努力家の人の特徴を知ろう!努力家になる方法も紹介!

あなたは努力家ですか。自分のことを努力家だと思っていますか。よく自己PRで「努力家」と挙げられやすく、企業でも努力家な性格の人は好かれると言えます。

ただ、その努力家な性格は本物なのでしょうか。もし無理して努力をしていたらそれは努力家とは言えないでしょう。

では本当の意味での努力家とはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは努力家の特徴をご紹介し、また、努力家になるにはどうしたらいいのかをご紹介します。

努力家の特徴とは

away-2850278_960_720

では努力家にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは努力家の特徴をご紹介します。

①自分に厳しい

「今日は疲れたから明日やろう。」このように自分に言い訳をして、目の前にある仕事や課題を後回しにしてしまったことはありませんか?明日やるという決意は見えているのですが、実際は言い訳をして逃げているだけなのです。

このように多くの人は自分に甘くなりがちです。

本当の努力家は「今やらなければいけないこと」を理解していますし、自分に厳しいためどんなに疲れていたとしても実行します。自分に厳しすぎて、自分を追い込んでしまうときがありますが、努力家は簡単に諦めたり挫折することが無いのです。

一度決めたらやり切るほどつい信念を持っているため、継続して行うことができるのです。

ただ、自分自身にストイックすぎて自分を追い詰めてしまったり、相手に対しても厳しくなってしまうため、人柄も厳しいと思われがちになってしまいます。

②失敗を恐れない

失敗を後悔したり、失敗を恐れてどうしたらいいのか苦しんだことはありませんか。人間として生きている以上失敗から逃れることはできません。これは努力家でもそうでなくてもです。

しかし、努力家の人はその失敗をすることを恐れません。もちろん失敗すれば落ち込むのんですが、失敗しても仕方がないと割り切り、失敗を活かして成功に近づいていきます。失敗は自己解決力を高めるために必要だと言う事もわかっているため、失敗を恐れません。

このように努力家は「失敗は成功の元」と言う事を感覚として良く知っているため、失敗を怖がることなく努力することができるのです。

失敗を恐れないという長所があるため、思い切った行動をすることができるのです。

③明確な目標がある

努力できる人の最大のポイントとして挙げられるのが「明確な目標がある」という事です。誰もがみな行動を起こす時、目標を設定するでしょう。

ゴールが無いと、努力をしようとしてもできません。しかし、意外と多くの人が目標設定を間違っています。目標設定をするときは具体的でなければいけません。努力家は「いつまでに何を成功させるか」などと明確に目標を定めるのですが、そうでない人たちは目標が抽象的で実際にどうしたらいいのかが分からなくなります。

例えば、「私は今月末までに禁煙する!」という人と、「私は禁煙する!」と言われたときにどちらの方がわかりやすいですか?どちらも「禁煙する」という目標なのですが、日時を指定していないと、いつまでに禁煙したらいいのかあやふやで結局ずるずると引きずってしまうのです。

また、あまりにも目標が現実離れしていたり、目標が多すぎると自分のキャパに合わずに努力する気が無くなってしまうのです。

しかし、努力家な人は明確な目標を持っており、達成したときのイメージをしやすく、実際に達成したときは充実感を感じるため、作業をしながらモチベーションを上げることができるのです。

④自分を信じている

努力家な人は自分を信じており、「絶対に成功する」という強い信念を持っています。初めから「自分には出来ない」と思っている意とは努力する前から諦めてしまいがちです。

しかし努力家な人は成功を信じてポジティブに考えるため、努力を惜しみません。自分を信じることは簡単そうで難しいことですが、今まで努力をして達成感を味わったことがある人は自分に対して自信を持ちやすいと言えるでしょう。

最初から諦めるのではなく、少しでも可能性があるのなら「やってみよう」と思えるのです。努力家な人は自分に自信があるため、自信過剰と思われてしまうこともありますが、自分を信じなければ努力し続けることはできません。

特に努力家な男性は自分に対して自信を強く持っていると言えます。

⑤ポジティブでメンタルが強い

努力家は常にポジティブでメンタルが強いという特徴があります。努力を続けるためにはメンタルを強くなければいけません。努力していく中で、挫折したり、失敗して「もうやめたい」と思うところもあるでしょう。

努力家の人は強いメンタルを持っており更に考え方がポジティブなため、ネガティブなことに対して打ち勝つことができるのです。

このメンタルの強さはアピールポイントでもあり、就活などでもとても必要な要素となります。野球選手でもメンタルが強い人がピッチャーに向いています。実際イチロー選手も失敗を重ねていますが、そのメンタルの強さで現在も活躍しています。

もしメンタルが弱ければ、すぐに逃げ出したくなってしまう事でも努力家な人は諦めずに立ち向かっていくのです。その結果成功して周囲の人たちから評価されたり、天才だと言われるのでしょう。

⑥負けず嫌い

努力家の人は目の前のことに集中していたり、自分のことだけを見ていると思われがちですが、実は人間観察をして、他人と自分を比較している人も多いです。そのため、意見を言われたときに勝ちたいと思って負けず嫌いになってしまうのです。

自分に厳しくいられるのは自分と周りの人を比べて、他人よりも劣っている点や、努力が必要な点が分かるため、「負けたくない」と思って自分を追い詰めるのです。

努力家な人は明確な目標を持っているため、実際に叶えた人や同じ目標を持っている人に対してライバル視して、努力するのです。

集中力が高く、目の前のことに必死だと思われがちですが、実は周囲の人たちを見て、負けたくないという気持ちで努力をするのです。

努力家になる6つのポイント

tug-of-war-673571_960_720

では努力家になるにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは努力家になるポイントをご紹介します。

①分野を絞る

どんなことに対しても頑張る人がいますが、それでは結果を残すのは難しいです。集中力や体力が持たなくなってしまうため、色々なことに対して頑張り続けるのは無理なのです。そのため、自分が努力する分野を決めて、その物事だけに対してどりょくをしましょう。

だから、自分の行動の取捨選択をしていきましょう。自分の得意な事ややりたいことを決めて、努力をするようにしましょう。それ以外のことは頑張りすぎないようにしましょう。

このように自分の力を限られたものに対して注力することで努力しやすくなります。

②習慣づける

「努力しないと」と思っているうちは、努力すること自体苦痛に感じてしまいます。しかし、努力を当たり前のことということで習慣づけてしまえば、苦痛を感じません。例えば、食事やお風呂、歯磨きは毎日週間として行っているため、苦痛に感じないと思います。

このように努力すること自体が習慣となればめんどくさく感じることが無いのです。そのため、毎日続けて週間にしていきましょう。最初は辛いと思うかもしれませんが、2~3週間すれば辛さを感じることなく続けることができるでしょう。

③明確な目標を持つこと

もしあなたに夢や目標があれば、必ず達成しようと思うでしょう。特に意識することなく自分から努力をするようになるでしょう。例えば、元フィギュアスケート選手の浅田真央さんもオリンピック優勝に向けて練習をしていました。

このように努力ができる人は明確な目標を持っているため、もし努力家になりたい人はまずは明確な目標を持つようにしましょう。自分が将来どのような人になりたいのか考えて夢や目標を持つようにしましょう。わかりやすい目標や夢を持つことでより努力しやすくなりますし、周りになぜこうしているのかを説明するときにも説得力があるでしょう。

また、目標を決めたら言葉で表したり、紙に書いたりして、目標へのモチベーションを上げると言いでしょう。目標を明確にすることで、その目標に前向きな姿勢になることができ、行動力も上がるのです。

自分の中からエネルギーが沸いてくるため、努力をし続けることができるでしょう。

④目標には障害がつきものだと思うこと

目標や夢に向かって努力を続けると、必ず障害にぶつかります。例えば、周囲の人に反対されたり、予想外のアクシデントが起きたり、自分では出来ないことにぶち当たったなど様々な経験をするでしょう。

多くの人はちょっと失敗しただけで挫折して諦めてしまいます。でもそこで諦めたら今までの努力が全て無駄になってしまいます。『スラムダンク』の安西先生だって「そこで諦めたら試合終了だよ」と言っていました。どんなに才能がある天才と呼ばれた人でも障害にぶつかることなく目標を達成することはありません。

だから少しくらい障害が起きたとしても想定の範囲内だと思って気にしないようにしましょう。人生に苦労はつきものですから、障害を受け入れていきましょう。

⑤第三者に見てもらう

自分1人だけで黙々と努力し続けるのはなかなか大変でメンタルが強くなければできません。そのため、第三者に見てもらうのはかなり有効です。例えば、 「2ヶ月で10㎏痩せる」などという自分の目標を友達や家族に宣言してみましょう。

そうすれば後に引けなくなってしまい自分を追い込むことが出います。恥ずかしくて失敗はできませんし、途中で「最近どう?」などと聞かれるため、モチベーションを下げずに努力をすることができます。誰も言わないで1人でやっているとサボってしまいがちです。

そのため、それを防止するためにも誰かに宣言しましょう。

もしくは友達と一緒に同じ目標を立てて行うのもモチベーションを維持することができるため有効な手段と言えます。そのため、一緒に頑張れる人が周りにいないか探してみましょう。

⑥努力する環境を整える

努力を続けるには努力しやすい環境を整える必要があります。集中力を高められるような環境を作って、注意散漫にならないようにするのです。例えば、部屋を片付けたり、必要な道具を用意するなどが挙げられます。

多くの人たちは周囲の環境に左右されるため、進学校の高校なら大学進学率が非常に高いですが、一般的な公立高校だと就職や専門学校が多いです。このように環境を整えることで、自分の目標に向かって努力することができるのです。

そのため、今の環境が努力するのに適切な環境なのか考えましょう。

まとめ

heavy-934552_960_720

いかがでしたか。努力家の特徴や努力家になる方法をご紹介していきました。努力は結局のところ「継続は力なり」なので、毎日続けていく必要があるのです。毎日続けていけば大体の目標は達成することができるでしょう。

努力を継続することは難しいことですが、目標を達成するために頑張っていきましょう!

関連記事として、

ストイックな男はモテる?性格や特徴、見抜く方法を紹介!

野心家の心理的特徴を7つ紹介!悩みや診断方法とは?

これらの記事も読んでおきましょう。

  
  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする