足が太い原因はなんなの?ストレッチなどの解消法を紹介!歩き方が悪い人は要注意!

日本女性は特に、昔は正座が普通でしたから、足の太い人が多くいました。現在は椅子の生活が多くなってきていますので、足も長く小さなときから、スタイルなどに気を付ける人が多いので、足の太い人は、少なくなってきている様にも感じられます。

足がすらっとして、美脚だと羨ましいですね。どの様にしたら美脚になれるのでしょうか?足の太い原因について見てみました。

足が太い原因と解消方法

きれいな足1

足が太い原因は間違った食生活と、生活習慣がベースとなり、運動不足や疲労などが重なっています。

食生活と生活習慣を見直すことで、足の太いのを解消するのも夢ではありません。原因は色々重なっていますが、毎日生活している習慣を少し見直すことで、改善されることもあります。

足が太い人には、冷え、骨盤のゆがみ、脂肪太り、筋肉太りなど4つに大きく分けられ、それぞれの原因に合った対処法をすれば、美脚を手に入れる事も夢ではありません。

冷え

冷えると太ももが太くなるのは、代謝が悪くなって、水分や老廃物が蓄積しやすくなり、下半身が冷えてくることで、下半身にむくみとして現れてきます。

ですから身体を冷やすことは、下半身太りにとても大きな、原因となって影響しています。体温が低くなって体が冷えると、脂肪は冷蔵庫にあるバターのように、硬い状態で停滞して、老廃物の排出が滞ってしまいます。

一度冷えた脂肪は中々燃やしにくいので、冷えた脂肪と老廃物が塗装するように、悪循環を招いて、太い脚のむくみとなります。

冷えの解消法

体温は4割以上が筋肉によって作り出されていて、女性は男性より筋肉量が少ないので、女性はもともと冷えやすい体質なのです。

女性ホルモンの一つのエストロゲンには(卵胞ホルモン)熱を生成しにくい性質があり、分泌物が多くなる時期には体温は低下します。

生理になり貧血気味になると、酸素や栄養素が末端まで運ばれにくくなり、新陳代謝がとどこって悪循環になります。また末端が冷える方は、毛細血管の血流が悪くなる為、老廃物が溜まり下半身太りになります。

身体を温める方法

身体を温かくして、脂肪を柔らかくし、脚を意識的によく動かして血流を良くし、足首を回すだけでも違いが出てきます。理想はウエイトトレーニングで行う、スクワットをやると足が細くなってきます。

お風呂は湯船につかって、全身の血行を良くして、水圧より血流を良くすることが大切で、1度の半身浴を長くするより、朝晩2回の半身浴が理想的です。また保温力が増すやり方としては、入浴後脚にオイルを塗るのをおすすめします。

冷え性の人は夏でも脚を温め、冬の寒いときは靴下屋レッグウォーマーを重ね着したりして、脚を冷やさない様にしましょう。

身体を温める食材

食事からの予防も大切で、ネギ、生姜、ゴボウ、ニンジン、ニンニクなど積極的に摂って、体の中から温める事が大切です。

ゆっくり食事を摂る事も、足の太いのを治すには必要です。早食いは太ると昔から言われています。

むくみ

むくみは本来血管の周りを通っているリンパ管によって、余計な水分や老廃物を回収し、リンパ液として血管の静脈に合流し、最終的に体外に排出されるものです。

本来水分は身体を一回りすると、排泄されるはずです。しかし足の筋肉量が弱くなると、体の循環機能が低下して、排泄されるはずの水分が足に溜まります。

むくみで足が太っている場合、原因がむくみの場合は、むくみ対策をすれば良いのですが、その為にも身体を冷やさない事が大切です。

リンパ液は脚のリンパ管の周囲の筋肉が動くことで、スムーズに流れますが、脚の筋肉が衰えたり、硬くなったりすると、リンパ液の流れが悪くなり、余分な水分や、老廃物がむくみとして足に溜まってきます。

セルライト

また冷えはセルライトができやすく、冷えにより血行が悪くなると、老廃物の運搬がとどこりむくみとなります。

老廃物が脂肪に付着して固まると、セルライトになります。セルライトは一度できると太ももを、細くできない最も大きな原因で、セルライトはダイエットや、運動では解消できません。

O脚やX脚になると、脚に脂肪がたまりやすくなったり、むくんだりしてきます。O脚やX脚は見た目も太く短く見えます。

むくみの解消法コルギ(骨気)

コルギとは元々韓国の民間療法です。皮膚と骨の間にある血管やリンパに圧力をかけて、スッキリさせるマッサージです。

  1. まずコルギをするには冷えた体では効果がありません。お風呂上りにやると良いです。そしてコルギをやる前に、足裏をマッサージします。足裏は第二の心臓と言われるぐらい大切です。
  2. マッサージをする前に、マッサージオイルを足全体に塗ります。マッサージがスムーズにできるように下準備します。
  3. 手の指をまげて軽く拳を作ります。
  4. 拳を作ったら指の第二関節の骨を使って、すねお骨に沿ってあてて、脚の下から上に向かってマッサージして、脚の外側、内側、ふくらはぎを順番にマッサージしていきます。
  5. 膝から足の付け根に向かって、太ももの骨に強めに指の関節をあてる意識でマッサージします。

この方法は筋肉太りやむくみ解消に効果があります。この方法は有名人の方達もやられている方もおられ、美容エステサロンなどでも行われています。

むくみ解消のグッズ

むくみ解消のグッズの「着圧ソックス」ですがこのソックスは脚の各部位に、異なる圧力をかける事でむくみを改善してくれて、足首部分が一番高い圧力で、次にふくらはぎ、太ももの順に少しずつ圧力が弱まっているグッズです。

これは部位によって圧力を調節することで、足先から心臓に戻る血液やリンパ液の流れをサポートして、むくみ予防に解消してくれます。

骨盤のゆがみ

股関節には大きなリンパ節があり、ここで老廃物を流していますが、骨盤が歪むと老廃物が溜まりやすくなります。その結果下半身太りとなります。

骨盤のゆがみはストレッチで治ります。股関節のストレッチには、血流を促すストレッチ方法や足のむくみに効く、ストレッチ股関節方法もあります。

股関節ストレッチ

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 両手を骨盤に軽く載せます。
  3. 脚を曲げて立てます。曲げて立てたまま右に倒します。無理のない程度に倒します。
  4. 今度は脚を曲げて立てたまま、左に無理のない程度に倒します。
  5. 仰向けになったまま、足を伸ばします。
  6. 伸ばした足先をそろえて、足首を10回まず右回りから回します。
  7. 右回りを回したら、今度は左回り10回回します。これを3セット毎日やります。

姿勢の悪さ

姿勢が悪くなると骨盤が歪み、それを支えるために、膝の筋肉が発達して太くなることが有ります。

猫背になっていると、体の重心がかかと側にずれてきて、太もも前方の筋肉に負担がかかり、太ももや膝の筋肉が発達して、足が太りやすくなります。

反り腰も背中が反ってお尻が突き出ているので、体の重心がつま先側にづれてきています。この状態で歩くと、膝が内また気味になり、太ももやふくらはぎの外側に負担がかかり、脚が発達して太くなります。

猫背改善のストレッチ
  1. 猫背の改善ストレッチは頭の後ろで手を組みます。しっかりと全身を伸ばします。
  2. お腹がすっきりと伸びたことを意識して、足の方から頭の方へ息を流すイメージで、大きく息を吸います。
  3. 体制をキープしながら、今度はゆっくりと息を吐いていきます。

これを5セット繰り返し、最後は息を吸った状態で、手を横にゆったりと下ろしてから、息を吐いていきます。

反り腰の改善のストレッチ
  1. 床に仰向けに寝ます。寝た状態で、お尻が床につかないくらい、両膝を抱え込みます。
  2. 腰の部分をしっかり床につけた状態を1分キープして、腰を支点に体を前後にゆりかごのように揺らし、腹筋に刺激を与えていきます。
  3. 息を吐きながらおへその下あたりに、力が入るのを意識しながら数回体を、ゆらしていきます。
姿勢を正すためのグッズ

「魔法のパッド」足の指にはめて歩くだけです。姿勢が改善され、脚が細くなるという非常にすぐれもののグッズです。

何故魔法のパッドで姿勢が良くなるかという事は、パッドをはめて歩くことで、足裏全体に体重がバランスよくかかり、体の重心が正しい位置に戻るためです。

重心が正しい位置に戻れば、自然と悪い姿勢が矯正されて足の太いのが解消されます。足が細くなっただけでなく、肩こりや腰痛が改善することもあります。

脂肪太り

脂肪太りは身体全体が太っていて、体全体の筋肉量が落ちています。ダイエットして食事を減らしても、脂肪の燃焼が必要です。

体の筋肉量を増やして、体の代謝を上げるには、運動をしないと燃焼しません。筋肉量を増やすには運動と、食事の見直しが必要です。

脂肪太りは体が消費している、以上にカロリーを摂取しているので、体全体に余分な脂肪がついてしまっているので、自分の適量カロリーをきちんと出して、それ以上食べない事です。

膝パカダイエット方法

膝と一緒にお腹の脂肪も燃焼できるダイエット、エクササイズです。

  1. まず仰向けに寝ます。
  2. 両足を上に真直ぐに上げます。
  3. そこから45℃くらい足を左右に開いて5秒キープします。
  4. ゆっくり元に戻します。

1~4を30回~50回繰り返します。ゆっくりやるのがコツです。

筋肉太り

かた太りと言われるタイプの人ですが、以前運動していたのにやめる事で、皮下脂肪が増えて筋肉の状態が残存している形です。

ストレッチや運動をすることと、食生活の見直しで細い足が取り戻せます。運動をしないでいると、筋肉が落ちて、脂肪がついて足が太くなってしまいます。

力を入れても動きがなく、足に力を入れなくても硬く、運動やスポーツをやめてしばらくたっています。

衰えて筋肉の隙間に脂肪が、ついた感じと考えると良いでしょう。これはスポーツをやめたのに、食事などでカロリーを減らさないために起こります。

筋肉太りを解消するには、激しい運動をして筋肉にダメージを、与えるのは良くありません。何故なら脂肪と筋肉が絡み合った状態で、激しい運動をすると、脂肪を効率よく燃焼させることができず、脚がさらに太くなってしまいます。

ウォーキングやストレッチのようなゆっくりした運動で、筋肉をほぐして中に溜まった脂肪を、燃焼させる必要があります。

笠原先生の足の太い人の原因の持論

笠原先生によりますと、足の太い下半身が肥えてる人は、足の指が地面から浮いてる人が多いという事です。

それではなぜ足の指が地面から浮いていると、下半身が太くなるのでしょうか?その理由は足の指が浮いていると、重心が不安定になります。

太ももやスネに余分な力が加わり、スネや太ももに筋肉が加わるため、筋肉に栄養を届けるために、脂肪がついてしまうとのことです。そして運動不足によって脂肪が燃焼されないので、どんどん下半身が太くなります。

浮き指の原因は、サイズの合わない靴を履いていたためです。緩い靴を履いていると、脱げない様に指が無意識に上がってしまうのです。

足の裏がへこんでいる人は、足の細い人で、足の裏が出っ張っている人は、下半身が太っています。

笠原先生が言われるには人工的に足の裏のアーチを作れば、足が太いのが改善されるとのことです。方法はテーピングで足の裏の、アーチを作ればよいそうです。

笠原先生は外反母趾の専門家でもあり、足の裏にアーチを作る靴下を販売していました。これを履くことで、下半身の脚が細くなります。テーピング機能を応用しての靴下はアマゾンで1728円で売られていました。

足が太い女優

足

女優の石原さとみさんが、何故だか足が太い、女優と注目されていますが、女優として出てきたころは、若干太った足かな?とも感じられますが、それほどでもありません。

今は美脚で大賞まで受賞した、女優さんを見てみました。

石原さとみさん

石原さとみさんの女優の初めの頃は、足が太い体系でしたが、現在はとてもきれいな足をされています。

これも美しくなりたい、足が細くなりたいと願う事から、ダイエットやストレッチなど色々やられたのでしょう。女優は人に見られていると思う心で、美しくなっていきます。

また姿見を置いて、何時も自分の姿をチェックしていたようで、そうする事でヒトから見られていると思うと、皆さんとても美しく変身されます。

女優さんとして出てきたころと、現在を比べると雲泥の差が有るのでは無いでしょうか?

石原さとみさんが美脚大賞に選ばれたときの、2011年の美脚画像がありますが、本当にすらっとした綺麗な脚ですね。

2014年のドラマ「ディアシスター」の画像ではやや足の太い感じがしますが、ミニの丈で随分目の錯覚で太さが変わってきます。

色々な方法を用いて、今の美脚を手に入れたのですね。加湿器を使って足に潤いを持たせていたそうです。

石原さとみさんの人気はまだ衰える事も無く、石原さとみ風メイクなども真似して、ツイッターに載せてる女子が急増中とのことです。髪型も前髪を切っている画像も見受けられます。

堀北真希さん

堀北真希さんは、バスケ部の帰りに、田んぼの道でスカウトされたそうです。24歳の時にNHKの朝ドラの「梅ちゃん先生」のドラマでヒロインに抜擢されました。

バスケをしておられただけに、健康そうな足をされていますが、だんだんと綺麗な足に変身してきていますね。

山本耕史さんの奥さんで、第一子を流産して、悲しみに暮れています。

竹井咲さん

この方も最初は足が太いスタイルで、自分自身もコンプレックスを持たれていたようですが、2014年の「クラリーノ美脚大賞」で受賞してから、自信がでてその後は少しずつ綺麗な足になって現在は美しい脚ですね。

やはり自信を持つことも大事かもしれません。

下半身ダイエットについて

マッサージ

下半身ダイエットをするのに、有酸素運動のウォーキングなどが良い事は知られていますが、無酸素運動のランニングも、下半身ダイエットには適しています。

体脂肪を燃焼させる有酸素運動や、基礎代謝を上げる無酸素運動は、どちらも脚ヤセには効果があります。このどちらも組み合わせてエクササイズをやれば、効果は抜群に上がります。

下半身ダイエットアドバイス

プロからの下半身ダイエットアドバイスは、脚を綺麗に見せるためには「ヒップ」「内もも」「裏もも」へのアプローチが重要で、これらをアプローチするには、3つの筋肉のアプローチが重要になってきます。

  • 大殿筋、中殿筋のエクササイズ
  • 内転筋群をスッキリさせます。
  • 裏もも筋肉を鍛えます。ハムストリングス

内転筋群のエクササイズ

  1. 横向きに寝て上の脚を前に出します。そして下の脚を持ち上げます。
  2. 下の脚を持ち上げる事で、筋肉に刺激が入り、1回1回上がる事で、確実に内ももが引き締まります。
  3. エクササイズの回数は15回で良いです。セット数は3セットですがまずは続けましょう。

足が太い人の特徴

上半身に比べて足が太い人、また太り易い人の特徴があります。

  1. 歩き方が悪いです。
  2. 体のバランスが崩れています。

まとめ

如何でしたか?簡単にやれそうな足の太いのを改善する方法ですが、何事も続けることが大切です。今日からほんの数分足のエクササイズをやる事で、美脚が取り戻せます。

続けることが一番です。

関連記事として、

太ももが太い原因はなに?理想の太さは?解消する方法も知っておこう!

二の腕が太い原因は?細く改善する方法も紹介!

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする