妄想性人格障害とは?症状や原因、接し方を知ろう!診断方法は?

スポンサーリンク

妄想性パーソナリティ障害は、2003年頃まで、妄想性人格障害と呼ばれていました。今でも妄想性パーソナリティ障害のことを妄想性人格障害と呼ぶことがあります。また、妄想性パーソナリティのことを猜疑性パーソナリティ障害と呼ぶこともあります。

妄想性パーソナリティ障害(猜疑性パーソナリティ障害・妄想性人格障害)の特徴は、何の根拠もなく妄想的に「人から利用されるに違いない」「陥れられるに違いない」といった猜疑心や不信感を抱く点にあります。

日常生活や社会生活を営む上で、人や物ごとを疑うことは、時には必要です。けれども、度をこした猜疑心は対人関係を破綻させます。

この記事では妄想性パーソナリティ障害の人の症状(というより考え方や行動)、原因、治療法、付き合い方などについて、一緒に見ていきましょう。

  
スポンサーリンク
   続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする