入浴することで得られる効果とは?お風呂で生活を快適に!

毎日の仕事が忙しく、時間がないことを理由にシャワーだけで過ごしている人は多くいると思います。特に夏は暑く、シャワーだけで十分だと考えている人も少なくないはずです。しかし湯船に浸かって、ゆったりした時間を過ごすことで得られる効果は多くあります。

今回は、入浴で得られる効果についての記事を書いています。いつもシャワーのみの方や、入浴してどのような効果があるんだろうとお考えの人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

入浴することで得られる効果

さっそくですが、入浴することの利点について紹介します。これを読めば明日から入浴に切り替えた方が良いと思うかも!?

①疲労回復

疲労回復
出典:http://mikeduffyjr.com

入浴の利点はなんといっても、身体の疲れを癒すことができるのが一番の利点です。

人間にとって、睡眠と入浴が疲れを取り除く最大の行動だといえます。シャワーでは汚れを落とすことは出来ても、疲れを癒すことは難しいのです。

入浴することで、体温が上昇して血行がよくなり、発汗作用が促進されます。体にたまった老廃物を取り除くことができるので、疲れを取り除きやすくなるのです。

またお湯に浸かることで、全身が水圧によるマッサージを受けている状態になります。この水圧は500キロ前後といわれており、マッサージ効果は絶大です。これにより、体に溜まった疲労を除去する効果を得ることができるのです。

さらに、水力によって体が重力を受けなくなるもの良いとされています。体が負担を受けずにリラックスできる状態になるので、筋肉もリラックス状態になり疲れを癒すことができます。

②ストレスの発散

リラックス
出典:http://1ms.net

体の疲れだけでなく、ストレスを発散する効果も期待できます。

水の浮遊力を受けることで、心身ともにリラックスをすることができます。そうなると「セロトニン」や「βエンドルフィン」が多く分泌されるようになります。これらの成分には、ストレスを感じると分泌される「ノルアドレナリン」を抑える効果があるのです。

ストレスを溜め込まないことは、生活においては大切です。シャワーだけではこのストレスの発散の効果も薄れてしまうので、イライラしがちな人は入浴することを心がけましょう。

③体臭を抑えることができる

良い匂い
出典:http://smartgirltips.com

お風呂で入浴することには、体の嫌な臭いを抑えることが出来る効果があります。

人間が生活をしていると、疲労物質である「乳酸」が少しづつ体内に溜まっていきます。乳酸が多くなると、汗の中に含まれるアンモニアの量も多くなってしまい、体臭がきつくなる原因になってしまいます。

シャワーだけだと、表面上の汚れを落とすことはできますが、体内に溜まった乳酸を減らすことはできないので、体臭を改善できなくなってしまうのです。

④睡眠の質を高める

良い睡眠
出典:http://simivalleymattress.com

入浴することで、睡眠の質を高めることができるようになります。これも入浴の持たらす大きな利点だといえます。

お湯に浸かることにより、体の温度を一時的にあげることができます。睡眠に入る時というのは、体の温度を少しづつ下げることで、眠りへと導入しています。この一連の流れがスムーズに行えるようになるので、入眠時間を短くすることができるのです。

またストレスの発散や疲労を取り除く効果もあるので、睡眠の邪魔になる原因を除去できるのも、睡眠の質を高めることにつながります。

⑤美容にも良い

美しい
出典:http://jaleesalashay.com

入浴と美容には深い関係があります。美しい状態を保ちたい人は、お湯にじっくり浸かることをオススメします。

少し熱めの41℃前後のお湯に浸かることで「ヒートショックプロテイン」という成分が多く分泌されるようになります。これは、美容には必要不可欠な「コラーゲン」が減ってしまうのを防ぐ効果があります。

さらに血行促進の効果によって新陳代謝が高くなり、肌や頭皮のターンオーバーが正常に働くように促してくれることも、美容面ではプラスといえます。

⑥免疫力が高まる

免疫力
出典:http://www.portland-chiropractic.co.uk

入浴をすることで、体の免疫力が高まり、病気になりにくい健康的な体をつくることができます。

お湯に浸かると、体の温度が上がるので体内のリンパ球の数が多くなります。リンパ球の数が多ければ、ウイルスや細菌が体に入ってきても、やっつける力が強くなるので免疫力が高くなったといえるのです。

基本的は、平熱が低い人ほど免疫力が弱いとされています。低体温の改善方法については、こちらの記事に詳しく書いてあるので、読んでみてください。

⑦ダイエット効果もあり!

ダイエット
出典:https://www.cubeny.com

女性の方などで、ダイエットをしている人はなるべく入浴をしましょう!ダイエットの効果を高くすることができます。

上記で紹介しておりますが、入浴は血行促進効果により新陳代謝が高くなります。新陳代謝が良いと、運動をした際に、脂肪の燃焼効果が高くなるのです。つまり同じ運動量でも代謝が良い方が、消費するカロリーの量が多くなるので、ダイエットの効率も良くなるというわけです。

お風呂に入ることでカロリーを消費するというわけではなく、カロリーを消費しやすい体質に変えることがダイエットに効果的というわけです!

スポンサーリンク

入浴方法について

入浴方法には様々な種類があります。いろいろな入浴方法を紹介するので、自分に合った入浴方法を試してみましょう。

①正しいシンプルな入浴

いたってシンプルなお湯につかるだけの入浴方法ですが、温度設定やお湯に浸かる時間などを考えるとより良い効果を得ることができます。

まず温度設定ですが、体温に近いとされる38℃〜40℃の温度がベストだとされています。少しぬるく感じてしまうかもしれませんが、温度が高すぎると体に負担がかかる場合があるのです。

次に入浴時間ですが、10分〜20分前後が最適とされています。10分未満だと、体が温まるのには短すぎるし、20分以上だと体に必要な成分も洗い流されてしまう可能性があります。

これがシンプルな入浴において、効果的な温度設定と入浴時間です。温度を意識することで、効果が変わってくるので十分注意しましょう。

②半身浴

デトックス効果が良いと広まって、大ブームを起こしたのが半身浴です。しかし、間違った半身浴は体に負担になる可能性があるので、正しい半身浴方法を知りましょう。

温度設定は上記と同じで、38℃〜40℃が一番良いとされています。寒いと思って温度を高めに設定する人が多いので注意してください。

浸かる部分ですが、足からみぞおちの下くらいまでならば、半身浴の効果を受けることができます。

半身浴に用いる時間は、30分前後が良いかと思われます。もちろん個人差があるので、入浴時間も変化しますが、あまり長いと逆効果になります。また上半身が冷えてしまう場合があるので、タオルなどをかけると良いでしょう。

半身浴では汗の量が増えてしまい、体の水分が奪われます。半身浴を行うまえに、水分を補給することを忘れないようにしましょう!

③HSP入浴法

HSPとは「ヒートショックプロテイン」の略で、ストレス発散や疲労回復の効果が凄いと話題になっている入浴方法です。

HSP入浴法のやり方を紹介します。

1、入浴前に500mlの水分を補給します。

2、お湯の温度設定を42℃前後にします。

3、40℃なら20分、41℃なら15分、42℃なら10分間にお湯に浸かります。

4、お風呂からで後は、熱を逃さないようにタオルを首に巻いて10分待機します。

以上です。熱いお湯にサクッと入るといったやり方です。時間をしっかり測ってのぼせないように注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

入浴の利点
・血行促進による疲労回復
・リラックス効果によるストレスの発散
・乳酸を除去して体臭を抑えられる
・温度調整がスムーズになり睡眠の質があがる
・コラーゲンの減少を防ぎ、美容効果もある
・リンパ球が増え免疫力が高まる
・新陳代謝が高くなり、ダイエット効果もある
入浴の種類
・シンプルな入浴
・半身浴
・HSP入浴法

以上が今回の記事のまとめになります。

シャワーを浴びるよりも、たくさんの利点を得ることができます。入浴することで、生活の質を高めて快適な生活を送りましょう。この記事を読んで感銘を受けた人はぜひ明日から入浴に切り替えてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする