虫歯による頭痛の症状とは?こめかみが痛む場合もあり!?

噛むたびに痛みを感じたり、冷たい飲み物がしみたりして嫌になってしまう虫歯。早く治療した方がいいのだけれど、忙しくて虫歯を放置してしまっている人も少なくないはずです。放置していると、症状がどんどん悪化して、神経もやられてしまう場合もあります。

そして意外と気がついていない人も多くいるのが、虫歯が原因で頭痛が発生していることがあるということです。

頭痛を治そうと様々な方法を試しても治らないのは、虫歯の治療が出来ていないからという場合があります。

今回は、虫歯による頭痛についての記事を書いています。虫歯と同時に頭痛が起こって不安になっている人はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

虫歯が起こす頭痛について

虫歯 頭痛
出典:http://reachingutopia.com

まず虫歯が原因となって引き起こされる頭痛には、どのような種類の頭痛があるかを紹介します。

・緊張型頭痛

最も多いのが、虫歯以外の原因でも発生することがある緊張型頭痛です。頭をキリキリと締め付ける感じの痛みが特徴です。激しい痛みはあまりなく、弱い痛みが長い時間続く場合があります。

・顎間接症による痛み

虫歯ができていることで、歯の噛み合わせが狂ってしまい「顎間接症」を発症させてしまうことで痛みを感じている場合があります。

・脳静脈血栓症による痛み

虫歯を放置したことで出来る脳静脈血栓症によって、頭痛を感じている場合があります。こちらは早期の治療が必要となります。

スポンサーリンク

それぞれの頭痛について

ではそれぞれの頭痛について紹介します。自分がどの頭痛かを判断して適切な処置を受けるようにしましょう。

①緊張型頭痛によって起こる痛みについて

緊張型頭痛
出典:http://www.gatewayfamilychiro.com

虫歯が起こった時に発生しやすいのが、緊張型頭痛です。

虫歯が発生している部分で、食事を行うと痛みを感じる場合に反対側の方ばかりで噛んでいることで発生してしまいます。片側ばかりで噛むことで、首や肩を痛めてしまい緊張型頭痛を発症してしまうのです。

また虫歯が引き金となっているだけで、デスクワークやパソコン業務が多い人は首回りの筋肉を酷使しているために、緊張型頭痛を発生しやすくなってしまいます。その場合肩や首に負担を感じる場合があり、虫歯と同時に張りがある場合は緊張型頭痛の可能性が非常に高くなります。

しかし緊張型頭痛は、症状を緩和できる方法があります。

緊張型頭痛は、筋肉の張りによって血行不良が起きていることで発生しているので、患部を温めてあげることで痛みを和らげることができる場合があります。

しかし根本的には、虫歯を治療しないことには、筋肉の張りを感じやすくなってしまうのでなるべく早く虫歯の治療を行うようにしましょう。

②顎関節症によって起こる痛みについて

こめかみ 痛い
出典:http://www.just-health.net

虫歯により、歯の組み合わせがずれてしまったり、歯の片側だけで噛む「偏咀嚼」を行ったりしている場合に発症してしまう可能性があるのが「顎関節症」です。

特に多いのが、偏咀嚼を行っている場合です。虫歯の痛みを避けてしまうために偏咀嚼を行ってしまう人は多くいます。そうなると片側の顎に負担がかかってしまうことで、顎関節症を引き起こしやすくなるのです。

顎間接症によって起きる頭痛の特徴は、こめかみ部分が痛むことです。顎を動かしているのは、こめかみ付近にある側頭筋という筋肉です。この側頭筋に負担がかかりすぎることで、こめかみに痛みが生じてしまい頭痛を引き起こすのです。

顎関節症の症状として

・思いっきり口を開けられない
・しっかり口を閉じられない
・顎に痛みを感じる
・顎を使用すると、音が発生する場合がある
・肩や首の筋肉に違和感を感じる

以上のような症状が現れます。虫歯と共にこのような症状が見られる場合は顎関節症が発症している場合があります。

顎関節症は、症状によって治療方法が変わってくるので一度病院へ行って、診察をしてもらう必要があります。虫歯も治療もする必要があるので早めに病院へ行くようにしましょう。

③脳静脈血栓症によって起こる痛みについて

頭痛む
出典:http://thetreatmentherbs.com

脳静脈血栓症は、虫歯によってできた空洞に菌が入り込むことで発症してしまいます。

虫歯を放置することで、穴がどんどん大きくなって口の血管に繋がってしまう場合があり、そこから血中に虫歯菌が混ざり込んでしまう場合があります。そうなることで虫歯菌を含んだ血液が脳まで運ばれてしまい、脳の静脈で炎症が発生して血栓ができてしまうのが脳静脈血栓症です。

症状は頭痛の他に、めまいや吐き気を初期症状として伴う場合があります。特に頭痛は激しい痛みを感じる場合があります。また症状が悪化していくと、意識が朦朧としたり、痙攣が発生したりする場合もあり最悪死を招く場合もあります。

立っていられないような痛みやめまいを感じたら、すぐに病院へいきましょう。早期発見をすることが、命を守るうえでは大切になってきます。

スポンサーリンク

まとめ

虫歯が原因で起こる頭痛の種類
・緊張型頭痛
・顎関節症による頭痛
・脳静脈血栓症による頭痛

以上が今回の記事のまとめになります。

このように、虫歯が原因で頭痛を引き起こすことがあるということを覚えておいてください。頭痛の原因が虫歯によるものなのか、その他の原因によるものなかを把握しておかないと、頭痛の症状が長引いて生活の質を下げる可能性があります。

また、脳静脈血栓症や顎関節症は虫歯を放置しすぎることも原因となっています。ついつい治療を後回しにしがちになってしまいますが、虫歯は早く治さないと命に関わる場合もあります。そのことを理解しておけば、自然と治療を優先するようになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする