンのうち、エストロゲンが優位に働きます。これは排卵に合わせて体が妊娠のための準備を始めるからです。エストロゲンが乳腺や乳腺に通じる血管を刺激することで成長を促し、乳腺組織が増えたり太くなったりして母乳を出す準備をするため、胸が張ったような感覚になります。

これは妊娠の為の準備なので、卵子が着床しなかった場合は次第に元の大きさに戻っていきます。

妊娠した場合

女性は妊娠すると生まれてくる子供のために体が変化します。妊娠をきっかけに女性ホルモンの分泌が盛んになり、出産後、十分な母乳を出すために乳腺細胞を増やし、太くします。

胸の張りのほか、乳首の色が変わるなどの変化がおこります。急に胸が大きくなるのは妊娠初期の体の変化の可能性があります。

胸筋量が増えた

乳房の下には土台となる胸筋が存在します。この胸筋が弱い場合、胸は重力に耐え切れず下に垂れたり横に流れたりします。運動などを初めて胸筋が発達した場合、胸が持ち上げられ大きくなったように感じる場合があります。

どの部分の脂肪が燃焼しやすいかは個人差や運動の方法が大きいようです。胸の筋肉が付いたために胸の脂肪が燃えやすくなるという事もありますが、他の部分の脂肪が減ったのに胸だけは大きいままという場合もあります。運動によって胸が大きくなるという事はさほど珍しい事ではありません。特に、今まで太っていた場合、運動で体が細くなったのに胸だけは大きいままということもあります。

また、運動の際にプロテインや筋肉増強のサプリを服用している場合は、その効果で胸が大きくなることも考えられます。胸が大きくなる前に新しい運動を始めたかどうかを見返してみてください。

体内の脂肪量が増えた

胸は脂肪の塊です。体に脂肪がつく際は、ある程度体に均等につくようになっています。全体の脂肪量が増えれば、胸の脂肪も増え、大きくなります。また、体質的に胸に脂肪がつきやすい人もいます。胸が大きくなり体重が増えた場合は体内の脂肪が増えたのかもしれません。

逆に、ダイエットで胸以外の脂肪が落ち、相対的に胸が大きく見えるようになる人もいます。体重が減ったのに胸が大きくなった場合は、胸が大きくなったのではなく、他の部分が細くなったと考えられます。

早発乳房

新生児や、幼児期に乳房が発達する症状の事です。2次成長前の子供の胸が膨らんでいる場合、このように呼ばれます。これは母体から流れ込んだエストロゲンが子供の体内に蓄積されたことで一時的に胸が成長するために発生します。

男児、女児共に発生する可能性がありますが、ほとんどは3歳までに自然と直ります。あまり刺激しないことが大切です。

スポンサーリンク

病気かもしれない胸の成長

胸‐3

胸が急に大きくなった際、痛みを伴ったり、胸にしこりのようなものを感じた場合は注意が必要です。良性の腫瘍の場合もありますが、乳がんなど、胸以外の場所に転移する病気の場合もあります。

胸の病気は早期発見により重症になることを防ぐことが出来ますので、以下を参考に、気になる症状がある場合は早めに病院を受診しましょう。

乳がん

乳がんは女性のがんの中でも悪性の強いがんで、乳房の内側に発生します。初期には痛みがほとんどないため、発見が難しいがんでもあります。乳がんは乳房内の細胞が悪性化して増殖するため、片方の乳房にしこりが発生したり、増殖した細胞の分だけ胸が大きくなったように感じたりします。

乳がんは肺や近くの臓器に移転しやすいがんです。胸にしこりを感じたら早めに専門機関の受診をお勧めします。検査の際はマンモグラフィ検査が有効です。

詳しくは、乳癌のしこりの特徴は?原因や症状、治療方法を紹介!を参考にして下さい!

乳腺炎

主に授乳中や、妊娠末期に母乳が出るようになった母体に発生する症状で、細菌が入り込んで乳腺が詰まってしまうことで炎症を起こす病気です。詰まった母乳がしこりのように固くなり、胸全体が赤くなったり、痛みを生じたりします。

乳腺炎は乳房内の母乳が余っている際に起こりやすく、妊娠末期でまだ母乳が必要ない場合や卒乳などのタイミングで起こることが多い病気です。乳がんとの区別が難しく、症状がひどい場合には高熱が出ることもあります。

詳しくは、乳腺炎の5つの原因とは?ストレスや食べ物についてを読んでおきましょう。

乳腺症

授乳の経験が無い30代から閉経までの女性に見られる症状で、ホルモンバランスの乱れにより胸にしこりが出来るのが乳腺炎です。

痛みは殆どありませんが、生理前になると痛むことがあり、乳頭から白色や血色などの分泌物が出ることがあります。しこりは乳房の片側に出来る場合と、両側に出来る場合があります。

乳管内乳頭腫瘍

乳頭付近に良性の腫瘍が出来、乳頭から血液や分泌物が出る病気です。付近に腫瘍が出来、乳房先端が膨らんだようになる事が在ります。合併症として乳腺症を併発することがあります。乳がんとの区別が難しいため、専門機関での検査が必要です。

また、将来的に乳がんに発展するリスクが高いため、乳管内乳頭腫瘍と診断された場合は予後の経過を注視する必要があります。

繊維腺腫

乳房の中に2~3センチの腫瘍が出来る病気です。10代~30代の女性に多く発症し、しこりは良性です。痛みは無く、まれに大きくなる場合があります。

葉状腫瘍

乳腺が歯のように広がり乳房が肥大する病気です。最初はしこりのようなものを胸の内側に感じ、乳腺症や繊維腺腫と似通った症状ですが、症状の進行が速いためこの疾患と判断できます。ほとんどが良性ですが、悪性の場合は肺などに腫瘍が転移します。

巨乳症

胸が日常生活に支障をきたすほど大きく肥大する病気です。男性や初潮前の子供にも起こる可能性があります。ホルモンの過剰分泌で乳腺が刺激され、乳腺の肥大が止まらなくなり、大きくなった胸が腹部まで垂れ下がってしまうこともあります。

巨乳症は一時的なものと、永続的なものがあります。ホルモンバランスの乱れが原因の場合は、それが改善されることで乳房の肥大も止まります。また、幼児の場合は成長と共に胸の大きさも元に戻ったりします。しかし、永続的にホルモンが分泌される場合は、注射や服薬などでホルモンの分泌を抑制する必要があります。

男性の体内にも女性ホルモンは存在するため、過剰に分泌された場合は乳腺が肥大することがあります。特に成長期の男児は一時的に女性ホルモンが増えるため胸が張ることがありますが、成長と共にホルモンバランスが安定するため、次第に胸のふくらみは消えていきます。しかし、女性ホルモンの分泌が過剰な場合は成長期を終えても肥大することがあり、こちらもホルモンを抑制する治療が必要となります。

スポンサーリンク

まとめ

乳房は非常にデリケートな部位であるとともに、ホルモンの影響を非常に受けやすい器官です。胸の大小は女性にとってはコンプレックスになることも多々あります。基本的に、成長期や生理前、妊娠後の急激な成長は、日常生活に支障をきたすほどの痛みなどがない場合は心配する必要がありません。

しかし、乳房は出産や子育てのための大切な器官ですので、子育ての際に十分に機能が発揮できるよう、しこりや出血などの異変を感じた場合は産婦人科に早めに相談した方がよいでしょう。また、乳がんは女性のがんとしては発症率や死亡率が高めなので、早期発見が重要となります。マンモグラフィなどの定期検診は面倒と思わずに受診してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする