顎の下のしこりの原因を紹介!痛みがある場合は病気?

ふと顎の下に手をやるとコリコリとした、しこりのようなものが・・・。痛みを伴うものであったり、まったく無痛のものであったり症状は様々です。

顎の下にしこりができると腫瘍なのではないかと心配になり「悪性なの?良性なの?」と不安に思われる方も多いと思います。病院へ行こうにも、何科へ行けばいいのかわからないし「悪性だったらどうしよう」と思うとなかなか踏み出せない場合もあります。

ここでは、顎の下のしこりについて考えられる原因と症状、自分でできる対処法や何科を受診すれば良いのかなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

顎の下のしこりの原因と症状

ago

触ると痛みが生じる場合と、触らなくても痛みを生じる場合とがあります。様々な症状と原因について紹介します。

風邪や免疫力低下などによる一時的なもの

風邪・疲労

よくある症状としては、風邪や疲労による免疫力低下などが原因によるリンパ腺の炎症で、しこりが確認できることがあります。疲労やストレスなどで免疫力が低下していると、雑菌による炎症でリンパ腺が腫れ、痛みやしこりといった症状が引き起こされることがあります。また、顎の周りの筋肉が凝ることによっても、顎の下のしこりとして現れる場合があります。

怪我などの外部損傷によりリンパ腺に雑菌が侵入し炎症を起こして腫れたり、大きめの膿んでいない吹き出物であったり、虫歯などで口内が腫れた場合に皮膚の上からしこりとして感じる場合もありますので、虫歯や怪我、風邪や体力低下などの自覚がある場合は、そちらの治療をしてみるのも良いでしょう。

良性の腫瘍によるもの

非常に不安させるしこりですが、良性の腫瘍によって引き起こされる場合もあります。

代表的なものに、体液などが袋状にたまり腫瘍となる【ガングリオン】や、垢や皮膚といった老廃物が皮膚の内部に溜め込まれてしまってできる【粉瘤-ふんりゅう-(アテローマ)】、なんらかの原因で一部分の脂肪細胞が増殖しておこる【脂肪腫】などがあります。

悪性の腫瘍によるもの

一時的なものや良性の腫瘍であればいいのですが、悪性の腫瘍によって顎の下のしこりが現れる場合もあります。悪性の腫瘍というのは、一言で言ってしまえば【がん】です。いくつかあげると、全身をめぐる血液のがんと言われる【悪性リンパ腫】、唾液腺にできる腫瘍【唾液腺腫瘍】、顎の下にできることは非常に稀ですが【脂肪肉腫】などがあります。

腫瘍が原因以外のものにも、甲状腺の病気などでしこりが現れることがあります。

スポンサーリンク

【悪性腫瘍・良性腫瘍】は見分けられないの?

双子

悪性だった場合とてもこわい顎の下のしこり。では、どうやって見分ければいいのでしょうか。

痛みの有無

一般に「悪性の腫瘍には痛みがない」「触って痛いなら良性だ」などの話をよく聞きます。果たしてそうでしょうか?乳癌で入院されたことが記憶に新しい北斗晶さんも体験談として「痛みがあった」と仰っていました。

色々な人の体験談や情報が錯綜して、簡単に判断できそうなものだけが一人歩きをしているように思います。「悪性の腫瘍ならば痛いはずだ」という全く逆の話を聞くこともあります。

また、粉瘤は神経に触れたり炎症を起こして膿むなどしなければ痛みが無いなど、良性の腫瘍でも神経に触れない場所にできれば痛みを伴わないこともしばしばあります。痛みとは、神経への接触や脳からの信号で感じるものであり、感じ方も人それぞれです。「痛みがあるから大丈夫」と安易に放置するのは危険と言えそうです。

腫瘍なのかそうで無いのか、悪性なのか良性なのかなど問わず、痛みがあるときも無いときもあります。経験則から痛みを参考にするのは構いませんが、最終的な判断材料にするのはやめたほうがいいでしょう。

しこりの硬さ

しこりができた場合、その硬さによってある程度は判別ができるそうです。良性腫瘍による多くのしこりは弾力性があり、皮膚の上から押すように触った時にぐるぐると動かすことができます。反対に、悪性腫瘍の場合には硬く可動性が良くないことが多いといえます。

しこりの大きさ

一時的に起こるほとんどの良性腫瘍は、時間経過や体調管理などで小さくなっていき、あるいは消滅します。ずっとしこりの大きさが変わらない、だんだんと大きくなっている、急に大きくなったなどの症状がでたら、不安解消や早期治療の観点からも専門のお医者様に診察してもらうことをお勧めします!

顎の下のしこり以外にも症状がある

悪性リンパ腫などの場合、顎の下のしこりの他にも発熱や体重減少がみられることがあります。様々な症状が絡み合ってくると自分では判断がむずかしくなります。「いつもの風邪と違う」などの自覚症状がある場合や、様子を見てその他の症状が出てくる場合にはすみやかにお医者様の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

顎の下のしこりの対処法

ビョウイン

顎の下にしこりができた時の対処法を紹介します。

体調管理をする

顎の下のしこりが一時的な腫れによるものや、良性腫瘍の場合です。悪性腫瘍が疑われる場合や長引く場合については、病院を受診することをお勧めします。痛みがひどい場合も無理には行わないでくださいね。

風邪で免疫力が落ちていたり疲労で体力が落ちていたりすると、リンパ腺炎症や口内炎など顎付近にも影響が出ることがあります。原因を切り分けるためにも、まずはしっかりと体調管理をしましょう。疲労しきっている時は無理をせず安静にして、十分な睡眠と栄養を取るように心がけてください。

日常生活は普通にできる程度の体力がある場合は、40度前後の湯船に浸かりリンパマッサージをしたり、適度な運動で血液の流れと共にリンパの流れを良くしましょう。代謝が良くなることで吹き出物なども改善できることがありますし、ガングリオンが小さくなったり自然に治ってしまうこともありますから、ぜひ試してみてくださいね!

病院を受診する

体調管理をしても一向によくならない、原因と思われるものに対処しても一向によくならないという場合は、無理に自分で治そうとせずに病院を受診してください。不安や症状のストレスを抱えつづけておくのは他の病気の引き金にもなりかねませんし、自分で出来ることには限りがあります。1~2週間しても良い方向に向かわない場合は、諦めてお医者様の力を借りましょう!

・何科を受診すればいいの?

ここまで紹介してきたように、顎の下にしこりができる原因は様々です。どの科を受診すればいいのか非常に悩むことと思います。虫歯であれば歯科医院で構わないのですが、基本的には耳鼻咽喉科を受診しましょう。ただ、問診と薬の処方だけを主にしている病院ですと対応できないものもありますので、少し設備の整っている耳鼻咽喉科か総合病院を受診してください。

スポンサーリンク

まとめ

-顎の下のしこりの原因と症状-

・風邪や免疫力低下によるリンパ腺炎症による腫れ

・顎周りの筋肉の凝り

・外部・内部からの雑菌侵入によるリンパ腺炎症

・良性の腫瘍、悪性の腫瘍によるもの

・その他の病気によるもの

-【悪性腫瘍・良性腫瘍】は見分けられないのか?-

・痛みの有無だけで判断するのは極めて難しい

・しこりの大きさや硬さはある程度の目安にはなる

・悪性腫瘍によるしこりは発熱や体重減少など他の症状が出ることがある

-対処法-

・睡眠、栄養補給、適度な運動など体調管理をする

・リンパマッサージをする

・1~2週間様子をみても変わらない、悪化する場合は病院を受診する

以上が、今回のまとめです。顎の下ではなくても、しこりができれば不安になるものですよね。痛みがあれば尚更精神を疲労すると思います。以前、私も手首にガングリオンというしこりができましたがすごく痛く、病院を受診するまでは不安で仕方がありませんでした。このように、一口に【しこり】といっても千差万別で、原因や症状は多岐にわたります。

しこりの多くは一時的なもので、じきに治まっていきますので、あまりストレスを溜めずに体調管理などをしっかりしてやり過ごしてくださいね。

関連記事として、

胸のしこりの原因を紹介!大きい場合は病気なの?

陰部のしこりの原因を紹介!痛みやかゆみがある場合は病気?

耳たぶに粉瘤が出来るのは病気?治療方法など紹介!

これらの記事も合わせてお読みください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする