人生の目標の見つけ方や達成する方法について知ろう!

みなさんは人生という言葉を耳にして何を思い浮かべるでしょうか。

人生とは何か・人生という言葉の意味・生きがいや生きる意味など人それぞれ様々な考え方があります。その中の一つ、人生における目標について考えたことはあるでしょうか。

人生の目標、ゴールとも言えますがそれを見据えた生活をしていくことが、自分にとって良い結果をもたらすものと考えることが出来ます。

また、目標が無い、生活の為に仕事をして生きているという人も少なくないですが、本来人生とはもっと違う目的や目標を見据えるべきなのではないでしょうか。

当記事ではその先に何かを見つけるということが大切だということについて解説しますので、今何かを変えたいという方・もしくはそうでない方もこの機会に一度目にしておくことをおすすめします。

そして、今回は人生において目標とは何かという概念と、目標の見つけ方や思考法などについて紹介していきます。

人生の目標とは

jinsei1

人生の目標・生きがいとは何ですかと聞かれてあなたはどのような答えを思い浮かべましたか。

おそらく、答えが出た人・目標がない人という場合が多いでしょう。そこでまずは、根本的なテーマでもある人生の目標とはなにかという事についてその考え方を紹介していきます。

毎日生活費を稼ぐ為に生きていて、何か足りないと感じている方はまず一度立ち止まって人生とは何か、目標・生きがいとは何か考える機会と思ってこの項目を読んでみて下さい。

生きがいと人生の目標は違う

人生とは、この言葉だけでは漠然としすぎて何を考えればいいか分からなくなります。

そして、生きがいと人生の目標は同じ意味として捉えている人も少なくないです。

有名な言葉として親鸞聖人が人生の目的には、完成があるということがあります。これは、生きがいとの違いを明確に説いている言葉ですね。

生きがいとは

生きがいは、言い方が変わって生涯学習とも言えます。

生涯学習とは、人生をより豊かに、幸せに生きる為生きがいを求めて何かを学び求めていくということです。具体的には資格取得が代表的ですね。

特に定年期を向かえた方達は、今まで家族の為に仕事をしてきた日々に区切りが付き今度は自分の為の時間が出てきます。この時、注意しなければいけないのが面白そうなこと少し興味があることは、世の中たくさんあります。

しかし、それらをやってみて後から後悔することもあります。もっと自分の為になることをやれば良かったといったことです。ですので、生涯学習の題材を探す時は自分がやっていて後悔しないものを真剣に考えることが大切です。

そして、生きがいは生きていくうちにその時の考え方で変わるものです。

人生の目標とは

生きがいと意味が違う人生の目標。生きがいは、趣味であったり資格取得であったり何かしら自分が充実した生活を送るのに必要な要素です。

対して人生の目標とは、生まれてから生涯変わることのないひとつのことです。では、目標には達成可能な目標と行動可能な目標があります。

達成可能とは、文字通り自分が達成することが出来るであろう物事のことをいいます。

行動可能とは、自分が決めた目標に対して行動を起こすことが出来ることをいいます。

人生の目標を設定するにあたってどちらが良いかというのは人によって考え方が違うので一概に言えませんが、一般的に達成可能な目標として考えると小さな目標になってしまいます。

人生の目標は生涯変わることのないひとつのことを前提として考えた場合、小さな目標は矛盾していますし自分自身にとっても後悔の残るものになるのではないでしょうか。

ですので、人生の目標を設定する時は大きな目標にしましょう。そして、それに合う考え方が行動可能な目標です。分かりやすく言うと、自分にとってワクワクするような夢を思い浮かべて見ましょう。つい行動してしまうことは充実感も得やすいです。

あとは、自分の価値観を考えて、人生は修行であるという場合であれば何かを究めた上でどこかに住むというような具体的な目標、そして努力家になるよう自分を変えることが大事です。

目標がない理由

jinsei3

社会人・学生に限らず人生の目標がないという人は多いです。

もし今目標がない人、無いけどこれから見つけたい、目標があるのか分からないという方には、まず人生の目標がない人の特徴を知ることが自分を知ることの第一歩になります。

ここでは人生の目標が無い人の特徴や無いとどのようなことが起きるかについて紹介していきます。

時間を無駄にしている

目標が無いということは、これがしたいということが無いと同じです。

休日であればなんとなくダラダラ過ごして、気づいたら夕方になり次の日から仕事が始めるという経験をしている方も多いでしょう。

また、仕事の日であってもなんとなく毎日が過ぎていく感覚もあります。

これらは、目標というゴールがないので方向が定まらず常になんとなく過ごしてしまいます。まずは、なんとなく過ごすという意識をやめて目標を見つけるためのスタートを作ることが大切です。

人脈を広げる必要性を感じていない

特に社会人になると、友達と遊びに行ったり食事に行く機会も少なくなります。その少ない時間の中でいつもと同じメンバーと遊びに行くというのは楽しいですよね。

しかし、目標がないと同じ習慣や生活リズムで過ごしていると人との関わりもいつもと同じメンバーになり、気づけば新しい人と会うという機会がなくなっています。

目標を定めずとも、違う業種の人や違う価値観の人と出会うことで、新しい目標が出来たりどんな生き方をしているか知ること出来る良い機会になります。毎日興味を持って積極的に新しいコミュニティーに参加していくのも、人生をより良いものにする大事な一歩になりますよ。

いつも同じものを選んでしまう

目標が無くなり仕事に追われるような生活になってしまうと、新しい出来事やチャンスに対してどのように取り組むかよりも、面倒くさいややりたくないを先に考えてしまいます。しかし、人生の目標を見つけたら必ず面倒くさいことがあり、その先に成長があるのです。

社会人になると必ず責任や常識を持って対処することを覚えます。しかし、目標が無いとその後の反省や対処法をもっと考えるという意識がなくなってしまいます。更に、毎日をなんとなく過ごしているので、このくらいであれば解決しているとルーズな考え方になりがちになり、最終的に毎回同じことを繰り返すようになってしまいます。

物事には変化は付き物ですし、いつも同じ状態を求めることをやめるようにすることが大切です。

物事に対して受け身で対応する癖がついている

仕事などで、何かを責められたときこれは聞いていないから知りません・教えてもらってないから悪くありませんと受け身体質で言葉を出してしまいます。状況によっては、一方的に責められてそのようなことを言わざるを得ない時もあるでしょう。

しかし、それが癖になって誰かに聞かないと動けないという思考になるのは良くありません。

人生の目標が無いからその場の事にだけ対処する努力する・そうしていくうちに成長が止まる、これではせっかく真面目に取り組む面があるのに自分にとってマイナスな行動になっていますし、仕事においては評価が下がります。

常に色々な情報に対してアンテナを張り、アイデアを考える癖をつけましょう。更にそこから人生の目標があればより積極的な考え方が出来るようになるでしょう。

不満や愚痴が多い

人生には色々と不満になるような出来事があります。しかし、常に周りに対して愚痴を言っていたり、不満な事を考えているのよくありません。

人生の目標がある人も不平不満はあります。不満を溜めすぎても体に良くありませんが、あまり言いすぎていると人間関係が悪化して自分自身が更に追い詰められます。

何か問題が生じたからと言って誰かが助けてくれると思ったら大間違いです。不平不満があるなら、自分でどのように対処していけば解決するか考えながら行動するしかないのです。

そしてその行動が身についていくと、目標に向かって自分がどのように動けばよいか一人で対処出来る前向きな考え方に変えられるでしょう。

何かの願望や趣味がない

趣味がないまま日々を過ごしてしまうのは非常にもったいないです。

趣味から新たな人脈が生まれたり、人生の目標といかずともそれがあるから仕事を頑張ろう・趣味に没頭する時間が有意義に感じられ結果的に前向きな人格になるといった、プラスに働くことが多いです。

趣味があれば、自然と計画を立てたり定年後や休日に退屈な時間と感じずに日々生きることが出来て、そこから人生の目標を見つけるヒントになりえます。

自分の意見を言うことが出来ない

この場合は、人生の目標と直接的な関わりがないように思えますが違います。

例えば会社で周りが積極的に意見を出している時、自分は意見を言えないとなると周りはその人の考えていることが分からず、壁が出来たり仕事も円滑に進まなくなるという良くない事に繋がる可能性があります。

そうしていくうちに関わり合いが減ったりして、毎日が辛くなるということになりかねません。

自分が楽しく生きることが出来るかは、自分が変わらなければ何も変わりません。もし、引っ込み思案でやりたいことが出来ないという人は今日から自分を変えるように行動することが必須です。

人生の目標の見つけ方

jinsei2

人生の目標と聞くと、大きなことに感じて想像が付きにくいですね。しかし、かといって小さな目標だとすぐ達成してしまい成長に繋がらなかったりします。

冒頭でも説明しましたが、人生の目標とは自分がワクワクするような事で、成功者をイメージすると分かりやすいでしょう。

人生の目標を達成するには、目標が無いと始まりません。その為にも、目標を見つけやすくするポイントや考え方について紹介します。

自分の好きなことを整理

まずは生きがいから考えてみることをおすすめします。

人生の目標から考えてしまうと、答えが見つからずなかなか一歩を踏み出すことが出来ない方も少なくないでしょう。生きがいは、人生の目標と違いその時によって変えやすい目標です。

生きがいから、自分の前向きさや積極性を磨いていき、人生の目標を設定していくという流れで考えてみるのもひとつの選択肢です。

生きがいを見つけるには、自分がやっていて楽しい・好きなこと・没頭して時間があっという間に過ぎることを考えてみましょう。具体的には、最近楽しかったこと、過去に楽しいと感じたことを整理して、なぜそれらが楽しかったのか要因をはっきりさせます。

そうして出てきた要因があなたの生きがいになる大切な事として挙げることが出来ます。例えば、プラモ作りが好きだったのであれば何かものを作りあげて、誰かにそれを提供するのが生きがいなのか・ものを作ることそのものが生きがいなのか要因が分かります。

努力家になること

前述の自分の生きがいの要因が分かったら、それを行動に移していく準備が必要になります。行動に移すというのは、いきなり生きがいに対してすぐ行動するということではなく、学ぶということです。

人生の目標・生きがいは意味が違いますが、どちらもその目的をやり遂げる・充実したものにするために技術や知識が必要なことがほとんどです。

ものづくりが好きなのであれば、電子機器組立の資格取得を目指すというのもありますし、外国で何かを教えるという生きがいを見つけたら、英語を学ぶというのが必要です。

ですので、自分磨きの努力が必要であり、時間を大切に使うよう気をつけなければいけません。努力家になる必要があります。

目標を達成するためには

jinsei4

先程は、人生の目標の見つけ方について紹介しましたが、いざ目標を見つけられてそれに向かって日々生きていくうちに、何かしら挫折や苦しい場面が出てきてしまいます。特に人は苦しい場面が出てきてそれを乗り越えようと頑張っても、ゴールが見えず達成感がないといつしか心が折れてしまいがちです。

しかしそれらは、目標を達成してきた・壁を乗り越えた人たちがいるわけで、達成できないなんてことはないです。プロ野球のイチロー選手も、長年メジャーリーグで結果を出し続けています。それには、様々な思考法や達成の為の工夫も一つの要因といえるでしょう。

ここでは、人生の目標を達成させる為に必要な工夫やポイントについて紹介します。

 苦しい経験の必要性

この場合の苦しい状況とは、自分が新たな境地を見出しそれに向かって努力や練習をしているが、ある壁が出てきてしまった時のことをいいます。

例えば、海外に住みたいからその為の資金を集めるに副業を始めたとします。そして、その副業として株を選んだがなかなか稼ぐことが出来ない、そんな時こそチャンスと考えることが必要になります。

目標を達成するために壁が出てきたら、それに対して何も考えず同じ作業を繰り返すのかそれとも新しい方法を生み出しながら、失敗を繰り返し成功を掴む作業をするのかでは、大きな差が生まれます。この2つの苦しみには違いがあります。

考えながら失敗を繰り返し、それでも挫折しないで前を向いて新しい方法を考えていくうちに突然閃くことがあります。

そうした目標達成するために必要な考え方のひとつが、苦しみを成功に変えることです。

努力家になること

なにはともあれ、人生の目標を達成するには努力は必須事項です。しかし、ただ努力することが目標達成に必要なことではありません。

目標を設定した上で、何が必要な努力かを見極めてそれを日々継続していくことが大事です。

簡単に言い換えるとやるべきことをやるという、仕事においてもよく聞く言葉ですがこの当たり前にも聞こえることを継続するのがポイントであり同時に難しい所でもあります。

ゴール設定したところへ日々邁進する気持ち

社会人であれば、毎日の仕事こなすうちに仕事に追われてそれ以外の時間は体を休めることと同時になんとなく過ごしてしまうということになりがちです。勿論、人によって仕事の内容や量には違いがあり、重労働と感じるものも少なくありません。

あまりに無理な範囲にならないようにしつつ、日々自分が設定した人生の目標に向かて生きるということを少しでも頭の隅に入れるだけでも、生活の質が変わってきます。

まずは、自分には無理だと思わず・仕事があまりにも自分を追い込んでいると感じるのであれば仕事を変えるという選択肢・だらだらとした日々を過ごしてしまっているのであれば自分に厳しくといったことを考えていくことが大切です。

人生の目標を見つけて、それに向かって生きるということは今まで目を逸していた現実に立ち向かうということになります。

目標に向かって生きるということは楽しいことばかりではありませんが、現状に立ち向かう力を手に入れる為の方法ともいえます。

まとめ

今仕事の悩みがある、日々の生活が物足りない、生活費を稼ぐために生きている、趣味がない、生きがいや人生の目標が見つからないなど様々な悩みがあるでしょう。

今の日本は物に溢れていますが、それに反比例して何かが足りない・悩みがあるといったことを感じやすくなっている現状です。原因の一つは人生の目標という自分にとって大切なことを置き去りにしている環境なのかもしれません。

何かを変えたいと思っている方がこの記事を読んでいたら、今日から人生の目標という夢の重要性や自分の現状について考えることが大切です。

関連記事として、

自分探しをする前に知っておきたいことを知ろう!どんな方法がある?

生きている意味を考えるってどういうこと?どういった時に考える?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする