朝にシャワーを浴びることで得られる3つの効果とは!?

だれでも経験した事がある、朝シャワー。じっとりと肌にかいた汗に、べっとりとした髪。そんな朝は、誰だって迷わずシャワーを浴びますよね?

朝にシャワーを浴びたら、すっきりさわやか!あんなに眠かったのに、目も覚めて一石二鳥!それに、何より1日の快適さが違う!

そんな理由も手伝って、朝シャワーを慣行している方も多いかと思います。

しかし、本当に朝シャワーで良いの?夜入浴との違いは?疑問に思うあなたに、朝シャワーと夜入浴のそれぞれの違いをお話ししますね。

スポンサーリンク

朝シャワーを浴びることのメリット

朝シャン
出典:https://www.realbuzz.com

朝にシャワーを浴びることはどのようなメリットがあるのかを紹介します。

朝シャワーのメリット

・自律神経の交感神経が刺激される

これは皆さんが朝シャワーを続ける1番の理由にもなる、「目が覚める!」「気分がすっきりする!」という事です。

皆さんも一度は耳にした事があるかと思いますが、私達には自立神経という神経があります。そしてその自立神経は、交感神経と副交感神経で成り立っています。

日中、身体が動き出した時に活発になる神経を交感神経といい、夜間や安静時に活発になる神経を副交感神経といいます。この二つの神経は24時間、休むことなく常に動き続けています。

皆さんも経験があるかと思いますが、会社で残業が続いたり、精神的なストレスを受けると、便秘をしがちになったり、寝つきが悪くなったりしませんか?あれはまさしく、自律神経の乱れによるものです。

こうした乱れてしまった自律神経の回復には、朝のシャワーで刺激を与えるのも良い事になります。

・ダイエット効果が期待できる

朝一番に水圧によるお肌への刺激は、副交感神経と交感神経のスイッチを切り替えてくれます。それは朝一番から代謝を上げられる、と言う意味です。

代謝を上げた状態で一日をスタートするので、早い時間からのカロリー消費がダイエット効果へと促されます。

・体臭が予防できる

私達は寝ている間に皮脂を分泌しています。そして汗は季節の違いこそあれ、平均してコップ1杯ほどの汗を大量にかいています。

そうした汗や皮脂が雑菌とまじりあい、体臭に…なんてこともあります。こうした理由から朝シャワーをする事で、さわやかさが増します。

スポンサーリンク

効果的な朝のシャワーの浴び方も知りましょう!

朝シャワー
出典:https://ecowellness.wordpress.com

上記のメリットを受けられるように、効果がより高められるシャワーの浴び方を紹介します。

・首の後ろは必ずシャワーをあてましょう。そして、肩から背中、そして全身へと浴びましょう。

・シャワーのお湯は、高めの温度設定。目安は41℃くらい。

・お湯は立ったままの姿勢で、勢いよくたっぷりと!お湯で身体を刺激するイメージで浴びましょう。

・ シャワーの時間は3-5分程度で済ませます。

以上が効果的な朝のシャワーの浴び方です。朝はあまり時間もない人が多いと思うので、サッと浴びるのがポイントです。

朝のシャワーで欠かせられないのは、水圧によるお肌への刺激です。お肌の刺激が血行を促すのです。

そして、首には太い頚動脈が通っています。首を温めることは全身が暖めらることを意味します。ですから当然、お肌の血色も良くなりますし、お化粧のりも良くなるのです。

スポンサーリンク

朝シャワーのデメリットを知ろう!

朝シャワー デメリット
出典:http://allwomenstalk.com

こんな良いことばかりなら、朝シャワーの方が楽でいいじゃん!なんて思う方もいると思いますが、もちろんデメリットもあります。

・潜む危険性

これは暖かい室内から寒い脱衣所へと移動した際、急激な温度変化で血圧が上下に大きく変動し、それによって心筋梗塞や不整脈、時として脳梗塞を起こしてしまう「ヒートショック」を指します。

これは夏より冬の方が断然に多く、冬にどうしても朝シャワーをするならば、脱衣所はもとより、浴室内も充分に温度を上げてから入るのが望ましいとされます。

・シャンプーのすすぎ残しによるダメージ

忙しい朝だから、どうしてもシャンプーのすすぎがおろそかになりがち。そうなると、汚れが取れていないほか、シャンプーのすすぎ残しが原因の、頭皮湿疹になったりする原因にもなります。

・皮脂膜が薄くなり、紫外線のダメージを受けやすくなる

シャンプーで汚れを取った後の頭皮は、長い時間をかけて、薄い皮脂膜を作っていきます。昨夜入浴した時にも洗った頭皮が再び、しかも短時間でシャンプーで洗われてしまうと、紫外線によるダメージを直接頭皮に受けてしまいます。

それが原因で、薄毛や抜け毛につながる事もあります。

夜入浴のメリットとは!

入浴
出典:http://beautifulbrowngirls.com

朝シャワーのメリット・デメリットを知ったあなたは、「では夜入浴にはどんなメリット・デメリットがあるのだろう?」と疑問に思うかと思います。今から記しますね。

・熟睡できる

夜お風呂の良さは何といっても、この熟睡の深さ!

入浴した後、どうして熟睡できるのかというと、私たちの身体が温まった後に冷めていくその体温変化の過程で、眠気を誘う仕組みになっているのです

。そうなると、夜の入浴後の方が質が高く、深い睡眠を確保できるのです。

・リラックス効果がある

入浴には温熱・水圧・浮力と、それぞれ3つの作用による効果があります。

この中の温熱作用、いわばお湯の温度ですが、お湯をぬるめの設定にするとリラックス効果が得られます。

ぬるめのお湯は、副交感神経を刺激するのです。

夏なら38から40℃、冬なら41℃位とお湯の温度を季節に合わせて変え、そしてじっくりとお湯につかると、心身ともにリラックスできますよ。

・ 疲れもとれる

夜入浴を見送った次の日の朝、何だか疲れが取れていないなぁ・・・と感じる人も多いはず。

理由は簡単。湯船につかっていないから!湯船に浸かることで疲れが取れるのです。これも温熱作用がもたらす効果の一つです。

湯船につかると、体温の上昇と共に、血管の拡張があります。そして新陳代謝が高まり、身体の中の老廃物や疲労物質が取り除かれ、それが疲労回復につながり、痛みや・コリ・疲れが軽減されるのです。

夜入浴のデメリットっていったい??

入浴
出典:http://www.theospark.net

こうしてみると、メリットばかりあるように感じますね。しかし、夜入浴もデメリットがあります。間違った入浴をしてしまうと、逆に体に負担をかける可能性があることを知っておきましょう。

・長風呂は避ける

人は42℃以上の湯に浸かると「交感神経」が優位に働きます。そうすると、汗をかいて脈拍があがります。

要は熱すぎる湯に浸かるとせっかく整っている自律神経を乱したり、疲れすぎて、だるくなったりするので、注意が必要になります。

・脱水状態にならない様に気を付ける

意外にも浴室は高温多湿の空間です。

そうした場所で長風呂をする事は、自律神経の働きを活発にさせ、必要以上の汗を出させ、結果的に脱水状態になりやすい環境でもあるのです。

・潜む危険性

ヒートショックにならない様に、室内と浴槽の温度差を極力なくしましょう。これは朝風呂でも夜入浴でも同じことがいえます。

急激な温度変化で血圧が上下に大きく変動し、それによって心筋梗塞や不整脈、時として脳梗塞を起こしてしまう「ヒートショック」は夏場でもおきます。

スポンサーリンク

まとめ

朝シャワーに夜入浴。

どうでしたか?それぞれにあるメリットと、デメリット。

だからといって、デメリットばかりに目が行ってしまい、蒸し暑い夜、じっとりと汗をかいても朝シャワーをせずに、というのもなんだか本末転倒。

ヒートショックばかりに目がいって、朝シャワーばかりなんて、疲れも取れないし。

ご自分の生活スタイルにあったシャワーや入浴方法を上手に使い分けて、さわやかな朝を手に入れましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする